azzuki74 のコメント

azzuki74
No.21 (2015/07/20 01:43)
>>15
ちょっとわたしの書き方が悪かったのかも知れませんが、わたしがNO.7で申し上げた「根拠」とは、抽象的な正しさのそれではなくて、具体的な事象についての「根拠」の事なのです。

例えば、韓国は長年「日本軍によって組織的に強制連行された慰安婦が数多くいた」と主張していましたが、日本は「そのような行為は無かった」と反論してきました。
日本はそのようなこと(日本軍による強制連行)は無かった根拠として、調査報告書を出しています。
実際に時間をかけて調査を行って、それにも拘わらず強制連行の証言、証拠が見つからなかったので、「日本軍による強制連行は無かった」と結論付けました。これが日本側の「根拠」です。
もし韓国がそれでも納得できないのなら、本来であれば日本側の「根拠」、すなわち調査報告への疑義を(憶測ではなく)具体的な証拠や証言を伴って指摘し、それらをテーブルの上に乗せて議論するフェーズへ移行するべきですが、彼ら(韓国側)はそうした議論に移行することなく、ただ単に「日本軍による強制連行はあったのだから、謝罪をしろ、賠償をしろ」と一方的に言うだけでした。

ちなみに日本人でも誤解している人がいるようなので補足しますが、河野談話には日本軍が慰安婦を強制連行した事を認める記述はありません。ただ記者会見で当時の河野官房長官が記者から日本軍による強制連行の有無を聞かれ、個人的な見解として“口頭”で強制連行があった事を認める旨の発言をしてしまったのです。
安倍総理は「河野談話を継承する」と言ってますが、あれは「日本軍が慰安婦を強制連行した事を認める記述の無い河野談話を継承する」と言う意味であって、あくまで文書としての河野談話を継承すると言う事であり、河野官房長官の口頭での個人的見解を継承するわけでは無いのです。
とは言うものの、安倍総理がハッキリと、河野官房長官の記者会見での“口頭”での発言をハッキリ否定しないので、世界は「河野談話=強制連行を認めた」と認識してしまっています。なので安倍総理は本来もっと明確に説明すべきです。

このコメントは以下の記事についています