ポリめりMMD

t e x 描 き の 紹 介

2017/11/24 00:49 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません







材質テクスチャだけでスフィアもエフェクト、強い照明もナシ

で静止画フィニッシュに持っていけるとはまさか想像してなか

ったですがやれば出来るものですね、MMD初期と違って高解像

度画質の恩恵を受けて表現の可能性の幅も広がりました。





せっかくソフトやハード周りの出力レベルが上がっているので

扱う側もそれなりに色を具体的に見れたほうがよいと思います。

(顔影の色は肌ベース色より彩度を高くかつ暗い色であるとか)

自分の場合はRGB値を意識して色作りをするようになって2年位

ですが成長が遅いので現段階でやっとこのくらい、継続している

からと言ってどんなスキルでも自然に身につくとは限りませんか

ら(棚ボタは期待薄)大事なコトはそれ相応の意識で臨みましょう。




。。。。。。。。。。。。




<<オールインワン・顔テクスチャ作成例の紹介>>


(事前確認事項)

・お使いのMMDモデル使用規約でテクスチャ改変可かどうか確認


(使用ツール)

・レイヤー機能ありの画像編集ソフト

・PMXエディタ


(使用画像)

・モデルに適用されている顔テクスチャ画像


(作成方法)

・ベース色で塗りつぶしその上に影色とハイライト色をのせる。


(手順紹介)

・画像編集ソフトを開き新規作成でサイズを2048×2048pixel

に設定し、肌ベース色で塗りつぶす。






(肌色参考値:R 243、G 219、B 213)

明度100%(HSBのB値)にしても大丈夫です。

ただベース色を白に近付けすぎるとハイライト色が映えなく

なるので単色で少し暗いかな程度のほうがバランスが取りや

すいかもしれません。



・モデル付属のテクスチャを見てアタリをつけて影を描く。

MMDエフェクトで影付けするのであればこの工程は省略してOK。




(影色参考値:R 243、G 201、B 192)


首に影があると立体感が出ますからそこだけでもあったほうが

いいですね。

影色は肌ベース色を基準に彩度を上げて明度を下げれば作れます。

明度のみ下げると顔色が悪く見えますよ。

レイヤー合成モードは通常または乗算、不透明度を下げて濃さの

調節が出来ます。


キレイな形を描く練習になるので影描きはフリーハンドよりペ

ン(パス)ツールや矩形、曲線ツールを利用してみてください。

最初はうまく描けなくても何度か挑戦するうちに良くなります。

立体をむりやり平面に描き起こしてるからちょっとムズカシそ

うな部分は触らなくても構いません。


個人的に影が欲しいのは前髪の落影、耳の中、耳下から首、顔の

落影(首)、鼻スジ、口の中。

あと眉の落影は可動パーツの為、テクスチャで描けないので別

の方法でつけたりもします。


(続きます。)



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事