日韓問題(初心者向け)

【ゆっくり解説】横暴過ぎるマスコミ

2020/10/04 00:15 投稿

コメント:5

  • タグ:
  • 政治
  • マスコミ
  • ゆっくり解説
  • 日韓問題・マスコミ問題(初心者向け)

さて、本日はこの動画本来の趣旨の「なぜマスコミが信用を失っていったかの歴史」について、2011年と2012年の事例を紹介していきます。

本日の投稿動画


YouTube版
https://youtu.be/lmoSeT4e1d0

元記事
取材という名で横暴な行為を繰り返すマスコミ


以下は動画のテキスト版になります。

注意
・この動画は「マスコミ問題」を扱っています

・「マスコミ問題」ですので、イデオロギーや属性等は一切関係ありません

・「特定の国との特別な関係」は問題の枝葉です、主問題は業界の体質です

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
う思うか」という客観性を常に持ちましょう。

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

・リクエストは原則受け付けていません

・引用ソースへのリンクが同時掲載のブロマガにあります

・毎週土曜日更新


レイム マリサ
ゆっくりしていってね


マリサ
さて、今回はやっと久々のマスコミ問題だぜ。


レイム
そして更に、この動画のマスコミ問題本来の趣旨の「なぜマスコミが信用を失っていったかの歴史」について扱うのよね。


マリサ
そうだぜ。
一応、区切りとして2011年のフジデモがあるが、それ以後もマスコミ不信の原因となる出来事は続いていたからな。


レイム
今回はいつ頃のことになるの?


マリサ
今回は2011年から2012年に起きた出来事となるぜ。
それじゃあ早速本編へ行くぜ。


順法精神が希薄


レイム
最初は2011年の事例をまとめてやるの?


マリサ
そうだぜ。
2011年のマスコミ不信というと、東日本大震災の件やフジデモの件が有名だが、実際には他にもマスコミの問題行動は当時ネットで話題になっていたからな。
まずはそうした個別の事件をいくつか紹介するぜ。

駅員に暴行容疑、日本経済新聞社記者を逮捕 警視庁丸の内署
日経新聞 2011/5/4
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0301N_T00C11A5000000/

警視庁丸の内署は3日までに、JR東京駅の駅員を足で蹴ったとして、日本経済新聞社証券部記者、橋本慎一容疑者(32)を暴行の疑いで現行犯逮捕した。

逮捕容疑は2日午後1時ごろ、東京都千代田区丸の内1のJR東京駅八重洲中央口の東海道新幹線改札近くで、JR東海の男性駅員(19)の左足を2回蹴った疑い。

同署によると、橋本容疑者は券売機で入場券を購入した際、釣り銭の百円硬貨を五百円硬貨に両替するのを断った駅員に暴行。その場で駅員に取り押さえられた。

容疑を認めた上で「社会人として非常識だった。(駅員に)謝罪したい」と話しているという。

マリサ
まずは比較的悪質さの程度が低い事例なんだが、2011年5月、日経新聞の記者が東京駅で、「釣り銭の百円硬貨を五百円硬貨に両替するのを断った駅員」を暴行し取り押さえられ逮捕されたという事例だぜ。


レイム
ちょっと待って、両替を断られたくらいで暴行するって相当悪質じゃない。
なんでこれで「悪質さの程度が低い」のよ。


マリサ
これな、実際問題記者って暴行・傷害事件を結構頻繁に起こしていて、この件も記者の火星のオリンポス山なみに高いプライドと、コンタクトレンズ容器なみに広い器、子供服のポケットなみに深い懐をよく表している事例なんだが、「日経新聞自身がちゃんと報じている」って意味で「悪質さの程度が低い」んだぜ。


レイム
ああ…、そういえば確かに。
マスコミって自社の不祥事を報じない事が多くて、初報はスポーツ紙や週刊誌が報じて、後から仕方なく報じるって場合多いわね。


マリサ
そういう事だぜ。
この件を紹介したのは、この事件そのものよりも「自社の不祥事に対する態度」に問題がある場合が多く、この件は比較的マシな部類だからなんだぜ。


レイム
記者の沸点の低さにはかなり問題があるけどね。


マリサ
そうだぜ。
あと、朝日さんは傷害事件もレベルが違って、2005年に伝説の「携帯逆パカ事件」を起こしているぜ。
2011年の事例ではないからここでは紹介しないが、詳しく知りたい人は同時掲載のブロマガの方に関連リンクを貼っておくから、朝日さんの生き様を見たい人は動画説明欄から行ってみてほしいぜ。

朝日新聞、靖国問題で社内乱闘…40代社員が暴行
zakzak 2005/10/21
https://web.archive.org/web/20051023012113/http://www.zakzak.co.jp/top/2005_10/t2005102121.html

被害社員は10日間のけが

朝日本社で「真昼の決闘」-。小泉純一郎首相(63)の靖国神社参拝をめぐり、朝日新聞社員2人が激論の末、むなぐらをつかみ殴りかかるなどの大ゲンカに発展。暴行を受けて負傷した社員が、社内から110番通報し、警視庁築地署の署員が駆けつける騒ぎとなっていたことが21日、発覚した。不祥事続きの朝日は夕刊フジの取材に事実関係を一部認めたものの、「被害が軽微」と詳細には口をつぐんでいる。社員の一人は全治10日間のけがを負っており、立派な傷害事件なのだが…。

 築地署の調べによると、今月18日午前10時50分ごろ、「暴行された」と東京・築地にある朝日新聞東京本社から110番通報があった。

 通報したのは、同社総合研究本部世論調査部に所属する30代の男性社員で、同部に所属する40代男性社員と前日に小泉首相が靖国参拝したことの是非を問う世論調査の結果を話し合っていた。

 世論調査部も記事を書くが、社内では「記者」ではなく、「部員」と呼ばれているという。

 結果は「よかった」が42%、「するべきではなかった」が41%とほぼ拮抗(きっこう)。関係者によると、この微妙な解釈をめぐって大ゲンカとなったという。

 40代社員は激怒し、30代社員に体当たりや胸ぐらをつかむなどして暴行を加えた。さらに、30代社員が携帯電話で110番通報しようとしたところ、40代社員が携帯を奪い取り、真っ二つに破壊したという。一連の暴行で30代社員は腰に10日間のけがを負った。

 騒動の翌日となる19日付の朝日新聞では、1面で「首相の靖国参拝 賛否二分」と、世論調査の結果を交えた記事を掲載していた。

 「するべきではなかった」という人の85%が「政府は中韓の反発を重く受け止めるべきだ」と答えたことから、記事中では「周辺国への配慮を重視する意見の強いことが改めて示された」と表現。暴力に泣いた30代社員がどう解釈したかは不明だが、記事はいかにも朝日っぽい論調で掲載された。

 同署は被害届が出されていないものの、傷害事件の可能性もあるとみて、任意で関係者から事情を聴くなど捜査を進めている。

 暴行した40代社員は政治部出身で、世論調査を担当している。後輩の1人は「非常に温厚な人。酒を飲んでもそのようなことをする人ではない」と話している。

 朝日新聞東京本社広報部は「社内でもみ合いがあり、一方の当事者が110番通報して、築地署員が来たのは事実。被害が軽微なので、それ以上のことは話せない」と所属部署や年齢、氏名や詳しい状況の公表を拒否している。

【朝日新聞をめぐる最近の不祥事】

 ◆平成16年8月、東京本社の社会部記者が録音しないことが条件だったにもかわらず、東京慈恵医大の補助金流用問題を取材した関係者とのやりとりを録音。ダビングし、この関係者に批判的な別の取材先に渡した。

 ◆17年5月、東京国税局が朝日新聞社の税務調査を行い、16年3月期までの7年間にシステム開発などをめぐり、約11億8000万円の申告漏れを指摘。追徴税額は重加算税や過少申告加算税などを含め約3億8000万円に上った。

 ◆同年1月、NHKの特集番組について、安倍晋三幹事長代理、中川昭一経産相が放送前に改変するよう圧力をかけたと報道。8月、取材内容が外部に流出し、同内容が「月刊現代」9月号(講談社)に掲載された。流出の時期やルートは判明していない。

 ◆同年8月、国民新党の亀井静香氏と田中康夫長野県知事の会談をめぐり、長野総局記者が取材をしていないにもかかわらず、「田中知事から取材して、亀井静香氏が長野県内で会談していたことが分かった」と虚偽報告。この情報をもとにした記事が掲載された。



マリサ
そして次はこれだぜ

読売記者が一斗缶開ける 大阪の切断遺体事件、取材中
共同通信/47NEWS 2011/08/16
https://web.archive.org/web/20130623055347/http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011081601000346.html

 大阪市天王寺区で3個の一斗缶から切断遺体が相次いで見つかった事件で、読売新聞大阪本社は16日、取材中の記者が2個目を発見し、ふたを開けていたことを明らかにした。

 14日午前7時半ごろ、清掃ボランティアの男性が1個目を公園で発見。読売新聞大阪本社によると、記者は同日午後、公園から約100メートル西の路上で2個目を見つけてふたを開けた。事件に関係ないと思っていたが、大阪府警から「事件に関係するかもしれない」との説明があり、同日、ふたを開けた事実を府警に届けた。

 読売新聞大阪本社広報宣伝部は「捜査中の事件なので詳細な説明は差し控えたい」とコメントした。


マリサ
2011年8月に発覚した一斗缶事件という殺人事件に関連して、取材中の読売記者が犯行に使われた2個目の一斗缶を発見し、勝手に蓋を開けてしまい、下手をすると捜査妨害になっていたかもしれないという事例だぜ。


レイム
これ読売の釈明ってかなり不自然よね。
そもそも事件に一斗缶が使われていたのは明らかで、一つ目が発見された公園近くで同様の一斗缶を発見したのだから、普通に考えれば通報すべきなのに、それをせずに当初黙っていたって。






マリサ
まあ、大方スクープ欲しさに勝手に開けたんだろうが、「事件に関係ないと思った」ってそもそもそれなら最初から蓋なんて開けないし、何より警察から「事件に関係するかもしれない」と言われて警察に報告するって、明らかにそれが問題ある行為と理解していたって事だしな。
下手をするとスクープ目的で「犯行に使われたのを知りながら」黙っていようとしていた可能性すらあるぜ。


レイム
マスコミってこういう事があるから信用されないのよね。
他者の不幸や公共の利益よりも自己の利益を優先する可能性が高いから。


独善的な報道


マリサ
そして次は皆さんお待ちかね、我らがヒーローの朝日さんのネタ披露だぜ。
これを見てくれ。

朝鮮学校―無償化の結論だすとき
朝日新聞 2012年3月3日
https://web.archive.org/web/20120303072352/http://www.asahi.com/paper/editorial20120303.html#Edit2

卒業式の季節になった。だが文部科学省には、年度内に解決すべき課題が残っている。

 高校無償化を朝鮮学校にあてはめる判断だ。「厳正に審査」がずっと続いている。生徒や親をどこまで待たせるのか。

 他の外国人学校生や日本の公私立高生は、2年前から無償化の恩恵を受けている。普通の家庭で年12万円弱になる。

 その財源にと、特定扶養控除の一部が減らされた。この負担は朝鮮学校生の家庭にも等しく課されている。

 民主党が衆院選マニフェストに掲げた高校無償化について、民主、自民、公明の3党が効果を検証する協議を始めることになった。検証するのは制度全体である。朝鮮学校を外し続ける事情にはならない。

 立法の目的として説明された「すべての意志ある若者が教育を受けられるよう」をあてはめれば、認めるのが自然だ。

 無償化は日本人拉致問題で軟化したメッセージを送ることになる、と反対する声がある。

 だが拉致行為や北朝鮮の体制に責任のない生徒たちに、責めを負わせてはなるまい。

 民主党政権は「教育に外交上の問題をからめない」と確認している。そうであるならば、政治の思惑によって、少数派であり、多感な年代である生徒たちを疎外するべきではない。

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と結びついた学校のあり方にも疑念の声がある。文科省はそうした点にも踏み込み、調査を続けてきた。

 その間の議論を通じ、学校側は開かれた教育への姿勢を示しつつある。教科書の記述も改める動きが出てきた。父母の間にも、祖国の「3代世襲」に違和感を持つ人はいる。教室に肖像画を掲げることも考え直す時期だろう。そして、自国の負の部分も教えるべきだ。

 多様な学びの場の一つとして認めた上で、自主的改善を見守る。そんな関係を築けばよい。

 歴史を思えば、私たちは在日の人たちとその社会をもっと知る努力をすべきだ。

 韓流ドラマの翻訳を支えるのは民族の言葉を学んだ在日だ。年末の全国高校ラグビーには、大阪朝鮮高校がホームタウンの代表として3年連続で出た。彼らは北朝鮮だけを背負っているわけではない。生まれ育った国と祖国の間で悩み、揺れながら生きる若者がいる。

 なぜ自分たちがハンディを負わされるのか――。政治の動きに巻き込まれ、生徒たちは苦しんできた。アウェーの寒風をいつまでも浴びせてはならない。


マリサ
今も話題になることのある朝鮮総連系の高校への授業料無償化問題の記事なんだが、この記事の中には明らかなフェイクニュースがあるんだぜ。
記事中で「韓流ドラマの翻訳を支えるのは民族の言葉を学んだ在日だ。」と書かれているが、これ明らかに事実と異なっていてな、こちらのジェトロの記事を見ると


韓国のコンテンツ振興策と海外市場における直接効果・間接効果の分析
日本貿易振興機構(ジェトロ) 2011年3月
https://web.archive.org/web/20120112004531/http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07000622/korea_contents_promotion.pdf

(一部抜粋)
事前制作で著作権・版権を確保し、またはYEGの「彼らが生きる世界」のように制作会社が一部地域の版権を確保している作品を発掘した上、再制作への支援により韓国テレビ番組の海外輸出を促進したと評価される。またテレビ局の支援対象も約8割以上が外注制作番組であり、零細なケーブルテレビ局や制作会社の番組の場合は、海外マーケティングの展開に向けたサンプル制作の支援も行われた。また「魔王」など従来のドラマをモバイルなど新しいプラットフォームの登場に合わせて各10分の24話と再制作する作業を支援(翻訳・吹き替え・録音・総合編集)し、日本向けに4万ドル以上の輸出実績を上げた。そして「韓流エンターテインメントニュース」のような情報エンターテインメント番組を10分程度に編集し、日本の衛星、インターネット、モバイル向けに輸出するなど、環境変化に対応した新たな収益モデルを構築するとともに、「パリの恋人」「不良主婦」のウズベキスタン語への再制作を支援するなど新規市場の開拓に努力し続けている。


マリサ
そもそも韓流ドラマの翻訳ってな、「在日の人達」が行うんじゃなくて、韓国政府が支援して日本への輸出前の段階で「翻訳・吹き替え・録音・総合編集」をパッケージングで行って、日本に持ち込まれた時点では既に完成品の状態らしいんだぜ。


レイム
つまり、韓流ドラマとは本来まるで関係がないのに、強引に「無償化問題」とこじつけて、あたかも関係あるかのようなフェイクニュースを流していたって事ね。
これも相当悪質ね。


マリサ
こういう「あからさま」なことを平然とやるのがマスコミなんだよな。
そして問題が発覚しても大抵は一切の釈明も謝罪も真相究明もしないけど、他者が同様の事をやれば徹底的に叩く。
だから嫌われるわけだ。


レイム
たしかに、あからさまなダブルスタンダードは嫌われて信用を失う主な原因になるわね。


マリサ
そして次はマスコミ業界の体質をよく表す「難癖」記事だぜ。

天声人語
朝日新聞 2012年11月19日
https://web.archive.org/web/20121119035356/http://www.asahi.com/paper/column.html

 髪形をいじるのは心機一転の表れでもある。日本維新の会の橋下徹氏が、おでこを出す正統「保守型」に変えた。この勝負髪で衆院選に挑むという。37歳上の石原慎太郎氏を新代表に迎え、しおらしく従う覚悟らしい▼合流は第三極の受け皿を広げ、既存政党や官僚支配への不満をさらう狙いとみえる。両氏の合意文書には「強くてしたたかな日本をつくる」と表題がついた。「弱くてお人よしの日本」は耐えがたいと▼片や石原氏に気を使い、「原発ゼロ」の語は消えた。政策より大同団結、小異は捨てたというが、コーヒーと紅茶を混ぜたようなドタバタ感が漂う。色が似ていればいいというものではない▼なるほど、コーヒー党、紅茶党の独自色より、候補者の調整が先に立つのが小選挙区制だ。野合との批判に、石原氏は「民主党や自民党が人のことを言えるのか」と反発、橋下氏も「趣味嗜好(しこう)まで同じなら北朝鮮」と開き直る▼とはいえ、地方分権や行政効率に重きを置く橋下氏の現実主義と、米中なにするものぞの石原流がどう混じり合うのか。みんなの党や減税日本とも組むとなれば、昔の民主党顔負けの「選挙互助会」だ▼石原氏がほれたと公言する橋下氏は、政界でいう「じじごろし」に違いない。新代表を最強のリーダーと持ち上げ、ヘアスタイルを変えた。「何が目的か分からない年の差婚をした、したたかな女のよう」。きのうの東京紙面にあった、山本貴代さんの見立てに納得した。その縁の吉凶は知らない。


マリサ
橋下徹氏が大阪市長だった頃の朝日さんの天声人語に掲載された記事なんだが、なんだか知らんが髪型を変えただけで「日本維新の会の橋下徹氏が、おでこを出す正統「保守型」に変えた。この勝負髪で衆院選に挑むという」とか書いているうえに。「何が目的か分からない年の差婚をした、したたかな女のよう」とか書いていて、「女性蔑視では?」と批判された事例だぜ。


レイム
これなんかいろんな意味で凄いわね…。
政策などへの批判が一切なく、とにかく橋下氏の外見や行動に対するレッテルを繰り返して人格攻撃をしているだけだし。


マリサ
朝日さんの天声人語って、ある種朝日さんの「看板」といってもいい記事だからな、看板記事を見ればある程度その会社のレベルがわかるからこそ、朝日さんの芸人としての潜在能力の高さが見て取れるだろ?


レイム
ハイハイ。
というか、看板記事が単なる人格攻撃ってほんとすさまじいわね…。


マリサ
朝日さんが「ネタ度」で他の芸人とは抜きんでた才能を持っている事の証明だぜ。


集団迷惑行為


マリサ
そして最後は、2012年に発生した業界全体が関係する不祥事の事例だぜ。
まずはこちらの東スポの記事を見てくれ

漫画喫茶の店長、警察にSOS
東スポweb 2012年6月16日
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/17547/

17年間にわたり逃亡を続けていたオウム真理教の元信者の最後の特別手配犯、高橋克也容疑者が逮捕された。
現場となった東京・西蒲田の漫画喫茶の前には、15日午前11時前から報道関係者とやじ馬が大挙して駆けつけたため、収拾がつかない状態となった。ドアは閉じられ、「臨時休業」の紙が貼られた。

 逮捕の様子を目撃した女性から話を聞いたという男性は「外に出た高橋は8人くらいの警察に囲まれて連れてかれたようだ」と話す。捜査員はダンボール1箱分の押収物を運び出した。

 午後には「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)が、通報した店員の独占インタビューを店内から生放送を始めた。当初は店長が取材を一切断る態度を見せていたため、まさかの事態にドア前で構える50人以上の報道陣は「話が違う」と激怒。一時は「関係ねえ。突入だ!」と憤る他局のスタッフも出るほど過熱した。

 午後3時前に店長が外に現れると、報道陣との追いかけっこに。〝逃げる〟間、店長が携帯電話で「囲まれて大変なんですよ」と警察に電話する場面もあった。


マリサ
2012年6月のことなんだが、オウム真理教の元信者で特別手配されていた犯人が、東京都のマンガ喫茶を出てきたところを逮捕されたそうなんだが、そこでとんでもない騒動が起きたんだぜ。


マリサ
記事によると、この逮捕現場となったマンガ喫茶にマスコミの記者が押しかけ、マンガ喫茶は実質的な営業不能状態となり、「臨時休業」にしたそうなんだぜ。
それで店長は当初取材拒否をしていたそうなんだが、なぜか日テレの「ミヤネ屋」だけが独占取材を許可され、それを不満に思った他のメディアの記者が激怒しマンガ喫茶に突撃、現場は大混乱となり、店から出てきた店長が追い回され警察に通報するという事態にまでなったそうだぜ。


レイム
え…何この無法集団。
というか、店長もなんで日テレにだけ取材を許可したの?


マリサ
これな、どうも日テレのディレクターの知人の知人の家族がこの漫画喫茶を経営していたので、店長もその頼みを断り切れなかったようなんだぜ。
ただし、日テレ側も取材中2時間分の「全席を買い取る」という形で謝礼を出していたようだけど、他のメディアは「ただで」取材をしようとしていたっぽいな。


レイム
うわぁ…。


マリサ
さらにこちらの記事によるとな

「なんで1社だけなんだ!」ズレた方向に存分な効果を発揮したメディア・スクラム
日刊サイゾー/excite 2012年6月19日
https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201206_post_10809/
https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201206_post_10809/?p=2

捜査員 「高橋克也の捜査をしています。協力してください」男 「はい。私が高橋克也です」

 こんなやりとりで、17年間の逃亡生活に終止符を打ち、オウム真理教の地下鉄サリン事件の殺人容疑などで逮捕された高橋克也容疑者。15日の午前9時過ぎ、約3時間滞在していた東京・蒲田のマンガ喫茶前で逮捕されることとなったが、その直後から、同店には報道陣が殺到した。

「第三者から『2日前にその店で見た』と通報があり、同日早朝に捜査員が急行。顔を確認したところ『似ていない』との見解だったが、アルバイト歴10年の男性店員が高橋容疑者が入店時から『怪しい』と目星をつけ、わざわざネットなどでその特徴を検索。もみあげの形で確信を持ち、同容疑者が退店の手続きを済ませてトイレに入った際に捜査員に告げ、結果、それが逮捕につながった。逮捕のニュースが流れ、店内になだれ込んで来た報道陣には店長が対応したが、お手柄を立てた男性店員は決して報道陣と接触させず、そのうち、対応できずに臨時休業にして店を閉めてしまった」(現場で取材した記者)

 店長のコメントをとったメディアはまだマシなほうで、後から同店に駆けつけたメディアはそのままではいわゆる“手ぶら”の状態。「付近に集まった住民ややじ馬は取材攻勢にさらされたが、せいぜい、同店の利用者や、同店でアルバイトしていた人間を捕まえられたぐらい」(同)。マスコミ陣はそのまま帰るわけにはいかず、たちまち同店を取り囲んでしまった。

「同店が入居しているビルのほかのテナントから『商売にならない』と苦情が殺到し、管理会社も対応に苦慮。そんな時、各メディアの怒りの火に油を注ぐ番組が放送された」(同)

 同日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)で、なんと同店内からの生中継が放送され、スタジオにいる宮根誠司アナと店内にいる中山正敏リポーターが約30分にわたって男性店員にインタビューする映像が流れたのだ。結果的には同番組の独占スクープとなったが、出し抜かれた他メディア、とくにテレビ各局の怒りは尋常ではなかったという。
「店の扉を無理やりこじ開け、『開けてください!』と店内に向かって叫んだり、『突入だ!』と穏やかならざる剣幕の記者もいたが、動じることなく店内からのスクープ映像が放送され続けた。放送が終わると、現場はいっそう殺気立ったが、そんな時、突然、店長が店から出てきた。すると、各メディアは店長を取り囲み、さらに蒲田駅方面へ逃げようとする店長を追跡。店長に向かって『オウムで人が死んでるんだよ!』『なんで1社だけ取材に応じたんですか?』など、お門違いのことを叫ぶ記者もいた。身の危険を感じた店長は自分の携帯で警察に通報したが、警察は出動せず、結局、メディアをまいて店に戻り、その後、顔出しNGで会見し、店員から聞いたことを洗いざらい話し、店内の撮影にも応じた。どうやら、『ミヤネ屋』の番組関係者に店長の知り合いがいて、取材に応じただけだったようだ」(現場にいた別の記者)

 警察に通報するほどだっただけに、店長はメディア・スクラムの恐怖を十分に味わった様子。しかし、各メディアはそんなにパワーが有り余っているなら、独自に高橋容疑者の逮捕までの足跡を追うなど、違う方面にエネルギーを注いだほうが健全だったような気がしてならないのだが……。


マリサ
どうも日テレの独占取材の前から「スクープを逃した」記者達が店を取り囲んでいたようで、ビルのほかのテナントからも「営業できない」と苦情が来ていたらしくな、更に日テレ以外のテレビ局は「日テレに出し抜かれた」ことがそうとう気に入らなかったようで、それが暴走につながったみたいだな。


レイム
結局これ、マスコミが自分達の都合でかかわったあらゆる人たちに迷惑をかけまくり、営業妨害をした事例よね。
これ最近も話題の迷惑ユーチューバーと何が違うわけ?


マリサ
違いは明白だぜ。
迷惑ユーチューバーは単独かせいぜい数人で迷惑をかけるだけだが、記者は「報道の自由」を名目にいくらでも好き勝手出来るし、同業からも殆ど批判されないから迷惑ユーチューバーよりも「事態が深刻化しやすい」ってことだな。
ちなみに、当時この漫画喫茶の周辺はこの有様だったようだぜ。








レイム
なにこれ?
ロメロ映画?


マリサ
迷惑ユーチューバーにはこんなダイナミックな営業妨害はまずできないぜ。
「取材の自由」があればここまでやってもお咎めなしなのが現状なわけだ、やられた方は完全に泣き寝入りだぜ。


マリサ
ちなみにここの店長、記者の恫喝とストーカー行為に耐え切れなくなってその後店内を開放して各社から取材を受けているぜ。
あの数から取材をうけたら当然店は開けないし、大損害だったろうけどな。

今回のまとめ

・記者は順法精神が欠落した人々が相当数いる。
・フェイクニュースや人格攻撃を平然と行える
・「報道の自由」の名の下にやりたい放題している


マリサ
結局な、こんなことをしているのに、まるで自浄作用もなく同業にとことん甘いから、マスコミ業界はどんどん信用を失っていったんだぜ。


レイム
まあ、これだけ順法精神皆無な態度を取り続けていた上に、フェイクニュースや人格攻撃何でもありでも「同業から叩かれない」なんて状態じゃあね。


マリサ
そのうえで、2011年以降かなり高まったマスコミへの批判を、あの業界は「右傾化だ」とか「業界への嫉妬だ」とか言っていたんだぜ。
なんで嫌われたか説明するまでもないよな。


レイム
そして今も「全く同じこと」をし続けていて、未だ批判される原因を理解しようともせず、批判側を一方的にレッテル貼りし続けているわけね。


マリサ
そういうことだぜ。
こうした積み重ねが今のマスコミ不信につながっているわけだ。
そんなわけで今回の本編はここで終わるぜ。


レイム マリサ
ご視聴ありがとうございました。


大口
おつかれ~


マリサ
そういやうp主、前回伝え忘れていた事があるんだって?


大口
そうそう、最後の方ちょっと説明不足だったのだけど、「相手はわかってくれるはず」という考えは、何も「黙っていれば」というだけじゃなくて、「他者への共感を著しく欠いた自己主張」にも言えるからね。


レイム
ああ、確かに独りよがりは嫌われるだけだしね。


大口
そういう事。
どんなことでもそうだけど、内容が正しいか間違っているか以前に、「それを見て相手がどう感じるか」を考慮せず、自分の言いたいことを一方的に言うだけの人は嫌われるわけですよ。


大口
つまり、「正しい事を言っているから」とか「過激な発言のほうが理解者が増える」なんて態度じゃ、敵の方が多くなるって事。
それを理解せず、「主張していればわかってくれるはず」なんて態度で、他者からの共感を著しく欠いた態度を取っていたら、結果は明らかなのね。


マリサ
どんなことでも「独りよがりはだめ」って事だな。
ちなみに、マスコミやそこに連なる人たちも同じ傾向にあるが、あっちは発言力も社会的地位も金もあるから「成り立っている」わけだぜ。


レイム
お金も社会的地位も発言力も大してないのに、「力のある側と同じこと」をしても排除されるだけって事ね。


大口
そういう事。
そのうえで、「じゃあどうすればいいか」を一から十まで説明しないとわからないようなら、それは「向いていない」ってことだから、厳しい事を言うなら「もうやめた方がいい」よね。


レイム
言われなきゃできないんじゃ、同じことを繰り返すだけだしね。


マリサ
そんなわけで今回はここで終わるぜ。


レイム マリサ 大口
またらいしゅ~



お知らせ。
引用について
・個人の利用であれば「引用」の範囲での転載は自由にしてもらってかまいません、報告も必要ありません。
・企業・団体等の場合は必ず私の方へ事前連絡いただき、許可を取ってから行ってください。
・イデオロギー色の強い団体等に関しては、理由の如何に関わらず引用は「原則禁止」とさせていただきます。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策
韓国社会では「記憶の改変」が起きているわけではない?
【再現】2002年日韓ワールドカップ Public Viewing in 国立競技場


動画版マイリスト



番外編マイリスト






コメント

JPNSWD
No.3 (2020/10/04 16:02)
>>2
>SNS がマスコミの対抗勢力となりうるかと問われたら、回答はハッキリと「NO」です。
>旧態依然のメディアが SNS を「自分たちに都合の良い道具」として使うことを覚えた。
記事のご紹介、ありがとうございます。
そういえば、確かにハッシュタグで下手くそな世論誘導を仕掛けていましたね。

ネットへの認識を「邪魔な存在」から「自分達を監視する存在だ」に変えるのではなく「自分たちに都合の良い道具」としたあたり、根性は変わっていないと言えそうですね。
そのまま、ネット上の邪魔な世論は、ネットを都合よく使うことで押し潰せると考えて、同じ事を繰り返す可能性は高そうです。
gabe
No.4 (2020/10/04 18:11)
>>1
ちょうど読んでた記事が話題にぴったりだったのでどうぞ。

机を叩き、怒鳴りつけ、資料を奪おうと……東京新聞記者の異常な取材方法に厚労省が激怒
https://news.yahoo.co.jp/articles/19be6781413764d425349e24fcb4d16bf52368c1

「サザエさんは不謹慎」11人の批判を炎上につなげたマスメディア
https://news.yahoo.co.jp/articles/29a322b7ef10d99f8cabd658da46ef32b3b97775
JPNSWD
No.5 (2020/10/04 19:56)
>>4
記事のご紹介、ありがとうございます。
何というか、この期に及んでまだやっていたんですね。

SNSで晒し上げにされようが、週刊誌やネットニュースに取り上げられようが、売り上げが減ろうが。
まるで学習しないんですね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事