ドンキホーテコラム

【覆面次郎】あなたのボーダーラインは? 2019/11/6(水)

2019/11/06 18:22 投稿

  • タグ:
  • 覆面次郎
  • パチンコ
 パチンコを打つなら投資はいくらまでか? っていうのは、パチンコ打ちならちょいちょいぶつかる壁というか疑問のような気がします。
 昔、それこそ牙狼の初代を打ってた頃なんて、1万発なんて余裕で出ちゃうもんで、気持ちにも余裕を持って打ってた気がしますが、最近は2万投資したら取り返せる気がしなくなってきます。
 
 そりゃ5000発くらいなら今の台でも簡単に……と思うかもしれませんが、実際のところそんなに簡単ではなく。
 北斗無双クラスの台なら、“STに入れば”期待出玉は約7000発とさすがの爆発力ですが、それはミドルタイプの初当たりに加え、50%という壁を乗り越えた場合。
 それを加味すると、初当たりでの期待出玉は無双や仕置人クラスで4000発程度ってことになります。
 
 つまり。
 「2万も使ったら取り返せる気がしない」
 この次郎の感覚ってのは間違っちゃいないわけで、ある意味、投資2万で撤退するっていうのはある種のボーダーラインなのかなと。
 
 一番良くないなと思うのは、甘デジなんかでも2万なんてあっという間ですよね。
 少しでも、1万でも取り返そう、なんて甘を打って負債を重ねるのが一種の負けパターンになってます。
 甘デジを打つなら、1万やそれ以下をボーダーラインにしなくちゃなりませんぜ。
 
 今後、より甘そうに見えるスペックが出てきますし、スピードに特化した台も出てきますので、2万負けちゃったけど、「まだ歌える…ッ!頑張れるッ!!」(赤文字) なんて思うわけなんですが、実際、初当たり1回に対しての平均出玉ってのは規則で決められてますので、惑わされないようにしないといけません。
 
 勝つときってのはたいしてお金なんて使わなくても、ササっと当たってあっという間に万発出ちゃうもんなんで、苦戦してんなーってときは潔く撤退するのが、今のパチンコとうまく付き合ってく方法なんだなと感じる次第ですよ。
 そのボーダーライン、2万投資ってのはひとつの例として頭の隅に置いといてもらえたらいいんじゃないでしょうか。
 
 どれだけ投資してても、まだ取り返せそう、勝てそうに見えるスペックを作る……これも日々メーカーの開発者たちが頭を捻りながら計算して作ってる“企画”のひとつなんですな。
 
 
■次郎の色んな意味で注目の一台
・SANKYO「PFバイオハザード2」
 
 これも勝てるように見える80%の1500発ループってスペックで登場。魅力的なスペックです。っていうか、牙狼こそこれでよかったのでは……
 
 
 では、今週はこの辺で。
 また来週お会いしましょう。

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

ドンキホーテコラム

谷村ひとし

月額:¥550 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

パチランチャンネル

パチランチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細