日韓問題(初心者向け)

年々悪化していくソメイヨシノ韓国起源説

2015/02/18 22:29 投稿

コメント:187

  • タグ:
  • 韓国
  • 韓国起源説
  • ソメイヨシノ
  • 主観的・絶対的正しさ
  • 価値観
  • 寄生
  • プロパガンダ
  • 捏造
  • ニュース・社会・言論
  • 文化

さて、今回は久しぶりにソメイヨシノの韓国起源説についてとなります。
この件は何年か前から継続的に経過を観察し続けてきているので結構な量の資料がたまっているのですが、今回は起源主張そのものへの突っ込みはほぼやりません。


過去に取り上げた突っ込み等に関してはこちらを参照してください

そろそろ桜の季節なので、ソメイヨシノ韓国起源説について書いてみる
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar483216
続・桜の季節なのでソメイヨシノの韓国起源説についt(ry
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar495841
更に桜の季節なのでソメイヨシノの韓国起源説についt(ry
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar503452
最新のソメイヨシノ韓国起源説に突っ込みを入れてみる
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar509055
最新のソメイヨシノ韓国起源説に突っ込m(ry 補足説明&おまけ
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar510532


恐らくですが、今年も3月末から4月にかけて韓国で「ソメイヨシノ春の大韓国起源説祭り」が始まるでしょうから、最近も新たな起源主張のタイプが出てきていますが、それも含めその頃にまた記事を書く事にします。


そして今回は、現状韓国でソメイヨシノ韓国起源説がどのような状態にあるのかと、読売新聞が関係する問題についてとなります。


※ご存知の方も多いでしょうが少し前提として知っておいて欲しい予備知識を。
韓国では、韓国済州島固有種の王桜と日本のソメイヨシノが国策レベルでどちらも왕 벚나무と表記されており、全く同じ物とされています。
また、王桜には学名をつけておらず、ソメイヨシノの学名であるCerasus(Prunus)×yedoensisを王桜の学名としています。


まずはこちらの記事から


慶州さくらマラソン&ウオーク
[慶州路を駆ける]<上>観光や食、多彩な魅力
読売新聞 2015年02月14日
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/sports/sakuramarathon/20150212-OYS1T50021.html
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/sports/sakuramarathon/20150213-OYS1T50019.html
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/sports/sakuramarathon/20150214-OYS1T50016.html
韓国を代表する桜の名所、慶州市を舞台にした「慶州さくらマラソン&ウォーク2015」が4月4日、開催される。日韓交流を掲げて1992年にスタートし、今年で24回目。韓国内外から1万人を超えるランナーが集うイベントとして定着した。歓迎ムードが高まる地元の様子、大会にかける関係者の思いを紹介する。

ガラス張りの建物に幸運を呼ぶ天馬が走る――。大会の主会場となる普門湖畔に来月2日、新たなコンベンションセンター「慶州HICO(通称・ハイコ)」が開業する。今大会の前夜祭、開会式の会場にもなる目玉施設だ。

 3500人収容の大ホールや展示場を備え、韓国の伝統的な庭園が優雅な雰囲気を伝える。新羅時代の遺跡に残され、市の象徴でもある「天馬」が建物のいたる所にあしらわれている。

 「集客力が高まり、地域の観光にも貢献できる。大会を追い風に、国内外で施設の認知度を上げたい」。運営主体の財団法人で経営本部長を務める朴(パク)永浩(ヨンホ)さん(53)は力を込める。

 韓国南東部に位置する慶州市は、かつて新羅王朝の都として栄えた。遺跡などが多く、年間約1300万人が訪れる韓国有数の観光地だ。今大会のフルマラソンコース周辺にも、市内最大の古墳群や王宮に造られた人工池、東洋最古の天文台などが点在し、走りながら古都の情緒を楽しめる。
(中略)
◆慶州さくらマラソン&ウォーク2015

 4月4日(土)、韓国・慶州市の普門湖一帯で開催。マラソンの部はフル、ハーフ、10キロ、5キロの4種目。ウォークの部は午前に10キロと5キロ、午後に8キロがある。申し込み締め切りは3月9日。

 参加料はマラソンの部のフル5500円、ハーフ5000円、10キロ4500円。マラソンの5キロとウォークは3000円。詳細は大会公式サイトで紹介。問い合わせは事務局(092・715・6093)へ。

 【主催】読売新聞社、慶州市、韓国観光公社【共催】FBS福岡放送、報知新聞社



このイベントの何が問題なのかを知ってもらう前に、ひとまず現状ソメイヨシノの韓国起源説が韓国でどのような扱いになっているのかを書きます。


実は私も少し勘違いしていたのですが、どうも韓国では一昨年までソメイヨシノの韓国起源説はあまりメジャーなものではなかったようなのです。
毎年のように春になると韓国の主要メディアで主張されていたので、これは少し意外でした。


が、去年辺りから様相が一変したようです。
切っ掛けは去年韓国の公共放送であるKBSで、ソメイヨシノの韓国起源説が大々的に報じられたことが関係しているようです。
その影響で、「ソメイヨシノ(王桜)は、元々韓国のものだったのだ」と信じる韓国人が爆発的に増えたようなのです。


結果として、以下のような記事やネット上での書き込みが一気に増えてきている傾向にあります。


ソメイヨシノの自生地の真実を知っています?
dvoice(韓国語) 2014年05月27日
http://www.d-voice.co.kr/news/articleView.html?idxno=12605
去る3月、大韓民国国民の大部分が非常に楽しく花見を楽しんだのだと思う。 その中で最も一番はすぐにお花見だ ​​っただろう。 満開していた桜は、すでにほとんど使い果たして、新しい葉が生えている。 1922年気象庁が観測を始めて以来、今年初めてソウルの桜が3月に咲いたのだという。 これは、昨年よりも数日遅れ当初の予想とは異なり 、3月中に 数日間続いた初夏の天候のため、昨年より18日、例年より13日早く桜が開花したのだ。 しかし、このうち、私たちがしたか間違っている事実がある。 それはすぐに、ほとんどの人が桜祭りの基準となるソメイヨシノの自生地を間違っているということだ。

ほとんどの韓国と日本国民は桜の自生地が日本だと知っている。 桜は「桜」と呼ばれ、日本の国花と知っていたので、当然、日本の花だと思った。 しかし数日前、父と一緒に近所の裏山である南山を散歩した中、 父が最近明らかになったソメイヨシノの自生地の話を聞かせてくれた。 筆者は驚いていないことができない散歩に行ってきた後、すぐに新聞記事を見つけ見、その話が事実であるということ を知ることになった。

その事実は、まさにソメイヨシノの自生地が日本ではなく、韓国の済州島と呼ばれるものである。 私たちは、昔の文献で ​​その事実を確認することができた。 過去1908年、済州島を訪れたフランス人神父Taquetが漢拏山の中腹でソメイヨシノの自生地を発見したとする。 朝鮮総督府でも、韓国全域を直接探索して桜の原産地が済州島と明らかにした。 日本船乗りたちが桜を済州島から持って来て神に献上したという文献もある。 特に原産地を判断するのに最も重要なのが自生地のかどうかだが、済州島には自生の桜が確認されただけで、200本を超えるという。 また、科学的な研究結果も桜が韓国産であることを裏付けている。 山林庁が日本と韓国桜のDNAを分析した結果はもちろん、米国農業省が最近、日本と韓国の桜試料82個を採取して分析した結果でも、済州ソメイヨシノと日本桜が遺伝的に同一のものと確認された。

このような事実にもかかわらず、日本は独島が日本の領土だと主張するように、まだ桜の起源も自国と主張している。 彼らの主張は、日本の桜と済州島のソメイヨシノは完全に別の種であり、日本独自の桜自生地は、まだ探している立場を示している。 現時点で韓国と日本国民だけでなく、アメリカやヨーロッパでも桜の木は、日本を象徴するものと知っている。 このように切 ​​ない現実が公然と横行している。 したがって、私たち国民が優先的にソメイヨシノの自生地が韓国の済州島であるという事実を正しく認識する必要があると思う。 その後にソメイヨシノの真実を正すための努力も必ず必要になるだろう。



ここで取り上げている起源主張の内容は、まさに去年韓国のテレビ局や新聞社が記事にした内容そのままです。
特に「彼らの主張は、日本の桜と済州島のソメイヨシノは完全に別の種であり、日本独自の桜自生地は、まだ探している立場を示している」というのは、去年日本の植物学者にインタビューをして、ソメイヨシノの片親であるエドヒガンが「どの地域のエドヒガンなのか」或いは「最初のソメイヨシノが通説通り本当に染井村(現東京都豊島区)であるか」を探していると答えたものを、KBSが曲解して韓国で伝えた内容そのものです。


こうして、現在の韓国では急速にソメイヨシノの韓国起源説が広まって行っているというわけです。
そして、ソメイヨシノの起源について深く考えていなかった韓国人も起源主張を積極的に信じるようになったと、それが現状のようです。


また興味深い事に、韓国にも以前からソメイヨシノと王桜が別種である事を主張している人達が僅かですが存在しており、特にネット上では恐らく日本のウィキペディアの記述をソースとして韓国起源説が間違いであると訴えていたようなのですが、そういった場所で最近のこれら報道などをソースに「テレビも新聞も学者も国も韓国起源と言っているじゃないか」と反論する書き込みがあちこちで見られました。


つまり韓国においては、ソメイヨシノの韓国起源説というのは信じるに足る最新の主張なのです。


このようにして現在も広がっているソメイヨシノ韓国起源説なのですが、韓国人がすんなりとこの説を受け入れるのには理由があります。
これはソメイヨシノの件に限ったことではないのですが、以前から書いているように韓国では子供に対して学校や家庭や社会で「日本の文化は全て我々が教えてやった」とか「併合時代に韓国の独自文化が禁止され優れた文化が日本起源に塗り替えられてしまった」と繰り返し教えられています。


またこれも以前書きましたが、韓国では文化に序列があると考えられており、序列が下位の文化は全て上位の文化に依存した模倣であるとの考えが一般的です。
そのため、「日本の文化は韓国文化の下位に位置しており、全て韓国の文化の劣化した模倣でしかない」との考えが広く信じられています。


ですからソメイヨシノの韓国起源説は、まさにこの文化の序列という概念を信じている韓国人達にとって、非常に納得のいく説明なのです。
だからほとんどの韓国人にとって、国やメディアや韓国の学者がそう主張すれば、それを疑うという発想すらなくなると、そんな土壌があるわけです。


そしてもう一つ重要なことがあります。
去年から特に大々的に起源主張が始まったことと関係しているのでしょうが、それまで桜の咲く季節にしかメディアでの露出がなかったソメイヨシノの韓国起源説が、春以外でも散発的に大手メディアで記事にされるようになってきているのです。
以下の記事もその一つです。


成均館博士課程チョ・ミョンスクさん...済州ソメイヨシノの起源が明らかに
聯合ニュース(韓国語) 015/01/21
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2015/01/20/0303000000AKR20150120174400004.HTML
(ソウル=連合ニュース)イ・テス記者=昨年11月、成均館大生命科学キム·スンチョル教授の研究チームは、国立生物資源館などと一緒に済州島ソメイヨシノの起源を明らかにし、これを国際学術誌「米国植物学会誌」(American Journal of Botany)に掲載した。

研究チームは、ソメイヨシノが日本から発信されたものではなく済州島自生の王桜と、山桜複合体の交配で発生した種であることをDNAの分析を介して始めて明らかにした。

ところが、この研究の中心は、今年還暦を迎えた女性がいて目を引く。主人公は、成均館大学生命科学の博士課程を修了しているチョ・ミョンスク(60・女)氏。

チョさんは21日、「島という特殊な環境で自然に交配を介してソメイヨシノが発生したということが研究の核心」とし「植物分類学者の権威がある学術誌に大学院生の身分で論文を載せてうれしい」と所感を伝えた。

1977年梨花女子大学英文科を卒業したチョさんは34年ぶりの2011年成均館生命科学の修士課程に入学した。

彼は入学するやいなや、すぐにキム教授の指導を受け、済州島ソメイヨシノの起源を研究し、その研究結果を、過去2013年の修士論文に入れた。 そしてこれを基に修正と再実験を経て、アメリカの植物学会誌に論文を載せる成果を収めた。

チョさんはそのために、毎年春に桜のサンプルを採取しに済州島と五台山、太白山、内蔵山など全国の山はもちろん日本まで歩き回ったという。 草むらをかき分けて山を登ったため、全身は傷だらけになるのが常であった。

彼は "山の中をヘジプゴ通うことが多いため、笑い話で「植物分類学は、3D」とし「各地で桜のサンプル400個を採取し、このうち71個のDNAを分析し、ソメイヨシノの系統を追跡した」と説明した。
(後略)


この記事なのですが、今回紹介したのにはもう一つ理由があります。
2007年にアメリカ農務省の行った調査でソメイヨシノと王桜がDNA的に全く別種であると公式発表されました。その研究に参加していた韓国人の教授が、去年になって韓国メディアのインタビューで「実は調査結果を取り違えていた、本当は王桜とソメイヨシノは同種だ」と言い出し、アメリカ農務省の調査を書き換えると宣言していました。


が、現在調べて見ても該当するCharacterization of Wild Prunus Yedoensis Analyzed by Inter-Simple Sequence Repeat and Chloroplast DNAの記事では別種とされたままです。
まだ宣言してから10ヶ月程度なのではっきりした事は解りませんが、もしかしたら書き換えようとして農務省から拒否されたのかもしれません。


その結果、韓国人は「既成事実を作るために」上記の記事のように研究論文をアメリカで発表し、それを既成事実に書き換えようとしている可能性が非常に高いのです。
このような手段は、日本海呼称問題や旭日旗問題でも韓国は同じようなことを国を挙げてやっており、韓国の常套手段です。


韓国におけるソメイヨシノの韓国起源説は上記のような状態です。
そして最初に貼った記事、読売新聞が日本側主催の慶州さくらマラソン&ウオークもだからこそ危険なのです。


今までの事例から見て、韓国がこのような状態のときに安易に関連したイベントに日本が参加すると、知らず知らずのうちに起源主張の片棒を担がされていたという事例が過去に多数あるのです。
代表的な事例では、剣道の韓国起源説を主張した大韓剣道会などが有名でしょう。
また、この前紹介した折り紙の韓国起源説を主張した紙文化財団や茶道の韓国起源説なども同じです。


こういった組織は、まず日本の関連団体に近づきます。
そして文化交流を名目に接点を持ち、ノウハウを手に入れかつ「日本も参加している」という事を既成事実にして自らの主張を正当化させるのです。
大抵の場合、韓国が起源主張する日本の文化は元々世界に広まっているものが殆どですから、日本も参加しているのならそれだけ説得力があるというわけです。
特に今回の場合は、去年より韓国で急速に広まっている、言い変えれば非常にタイムリーな韓国起源説ですから極めてリスクが高いという事になります。


今回の場合ならば、このイベントには日本と韓国以外の国の人も多数参加するようですので、そういった人達に宣伝する可能性が直接的には最も高いでしょう。
また参考までに、去年慶州市の地方紙に掲載された記事を


「私たち」の桜でさらに華やかな慶州の春
慶州新聞社 2014年04月04日
http://www.gjnews.com/default/index_view_page.php?part_idx=334&idx=37507
ドイツの植物学者によって正式学名登録、韓国がソメイヨシノの自生地

ギム・ジンリョン慶州歴史都市課長

春に咲く花は、通常は葉よりも花が先に咲くので、より美しく華やかに見えるよりも。 例年に比べて速い開花が見られた慶州も世界中の桜天地となった。

出勤途中、市内には桜が満開してレンギョウの黄色波と一緒にエクスタシーを醸し出す。 出勤途中の心を大変楽しませ。 桜はバラ科に属する落葉性高木で、花がきれいなだけでなく、秋の紅葉も美しいことこの上ない。

桜には、​​いくつかの種類がありソメイヨシノ、今年桜、山桜、本桜、島桜、上手桜など、その種類も多様するだけでなく、一般人などが簡単に区別をすることができる桜もあればそうでないものもある。

韓国の名前である「桜」の「チ」は、チェリーを意味している。 日本には多くの美しい亜種の桜があるようだ。

(中略)

驚くべき事実は、これに対抗し、韓国初代大統領李承晩博士が米国に亡命しているとき桜の原産地が日本であることを主張していることについて、当時、米議会に陳情をして、韓国が起源であると主張したところとした。

また、原産国であることを記念して韓国の独立の願いを込めて1943年4月アメリカの大学に4本の桜を植えたという事実も分かった。

韓国では1908年にフランスの学者が韓国で初めてソメイヨシノを発見し、1912年にドイツの植物学者によって正式学名が登録され、韓国がソメイヨシノの自生地であることが明らかになった。 これにより、桜は明らかに韓国が唯一の自生地であることは間違いない。

1995年山林庁によると、韓国漢拏山で世界的に唯一のソメイヨシノ33本が自生していることが調査によって確認されソメイヨシノをはじめ、桜に属する種13種分布し、そのうち5種は、世界的に漢拏山のみ自生する特産種であることが明らかになったことがある。
(中略)
南地区に続いて、ここ慶州の月城と普門団地と市内メンバーに桜の開花がすぐに開始されるようだ。 市内のあちこちにピンレンギョウと東部史跡に植えられた菜の花と桜の開花に合わせて5日、レースの桜満開の道に沿って広がる第23回慶州桜マラソン大会を皮切りに、慶州の春は、よりカラフルで美しくなりそうだ。



慶州市職員が、職員の肩書きで起源主張の記事を寄稿しています。
兆候は既にあるわけです。


日本人の感覚ですと、日本も参加するイベントでそんな事をする訳がないと考えますし、何よりこうした極めて政治的な主張を、文化やスポーツ交流イベントでするわけがないと考えがちです。


しかし、それはあくまで「日本人の価値観」でしかありません。
以前も何度か紹介しましたが、韓国ではこうした交流イベントで政治的な主張などをするのは極一般的であり、何より韓国人にとってそういった行いは反日ではなく「正しい事を伝えているだけ」「韓国を知ってもらおうとしているだけ」との認識です。


日本人の価値観が当たり前の物として、相手の考えも価値観も知らずに安易な事をすれば、その結果待っているのはより大きな問題だけなのです。
今回の読売主催のイベントに関しては、まだ2ヶ月も先の事なのであくまでこれは過去の事例から導き出した推測でしかありませんが、安易な交流は問題しか残さないと言う事をしっかりと知っておくべきでしょう。
我々の常識や価値観がこの世の全てではないのですから。



コメント

トウジロウ
No.189 (2015/02/21 03:21)
>>74
記事の三行目と四行目読んだ?読んでなくてもこの記事本文に
>2007年にアメリカ農務省の行った調査でソメイヨシノと王桜が
>DNA的に全く別種であると公式発表されました
って書いてあるけど・・・

>>145
具体的な反論は>>152として、詭弁の指摘
>たとえば天ぷらのルーツはフランスのフリッターだ。
複数の情報元の中から自身に都合のいいもののみを取り上げ
或いは更にそこから部分的に改変し、内容を再構築して
本来の意味とは全く... 全文表示
sattinnMK-
No.190 (2015/02/21 04:28)
ほんま、お家芸やな
さかな
No.192 (2015/03/11 23:26)
ソメイヨシノは自生しないから自生地なんてない
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事