埼玉を巡るおすし(なたーちゃ)の埼玉一周旅ログ

【三十路女の埼玉63市町村一周旅】熊谷フードフェス【埼玉県熊谷市・1巡目】

2016/06/25 01:19 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 埼玉
  • ゆっくり旅行
  • 熊谷
  • B級グルメ
  • 三十路女の埼玉一周旅
みなさんこんにちは、埼玉を旅する三十路こと、おすしです。
動画初心者&ガバガバ不注意人間なので動画がいろいろガバガバなんですけど、作業が遅いんですすみません。
動画で大体言いたいことは言えたので量は少なめなんですが、熊谷編旅のまとめや感想です。


あついぜ!熊谷

熊谷の地に一歩降りた瞬間から、太陽が異常に肌に突き刺さる。
熊谷市では「あついぜ!熊谷」をブランド化し絶賛売り出し中。
暑さにおいては、ライバル・グンマーの館林なんかも売り出してるんですけど、売ってるものおかしくない?(素朴な疑問)



暑すぎ、訴訟()






ラグビー場があるので、大きな球()に少年が乗っているんよ(意味深)

会場までの道のりはこ↑こ↓から見て、どうぞ。


黒いぜ!熊谷男子







なんかもう、歩いている男性の顔面がことごとく黒い(確信)。
熊谷だと農業の方も多いかと思うんですが、サラリーマン風の人も顔黒いよ?
恐るべし熊谷の太陽。あ、日焼けしたくても海行くお金がないって人は熊谷に1日いけばいいと思うの(提案)

そんな熊谷で発見した唯一の色白くん。
帰りに立ち寄ったGUのバイトのお兄さんが異常に白くて背が高くて超イケメンだった。もうお兄さんに課金しまくってジーパン10本くらい買っていこうかと思ったんだけど、その後チラ見(ストーカー)しに行ったらもういなかった(泣)。おすしに三次元のアイドルを…おくれよ。


B級グルメ大会に行った様子はこちらからどうぞ。→





会場で見つけた熊谷男子の見本(熊谷高校応援団)。特徴→熱に強い。


埼玉北部や群馬などのいろんな地域から宣伝と交流を兼ねてキャラが来ていた

炎天下のもと辛抱強く並ぶのも熊谷ならではの醍醐味。



旧中山道の街並みを歩く





こんな感じで、熊谷駅北口から西へ歩いてみました。







どことなく旧街道を思わせる町の造りながら、なんか寂しい。
新しい街並みにちらほら古いものが溶け込んでいるのも、宿場町や工場を支える下町として、往年の賑わいをどことなく想起させる。戦争で焼かれちゃったからねしょうがないね。





江戸へゆく武士や高級官僚が泊まったという本陣(宿)の跡。どんな場所だったんだろう?





ところどころ目立つ空店舗。



たまーに、古い建物を見かけたんよ(現況民家だったらごめんなさい)


なんか芸術的。


マニアックなビデオを置いていたと思われる店。以前営業していたと思われる上階部の看板がちょっと悲しい。




熊谷にそびえる黄金の八木橋百貨店。大理石の玄関がピカピカしてて熊谷セレブ気分が味わえる。おすしの熊谷一押しスポット。



八木橋百貨店前にある旧中山道の石碑。八木橋は1897年から営業している埼玉最古のデパート。



また後日熊谷の別の地域を上げる予定。また、雪くまについてのレポが不十分だったので、別の機会に雪くま特集やりたいと思っています。
熊谷ファイヤー!

コメント

そうえん
No.1 (2016/12/21 21:09)
お疲れ様です。

埼玉県北部!お薦めのマイナー飲食店

ってサイト(ブログ)にかなりの数の飲食店が網羅されてました。見てるだけで時間が消えた・・・
埼玉を巡るおすし(はたーちゃ) (著者)
No.2 (2017/07/02 22:38)
お返事超おそくなってしまいすみません! 
わあ、こんなサイトがあるのですね! すっごいいっぱいあります! おいしそうですね☆
めっちゃ調べてる管理人さんですね! 情報ありがとうございます♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事