オーバークロッカーのブログ

【自作PC】11520x2160解像度でのAMD Radeon R9 Fury Xデモほか

2015/06/20 10:43 投稿

  • タグ:
  • Radeon
  • AMD
  • VGA
  • 自作PC
  • 自作パソコン
  • パーツ
  • Intel
  • CPU
  • グラフィックカード

”Fiji"ことAMD Radeon R9 Fury Xでの11520x2160解像度デモ



R9 295Xでは45~50fpsのところ、R9 Fury Xでは60fpsをキープできるとのこと。

1枚で3wayとか、ダライアスがはかどりますね(※参考動画)


R9/R7シリーズは先日のE3で発表され、発売が解禁されたばかりです。

お手軽なR9の前シリーズを買うのもいいかもね。

 AMD製GPU「Radeon R9/R7 300」シリーズを搭載するビデオカードの販売が一斉にスタートした。まずはGIGABYTEとSAPPHIREから計12モデルが登場している。

販売が一斉にスタートしたAMD製GPU「Radeon R9/R7 300」シリーズを搭載するビデオカード。GIGABYTEとSAPPHIREから計12モデルが登場している

 「Radeon R9/R7 300」シリーズは、一部クロックが上昇しているものの、従来モデル「Radeon R9/R7 200」シリーズのリネームモデルとなるGPU。ラインナップ(カッコ内は以前のGPU)は「Radeon R9 390X」(Radeon R9 290X)、「Radeon R9 390」(Radeon R9 290)、「Radeon R9 380」(Radeon R9 280)、「Radeon R7 370」(Radeon R7 270)、「Radeon R7 360」(Radeon R7 260)の5モデルだ。

 各モデルの価格および販売ショップは以下の通り


価格ショップ
「GV-R939XG1 GAMING-8GD」
¥65,858パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.
「GV-R939G1 GAMING-8GD」
¥50,738パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.
「GV-R938G1 GAMING-4GD」
¥35,618パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.
「GV-R938WF2OC-2GD」
¥32,378パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.
「GV-R737WF2OC-2GD」
¥23,738パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.
「GV-R736OC-2GD」
¥17,258パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.


Intel Broadwell-Kが話題にならない、誰か買ってよ

http://jisakutech.com/archives/34353298.html




「Broadwell-K」ことデスクトップPC向けのLGA1150対応CPUの新モデルが遂に登場、4コア/8スレッドの「Core i7-5775C」が発売された。強力な内蔵GPU「Iris Pro 6200」を搭載している点が最大の特徴だ。店頭価格は税込税込51,180~52,700円前後。 このほか、同日中に4コア/4スレッドの「Core i5-5675C」も発売予定。ただし、ショップによると「初回は流通量が非常に少ない」という。店頭価格は税込37,700~38,700円前後。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20150618_707554.html

このままでは爆死の予感... Iris Proとかすごいんやで!LGA1150のファイナルアップデートでもあるから古い世代のCPU使ってる人は交換のチャンス。


24時間たたかえるASUS製マザー「SABERTOOH X99」発売へ

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150620_707926.html?ref=rss


はっきりいって堅牢性高いとは思いますが。

見た目ごついし、ROG並の価格だしで。
サーバーとかに使う人はいいのかな?

以前の記事でお伝えしたASUS製Intel X99マザーボード「SABERTOOTH X99」の日本での販売が開始された。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は51,500円前後の見込み。

 LGA2011-v3プラットフォームのマザーボードで、米国国防総省のMILスペック準拠の部品を採用するなど高耐久性がウリの「TUF」(The Ultimate Force)シリーズに属しており、24時間365日の連続稼働を想定して設計されている。

 13個の温度センサーとファン11基を制御可能な「TUF Thermal Radar 2」を搭載。一般的なマザーボードと違い、極めて詳細な温度管理を行なえるのも特徴。ビデオカードの熱からマザーボードを守る「TUF Thermal Armor」も備え、基板温度上昇を避け、放熱を補助する役割を担っている。そのほか、背面インターフェイスには最新規格のUSB 3.1ポートを2基装備している。

 フォームファクタはATXで、LGA2011-v3のCore i7(Haswell-E)に対応。メモリはDDR4対応で8スロットを装備し、最大搭載容量は64GB。オーバークロックでDDR4-2400をサポートする。拡張スロットはPCI Express 3.0 x16×3、PCI Express 2.0 x4×1(x2動作)、PCI Express 2.0 x1×1。

 ストレージインターフェイスは、SATA 6Gbps×8、SATA Express×1、M.2(PCI Express接続Type 22110)×1。背面パネルインターフェイスは、USB 3.1×2、USB 3.0×4、USB 2.0×4、Gigabit Ethernet×2、音声入出力などを備える。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事