Homare のコメント

Homare
No.12 (2015/07/19 14:47)
大変異議ある考察記事だと思います。ありがとうございます。
「韓国人には『かくあるべき』や『絶対的正義』という観念がある」ということは大口さんの解説によって認識させていただいてましたが、
その詳細について改めて捉えることが出来た思いです。

この度のお話で一つ連想するものがあります。極々真面目で聞き分けの良い優秀な“良い子”がそれです。
「これが正しい!」と思い込んだら、そこからはみ出る、融通を利かせることに対して極端に怯える。
自分が定めたルールに則って雁字搦めになるなら、それはそれで一つの経験かもしれないので放っておけば良いと思いますが、
他者に注意されるから、自身の評価が下がるから気にしてはみ出ることが出来ない。
そんな現象に近いのかなぁと感じました。

まぁ、韓国人の場合は、自身の評価を落としたくないが為に、また(自覚しているか否かわかりませんが)信じている“絶対”が崩れることを怖れるために、己の価値観(主観的な絶対的正義)を他者(世界中)に押し付けようとするのが本当に迷惑この上ないですが。
「弱い者ほどよく吠える」というやつですかね。
ビクビクオドオドした“優等生くん”だと思えば、まぁ、いくらかかわいげもある……かな?w

ところで、韓国人が掲げる絶対的正義によって日本の所謂、従軍慰安婦問題がいまだに引きずられているわけですが、その中で「女性の人権を蹂躙した」ということが悪として扱われています。
その価値観、正義的倫理観そのものには理解を示せます。(誰が誰を蹂躙したかという話を抜きにすればですが。)
そのような絶対的正義を有していながら、韓国内では性犯罪が多発していますよね。
これはどういったことなのでしょうか?

このコメントは以下の記事についています