大口歩也(著者) のコメント

大口歩也 (著者)
No.14 (2021/02/21 21:48)
ちなみに、「過去を省みる」という概念とおなじく、約束に関しても「概念自体」はあります。
なのでナム(他者)が約束を守らない事を批判するわけですが、「普遍的正しさ=その時の感情的利益」がその上位に来るため、結果的に「約束よりもっと重要なことがあれば(ウリは)約束を守らなくていい」という解釈になるわけです。

このコメントは以下の記事についています