ニコニコ「BANK展」

「クラッシュ2」と「クラッシュ3」

2013/02/04 23:19 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • クラッシュ・バンディクー
1990年代後半に登場し、プレステ界で一時代を築いたゲーム。
それが「クラッシュ・バンディクー」です。その中でも、
「1」~「レーシング」は特にぬきんでており、まさにクラッシュの黄金時代でした。
もちろん私も過去に熱中しており、今も時々プレイしています。
今でも不朽の名作として挙げられるこのシリーズですが、
今回は、「クラッシュ2」と「クラッシュ3」について挙げていきます。

クラッシュ2は、主人公クラッシュのアクションの増加をはじめ、
ワープルームの出現やストーリーなど、いろんな意味で
初代から大幅にグレードアップしたゲームです。

そしてクラッシュ3は、何と言ってもタイムアタック。
やり応え十分な要素の登場だけでなく、2で初登場した妹ココの操作キャラ化、
ステージの規模の巨大化などで、クラッシュの人気を決定づけたゲームと言えます。

どちらも楽しさは十分で、甲乙はつけがたいです。
しかし、強いて言うなら、私は「クラッシュ2」が好きです。
2と言えば、ドクロコースや秘密コース(別入口も含む)が初登場したゲームでもあります。
もちろん3にも両方存在しますが、2のころは、まだ3のような「ドクロ=カラーダイヤ」
という、4にも引き継がれる固定概念が存在せず、取れるのは秘密ダイヤでした。
しかも、ステージ中の箱をすべて壊すことが入手条件の白ダイヤに、
このドクロコースが関わってくることもしばしばありました
(これはカラーダイヤコースも同義)。出てくるステージによって
変わっていくドクロコース・カラーダイヤコースの変幻自在さに、
私は惹かれたのでしょうか・・・。

ちなみにこのころのカラーダイヤは、5色それぞれ
異なる且つ変わった方法で取得できました。3よりはステージはシンプルでしたが、
その分、ちょっとした謎解き方面で私を楽しませてくれました。

↓素晴らしき実況者様のプレイ動画

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事