ota2kkyなブロマ語り。

Nのハコ #2

2016/08/31 16:30 投稿

  • タグ:
  • 南條愛乃
  • Nのハコ
  • ラブライブ!
  • 飯田里穂
  • 雑記
  • 久保ユリカ

札幌で友人とすき焼き食べ放題してきました。
どうもota2kkyです。ウップス…。
一応、ラジオのゲスト(準レギュラー)たけしーくん、バンド以外の友人もいるという事もお伝えしたく、あえてもう一回言います。

札幌で友人とすき焼き食べ放題してきました。

引きこもりネタ、ぼっちネタで陰キャラの自分ですが、意外と友人は多いのです。
どちらかといえば、深く狭くですが…。
しかし、お呼ばれされている結婚式2件控えてる(ドヤァ

余談はさておき、札幌行ったという事で、ようやく…ようやく購入できました!
南條愛乃さん2ndアルバム、「Nのハコ」!
※ブログタイトルでも扱うのが2回目という事で、#2としました。


©NBCユニバーサル・エンターテイメント 
(「Nのハコ」「東京1/3650」/南條愛乃 )

ちなみに「東京1/3650」はレンタルで聴いたあと欲しくなって、先日地元の蔦屋でレンタル落ちを中古購入。
「Nのハコ」ですが、今聴きながらブログ書いているのでレビューまたいずれしたいと思いますw
パッケージ的にも、白黒基調としてシックな感じがインドアを自称する南條さんのイメージぴったり。ドレス姿も素敵です。
「東京1/3650」のパッケージではのアラサーなのにこども感強い私服で明るいイメージとは正反対なのもよいですね。
そして楽曲自体もかっこいい曲、可愛い曲、アップテンポなポップス、しっとりバラードとメリハリがあった仕上がりで聴いていて飽きません。
なにより、南條さんの相変わらず澄んだ声!
初耳の曲もすーっと聴き心地が良い!

----------------------------ラブライバーとしての余談注意報---------------------------------

聴き心地というと、ラブライブ!では脳トロボイスコンビのことり✖花陽(うっちー✖シカコ)、ラブリーボイスコンビのにこ✖希(そらまる✖くっすん)、といった方々はまさぶsound drug。
そして、歌唱力ガチ勢のナンジョルノ、Pile様、えみつん、みもりん。
その中間のりっぴー。
μ'sってすごいバランス良かったんだなって今更になって思います。
全員が全員アニメ声で歌うのも、ガチで歌うのも、バランス悪いし世界感を壊しかねなないし…。9人の調和を目指した結果だったのかもしれません。

特に歌声の変化が顕著なのが、シカコさん。
ラブライブ!初期の頃、「Love marginal/Printemps」や「孤独のHeaven/小泉花陽」で見せた、「まだ小泉花陽にシンクロしてなかった久保ユリカ」の歌声はたぶんほぼ地声。元々声綺麗だし、歌自体も上手ですね。
どうしてもアニメ声で歌うと、上手くは聴こえなくなってしまうのは仕方ないのですが…。その頃の歌唱法が好きなライバーさんもいるくらいだし。
しかし、最終的にたどり着いたのは後期のアニメ声よりの花陽ボイスでの歌唱。9人の調和を取るためのベストだったんだと思います。
久保ユリカ名義の曲を聴くと、前述の初期花陽ボイスで見せた綺麗な声にうっとりする中、花陽の名残も見え隠れするのがちょっとくすっとしてしまいますw
あ、久保ユリカさん、2ndシングル発売おめでとうございます!!

----------------------------ラブライバーとしての余談注意報---------------------------------

このまとまらない余談に1時間もかけてしまったのは内緒。


「Nのハコ」を見つけた時、最初は初回限定盤DVD付きと迷いましたが、予算の都合で限定タオル付きの方を購入致しました。
残念ながらソロのライブは行けないのですが…(北海道来ない…orz)。
JOIN ALIVEにfripSideで来た次の日、「Nのハコ」のリリイベのため札幌にいらっしゃった事を後で知った時は、かなり悔しかったです
てか、ツイッター最近動かないなと思ったら、9月14日からソロツアー(愛知・福岡・大阪・神奈川・宮城)始まりますね。
10月29日からはfripSideのツアー(千葉・北海道・神奈川etc...全14箇所)。
10月6日にはツアータイトルでもあるアルバム「infinite synthesis 3」が発売…レコーディング始まりますよねぇ…。
ソロ(「Nのハコ」)のレコーディング終わって数ヶ月、今度はfripSideのレコーディング。
ほんと、いつ寝ているのかたまに心配になります。


さて、レビューしないと前述しましたが、一曲BiBi(びび)っときた曲をご紹介致します。

「Dear..」
ソロ曲でラブライブ!を関連付けてしまうのは、本当に良くないかもしれないのですが…
イントロが「僕たちはひとつの光(μ's)」に似ていて思わず歌詞カードで確認。
するとまさかのりっぴー(飯田 里穂さん)作詞!(作曲編曲は増谷 賢氏)

りっぴー作詞の歌詞という事で、ラブライブ!で繋がった二人の関わりなどがイメージできる内容となってました。
「キミと初めて会った時 ぎこちない空間の中」

μ'sの顔合わせでは、大体のメンバーが「人見知りで…」と振り返っていたことを考えると、そういう雰囲気だったのでしょうか(笑)

「ちがう道を歩く僕たちは そっと寄りそうように 偶然をキセキに変えた」
声優(ナンジョルノ)とタレント(りっぴー)という、ちがう道を歩いていた二人が一緒になれたのはキセキですよね。

「ふたりの言葉も全部 本当にタカラモノ 僕たちはね まだ途中なんだ 」
苦楽をともにしてきた二人の言葉はタカラモノズ。またちがう道を進むことにはなるけど、まだまだ途中。

※「」部、歌詞引用部分。
と、印象深い歌詞を引用させて頂き、勝手な解釈を付け失礼致しました。
その他、楽曲全体を通しても、前述の「僕たちはひとつの光」をオマージュしているかのようなサウンドが時々聴こえます。
μ'sを知り、二人を知るラブライバーにはぜひ聴いて頂きたい一曲です!

最近はfripSideを主として聴きながらも、Aqoursが前進する中まだまだ現役としてμ'sを聴き、南條さんソロも購入し、まさに南條さんの声づくし。
もちろん大好きなB'zやGLAYも聴くけど、CD買ってないなぁ。
完成されたアーティストで超メジャーだし、CDもライブもいいだけやってきた人たちだしね、
やはり今応援したいのは南條愛乃さん!
…なんですけど、第09回おたラジではGLAYについて語ります!

(我ながら音楽ジャンル偏ってるなぁ~)

友人付き合いといっしょで、聴く音楽も深く狭いota2kkyでした。


*おたラジまとめ*



*以下、R2.5.10 編集*

おたけラジオまとめ*mylist/64203519

ota2kkyオリジナル楽曲*mylist/65453110

Twitter*https://twitter.com/otakky2?lang=ja

メール*nagomine.p@gmail.com


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事