ポリめりMMD

:-MMD-:「見やすくクリアに」レイヤー合成

2015/11/29 04:15 投稿

  • タグ:
  • MMD
  • レイヤー

画像をなるべく「見やすくクリア」に

表示する方法を考えてみました。






115egdeseparatemeri1.92f3a0-ps.png




「見やすくクリア」にする為にどうするか。


まず画面を明るく発色良くする事と

最初に目につくハズの外形がつかみ

やすいように輪郭線をしっかり描き込

む事の2つを1枚の画像上に同時に

表現してみようと思います。






115egdeseparatemeri1.92f2a50-ps8.png




「見やすくクリア」な画像は'画面

を明るく発色良く'と'輪郭線描き

込み'の2つを同時成立させたら

実現出来そうだという仮説を基に

3枚の画像を用意しました。



(重ねる順番の上から順に)

・輪郭線エッジ用

・ハイライト用

・シャドウ用



→ポイントは強い照明光で

輪郭線の黒色を白飛びさせ

ない事です。

それにはレイヤー階層構造を

持たないMMDだけでは対応

し切れないのでレイヤー構造

を持つ他のツールを使います。






115egdeseparatemeri1.92fa50-3.png




レイヤーが使えるツールで3枚の

MMD画像を合成します。

明るい画面を表現した状態で

輪郭線黒のレイヤーを1番上に

のせるとMMDで作成した時よ

り光の影響をモロに受けない

ので黒にボカシがかからず

シャープに見える仕組みです。



レイヤーが異なると効果が影

響し合わないのでそれぞれの

表現目的に適した合成方法

にする事が出来ます。



・輪郭線エッジ用

→黒を強調する合成方法の

[乗算]や[焼き込み]を選ぶ。



・ハイライト用

→強い光を出す為に[加算]や

[スクリーン]にする。



・シャドウ用

→濃い色や暗い色味を出し

たいので[通常:合成なし]や

[乗算]を選択。






115egdeseparatemeri1.92fa50-8.png




Photoshopを使ってレイヤー

合成を行いました。

目標は発色の良さを保ったまま

輪郭線の黒色がしっかり描かれ

「見やすくクリア」になる事です。






115egdeseparatemeri1.92f2a50-ps7.png





元のMMD画像に比べると輪郭

線黒の濃さが濃くなってるよう

に感じるので「見やすくクリア」

になったと言えると思います。



今回静止画で確認したので

次回は動画映像でも同じく

「見やすくクリア」が実現する

かテストする予定です。





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事