「し」じゃなくて「レ」だよ

○○の恋人。

2013/08/22 18:52 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • 北海道
  • 白い恋人
  • ○○の恋人
私の地元、北海道には「白い恋人」と言う、ご当地お菓子があります。
缶の箱って収納に便利ですよね。うちでは電池入れとして使用してます。

以前、賞味期限が切れている商品が販売されていたことが問題になり、販売停止になりましたが、復活を遂げ、当時は即完売でなかなか手に入りませんでした。
どんな問題があろうと美味しいのは知ってますからね。家に放置して賞味期限切れてても食べますよね、普通に。

…あれ、うちだけか…?

そして、吉本興業さんがパロディ商品として「面白い恋人」を販売し、裁判沙汰になりましたね。
まあ、笑いの本場・吉本なのでユーモアな商品はよくありますが、アレはパクリすぎにも程があるかなぁと思いました。

裁判の結果、
「面白い恋人」のパッケージ変更と、関西6府県のみに限定販売するとの事で、今年和解したそうです。
石屋製菓さんは納得してないようでしたが、これ以上裁判続けても、向こうの商品の宣伝になるだけなので、仕方ない決断だったのですかね(´`)

さて、先日、父の実家の岩手に帰省してました。
すると、お土産屋さんにこんなものが販売されてるではありませんか。


岩手の恋人。


同じラングドシャだけど、本家より少し小さめ。チョコがはみ出てない。


兄のお嫁ちゃんが言うには、この恋人シリーズは日本ほぼ全国にあるそうです。
集めてる人もいるとか。

探してみたら、んまぁ~出るわ出るわ。
http://matome.naver.jp/odai/2133623097700371301
北から南、海外まで。
中には「白い○○」もありました。

シンプルな枠と左右にイラスト、「I ♡ ○○」や方言での愛情表記があるものは、中身も同じパッケージなので、おそらく同じ会社。
どこの会社が作っているのかと箱の裏を見てみたら、

フリーダイヤルしか載ってない。


謎すぎる…。普通は住所や会社名くらい載ってるのに…。
もしかしたら訴えられないように伏せているのか、もしくは本家がこっそりと…そんな訳ないですよねー。

吉本興業さんと和解したばかりですが、石屋製菓さんは、このたくさんのパロディ(のようなもの)をどう思っているのでしょうか?
1個1個裁判してたらキリが無いですし、放置するのも何か認めてると言うか見て見ぬふりと言うかアレですし。

私がもし、石屋製菓さんの人間だったら…、そうですね、
例えば、白い恋人が品切れで買えなくて残念がってる人がいます。でも、隣に似たようなものが置いてあります。
うちのが品切れになってしまったのは申し訳ないけど、埋め合わせでも、その似たようなもので少しでも残念な気持ちが無くなるなら、それでいい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事