ポリめりMMD

いつの間にかエフェクト数も増えてました

2016/04/11 07:17 投稿

  • タグ:
  • MMD

前回わりと良い感じの画像が作れた

のでおさらいも兼ねてまた同じように

作ってみる事にしました。



03shellshocked4520_0410_4.png



肌の色合いや瞳、髪の毛の質感は

このままであとはほんの少しだけ

ハイライトを入れたいと思います。

MMDで素材を用意していつもの

ように気楽に作り始めたのですが

なんだか思ったようになりませんね。

(素材合成の作業画面)



117_03shellshockedsh3000_0411_5_2.png



前回使った素材画像は全て確認した

ハズなのにこの差はどうしたんでしょう。

あまりにかけ離れていたので前回の

作業内容をそのままトレースすると

やっとそれらしい見た目になってくれ

ました。

(前回と同じ工程で作った画像)



117_03shellshockedsh3000_0411.png



特別な効果は使ってないのですが

それなりに適切にエフェクトなどを

設定しておかないとそうカンタンに

作れないみたいですね。

MMDでも使うエフェクト数が増えて

くるとこの効果はどのエフェクトだっ

たっけと分からなくなっていたのと

同じ状態になってます。

(適切な画像合成の例)



117_03shellshockedsh3000_0411_5_3.png



今回の画像では20素材に対して

必要なエフェクトを適用してそれで

出来上がったワケです。

まったく同一にしても髪の毛の

質感が微妙に前回と違って見え

たりするのがフシギなんですが

MMDエフェクトの時もそういう経

験してた気がします。

素材数が多いだけで難しい設定

とかないので作り方の手順は

紹介したいなと考えてます。

使用ツールはMMD、PMXエディタ

画像編集ソフト(レイヤーが使える

GIMPやPhotoshop、AEなど)

順を追ってだと時間もかかりそう

だし素材を用意したと仮定して

画像合成のところからにしまし

ょうか。

適切な数値は使いたいモデル

さんのカラーによると思うので

だいたいこんな感じで作って

ますよといった程度でお話し

します。



117_03shellshockedsh3000_0411_5.png


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事