おたかのにっき

うたプリ第13話の感想

2013/06/30 16:49 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • うたプリ
  • 最終回
  • アニメ
  • 感想
なんだかんだ言いながら、ついに最終回。
色々、苦言を呈してきたが、
終わりが来ると、淋しいものだ。
…ってことは、結構、このアニメ、楽しんで見ていたんじゃないか。
という結論に至り、
自分、素直じゃないな。って改めて感じた。


まぁ、でも、最後だからって、
手放しで感動していませんよ?
色々ショックだったこともあり、
すぐに感想書けなかったもの。


話の方は、
うたプリアワードで先行のHE★VENSが
ドラゴンまで出して会場を盛り上げたってところから
(やっぱり、ドラゴンが出た時点で、違うと思ったけどさ。)
(まだ、ゴンドラでステージ移動とかの表現は無かったのかな???)
(ある程度のリアルって必要だと思う。)
(というか、敵だけど、ステージ衣装…。そこは可哀相だった。)

そのパフォーマンスのすごさに驚く春ちゃん+ST☆RISH
控室にやってくるHE★VENS
(一個人の意見ですが、このやり取り、ステージ近くの場所でやってほしかった)
(なんとなく、控室とステージに距離を感じてしまった)
(円陣うんぬんは舞台袖でやるものだと思ってる人なので。)


あと、シャイニーとライジングとの会話も少々。
シャイニーが追い求めていたもの、
「ハッピーパルス」って…。
2000%の歌詞にも入ってるしね。
今回の軸がそれだったのなら、この展開もなんとか理解したいと思います。


そして、ST☆RISHのパフォーマンス。
展開的に2000%を歌うのは良しとして、
EDの画をそっくりそのままなのは、
やっぱり、既視感が強くて、
客席にマイク向けてるとか、
踊ってなくても良いから、違う画があった方がより良かったのではと。

一番びっくりしたのはこの後でしたけど、
なんでみんな、両手広げて宇宙に浮かぶかなぁ。
いろいろ自分の中で頑張ってみたけど、
あのハッピー状態(ピンクで両手広げた格好)は理解できないかなぁ。

言いたいことは良く分かります。
2000%の歌声がみんなをハッピーにしたっていう事は。
ここも、やっぱり、他に表現方法あったんじゃないかって…。
まだ、人々じゃなくて、ハートとかお星さまとかが宇宙まで飛んでくとか
1話のポワゾンkissのようなオーラがブワッっと流れてくるとか。
宇宙空間まで行かなくても、
プリンス達の歌のすごさは分かるから!!!!!
っていうか、その歌が好きな人が見ているんだから!!!!!
歌唱時の特殊効果はホドホドが良いかと。
そう思うのは私だけなのか。


そのハッピーパルス後、
皆が騒然となるところは、おなか抱えて笑いました。
私、こういうとこ好き!
龍也サンの「ファンタジスタだ!」発言に始まり、

敵の綺羅君の「ハッピーだ。…ハッピー。」発言後、
即「何言ってるの?!」ってナギ君の慌てたツッコミ。
(ここが最大にツボでした。…やっぱ、綺羅君、いいなあ。)


そんなこんなありつつ、
結果はST☆RISHの勝利!
(投票数が僅差だったけど、宇宙空間まで飛んでこの結果ってどうなの???)
(細かいところが気になるB型でゴメンなさい。でも気になった)

HE★VENSが解散宣言をするが
ST☆RISHが止めて、大団円。お約束ですね。

ラストに流れる1000%。
試写会でお客さんが歌った歌声入りで、
っていうか結構そっちの声の方が大きかったような。
せっかく、セッシーも入ったアレンジだから、
プリンスの声大きくても…。と私は感じました。
それから、やっぱり画!!!!!
もう、スライドショー状態でもいいから、
2000%の衣装で歌う姿をもっと見せてほしかった。
結構、1000%の画が入ってて、もやっと。
セッシーのファンでもないけど、あれじゃあ可哀相だよ…、セッシー。

その点を除けば、
急に歌いだす先輩組も可愛らしかったし
知らないうちにランランがユニットに乗り気で
嶺ちゃんも笑顔で私も笑顔になった。

今回の感想はこんな感じで。

で、うたプリの2期が終了したわけで。
賛否両論あると思うけれど、
こないだのT.M.R.のライブで感じたこともあり、
綺麗にまとめるつもりではないけれど、

今まで、結構好き勝手にダメ出しをしていたけれど、
それでも、こうして最終回まで見て、
こんなに感想を持ったわけで。
残念なところも確かにあったけれど、
楽しかったところ、素敵な場面もあって、
何も残らなければ、何も書かないし、何も聞かないし、
心に残ったからこそ、こうやって感想かいて、
またBDみたり、ドルソン聞いたりするわけで。
それは、やっぱり、このアニメが良かったってことなんじゃないかと。
個人的にはそう思います。

いろんなところで、いろんな感想見たけれど、
それが是でも非でも、自分の言葉として発信されてる時点で
このアニメに影響を受けているんだと。今はそう思います。
否定的な言葉を並べる人を批判するつもりはないけれど、
そこで、このアニメとかかわってる時点で
もう、うたプリの勝ちなんじゃないかなって思います。
楽観的な見方かな?
でも、このアニメに対して何の感情も持ってなければ
たとえ、否定的な意見だとしても、言えないと思うんです。

自分も含め、素直じゃない人たちがいっぱいいるんですよ。
特にネットなんかは。
4話から感想をつらつらと書いてましたが、
どのようにしてここにたどり着いたかは分かりませんが、
結構、読んでくれる方がいらっしゃるようで。
共感できるかは分かりませんが、こんな見方をしてる者もいます。
ここまで読んで頂いてありがとうございます。

2000%が終わって寂しいですが、
来月(もう明日)から、スタートするアニメをチェックし、
また、違う世界に浸るつもり。
…現実になかなか戻れないな。


3か月間、楽しませてくれてありがとう!
「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%」!!!!!

できることなら、また会いたいなぁ。
やっぱり、うたプリは楽しい。結局それに尽きる。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事