septer01 のコメント

septer01
No.78 (2015/08/02 12:52)
一方の民族に対して、性的な偏見が押し付けられるような民族間問題を、双方の歴史や主張、世界の事例を取り入れず、韓国側が世界に扇動している主張をもって、「公正な事実」を演出している時点で、ドキュメンタリーはナチスによるユダヤ人迫害の正当性を主張するドキュメンタリーと同レベルである。

これに対して
「抗議するようなことは『絶対に』してはいけません」というのは、
ユダヤ人はナチスによる自分達に対する偏見の扇動に対して
「抗議するようなことは『絶対に』してはいけません」と主張するのと同じではないのか?

不当な歴史や差別的な歴史の適用を押し付けられた人間は、政府であろうが、国民であろうが、これに対して抗議する権利を持っている。

このコメントは以下の記事についています