ジャズ和声論まとめ

ジャズ和声論ミニマム-目次-

2015/06/05 00:00 投稿

  • タグ:
  • ジャズ
  • ボイシング
  • 音楽理論
  • コード
  • スケール

ジャズ和声論ミニマム

何度かジャズ和声について学んだことをまとめて公表しようとしたが、詳細に書こうとしすぎて遅々として進まず、キャパシティを超えてしまいやめてしまっていた。
反省を踏まえて、最低限必要な事実の紹介だけに止めればどれだけ短縮できるのか試みてみたい。
趣旨から解説はほとんど加えないが、検索サイト等で調べればわかるように最低限の情報は含めておく。

対象:「楽譜が読める」「音程の表記がわかる」「コードが読める」「音楽理論に興味がある」という人

- 概念編 -
[§1 強進行と核音]
機能和声論の肝心要となる強進行とトライトーンの解決について。

[§2 長旋法と和音の機能]
機能和声を考える上で雛形となる長旋法について。

[§3 短旋法と和音の機能]
長旋法と対をなす短旋法について。

[§4 同主調変換]
機能解釈のさらなる拡大適用について。

[§5 の拡大適用]
の拡大適用について。

[§6 和音の挿入と圧縮]
機能和声の中に現れる非機能的な和音について。

- 実践編 - ※ここがやりたいのだがまだまだ入れない…
[§? アヴェイラブルノートスケール]
[§? ベースから上方堆積する形のコードヴォイシング]

[§? メロディーから下方懸垂する形のコードヴォイシング]
[§? 実践例]



かなり捨象しているにもかかわらず、やはり時間がかかる…。
1,2ヵ月に1項目くらいのペースで年内完成が目標?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事