オランドのブロマガ

【経験談】新卒で入った会社を1ヶ月で辞めて転職した話

2019/07/25 11:57 投稿

コメント:30

  • タグ:
  • 経験談
  • 退職
  • 転職
  • 新卒
この話はフィクションではありません。すべて現実に起こっている話です。業界や会社の名前は伏せています(辞めた会社をA社、転職して入った会社をB社としています)。
いくつかまとめさせていただいたので適当に飛ばして読んでください。

1.就職活動(2017.7 ~ 2019.3)
 3年生の夏、私は大学からの勧めもあってインターンシップに参加した。初めて知る業界、仕事内容を学ぶことができてある程度充実した日を過ごすことができた。中でも最も印象的だったのが実際に働いている社員の話だった。「全然この業界入社するまで知らなかったけど仕事が楽しい」「未経験でも安心して働ける業界・会社」など他の同じ業界の会社のインターンシップにも参加してきたがどの会社も同じことを言っていたのでこんな魅力のある仕事なんだなーと思いその業界に絞り就職活動を始めた。
 3年生の3月から就職活動をスタートしいくつかの企業の説明会を受けたのち選考に臨んで2社目で内定を貰い他にも2つ内定をいただいた。その中でも懇親会や会社の中身を良く見せてくれたA社に入る決意を決め内定式をやったのちに入社した。まさかこれが今までの人生の中で最も狂わすことになるとは当時は全く思っていなかった。

2.新卒で入社・退職(2019.4)
 大学を卒業し今年4月に無事A社に入社した。入社式を終え早速研修に入っていたが研修ペースやハードルも高く何より人事や講師が早々にキツいことをいいまくるだけの日々だった。自分は分からないままをそのままにしたくなかったし簡単に諦めたくなかったので分からないことは積極的に聞きに行ったがまともに教えてくれたことなんて1度もなかった。酷い時は「このままのやり方じゃ君はもう限界がくるよ」「寝ないで続けろ、昼休みに寝ろ」などと言われた。そうゆうことを聞きたいんじゃなくどうすればできるようにこっちは聞いてるのにこの言い方は精神的にきつかったし当然ちゃんと教えてくれることもなかった。他の先輩社員の人に聞きに行ったりもしたが「こんなのに時間使わないで」と先輩社員に叱ったりして自分がどんどん聞きづらくなり、聞きに行かなくなったら「聞きにこないのが悪い」と言われたりもした。結局仕事も進まなく毎日遅くまで残業、休日出勤は当たり前で残業代も休日出勤代も出なく休日出勤なんて交通費すら貰えなかった。このままだとそろそろ身体に限界がくると思っていたがついにその時が訪れた。
 体調的にも精神的にも限界がやってきて病院で診断を受けたところ「適応障害」という精神病の診断を受けた。自分に与えられた選択肢は「今後の人生へのリスクが高い1ヶ月での早期退職」、「試用期間まで働いて捨てられるか」の2つだった。ここまでの扱いももちろんだが昼休みなどでの時間外でのコミュニケーションを自分だけ一切取ってないことや自分の自己紹介の時だけ席を外したりなどもあったので確実に捨てられると思ったしその前に身体が壊れるとも考えていたので「頑張ってこの会社で続ける」なんて選択肢はそもそも存在していなかった。家族や友人に相談した結果、今の仕事を辞めることに決めた。退職の意思を伝えた時は特に引き止められなかったし退職の手続きもスムーズに行った。1ヶ月で仕事を辞めて無職になった。

3.転職活動(2019.5)
 A社を去り転職活動が始まった。まずこんなに早く辞めたやつを正社員で雇ってくれる会社なんて存在するのだろうかという疑問があがった。新卒入社して3ヶ月で辞めて転職した経験談がいくつかネットにあったので正社員での転職を目指していく方向に決めた。だがやはり1ヶ月で辞めたことが相当ブレーキになり上手く行くことなんて中々なかった。1つ内定を頂いたところもあったが内定貰った日に内定取り消しの連絡を電話で直接伝えられたりもした。いろいろ考えた結果自分が学生時代2年半アルバイトをしていたことを思い出しそこに似た職種にするのが一番いいのではないかと考えた。去年の就職活動の時も同じようなことを考えたりもしたがそういう専門職の会社はほとんど新卒を募集していなかったためその業界に入ることは一切考えていなかった。自分の学生時代やってきたことを生かせると思いこれを機に目指すことにした。
 B社での面接が始まり前の会社であったことすべてを話し「大変だったな」「病気治って良かったね」など自分の話を親身になって聞いてくれたり自分が今後この会社で何をしたいか、どうしてこの仕事がしたいのかという質問の答えにも感心してくれた。面接から4日後、内定の連絡を貰い6月からB社で働くことが決まり転職した。

4.転職後(2019.6 ~)
 いろいろありながらついに転職し新しい生活が始まり、仕事で分からないことがあって聞いても毎回ちゃんと教えてくれた。これが当たり前のことかもしれないが自分にとっては新鮮なことだった。学べることも多く、仕事中に会社の人と話したりするのも楽しい、自分がやった仕事にも頑張った分ちゃんと評価してもらえることもありこの仕事に対してやりがいを感じていた。大変なことや面倒なことももちろんあったりするがそれでも今は仕事が楽しいし職場に行くことも全く苦ではなくなった。そんな感じで今現在に至る・・・・・。

5.これまでの感想等
 ここまで読んでくれたみなさまありがとうございました。まず今回の経験談を書いた理由についてお話させていただきます。書いた理由は直接は言われていませんがツイッター上で今年新卒で入社して既に退職した方々や退職を考えている方々を中心に「今年入社して早期退職し転職した話」というのを求めている声が多く、自分の経験談は需要があるのではないかと思い今回書かせていただきました。少しでもいろんな人の参考材料になればいいかなぐらいに思っています。
 次に現在の状況についてですが会社の方々がいい人たちだったり学生時代のアルバイトと近いこともあり楽しく仕事させて貰っています。仕事中に笑ったりとか楽しく話したり前までは考えられなかったですねw。あの時A社を辞めて今の会社に来られて本当に良かったと思っています(あと給料も大幅に増えました)。転職してもうすぐ2ヶ月が経ちます。これから先大変なことや苦労することは当然あると思いますしまだまだ自分にとっても始まったばっかです。これからも今の会社で頑張っていきますので普段から見てくれている方も見守ってくださると嬉しいです。
 最後に。改めてここまで長々と読んでくださり本当にありがとうございました。これから就職、就職活動をされる方は当時の自分を含めこの記事を見て不安に思ってしまうかも知れません。けれどあくまで自分のところが変すぎただけで普通は大丈夫だと思います()。もし自分と同じようになって困ったら遠慮なく声かけてください。それではこんな感じで失礼致します。

コメント

PAL
No.29 (2019/07/28 22:54)
インターンで仕事の全貌がわからなかったのだろうか。全然不向きな業種に入ってしまったのだろう。業種替えして正解だよ。そのまま続けてもお互いが不幸になるだけ。
ダークネス
No.30 (2019/07/28 23:55)
他人がなんと言おうと自分が無理と思うならさっさと変えたほうがいい。仕事を生きがいに楽しむ時代は終わったからな。
yubano3
No.31 (2019/07/29 00:30)
仕事やめたらいい環境に移れたって話するとだいたいマウント取られるよな。
マウント取ってくるやつあんまり文章読んでないの明白なぐらい、いい加減な内容で噛み付いてくるのほんと面白いなって思う。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事