世の中舐めたい

【ポケモン】第3回真皇杯中四国予選 ベスト32構築【ゲンガナンス】

2017/06/26 04:15 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ポケモンSM
  • 真皇杯
  • ゲーム
  • 構築
  • ゲンガナンス
  • シングル

どうもこんにちは。パインあめで( ´◎`)スー。

6月24日に広島で行われた第3回真皇杯中四国予選で使用した構築となります。
http://shinnouhai.web.fc2.com/participate/008_tyushikoku.html

ミカンブロックを5-2で2位抜け、決勝トーナメント1回戦敗退でした。
ベスト32と結果は大したものではないかもしれませんが、恐らく会場でゲンガナンスを使用していたのは私だけであると思ったので記事にしました。





以下個別




・ゲンガー@メガ石
 性格:臆病 hcS
 特性:のろわれボディ→かげふみ
 技構成:シャドーボール/ヘドロ爆弾/滅びの歌/守る

この構築に必ずと言っていいほど出てくるコケコへの一応の耐久調整(玉コケコ10万耐え)はしているが、電気Zコケコには結局同速勝負になってしまう。ヘドロ爆弾を持っていることで単体でも十分強い。




・ソーナンス@オボンの実
 性格:図太い BD
 特性:かげふみ
 技構成:カウンター/ミラーコート/アンコール/道連れ

1:1交換出来たら御の字。可愛い。




・ポリゴン2@進化の輝石
 性格:ずぶとい HBd
 特性:トレース
 技構成:冷凍ビーム/イカサマ/自己再生/✝電磁波✝

相手のゲンガーやミミッキュなどに電磁波入れるだけでも強い。そして流石の耐久力。運ゲーも出来る最強ポケモン。電磁波で100族抜き調整。




・ガブリアス@拘りスカーフ
 性格:陽気 AS
 特性:鮫肌
 技構成:地震/逆鱗/✝岩雪崩✝/ステルスロック

高種族値に加えて持ち物が豊富なガブはやっぱり最強。運ゲーも出来る。ちなみに、大会で1度もステルスロックは使わなかった。




・キノガッサ@気合の襷
 性格:陽気 AS
 特性:テクニシャン
 技構成:マッハパンチ/種マシンガン/岩石封じ/キノコの胞子

大会中は種マシンガン平均4回、急所にも当てる自覚があるキノコだった。デザインが好きで、昔からよく使っている。





・リザードン@メガ石(Y)
 性格:臆病 CS
 特性:サンパワー→ひでり
 技構成:火炎放射/ソーラービーム/目覚めるパワー氷/✝エアスラッシュ✝

ソーラービームの枠は元々気合玉だったが、現環境での技範囲を考えて変更した。しかし、予選グループではバンギラスなどが一定数いたので変えなくても良かったと思う。エアスラッシュは主にバシャーモやウルガモスを倒す為。あと運ゲーが出来る。特性のサンパワーは、ORAS時代に苦労してSV孵化に成功(目覚めるパワー氷の理想個体まで厳選)したが、猛火の個体が手に入らず仕方がなくそのままSM及び大会に持ってきた。絶対に猛火の方が良い。


基本選出は、リザードンキノガッサガブリアスorポリゴン2
ゲンガナンスポリ2を選出した試合は3回で、うち1回だけ勝ちました。(小声)
基本(裏)選出の3匹が強いってはっきりわかんだね。
ちなみに、構築のポケモン全6匹が8試合中4回選出でした。

参考元の構築はこちら↓
【シーズン3使用構築】 最終2113 33位 たて式ゲンガナンス
http://tatepoke.hatenablog.com/entry/2017/05/16/180735

また、大会前に構築参考元のたて
@tate_pokeさんとゲンガナンス使いで有名なスカイソード
@skysword_poke
さんに構築及び立ち回り相談をさせて頂きました。ありがとうございました。

今回なぜゲンガナンス構築を使ったかというと、今年に入ってから今月までポケモンをするどころか3DSにすら触れていない(Hearthstoneという神ゲーにハマってました)、ポケモンオフへの参加が半年以上ぶりでSMに構築が無い、私の大好きなゲンガナンス使いの某有名ニコ生主の影響で、ORAS時代に育成していた個体を上記の二人に相談し改良して使うことにしました。そのため、今回持ち込んだポケモンは全てカロス産です。Z技って何ですか?

当日の試合についてですが、午前3-0、午後2-2でグループ予選を突破しました。
私はこれまでに参加したオフの経験上、午前の試合が弱く午後から調子が上がると思い込んでいた為、午前でいきなり3勝してしまい、昼食は天下一品のあっさりラーメン小しか食べられないほど緊張していました。(おかげで、夕方にはお腹が空き二次会はたらふく飲み食いが出来ました)

午後の試合に入り、最初に2勝することが出来たのでこの時点で5-0となり予選突破がほぼ確定していました。ここまで来たので予選全勝突破も少し狙い始めたのですが、そこからあっさりと負けました。そして、ブロック1位通過を決める最終戦に敗れ、2位通過となりました。

決勝トーナメント一回戦の相手は、
毎回東京から遠征して来る広島勢のソウキさんでした。ソウキさんは以前のオフで私が1-8と惨敗したときに唯一勝利した相手(詳しくはこちらを参照→http://ch.nicovideo.jp/painame_pokemon/blomaga/ar869962)で、その時からやべーポケモンを使う人という印象しかありませんでした。ソウキさんはコケコランドゲンガー、私はゲンガナンスポリ2を選出。(裏ポケモンも構築単位で無理でした)
コケコとナンスの対面で彼に飛行Zを持った物理型コケコというやべーポケモンを使われ、何も出来ずに負けてしまいました。あとは、今後の真皇杯予選に出られるスカイソードさん、他のゲンガナンス使いの方に引き継ぎます。

今大会の総括としては、予選を抜けることが出来て素直に嬉しかった半面、やはりポケモンから離れていたブランクがあり時間が足りなかったなという印象です。よって、次のオフでも改良して煮詰めたゲンガナンスを持って行くのも面白いかなと思っています。また、万万が一本戦出場が決まっても東京には行けなかったので、予選を抜けたら後は楽しもうと思っていました。実際に、勝ち上がった人の大半が本戦には行けなかったみたいです笑
毎回思うのですが、オフに人が集まってワイワイやるのは楽しいですね。

最後になりますが、広島で行われるオフは通称「魔境オフ」と呼ばれており、今回の真皇杯本戦行きを決める試合ではメガサメハダーとメガフーディンがスクリーンに映るという面白い戦いがありました。また、他にもシビルドン入りの構築や水統一で予選を抜けた方もいたようです。正直、私の使った構築もレート環境とはかけ離れていますが、広島オフではこういう構築の方が勝ち進める可能性がありますので次回から参加しよう!と思っている人は是非独創的な構築を持ち込んで下さい。


ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。
それでは、また。

※追記
https://twitter.com/pain_poke49/status/878508081054760960


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事