ike のコメント

ike
No.9 (2020/09/27 13:08)
どこ発のものでも、ヒットしたものには、内実の伴わない誇大宣伝(印象操作)の結果であることがありうると一端疑う事は悪くない
信用は疑ったうえで一拍置いて保留してから。
特に特定の傾向があるメディアがブームだと称して発したものや、前例の多い韓国や左翼の物、特定の層に被害を与える風説には。

韓国のヒット作にも、工作が伴っているケースが散見されることや、
日本では、「内実の伴わない誇張宣伝には効果が薄い」「内実が伴っていればいずれ評価を受ける」と信じがちだが、
世界相手には誇張宣伝が有効であること。「自虐、譲歩、謙遜の美徳」は喧伝の前には無力どころか害悪となり得る。
「宣伝、広報、他への貶めを、虚実交えてなりふり構わず過剰なまでに利用できるのも一種の実力」とみなすなら、韓国や左翼メディアにはその点では実力があり、日本にはその実力がない。
という事。

…あんまり宣伝誇張が強すぎると、宣伝を支持した上層部すら信じるようになるため、自己洗脳に等しく害や齟齬も出てくるだろうが。
韓国や北朝鮮は顕著過ぎるが、大日本帝国や戦後日本やアメリカや共産国家や宗教にも見られた特性でもあるし、その失敗に学ぶ必要はあるとは思うけど。

このコメントは以下の記事についています