大口歩也(著者) のコメント

大口歩也 (著者)
No.11 (2015/08/09 22:43)
>>7
実はこの歴史観で最も厄介なのは近代史よりも古代史なんです。
韓国のこの歴史観は一種の民族主義史観とも言えるものなのですが、これに同調する日本の学者や識者が大勢いまして。
背景に韓国で先鋭化した民族主義がある事を隠して日本史を改変しようと躍起になっているんです。

特に00年代はかなり浸食されていた時期があり、現在どうなっているのかよく解りませんが、吉野ヶ里遺跡の説明などがかなり酷い事になっていました。
遺跡初期の古墳や、出土する人骨の特徴が中国南西部からベトナムにかけての地域の遺跡や人骨と酷似していることが当時はっきりと判明していたにも関わらず、その事が無視され韓国の民族主義史観そのものの説明がされていたりしましたから。

このコメントは以下の記事についています