めも帳

#69|おやすみなさい

2015/01/24 01:18 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • メイキング


キャラ別MAD投稿企画「うさぎたちのお茶会」の1本目です。

ココア: sm----------
チノ: sm----------
リゼ: sm----------
チヤ: これ
シャロ: sm----------

----------
■イメージ
視聴者の予測外の行動や考え方、意外性を持つキャラクターは面白いと思います。
属性やテンプレ化に従って、キャラクターの可愛さなるものは私たちにとって
わかりやすく、都合のいいものになってきていると感じます。
そこで「千夜=お茶」のテンプレ設定(先入観とも)に一石を投じたいと考えました。
「普段はお茶ばかり飲んでる千夜だけど、ときどきはソーダ水を飲む」
そんな描写があれば、千夜の意外な一面を垣間見ることができて真の意味でキャラを
深く理解する事ができ、もっと好きになれるんじゃないかなあと思ったのです。


■技術
◯甘兎庵

シェイプレイヤーでちまちま作るしかない…



◯風呂

 
シェプレイヤーで頑張る。奥から背景、壁、窓、浴槽+キャラ、湯気というレイヤー構造。
右はフラクタルノイズで作った木のテクスチャー



窓の水滴はParticularにフラクタルノイズを適用して光の屈折をなんとなく表現。
滴る水はAuxSystemのパラメーターをいじるのみ



◯吊り下げられた球

球とゴムひもをシェイプレイヤーで作製。全てのレイヤーをヌルレイヤーで制御してバウンドモーションをつける


糸のパスにジグザグを適用してゴムのようなアニメーションをつける


◯ようかん

シェイプレイヤーで作製

 

 
初期設定のカメラ設定だと、3D感が強く出てしまうため、
ズーム値を上げて、カメラをオブジェクトから大きく離す


◯ひなあられ

Particularでfloorを設定し、パーティクルが跳ねるようにする


3パターン作って重ねる


レイヤーが違うことがバレバレなので、更にピンク、白パーティクルを重ねる


◯にょろにょろ

シェイプレイヤーのパスをトリミングするで作成したものを、タイミング、線の太さ、色をかえて重ねる。結構可愛い


◯宇宙→ノート
01

背景とフラクタルノイズ適用の平面を使用して星雲ぽいものを作製
後者はカメラの回転と連動させる


02
 
Particularで星を作製


03

月と円状のパーティクルを配置。
パーティクルはライトレイヤー(Emitter)とヌルを用いて円周運動させたものを停止させる。
よくみると月のほうが手前にある。AEの性質上仕方ない(?)


04

前後関係を誤魔化すために、パーティクルを複製して月レイヤーの上に配置。
ブラー(方向)で光を分散させる。
(そのまま置くと、月の奥のパーティクルが逆に月の上側手前に重なってしまう。)


05

謎の円とパーティクルを追加


06

キャラを配置

07

キャラ手前に更にパーティクルを追加

08

調整レイヤーにトーンカーブを適用して色調補正


----------ここからAviutl---------
09 ハーフトーン効果の追加

一度AEから画像を書き出してAviutlで読み込む

10

layer2に画像を複製して、色調補正、ハーフトーンTを適用する
乗算でlayer1に合成する

11

layer3にフレームバッファを置き、色調補正をする

----------ここまでAviutl---------

12

AE上で作ったノートに挟む


13

表紙を閉じる


◯トランジション
01

3dレイヤーの平面を5つ用意してヌルレイヤーに親子付けしてY軸回転させる。

02

回転させつつ、シェイプレイヤーの幅を大きくし、再び小さくする

03

幅を小さくする過程で、背景を消して次のシーンに重ねる


◯水面
ゆるゆりフェスタ!で試した手法と同じもの

01

水色背景にフラクタルノイズを適用した平面を重ねて水面の光の屈折の元となるものを作製
適度にブラーを適用すると良いかも


02

キャラを配置


03

水面下にあるであろう部分には色調補正を施し、タービュレントディスプレイスで画像を歪ませる


キャラのレイヤーを複製してマスクを利用して、水面より上にある(であろう)部分を切り抜く

04

重ねる

05

調整レイヤーにcc glass wipeを適用して、水っぽくする

06
ふ と も も
調整レイヤーにブラー(チャンネル)を適用して、青色を拡散させる
合成モードはオーバーレイ
最後にシェイプレイヤーとフラクタルノイズで作成した波を3つ追加


◯畳ぶわぁぁぁぁ
01

置く!

02

置く!そしてめり込む!

03

畳とキャラ(085c)の間に調整レイヤーを挟む!

04

前後関係がリセットされる。調整レイヤーは超えられない壁を作ってくれます


05

角ばったシェイプ、魚、泡のパーティクルを追加

06

ブラー(チャンネル)で調整。モードはハードライト


07

色相・彩度で調整



おしまいです。


■参考動画
凄すぎて参考にならなかったけど、面白いから見とけよ見とけよ~

Motion_Graphics from HossamAdel on Vimeo.

Credissimo
from Studio FourPlus on Vimeo.


Stamplay
from ILENOLIUKGO on Vimeo.


Random Stuff (Animography Monthly: March)
from Cesar Pelizer on Vimeo.


Rooms To Go from Michigan Motion Buds on Vimeo.



 



以上です!


コメント

halbert
No.1 (2015/01/25 05:44)
こうやって作ってるんですね すごい
千夜ちゃん大好きなんでめっちゃ感動しました(*´∀`)

他メンバーの動画も楽しみにしてます


大麦 (著者)
No.2 (2015/01/30 02:12)
>>1
ありがとうございます!楽しんで頂けて幸いです。
他メンバーに関しましても、担当の製作者さんが鋭意製作中でございます。
もうしばらくお待ち下さい
それなりココア
No.4 (2016/04/03 21:34)
成程わからん。
手が凄いこんでいることだけは分かりました。

この動画を見ているといつもホッコリした気分になれます。
千夜ってたまにボケるところもあるけど、全体的にはおねぇさんキャラなんですよね。だからはちみつ時間の選曲は凄い合ってると思いました。
動画制作お疲れさまでした。                             …私はリゼが好きですけど…
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事