ニコニコチャンネルメニュー

ひぐらしのなく頃に解

ひぐらしのなく頃に解

昭和58年初夏。 都会から遠く離れた山奥の寒村、雛見沢。 昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が木霊していた。 圭一、レナ、魅音、沙都子、梨花、詩音 今日も「部活メンバー」の明るく、賑やかな声が雛見沢に響いていた。 そんな中、梨花は時折悲しげな表情を見せていた。 それは毎年6月に行われる祭「綿流し」が近づいていたからであった。 過去4年続く、祭りの日に、繰り返される惨劇。 毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという「雛見沢連続怪死事件」。 今年も惨劇は起こる。 梨花は全てを知っていた。ハジマリも、オワリも…。 繰り返される惨劇の連鎖は断ち切れるのか?
詳細を見る

生放送

動画