「し」じゃなくて「レ」だよ

友「久しぶり~」私「お久しぶr…」  友「パペット作って」私「!?」

2013/10/18 20:52 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • 作ってみた
  • パペット
  • 手芸

友「手先器用だから何とかなるろ」
私「あっ…ハイ…。」
 ※実際の会話とは多少異なります

と言うわけでパペット作る事になりました。

要するに、これですね。


私、手芸はよくやりますが、パペットなんて作った事ないです。
でも頼まれたら断れない性格なもので(´・ω・`)

何やら、友人の知り合いが会社で使うとかで、作ってくれる人を探してて、
「手先器用=私」と言う発想で私にたどり着き、
画像のこれ↓をパペットにしてくれとのこと。


…想像してたのとだいぶ違う。笑
人型とは言ってたけど、こう来ましたか…。
 ところで何のキャラだろうこれ。

初めて作る事は承知の上なので、まぁ模索してみますかね。

とりあえず、まずは作り方調べたり、家にあったパペットぬいぐるみで構造チェック。
なかなか詳しく載ってるサイトが見当たりませんでしたが、ベースは把握しました。

設計図とだいたいの工程書き書き。


ベースの型紙作り-の、試作と調整。

ロックミシンないので、普通のミシンで直線とジグザグ縫いでほつれ止め。

中央が3本でも入るし、


2本でも入ります。


…腕太いな(´_ゝ`)

これをベースに体を作っていきます。

足。 布の間に挟んで縫おうか、それとも下に縫い付けようか…後で良いや。


体のパーツカット。折り目が気になるのでアイロンがけ。


手縫いでパーツ合体。カーブ多すぎてミシンだと(針も心も)折れそうなので。


…何だろう、首部分が親指みたいな顔に見えてきた。





完全に一致。


後ろには尻尾と羽。


ベースに一旦被せてみると、こんな感じになります。

すっぽりジャストサイズ。
手や首の先端、腰あたりにスペース出来てしまうので、綿でも入れようかしら。

あとは頭か…(遠い目)

どうやら私、描くにしろ作るにしろ、
人型を作製するのはあまり向いてないようで…(^_^;)
体は上手く出来たとしても、だいたい顔で失敗します。

重要な依頼だけあって、プレッシャーにお豆腐メンタル潰されそうです。。


綿つめと、ベースと本体の下縫い合わせと、足と飾り縫い付け。

下は、ミシン(上糸 白・下糸 茶色)で直線縫い、
足は厚さ的に布の間に挟めなかったので、手縫いでジグザグと。

お顔。ダーツ足りなかったのか少々大きくなってしまう。
糸ほどくの面倒だったので、外から無理やり寄せ寄せ。

見えない部分なので支障はないかと…たぶん。

頭のうなじ辺りに切れ目を入れ、そこから首を挿入。
後ろはバックとストレートステッチ、前はコの字縫い。(どっちもコの字にすれば良かった)


で、後ろ髪縫い付け。



帽子被せてみて髪の位置調整しつつ、パーツ縫い付け。




三つ編みは束ねた毛糸で編み編みと。
ビーズの穴が小さくて、テープで細く巻いてどうにか通しました。



で、出来上がったのがこちら。


左右対称って難しい。

残るは最大に苦手で最大に重要な、お顔ですな。

まず、あの目をどうやって再現するか。
布だけで再現するのも塗るのも難しいので、アイロン転写が無難ですかね。
前使った転写紙余っててよかった。(意外とお高いので)

アナログ頭脳で出来るかな…(※標準装備のペイントツールしか使えない)

とりあえず、大まかに目を切り取り、どのサイズがジャストか普通紙に試し、転写紙に印刷。


そしてアイロンで布に貼り付け、黒目だけをカット、
表に響かないように白目用の布に縫い付け。

 ※アイロンする前に黒目切ってからやればこんな手間掛からなかった事に今気づく…。笑

アイラインを刺繍し、着色したボンドでほつれ防止。


布用ボンド(強力)で接着、まつ毛、眉、二重を刺繍。


…むぅ、あまり左右のバランスよろしくない。

あとは口を貼り付けて、コロコロで細かい布ゴミ取り、アイロンかけ…


完成。





うーん…




なんだろう、何か違う。
(私が作りたかったのは)コレジャナイ感。

まぁ…素人が作ったらこんなものですよね。(´A`)

ちょいちょい友人経由で作業工程見せてたのですが、
「想像以上で驚いた」との事。

…なんだろう、この価値観の違い。笑

製作期間は1ヶ月も掛かりませんでした。
パペット作製は初めてのジャンルでしたが、いつも同じような物しか作ってなかったので、何だか新鮮でしたかね。
機会があったらまた作…、いや、しばらくは良いです…。笑

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事