けぃさん/セニア のコメント

けぃさん/セニア
No.2 (2021/02/21 02:08)
お疲れさまです
今回のお題ですが、省みる習慣自体はあると思います
例題の件ですと、そもそもその2つを彼らは全く別の問題と認識しています
ソメイヨシノの件は「日本との間にあった」事件であり、今回の件は「中国との間にある」事件なので過去を省みてもそもそもヒットしない問題です
彼らにとって良し悪しを決める最大のファクターは知っての通りウリとナムです。ですので「同じく起源を主張した事件」ではなく「同じ相手が起こした事件」が強くピックアップされます
これは日韓慰安婦問題と韓国ベトナム慰安婦問題の方がより分かりやすいと思います。ベトナムは日本ではないので完全に切り離して対応していますよね
日本に対しては、貿易関連や徴用工等を持ち出し、ベトナムにはベトナム政府の杜撰さ等を持ち出しています
彼らが都合よくウリとナムを拡縮している事がよく伺えます

彼らの絶対的正解によって唯一曲げられない真実は「生きてる人間」です。その存在に一切の非が思いつかなかった場合のみ「問題」自体に目が向き、そこで初めて「同じ問題の事件」が彼らの発想の中に生まれるのです(自分にはもちろん非は無いので)
対ベトナムで日韓問題を例にあげる彼らはナムである韓国政府に一切の非を思いつかないのでその思考へと至る訳ですね

ただの見解の相違かもしれませんけれども気になったので
ネロナムブルに至る思考のうちの一つではないか、と思っていた事でしたから

このコメントは以下の記事についています