SIG のコメント

SIG
No.30 (2021/02/23 13:15)
>>22
前に纏めてコメントしたのでソース元のURLとかは控えますが、韓国人は一般的に自身の子供が幼児の間は一切叱りません。
それどころか、暴れまわって他人に注意されると逆にその人に食って掛かります。
そして、子供が望むことは何でも叶えようとします。
理由は簡単、子供は最も近い「ウリ」つまりは自身の分身だからです。
どう甘やかすかは、大口さんが前にデパートの児童書売り場が動物園状態になってる記事を取り上げていたので、それを読めば良く分かりますよ。
因みに甘やかすのは就学前までで、学校に行きだすと学歴社会に合わせて子育て方針が超スパルタ教育に急変します。
この極端なスパルタ教育は韓国で社会問題になっていますが、面白いことに第二次反抗期つまり思春期に親に反抗する子供は皆無に近いです。韓国での調査で思春期に親に暴言を吐いた事がある子供は2割以下、暴力に至っては1%以下という驚異の数値。
もし韓国で人前で子供が親に暴言を吐こうものなら、その子はキチガイだと思われます。
これは甘やかし育児の結果、幼児期に十分すぎるほど親子の信頼関係が出来上がっているからですね。
因みにこれらは恐らく朝鮮時代の両班からのもので、日本で武士道的規範が一般人にも広まったように、身分制度廃止後に民衆レベルまで広まったものかと思われます。
一度その辺検索してみると面白いですよ。

それと習慣についてですが、例えば怒りっぽい人の怒りっぽい事を、習慣とは言わないですよね。
地域性に置き換えても、九州男児が男らしいことを習慣とは言いません。
これが「九州人は息子を男らしく育てる」事なら習慣と言えます。
逆に、怒ることが無い人の事を「怒る習慣が無い」というのも変ですよね。
ですから人格起因の「自らを省みる事ができない」というのも、習慣とすると少し変ていう話ですよ。

このコメントは以下の記事についています