ハイスクール・ロマック(略してはいふり)

DeNAの生え抜きの冷遇?について検証してみる。

2014/12/23 16:39 投稿

  • タグ:
  • NPB
  • 野球
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 「年棒」が一つあるから探してみてね♡
皆様は年の瀬をいかがお過ごしだろうか。
筆者は日々ゴロゴロと補講に怯えながらTwitterをして時々艦これと城プロをしながら暮らしている。
来年こそはよりあくてぃぶでえねるぎっしゅな一年にしたいものである(大嘘)
さて、先日より下記のURLのような記事がポロポロと散見されている。
「グリエル5億円」と「第2巨人軍化」でシラけるDeNA生え抜き組(東スポWeb) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141223-00000002-tospoweb-base
生え抜き選手は年俸安め…DeNAはまるで“外様天国”(日刊ゲンダイ) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141220-00000012-nkgendai-base


巨人とのシ烈な争奪戦を制してユリエスキ・グリエル内野手(30)の引き留めに成功したDeNAだが、喜んでばかりもいられない。“キューバの至宝”に支払う金額は契約金なども含めて総額5億円。そのトバッチリを受ける形で冷遇されている生え抜き組が不満を募らせているからだ。(東スポ)
18日に入団会見を行ったDeNAの岡島秀樹(38)に、周辺からは嫉妬の声が聞こえてくる。(ゲンダイ)
みたいな感じの話だ。
いや別にいいじゃん?って思うんだけど、まあこういう記事が出たのもなんかの縁なので、
実際生え抜きの冷遇度合いってどうなのっていうのを調べてみることにした。

まずは下の表を見て欲しい。
名前2015年前年比2014年増加比
三浦13500-4500180000.7500
山口880080080001.1000
井納3900225016502.3636
高崎3900-50044000.8864
加賀380030035001.0857
大原350030032001.0938
三上320022509503.3684
国吉2700120015001.8000
三嶋2100-60027000.7778
柿田1350-15015000.9000
須田1300-40017000.7647
平田1150-5012000.9583
田中11503208301.3855
小林1020-33013500.7556
加賀美1000-25012500.8000
萬谷10005604402.2727
大田950-30012500.7600
小杉850-15010000.8500
安部800-508500.9412
山下690-307200.9583
今井36003601.0000
砂田36003601.0000
石川6000-50065000.9231
筒香4600300016002.8750
梶谷4600230023002.0000
荒波4000-40044000.9091
山崎280065021501.3023
黒羽根2600140012002.1667
下園2300-20025000.9200
白崎185035015001.2333
松本1350-5014000.9643
桑原11004906101.8033
髙城10001009001.1111
嶺井1000010001.0000
宮崎850-1009500.8947
赤堀800-1009000.8889
つる岡6501105401.2037
飛雄馬610505601.0893
西森6101105001.2200
関根600505501.0909
乙坂5901004901.2041
渡邉540205201.0385
小林太0-120012000.0000
藤江0-310031000.0000
北方0-6006000.0000
眞下0-5705700.0000
伊藤0-5205200.0000
冨田0-4904900.0000
トラヴィス0-3603600.0000
古村0-3403400.0000
金城0-400040000.0000
山崎康150015000-
石田120012000-
倉本120012000-
福地9509500-
山下幸8408400-
百瀬5005000-
飯塚5005000-
亀井3603600-
1028803920989601.0396

左から2015年度の年俸、増減、2014年度の年俸(いずれも単位は万円)、増加比である。
退団選手の2015年度年棒は便宜上0としている。
次に下の表を見て欲しい。
名前2015年前年比2014年増加比
4100150026001.5769
久保120000120001.0000
高橋尚成6000060001.0000
モスコーソ12000350085001.4118
岡島600060000-
東野100010000-
長田420060036001.1667
グリエル(兄)3000020000100003.0000
多村4600-40050000.9200
内村2800-70035000.8000
井手1150-5012000.9583
後藤220040018001.2222
柳田10502508001.3125
ロペス15000150000-
バルディリス7500075001.0000
グリエル(弟)250025000-
加藤780-1008800.8864
藤井0-410041000.0000
菊地0-220022000.0000
神内0-120012000.0000
ソーサ0-850085000.0000
ソト0-750075000.0000
0-6006000.0000
ブランコ0-20000200000.0000
中村0-500050000.0000
モスカテル0-3603600.0000
112880401128401.0004
こちらは外様選手のものである。
新入団選手の2014年度及び退団選手の2015年度年俸は便宜上0としている。
見ての通り、どちらも増加比は若干1を越えており、総年俸にして4000万程度増加していることを示している。ただし増加比は生え抜きのほうが多い。
では次に、総年俸に占める割合について見てみよう。







まあ見ての通り、外様の占める割合のほうが多いのが現状である。
当然ながら外様のほうが人数少ないし。
他球団の比率は確認してないので判らないが、数字だけ見ると確かに外様天国であると言われても頷ける数値だ。
ただ、2015年度の方が生え抜きの割合が1%増加していることから考えても、単純に生え抜きが冷遇されている、と考えるのはお門違いであろう。
詳しい数値分析は今後気が向いた時を中心に全力(大嘘)を尽くして行っていきたい。
ではまたいつか。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事