ota2kkyなブロマ語り。

おたラジ01回 まとめと補足

2016/06/20 22:23 投稿

  • タグ:
  • ジョインアライブ
  • KANA-BOON
  • fripSide
  • 南條愛乃
  • ポルノグラフィティ
  • ガチャリックスピン
  • WANIMA
  • 音楽
  • ラジオ
  • 雑記

お疲れさまです、ota2kkyです。
今回はゲストのたけしーくんと第01回に語った北海道の音楽フェス JOIN ALIVEについての補足とまとめです。



*JOIN ALIVE について*
JOIN ALIVE(ジョインアライブ)は毎年夏に北海道岩見沢市いわみざわ公園(野外音楽堂キタオン+北海道グリーンランド)で開催されている野外音楽フェスティバルである。略称"JOIN"など。
タイトルの後ろには開催年が入る(初年度以外)。名称には「この場所に皆が集まり、繋がりながら広がって生きていく喜びを感じる」というメッセージと、「July(7)」「Oasis(オアシス)」「Iwamizawa(岩見沢)」「Nature(自然)」の頭文字を取って「JOIN」という二重の意味が込められている。
※Wikipediaより引用。
https://ja.wikipedia.org/wiki/JOIN_ALIVE



時事ネタ、ゲスト回、必要あるのかないのかモノマネコーナー、わりと楽しくトークできたと思ってました。しかし―

圧倒的に伸びない再生数!(ナレーション:立木文彦さん)

よく考えたら地方ローカルネタですね。北海道愛しすぎ、過大評価し過ぎですみません。
一般的にフジロック、北海道ならライジングサンの方が有名かもしれませんね。

空回りはさておき、H28/6/20現在、初日(16日)と2日目(17日)の出演アーティストが出揃いました。

7/16(土)
スキマスイッチ Fear, and Loathing in Las Vegas The Birthday 和田アキ子
TRF 木村カエラ KANA-BOON 10-FEET WANIMA THE BAWDIES
NICO Touches the Walls KEYTALK BLUE ENCOUNT THE ORAL CIGARETTES 
MONKEY MAJIK さかいゆう 住岡梨奈 EGO-WRAPPIN’ クラムボン
サニーデイ・サービス ORANGE RANGE 女王蜂 まらしぃ fripSide
WEAVER ユーズ(RAM WIRE) H ZETTRIO The Winking Owl ましまろ
Gacharic Spin ぼくのりりっくのぼうよみ 空きっ腹に酒 MACO 日食なつこ
Brian the Sun 新山詩織


7/17(日)
サカナクション [Alexandros] 絢香 ポルノグラフィティ MAN WITH A MISSION
ゲスの極み乙女。 ファンキー加藤 Ms.OOJA でんぱ組.inc MONOEYES Crossfaith
go!go!vanillas かりゆし58 SHERBETS TOTALFAT 髭 SPiCYSOL 
ザ・クロマニヨンズ SLANG チャラン・ポ・ランタン the HIATUS ねごと
LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS 小島麻由美 ドレスコーズ Drop's
Theピーズ D.A.N. 吉澤嘉代子 PIGGY BANKS Rihwa CREAM 赤い公園
パノラマパナマタウン Softly 空中メトロ


文面にすると、どこで区切って読んだらいいのかわからないわ、スクロールすると目がチカチカするわ、ってくらい多数のアーティストが勢ぞろい。
超大物、売り出し中、渦中のあの人、今年話題になったあの人、とかもいるね。
芸能音痴なんであえて触れませんが。

フェスといえば、自分の推しアーティスト(表現がヲタっぽい?)が時間被りにやきもきしたり、あまり聴かないけど良い機会として興味のあるアーティストを見に行ったり、というのが醍醐味でしょう。
今回初参加の僕は、ラジオ内で語った通り、fripSideのために行きます。

fripSideに全賭けします。


大物級のスキマスイッチ、和田アキ子(まさかの)、TRF、木村カエラ
最近波に乗っているKANA-BOON、10-FEET、NICO Touches the Walls
大変興味あります。特にバンド好きな僕としては、10-FEET、ニコタッチ、カナブン…

が、しかし…

fripSideに全賭けします(大切なので2回)

(まぁ大物はトリの方に回る確立高いから大丈夫だと思われますが…)
強いていえば南條愛乃さん目当てです。あの声が道内で、生で聴けるとは思わなんだ…。
μ'sのファイナルライブ後、とにかくメンバーのソロ作品がどうしても聴きたくなってレンタルCDショップを彷徨っていると、まさかJOINに南條さんが来るではありませんか。
(注意:fripSideは、八木沼悟志さんと南條愛乃さんのユニットです)
それからfripSideの3rdアルバム「infinite synthesis2」を借りまして、見事にどハマリ中。
南條さんの繊細なボーカルと、八木沼悟志さんの作る個性豊かな曲たち…特に、南條さんが作詞したI'm believing you と Secret of my heart、小室哲哉さんと共同作曲したというeternal realityの流れが大好きです。
このままではfripSideの記事になってしまうので自重します。
fripSideについては、いつか必ず。
もちろん、fripSideの出番が終われば、違うステージ行きますよ?

話は戻りますが、前述の通り、10-FEET、ニコタッチは見れたらいいなと思ってます。
10-FEETは、3ピースロックバンドでかなり本格派ですよね。
なお語れる程聴いてないので、口は紡ぎます。
あえて予習せず、ライブの一体感を楽しみたいです。
10-FEET、WANIMAはうちのベースが推しなんですよね。
特にWANIMAは彼にPVを見せてもらいましたが、曲の展開、盛り上げ方がすごい上手な見せ方をするバンドだなぁと。あとは、ボーカルの声好きです。レフティ、ベースボーカル、いかつい風貌…キャラ濃すぎなのに綺麗な声なんですよね。案外ダミダミじゃない高音。
それを盛り上げるコーラスも素敵です。
「THANX」は一発で好きになりました。なんか歌詞も泣けますね。
調べてみたら、あのken yokoyamaの事務所(レーベル)のPIZZA OF DEATH RECORDSの所属かよ。


うちのドラマー兼ギターの推しは、実力派ガールズバンドGacharic Spin(ガチャリックスピン)です。
その象徴といえるのが、ベーシストでありリーダーのFチョッパーKOGAさん。
グラビア、タレント出身ながら、教則DVDやベースマガジンに出ちゃう人。
どんな音を出しているかは表現できるほどGacharic Spinを聴いているわけではないのですが、この経歴だけで十分その凄さがわかるかと思います。
神は二物を与えないなんて嘘ですね。

二日目のアーティストになってしまいますが…
二日目は特に好きなアーティストもおらず、初日のfripSide全振りが災いしたのか、まさかのポルノグラフィティ降臨に涙目もう予算ありません…。
ラジオで語る事はありませんでしたが、懐かしの90~00年代を盛り上げたアーティストに間違いなく入るでしょう。B'zの金銀程ではありませんが、ポルノの赤青ベストは結構聴きました。王道過ぎますが、「ヒトリノ夜」とか「メリッサ」とか…ちなみに「サボテン」とか切ない系も好きです。
fripSideにハマル前に、すでにポルノが出演決定していたら、17日のポルノに全振りしていた事でしょう。
タイミングって大事ですよね。何事も(意味深)。

なおゲストたけしーくん推しのカナブンについては、まったくわからなんだ。すまない。
バンドメンバーで、ボーカルくんの推しが出てこないのは、察してください

全然まとまってないし、補足すらしてませんが

今回はこのへんで。
またお越し下さいませ。

PS.ラジオとキャラ違うのは、文系ひっきーであるが故でしょう。あれです、CDのA面B面みたいなものです、はい。



*以下、R2.5.10 編集*

おたけラジオまとめ*mylist/64203519

ota2kkyオリジナル楽曲*mylist/65453110

Twitter*https://twitter.com/otakky2?lang=ja

メール*nagomine.p@gmail.com




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事