○の鬼のブロマガ

ワイルドにG-shockの遊環の交換

2014/07/01 19:19 投稿

  • タグ:
  • やってみた
  • 交換
  • G-shock
  • 代用品
  • 遊環
ワイルドにG-shockの遊環の交換をしてみました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------



まずは、遊環の交換に至った経緯をちょっとお話します。

1.遊環の一部が切れてしまった。

2.交換手段をWEBでしらべた。

3.最安でも1000円ぐらいかかりそうだ、手間も時間もかかる(ネトオクで部品のみ)。

4.作ってみようかと思ったが、面倒なのでパス(むずかしそう)。

5.お店でならその場で交換ぐらいできるのではと、しかし1000円は変わらずだったが、
  2週間ほどの期間がかかり、それにその店にまた取りに行かなければならないので×。

6.代用品は無いかと百均やホームセンターで探す。

7.百均で「ホース」を見つけて、これは良いかもと思い買おうとするが、長さが余りそう
  だったので、百均では買わずに、ホームセンターにて”計り売り”で最短の10センチ
  ぶんの物をいくつか購入。

8.その中で1つだけ使用できたので動画にまとめた。

という流れです。

------------------------------------------------------------------------------------------------
遊環の代用品


材料は、耐寒の透明なホースで、内径18mm・外径23mmでした。


私が買ったところでは、10cmで22円プラス税でした。

使用するのは、大体15mmぐらいでいいので、6個分は出来ると思います。
1個分に当てはめると、材料費は約4円になります。安いですね!


ちなみに、
他に買ったホースは、内径が15mmだったので使えませんでした。


透明なホース以外の、右の3つのホースは内径15mmでした。


一般的なホースは内径15mmなのが多いので、買うときには気をつけて下さい。

それと、ホームセンターをハシゴしていて気付いたのですが、
埼玉では10cm単位で計り売りをしていて、
茨城では100cm(1M)単位の計り売りしかしていませんでした。
(県によって違うのでしょうか?地域性?)

その店だけの売り方かもしれませんが、計り売りの長さがだいぶ違うので御気をつけ下さい。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
交換の仕方



もともと付いていた遊環を取ります。


お好みの長さにホースを切ってください。


切ったホースをつぶしながら、ベルトの金具が付いている方に押し込みます。

簡単です。
※切ったホースは、切り口が凸凹していますので、はさみで端を切って形をととのえます。
 カッターでは切るのに苦労するので、ハサミが良いと思います。




以上です。
------------------------------------------------------------------------------------------------

では、また!


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事