けんた のコメント

けんた
No.7 (2015/08/30 01:58)
>>6
ユダヤ教の自分達のみが生き残る、という選民思想は受け入れがたいです。
それに、そのような選民思想が他民族の怒りを買い、差別に繋がってきました。

選民思想の緩いキリスト教が大衆に広がったのも、排他性の無さから来てますし
鎌倉仏教も修行の容易さにより大衆化しましたし、イスラム教も神の前ではみな平等という当時としては先進的な思想により大衆化しました。よって、僕は排他的なユダヤ教を前面肯定する事はできません。

僕が言いたいのは、宗教的なユダヤ人の事ではなく
世界での「学問・金融・芸能」でのユダヤ系の影響力を見習うべきと言いたいんです。

日本人は海外に移民すると、すぐにその地域に同化してしまいます。
しかし、その様な行動様式は日本の国益に繋がるのでしょうか?
解決策として、GHQから綿々と続く左翼教育を抑え、愛国教育を強化することにより、すぐに同化する人を減らし
親日シンパを増やしす事すべきだと思います。
その事が、国益に繋がってくるのではないでしょうか?

なぜそのような事を言うかというと、海外での反日プロパガンダの旺盛があります。

反日プロパガンダの旺盛に対抗する為、世界に親日日本人を配置する事は重要な事だと思います。

一方、経済的な観点では、内需が減少しパイ自体が減少していますよね。
ただ、日本製品は優れているので、日本製品は海外で売れると思います。

海外で日本製品を売る為、もしくは反日プロパガンダに対抗する親日日本人を配置する為、日本人は海外に出ていくべき
だと思います。

このコメントは以下の記事についています