○の鬼のブロマガ

サンゴ泥棒という名の海賊団(テロリスト)

2014/11/03 04:45 投稿

  • タグ:
  • 密漁
  • 中国
  • 自然破壊
  • 犯罪
最近、小笠原の付近で”サンゴ泥棒”が多発しているようです。

激オコです!!


--

現在は、
 密漁(泥棒)
としての対応をしていますが、ヌルいです!!


私としては、
 海賊行為(テロリズム)
として対応を強化していくべきだと思います。

----------------------------------------


某ソ○リアという国の海賊に対して各国が軍隊を派遣したように、日本も自衛隊を出すべきです!

なぜなら、
 海洋資源への海賊行為(密漁)は、
日本の自然破壊&大量の船による国内への不法侵入(海賊団という中国からのテロリスト)
という平和を脅かす行為であるからです。

これらを放って置くと、
 不法侵入・密漁
だけで無く、
 不法投棄・不法上陸→不法占拠
など、
”中国の領土拡大(戦争)への入り口”を作りかねないので、
早めに厳しい対応をして欲しいです。

---------------------------------------------

私が提案する対応は、

その1:罰金を高めに!(実行犯への対応)
 サンゴを売って手に入る金額の倍はお金を取るべき!(倍返しだ)
 もちろん普通の罰金に加算する形で!!
 捕まれば必ず損をする状況に!

その2:船舶の情報をネットで拡散する!(実行組織への対応)
 船長やオーナーの名前・売買にかかわる地名などや、
 密漁行為をを見過ごしている中国政府の対応などを、
 (「影で送り出しているのでは?!」と言う疑心暗鬼を誘う)
 ネットやTVで拡散して、密漁行為をどこの国の誰がやっているのかを、白日の下にさらす。

その3:自然保護団体の対応を見てみる!
 某くじらを守る団体に情報を提供し、反応を見てみる。
 きっと、密漁船団に突撃し、何艘もの密漁船を沈めてくれることでしょう!
 そして、密漁を放って置く中国に、何かしらの反応をしてくれるでしょう!!
 世界中の海を愛する人々が、注目するでしょう!!!

---------------------------------
まあ、政府はきちんと対応してくれるとは思いますが、頼りきりになる事はやめましょう。

国民の方からも情報や意見の発信と言う形で関わる事により、政府批判のマス○ミ対策にもなるので、話題をいじくるのは大いにすべきだと思います!


では、また!


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事