「し」じゃなくて「レ」だよ

スマブラに参戦しようかと思って剣と盾作ってた

2014/09/22 20:35 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • 作ってみた
  • 手芸
  • ゼルダの伝説
  • 時のオカリナ
  • スマブラ
  • ゲーム

先日、大乱闘スマッシュブラザーズ3DSが発売され、どこもかしこもスマブラスマブラ…

私もだんだんスマブラやりたくなる病になっていってますが、
スマブラ買ったらポケモン買えなくなるので我慢我慢。

そもそもアクションゴリ押しプレイヤーなので、買ったとしても一番低いレベルにすら苦戦するのが見えてる気が…。笑
 
 
さて、先日ネッチをやってて、こんなものが取れました。



「ぼくの考えた最強の武器シリーズ」という、戦士の盾バッグ。
剣は取り外し可能。

このまま使うのも何だかあれなので、ちょうど3Dプレイしてたのもあるから、
緑の剣士のアレにリメイクしようかと。


で、出来上がったのがこちら。


ビフォー






アフター




のんびり作製してたので2週間くらいかしら。

材料はいつものフェルト。サイズ的にうちにあるのだけじゃ足りなくてさすがに買い足し。
(カナリヤとかユザワヤとかちゃんとした手芸屋さんで買いたかったけど、少々足悪くしてなかなか遠出できないので、近所のホームセンターで間に合わせ)
色が限られてるのが難点だけど、まぁ近いものが出来てれば良いかなぁと。


盾は、資料を実寸大に印刷して簡単な型紙を作り、1つずつパーツを縫い付け(パーツ細かすぎてミシンの線が歪みまくり)、このままだとヘニャヘニャなので、そこら辺に余ってるクリアファイルを2枚ほど中に挟んでシャキンと立つようにしました。

クリアファイルは厚紙の代用と言うより、厚紙より使える代物。

本体に縫い付ける際、バッグのふちギリギリに縫い付けるの難しくて数回縫い直し…。
裏は第2のポケットになってます。


バッグに合わせた形なので本家よりちょっと面長。
攻撃は跳ね返せないけど、衝撃は吸収してくれそうなモフモフ盾。

後ろはそのまま。

普段と斜め掛け
逆なので、背負いづらいのが難点。
盾縫い付ける前に直せばよかったかな…。
いや、直すとしてもミシンじゃなくて手縫いだから強度がなぁ…
とりあえず保留。


鞘は、正面や細部の資料があんまり無くて、模写でどうにか型紙を作製。



太くて短いので本家よりちょっと模様が窮屈。
これ以上細かくしたらフェルトほつれて縫いづらいもんで。
羊毛フェルト用の針でサクサク刺せば細かくてもいけるけど、あれ時間かかるしなぁ。

このままだと布同士が摩擦で引っかかって剣が入らないので、抜き差ししやすいように中につるつるしてるポリ袋のようなものを縫いつけようとしたら、ミシンに引っかかって上手く縫えず、クリアファイルさんで応用。

上は軽く折って、少し丸みを付けて出し入れしやすく。
ファイル半端に硬いから縫いづらくてちょっと形歪んだけどいいや。


剣は、型紙作らず一発勝負のほぼ全て手縫い。
資料見ながら形を少々詰め、微調節しながらざっくり裁断チクチク縫い縫い。

左右の羽?バウムクーヘンみたいな所は、形を保持するのにクリアファイル様仕込んだけど、綿つめるから別にいらなかった気がする。
構造上、本家とちょっと形違うけど、ご愛嬌。

剣の中はスポーツチャンバラみたいなスポンジ?入ってて殴られてもイタクナーイ。


入れるとこんな感じ。
(鞘の長さ間違えて実は下の方1/4くらい空いてる)

(背負ってる画像どうやって撮ればいいんだ…)



よし、これでいつ呼ばれても対戦出来るぞー(物理)

折角だからハロウィンかクリスマスの時でも使おうかね。衣装無いけど。
緑の服……、前回の怪獣パーカーでいいか。






おまけ



手乗りボムチュウ




P.S.ゼルダシリーズは時岡3Dしかプレイしたことありません

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事