oztoのブロマガ

動画コメントアート界隈の現状とツールに関する個人的見解

2013/05/05 12:31 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • コメントアート
某所でコメントアートとツール&コピペについての談義が行われていたようなので
つらつらなんとなく書き始めたら収拾つかなくなったヽ( ・3・)ノ

投稿ツール使用とコピペに関しての論議は
それこそニコニコ動画の初期から幾度となく行われてきました。
動画CAの現状を考えると一般化された投稿・製作ツールの普及が衰退に歯止めをかける最も
有効な手段となるかもしれませんが、それに対するハードルも高いでしょう(´・ω・`)

以下、某所で書いた「動画コメントアートの現状とツールに関する個人的見解」まとめです。

まず、ニコニコ動画におけるコメントアート界隈の現状は衰退傾向にあります。
特にこの一年でCA製作者側の人間が目に見えて減っています。
理由はまあ色々あるわけですが、今回はそういった前提から話を始めております。






ちなみに、自分の生放送CAの知識は1年くらい前から止まっています。
生放送CAの現状は全く把握していないので、もし、現状と異なる解釈のもとで
語っていたとしたら申し訳ありません。

コメント

とっても暇でし
No.1 (2013/05/05 20:01)
レベルの高い人からは否定されるでしょうが、、、

物覚えの悪い自分としては、成長過程でコピペは必要だと思ってます。 もちろん、動画主のみなさんには、ご迷惑をかけている面も多々あるでしょうが、コピペの経験の中から、成功体験も失敗体験もして、次のステップに上がるかなと。 
どんなものでも、まずは物真似のステップがあって、そこから更に上のものやオリジナリティのあるものも生まれる可能性が出てくるのではないでしょうかね。

あと、自分はツールにお世話になっているので、ツール事態は作業の容易化でしかないけですが、その容易化のおかげで、オリジナリヒティのある作品の作り込みに時間が割けるのかなと思います。
ozto (著者)
No.2 (2013/05/06 11:55)
>>とっても暇でしさん

製作技術の取得段階において、参考のために行うコピーは否定しません。
コメントが簡単にコピーできるようになった現在ではやらない人のほうが
少ないのではないかと思いますしw

ただ、次のステップに上がろうととする人もいれば、
コピーのみで満足してしまう人も多いと思います。
そういった人たちでも、もっと簡単にコメントアートを作れるような
環境があれば(技術を一般化できれば)コピーの更に次の段階に
進みやすくなるんじゃないかな、ということですね^^;
とっても暇でし
No.3 (2013/05/06 21:56)
>>2
私は ozto さんの作品をかなり参考にさせて頂いてますますからねw コピーを含め、いろいろと勉強させていただいていますので、これからもよろしくお願いしますと言うことですw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事