大口歩也(著者) のコメント

大口歩也 (著者)
No.10 (2021/06/20 23:19)
>>4
タイミングでいうと、定期対話が本来行われるはずだったのが2018年6月で、優遇解除が2019年7月1日ですから「日本が設定した猶予期間がちょうど1年」だったという事になります。

このコメントは以下の記事についています