○の鬼のブロマガ

手元動画の簡単撮影方(スマホ使用時)の解説

2014/11/09 14:54 投稿

  • タグ:
  • 作ってみた
  • 手元撮影
  • 簡単
  • スマホ
こんにちは、○の鬼です。

今回は、下の動画の説明をします。


スマホで手元を撮影し動画にしたかったので、家にあった三脚を利用し、簡単に撮影しやすい環境を作ってみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
では、簡単に説明していきます。

用意するもの
・スマホ(イヤホンのスウィッチ付きのものがあると良い)
・三脚
・インチネジのナットとワッシャー(物差しの穴を利用し固定するため。)
・ゴムシート(三脚とものさしとの間の滑り止め)
・結束バンド(ねじが使えないときに使用)
・ものさし50cm程度のもの(私は、百均で買いました!)
 竹製のものが使いやすいと思います。



真上からの撮影です。





スマホがこんな感じで置かれるだけの仕組みです。



竹のものさしの上にポンッと置くだけです。


スマホにカバー(ゴム系)をしていない場合は、オレンジの線の様に輪ゴムでも使ってみてください。
滑らないようにするための仕組みです。



三脚にのせ、縛っただけです。


結束バンドで縛りました。


本来は、赤丸の位置にネジがあるのですが、この三脚にはネジが付いている部品が無かったので、結束バンドで取り付けました。
ネジがあるのなら、インチネジのナットを使い、物差し(50cm)の穴の開いたところで取り付けるのがいいでしょう。(ホームセンターで<1/4inch>となっているネジが、普通の三脚ですと合うはずです。
私の場合は、ネジを買ってから三脚にインチネジの部分が無いことに気付きました・・・



ものさしがずれないように、2ヶ所の四角のあたりにゴムシートを切ってはさんで置きました。
ゴムシートの代わりに、輪ゴムでもいいと思います。



イヤホンについているスウィッチを使いシャッター代わりにすると、スマホをさわることがないので揺れの無い撮影ができます。
カメラのシャッターをスマホの画面でやると、結構ゆれて撮影しづらいです。
ゆれると、撮影した動画の最初と最後をカットすることになり、動画編集の手間が増えます。



イヤホンスウィッチを付けると、こんな感じです。



置くだけセッティングなので簡単です!

-----------------------------------------------------------------------------------------
以上です。
では、また!



下の二つの動画は、今回の仕組みを使い撮影したものです。参考にしてみてください。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事