furufuruos@n のコメント

furufuruos@n
No.15 (2015/07/20 18:24)
遅れましたが、以下に感想と私見を。
「嫌韓流から10年」によって変化した「日韓関係」を振り返る本コラムを読んで感じたことがあります。
皆さんは物理学の「モーメント(偶力)」がどうして発生するか、という原理をご存知でしょうか?
最近は普通科の高校物理(専門分野では当然教えるはずです)でも教えないので、知らない方に解説すると、
「ある一様な長さ、幅を持つ物体(剛体)」に、位置をずらして逆向きの力を加えると、「剛体」が回転する、
その「回転する原動力」を「モーメント(偶力)」と仮定している理論です。

「嫌韓流」以降の日韓問題は、まさしくこの「偶力(モーメント)」が働いて、ある同じ点を起点にぐるぐる「回転」し続けている10年間だったのではないかという印象を、わたしは感じました。
「モーメント(偶力)」を作るには、「180度対立しつつもズレている」二つの力が必要です。
「日本側の韓国側への指摘」と、「韓国側の日本への指摘」が、お互いに「日韓問題」という「剛体」の「両端」を「逆向きに」押し合っているため、妙な「回転する迷走」へと陥っているのでは?
と感じた次第です。
以上、私見と感想失礼いたしました。

このコメントは以下の記事についています