大口歩也(著者) のコメント

大口歩也 (著者)
No.26 (2016/02/29 22:27)
>>23
セウォル号事故遺族等の事例を見る限り、直接「自己」に被害がない限りは疎まれたり煙たがられたりする事も無いようです。

このコメントは以下の記事についています