オーバークロッカーのブログ

【自作PC】ASUS,Strixシリーズのフクロウサウンドカード爆誕

2015/09/13 05:46 投稿

  • タグ:
  • ASUS
  • XONAR
  • Essense
  • Strix
  • フクロウ
  • サウンドカード
  • Sound
  • PCI
  • 自作PC




ASUSのVGAなどで展開されているフクロウを模したデザインが特徴の”Strix"シリーズラインナップにサウンドカードが追加されるようです。

このサウンドカードは6月のComputexに参考展示されていたもので、今回発売が開始される模様ラインナップは3モデル。STRIX RAID DLXSTRIX RAID PROSTRIX SOARSTRIXはハイエンドゲーマー向けブランドR.O.Gとは別の開発チームが担当したものとのこと。 

R.O.G.とは別のチームが開発したゲーミング向け“STRIX”ブランドのサウンドカード。ただしR.O.G.のサウンドカード「Xonar Phoebus」はゲーミングに特化しているのに対し、STRIX RAID/SOARはハイレゾの音楽や、映画のサラウンドを楽しむのに特化するという異なる方向性で開発された。位置付け的には「Essence」の後継に相当すると見られる。
Essenseもよいサウンドカードだったと記憶していますがデザインが良いので、ついほしくなってしまいますね。

最大の違いはオーディオプロセッサ。Xonar PhoebusはC-Media製の「CMI8888」、Essence STXはASUS独自の「AV100」(実体はCMI8788)という、いずれもPCI接続のチップが採用されていたが、STRIX RAID/SOARではC-Media製の「CMI6632A」というUSB 2.0接続のチップが採用されている。

 このため、PhoebusとEssenceはPCI Express→PCI変換ブリッジをボード上に実装していたが、STRIXではPCI Express→USB 3.0のホストコントローラ「ASM1042A」を搭載し、オーディオプロセッサとの接続を実現している。

 3モデルの違いはDACおよび外部コントローラ付属の有無。最上位のSTRIX RAID DLXは、DACにS/N比124dBのESS「SABRE9016」を搭載し、外付けコントローラユニットが付属。中位のSTRIX RAID PROは上記からDACをS/N比116dBのESS「SABRE9006A」に変更。下位のSTRIX SOARはRAID PROからコントロールユニットを省いたモデルとなる。

 オーディオ向けの部品選別はEssenceシリーズを踏襲し、WIMA製のフィルムコンデンサや、ニチコン製のMUSE・KZとKTシリーズ電解コンデンサ、NEC Tokin製リレーなどを採用する。

 オペアンプは3基が交換可能で、標準ではナショナルセミコンダクター製のLME49720NA(2回路入りのバイポーラ入力)を採用。このクラスのサウンドカードではかなりメジャーなオペアンプで、優等生だが面白味に欠けると言える。しかしそこは交換による楽しみの余地が残されていると考えるべきだろう。

 コントロールUIも一新し、各種設定を1つの画面で行なえるようにした。また、STRIX RAIDシリーズの外付けコントローラでは、ショートカットなどを使わずにボリューム調節を行なったり、RAID Modeボタンを押下した後にダイヤルを回すことで変更するパラメータを1つ(録音音量、イコライザ、低音ブースト、サラウンド効果)設定できる。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20150605_705551.html

良いサウンドカードでよくあるオペアンプ交換機能つきですね。

スペック

Strix Raid DLX

Audio Performance

Output signal-to-noise ratio

Line out: 124dB

Headphone: 124dB

Line in: 117dB

Output total harmonic distortion + noise

Line out: 0.0009% (-107dB)

Headphone: 0.0009% (-107dB)

Frequency response

<10Hz to 48kHz

Output full-scale voltage

2Vrms (5.65Vp-p)

Components

Audio processor

C-Media USB 2.0 high-definition sound processor (Max. 384KHz/24-bit) CM6632AX

D-A converter

ESS SABRE9016 Premier 8-channel audio DAC

A-D converter

Cirrus Logic CS5381*1 (114dB DNR, Max. 192KHz/24-bit)

Headphone amplifier

TI LME49600

Sample Rate and Resolution

Analog playback

44.1K/48K/88.2/96/176.4/192KHz @ 16/24-bit for all channels

Analog recording

44.1K/48K/88.2/96/176.4/192KHz @ 16/24-bit for all channels

S/PDIF digital output

44.1K/48K/96/192KHz @ 16/24-bit

ASIO 2.0 driver support

44.1K/48K/96/192KHz @ 16/24-bit

Connectivity

Output

4 x analog out 3.5mm jack (front/side/rear/center)

1 x headphone out 3.5mm jack

1 x box link

1 x S/PDIF coaxial out (combo with side out)


Strix Raid Pro/Strix Soar

Audio Performance

Output signal-to-noise ratio

Line out: 116dB

Headphone: 110dB

Line in: 110dB

Output total harmonic distortion + noise

Line out: 0.001% (-100dB)

Headphone: 0.003% (-90dB)

Frequency response

<10Hz to 48kHz

Output full-scale voltage

2Vrms (5.65Vp-p)

Sample rate and resolution

44.1K/48K/88.2/96/176.4/192KHz@16/24bit

Components

Audio processor

C-Media USB 2.0 high-definition sound processor (max. 384KHz/24-bit) CM6632AX

D-A converter

ESS SABRE9006A Premier 8-channel audio DAC

A-D converter

Cirrus Logic CS5361*1 (114dB DNR, max. 192KHz/24-bit)

Headphone amplifier

TI TPA6120

Sample Rate and Resolution

Analog Playback

44.1K/48K/88.2/96/176.4/192KHz @ 16/24-bit for all channels

Analog Recording

44.1K/48K/88.2/96/176.4/192KHz @ 16/24-bit for all channels

S/PDIF digital output

44.1K/48K/96/192KHz @ 16/24-bit

ASIO 2.0 driver support

44.1K/48K/96/192KHz @ 16/24-bit

Connectivity

Output

4 x analog out 3.5mm jack (front/side/rear/center)

1 x headphone out 3.5mm jack

1 x box link

1 x S/PDIF coaxial out (combo with Side out)

Input

1 x analog in 3.5mm jack (mic/line-in)






Youtubeチャンネル登録よろしくお願いします!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事