日韓問題(初心者向け)

【日韓問題】慰安婦団体の内紛 中間報告2/3 (前編)(後編)

2020/06/20 23:44 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 政治
  • 韓国
  • ゆっくり解説
  • 日韓問題・マスコミ問題(初心者向け)
  • 慰安婦問題

さて、前回に引き続き慰安婦団体の内紛問題について解説していきます。
追加情報があったため、part2を分割し前後編の同時投稿となります。

本日の投稿動画

YouTube版
https://youtu.be/YpdcS5Jo28k



YouTube版
https://youtu.be/dMnALaeUVNQ

関連動画

YouTube版
https://youtu.be/zRvEHjHeqT8


YouTube版
https://youtu.be/tuYpPbnT9gc


youtube版
https://youtu.be/095qK7m6P0Y


以下は動画のテキスト版になります。

注意
・この動画は「日韓の価値観の違い」を扱っています

・うp主のスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからとこちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たら
どう思うか」という客観性を常に持ちましょう。

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

・リクエストは原則受け付けていません

・引用ソースへのリンクが同時掲載のブロマガにあります

・毎週土曜日更新


レイム マリサ
ゆっくりしていってね


レイム
さて、今回も前回に引き続き「慰安婦団体の内紛 中間報告」をやっていくわね。


マリサ
ちょっと待つんだレイム、2/3の「前編」ってなんだ?


レイム
見ての通りよ。
更に新情報が追加されたから、今回はpart2の前編と後編の2本同時投稿となるわ。


マリサ
おい、それ来週part3をやると言っているように聞こえるぞ?
朝日さんを猛烈に追い上げる芸人が出てきたってのに。


レイム
そう言ったつもりだけど?


マリサ
来週マスコミ問題やれないのかよ!


レイム
文句は韓国に言ってね、無視できないレベルの新情報が出てきたのだし。


様々な疑惑2


マリサ
で、まずは何からやるんだ?


レイム
前回は大きく分けて2つの疑惑を扱ったけど、他にも疑惑はいろいろあってね、例えばこれ

ウガンダに「金福童センター」建設、正義記憶連帯の怪しい募金(上)
朝鮮日報 2020/05/20
https://web.archive.org/web/20200520051930/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/20/2020052080058.html

昨年6月から国民を対象に募金「1200万ウォンで直接用地購入」

現地団体「最初から建設断る…戦争被害者のため私たちが買った土地」

 慰安婦被害者支援市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は昨年6月からアフリカのウガンダに「金福童(キム・ボクトン)センター」を建てるとして、韓国国民を対象に募金を開始した。ウガンダ内戦中に性的暴行被害を受けた女性たちに、慰安婦被害者・金福童さん=2019年1月死去=の希望を伝えるという趣旨だった。ホームページにはこの事業の現地主管団体として「ゴールデン・ウーマン・ビジョン・ウガンダ」(Golden Women Vision in Uganda=GWVU)と同団体のアチャン・シルビア代表の名前が書かれていた。「現地に確保した用地」だとして土地の写真や建物の設計図面もホームページに掲載、合計約2億ウォン(約1760万円)かかるとしていた。昨年末までで、韓国国内の100以上の団体や個人が4300万ウォン(約380万円)を正義連に寄付した。

 ところが、ウガンダ側の話は違う。GWVUのシルビア代表は18日、本紙の電子メール・インタビューで、「『金福童センター』建設を推進したことはない」「昨年の半ばごろ、正義連から『金福童センター』を建てようと提案されたが、当初から拒否の意向をはっきりと伝えた」と語った。正義連の写真にある用地はGWVUがウガンダ内戦で被害を受けた女性のシェルター(shelter)を作るために購入したものだという。シルビア代表は「土地を購入した時、世界のさまざまな団体からの寄付金を受け取った。正義連にも所定の寄付金を要請したが、『内戦生存者のシェルター』を建てるためのものであって、『金福童センター』を建てるためのものではなかった」と説明、「正義連は金を集める道具として私を利用したようだ。むかむかする(disgusted)」と言った。

https://web.archive.org/web/20200520052056/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/20/2020052080058_2.html

 しかし、正義連は19日、「GWVUと協議して(金福童センターの)用地を用意した。購入費は約1200万ウォン(約100万円)だった」「ウガンダ政府が『日本』『金福童』という名前が入ったことを問題視した」として、センター建設が失敗に終わったという趣旨の説明をした。正義連はその後、この用地をGWVUに寄付したと発表した。正義連は今年1月28日、「ウガンダ金福童センター」事業中止を発表、代わりに「米国に金福童センターを建設する計画」「本格的に募金を開始する」としていた。

 正義連は昨年6月から今年1月にかけてホームページに「ウガンダ金福童センター」に関する写真や詳細な計画を見せて募金活動をした。この計画で正義連はウガンダの都市グルの北に「約380坪」(967平方メートル)の土地を「確保完了」したと書いている。その土地と建物の購入に1億ウォン(約880万円)、各種内部工事と用品購入費に1億ウォン、計2億ウォンが必要だと述べた。

 この募金活動は今年1月末まで行われ、100以上の団体や個人が寄付金を出した。そうした中、正義連は今年1月28日に「日本政府の不当な介入で金福童センターのウガンダ建設を中止することになった」と言った。だが、既に集まっている寄付金を返すという言葉はなかった。その代わり、「米国に金福童記念館を建設する計画であり、金福童さんの1周忌(1月28日)に本格的な募金を開始する」と明らかにした。

イ・ヨンビン記者


レイム
今回ここぞとばかりに朝鮮日報が大活躍していて、この記事によると正義記憶連帯はウガンダに韓国政府認定の慰安婦である「金福童(キム・ボクトン)」の名前を取った施設を建設しようと募金を募っていたそうなのね。


レイム
でも元々ウガンダ側は『内戦生存者のシェルターを建てる』目的で世界各国に募金を募っていたのであって、韓国の政治主張をするための施設を作るつもりなどなかったので、話が来た時点で断っていたそうなの。


マリサ
これだいぶひどくないか?
要するにウガンダの人権団体が内戦で被害を受けた人のシェルターを作ろうとしていたのに、正義記憶連帯はそれを乗っ取ろうとしたわけだろ?


レイム
それだけじゃないのよ。
この続きを見ると

ウガンダに「金福童センター」建設、正義記憶連帯の怪しい募金(下)
朝鮮日報 2020/05/20
https://web.archive.org/web/20200520052346/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/20/2020052080060.html

 本紙は18日、シルビア代表にメールを送り、「韓国でウガンダ金福童センター建設のための募金が昨年下半期に行われ、そこにあなたとあなたの組織の名前が出た」と伝えると、同代表は返信と共に「もっと話を交わしたい」と自身のメッセンジャーのIDを教えてくれた。「ウガンダはインターネット費用が高い」として、本紙の質問に積極的に答えてくれた。

 用地購入費用からしてGWVUと正義連の主張は違っていた。メッセンジャーで用地の写真を受け取ったシルビア代表は「この土地は私たちがウガンダ内戦の生存者のシェルターを建てるために直接購入したものだ」「土地を購入した時、世界のさまざまな団体から寄付金を受け取った。この時、正義連にも『内戦生存者のシェルター』を建てるため所定の寄付金(some money)を要請したが、『金福童センター』を建てるためのものではなかった」と説明した。

 シルビア代表は金福童センターとは無関係に正義連から金を受け取ってきたと言った。正義連が2018年6月にシルビア代表を「第1回金福童平和賞受賞者」に選定した後からのことだった。シルビア代表は「それ以降、正義連は私たちの団体に3カ月ごとに500ドル(約5万4000円)ずつ寄付(donate)したが、昨年12月に寄付が途絶えた」と言った。だが、シルビア代表は「金福童センターを一緒に作ろう」という正義連の提案を当初から拒否し、「金福童センター建設のためのお金は一銭も受け取っていない」と語った。また、「寄付を受けたお金が『金福童センター』のためのお金ならば返す、と当時、正義連に言った」とも話した。その理由については、「私は彼らの意図するところを正確には知らないし、我が国は争いの場ではない。私たちは戦争にうんざりし、平和を願っている」と答えた。

https://web.archive.org/web/20200520052517/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/20/2020052080060_2.html

 一方、正義連は19日、本紙の取材に「ウガンダ金福童センターはGWVUと合意した事項であり、正義連が1200万ウォンかけて現地の用地を直接勝った」「GWVUが払ったのは1200万ウォンとは別の1000ドル(11万円)ほど」と言った。「用地購入に関する公式文書があるか」という本紙の質問には答えなかった。

 「日本政府の介入」という正義連の主張についても、シルビア代表は「日本政府の介入で金福童センター建設がなくなったのではなく、最初から私たちは戦争生存者のシェルターとして推進していた」と否定した。そして、「(正義連が)私の名前を募金で出したのか」と問い返した。そうだと答えると、「むかむかする(disgusted)」、「私に(計画などについて)何も言わなかった」「本当に悪い(really bad)」と言った。

 正義連ホームページによると、昨年6月から今年1月まで「金福童センター」建設基金に使用してほしいとして寄付した団体と個人は100を超える。慰安婦被害者・吉元玉(キル・ウォンオク)さんも昨年6月に500万ウォン(約44万円)寄付した。正義連は、金福童センター建設の目的で集まった寄付金は2019年時点で4381万8344ウォン(約386万円)であることを19日の釈明文で初めて公開した。シルビア代表は「彼ら(正義連)の寄付金がどこに使われたのか、確実に解明すべきだ」と言った。

 正義連は、こうしたシルビア代表のインタビューについて、「ウガンダ政府が韓国メディアを注視している状況で、シルビア代表はきちんとした内容の話を言えなかったのだろう」と言った。行政安全部の陳永(チン・ヨン)長官は同日、国会で「挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会、正義連の前身)・正義連に22日までに資料を提出するよう要求し、違反が見つかれば措置を取る」と述べた。

イ・ヨンビン記者


レイム
どうも正義記憶連帯は、断られたのに「ウガンダに金福童(キム・ボクトン)センターを建設する土地を用意した」と嘘をついて募金を開始していて、しかもその土地は実際にはウガンダの人権団体が「ウガンダ内戦の生存者のシェルターを建てるために直接購入した土地」だったそうなのよ。


レイム
更に正義記憶連帯はウガンダ側から断られたことを隠し切れなくなると、「日本政府による政治介入で失敗した」と嘘をついていたうえに、「土地は共同購入した」と言い出したそうなのよ。
ウガンダ側からはそれもはっきりと拒否しているけど、どうも正義記憶連帯側はこのウガンダの団体に募金したから「共同購入だ」と言っているっぽいのよ。


マリサ
おいおい、相変わらず無茶苦茶だな。
で、この時に正義記憶連帯が集めた方の募金はどうなったんだ?


レイム
それが、アメリカに金福童(キム・ボクトン)センターを作る」と言ったきりどうなったかわからないみたいね。
挙句正義記憶連帯はこの朝鮮日報のインタビューの件を追及されると、「(日本政府が政治介入した)ウガンダ政府が韓国メディアを注視している状況で、シルビア代表はきちんとした内容の話を言えなかったのだろう」と言い訳したそうよ。


マリサ
経緯からしてもどうみてもそれ嘘だろ。


レイム
まあそうでしょうね。
だって自国の人権問題の活動をしているウガンダの人権団体が、韓国の政治主張に関わる理由がないもの。


レイム
疑惑はほかにもあってね、これによると

挺対協、「欧州平和紀行」で親北朝鮮教育
朝鮮日報 2020/05/22
https://web.archive.org/web/20200522043905/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/22/2020052280061.html

 慰安婦問題に関連する市民団体、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協、現正義記憶連帯)が「欧州平和紀行」と題するプログラムを運営し、参加した学生に欧州現地で北朝鮮のスパイと会わせるなど、親北朝鮮・反米教育をしていたとする参加者の証言が21日、明らかになった。欧州平和紀行は参加費を支払った中高生、大学生が欧州各国を旅行し、慰安婦問題を広める狙いで2014年に挺対協と市民団体「平和ナビ」が開始した。尹美香(ユン・ミヒャン)元挺対協代表は慰安婦被害者、吉元玉(キル・ウォンオク)さん(91)を2回、この活動に参加させた。

 これまで挺対協と平和ナビが公開した欧州平和紀行関連の写真には、フランスのブノワ・ケネディ氏という人物が必ず登場する。ケネディ氏は14年から毎年、欧州平和紀行に参加した高校生、大学生がフランス・パリで水曜集会などを開く際に同行した。フランスの元公務員出身だが、18年11月にフランスの機密を北朝鮮に漏らした疑いで逮捕され、現在国家反逆罪で裁判を受けている。

 平和ナビの運営陣の大半は院外政党の民衆民主党のメンバーだった。同党は利敵団体に当たるとの判決で解散したコリア連帯の後身だ。しばしば欧州平和紀行に同行した尹元代表はフランスでケネディ氏と共にチョ・ドクウォン元コリア連帯代表と会い、親交を深めていた。チョ元代表は1992年、北朝鮮に機密を流出させるなどスパイ活動を行っていたことが発覚した「南韓朝鮮労働党中部地域党事件」に関与し、国家保安法違反の罪で懲役7年の刑が確定して服役した。

 大学生(27)は2016年末から17年にかけ、中高生、大学生40-50人と共に、参加費380万ウォン(約33万1000円)を支払い、欧州平和紀行に参加した。Aさんは本紙の取材に対し、「当時アパート、キャンプ場などを借りて寝泊まりしながら、欧州の有名観光地を回って水曜集会を開いた。休憩時間や打ち上げの際に還収福祉党(現民衆民主党)のメンバーを自称する主催者側関係者10人余りが学生に接近し、『意識化教育』を行った」と証言した。本紙は説明を求めるため、尹元代表や平和ナビの欧州平和紀行主催者に連絡を試みたがつながらなかった。

ピョ・テジュン記者


レイム
この記事によると、正義記憶連帯が韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)と名乗っていた頃、大学生を集めて「欧州平和紀行」というイベントを行っていたそうなのだけど、この時に北朝鮮と関係のある人物や、フランスで北朝鮮に情報を漏らしたとして国家反逆罪で起訴された公務員などにあわせて「意識化教育」なるものをさせていたそうなのよ。


マリサ
おいおい…。


レイム
他にも北朝鮮関連でこんなのがあるわよ

【独自】尹美香夫妻、慰安婦休養施設で脱北者に「北に戻れ」と懐柔
朝鮮日報 2020/05/21
https://web.archive.org/web/20200521051628/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/21/2020052180090.html

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協、現正義記憶連帯)の尹美香(ユン・ミヒャン)元代表と夫が慰安婦被害者の休養施設として設立した京畿道安城市の施設に中国・寧波市の北朝鮮レストラン「柳京食堂」からの脱北者を2018年に招き、北朝鮮に戻るよう懐柔していたことが明らかになった。当時の出席者が暴露した。その人物は「挺対協が民主社会のための弁護士会(民弁)所属のJ弁護士を通じ、懐柔対象の脱北者に毎月30万-50万ウォン(約2万6300-4万3800円)を送金していた」とし、当時の口座明細も明らかにした。

 柳京食堂の支配人で女性従業員12人と共に16年に脱北したホ・ガンイル氏は20日、本紙の電話取材に対し、「挺対協と民弁の関係者が18年、ソウル市麻浦区と京畿道安城市の慰安婦休養施設に柳京食堂の元従業員の一部を招き、北朝鮮に帰ることを勧誘した。その勧誘を断ると、後援の名目でカネをくれた」と証言した。

 ホ氏は主張の根拠として、当時尹元代表と夫K氏、民弁のJ弁護士とやりとりしたメッセンジャーの内容、脱北従業員が休養施設を訪れた際の撮影した写真を提示した。

 ホ氏が民弁関係者に初めて会ったのは18年6月のことだ。ホ氏が同年5月、JTBCの匿名インタビューで「国家情報院の指示で総選挙直前に集団脱北した」と発言したのを聞き、民弁側が連絡してきたという。

https://web.archive.org/web/20200522115012/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/21/2020052180090_2.html

 ホ氏によると、民弁のJ弁護士は当時、「(国家情報院の)企画脱北について公開記者会見を開いて知ってもらおう」と提案した。その後、J弁護士は同年、尹元代表をホ氏に紹介した。ホ氏は18年10月、明声教会が慰安婦被害者のために挺対協に寄贈したソウル市麻浦区延南洞の休養施設で尹元代表と初めて会った。そこでの食事にはホ氏、尹元代表、民弁所属の弁護士3人、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の女性3人の計11人が出席した。ホ氏は「その席で出席者が『あなたが顔を公開して記者会見を開けば、企画脱北事件がもっと話題になり、損害賠償をもっと受け取れる』と話した」と振り返った。ホ氏は翌日、麻浦区の休養施設を再び訪れ、尹元代表と夫K氏と初めて会ったという。

 それ以降、ホ氏の口座にはカネが入り始めた。ホ氏は金銭を受け取った口座の内訳も公開した。ホ氏が明らかにした口座照会画面によると、J弁護士は18年10月から19年3月まで毎月50万ウォン、計300万ウォンを送金していた。ホ氏は「自分だけでなく、脱北した女性従業員3人も月30万ウォンの後援金を受け取った。J弁護士に出所を尋ねたところ、『民弁にはカネはないし、政府はあなたたちの世話をしないので、挺対協が後援金を出した』との説明を受けた」と語った。同じ19年に挺対協が年間で慰安婦被害者に現金で支払った支援金は3人に対し、合計で44万ウォンにすぎなかった。

 18年12月、尹元代表の夫、K氏がホ氏にメッセージを送った。『尹代表の夫で白髪のK代表』を自称したK氏は「地方でサムギョプサル(豚ばら肉)を焼いて食べよう」と持ちかけてきた。2泊3日の日程表も受け取った。日程表の下部には集合場所である安城市の慰安婦休養施設の住所が書かれていた。

https://web.archive.org/web/20200522115017/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/21/2020052180090_3.html

 ホ氏は現金を受け取っていた女性従業員3人と共に招待に応じた。一行が到着した安城市の休養施設ではK氏と挺対協関係者、良心囚後援会会員ら7人が待っており、慰安婦被害者女性はいなかったという。ホ氏は「2泊3日の旅行の間、K氏ら招待側はそれぞれが北朝鮮の行事に出席した際の写真を見せ、『将軍様』『首領様』といった単語を頻繁に使い、北朝鮮の革命歌謡を歌った。不安になって、最終日の午前4時に一人でソウルに戻った」と説明した。

 ホ氏は「柳京食堂の脱北従業員12人のうち、事前に韓国に行くことを知らなかったのは3人で、9人は韓国行きを承知で脱北した」とも語った。脱北前に韓国側の情報機関と脱北の期日について話し合ったのは事実だが、何も知らない従業員を連れてきたわけではないという。しかし、民弁と挺対協の関係者は「全員が韓国に行くことを知らずに脱出したと公開記者会見で話せ」と迫ったとされる。ホ氏が提案を拒むと、民弁のJ弁護士はホ氏に「(柳京食堂従業員らの脱北は)組織的国家犯罪だ」と言い、「ホ氏も自分が犯した罪に応分の代償を支払って贖罪(しょくざい)し、自分の人生を生きてもらいたい」というメッセージを送ってきたという。ホ氏は「命懸けで脱北した人に『脱北は罪だ』と言うのを聞いて憤りを感じた」と話した。

 ホ氏は韓国に定着できず、19年3月末に脱北女性従業員のうち1人と結婚し、海外に亡命した。その後は挺対協側からの後援金の送金も止まったという。

 本紙は挺対協にホ氏のインタビュー内容に対する説明を求めたが、挺対協側は応じていない。J弁護士は「直接取材してほしい」と述べて電話を切った。尹元代表には数回電話をかけたがつながらなかった。

パク・サンヒョン記者


レイム
尹美香が、2016年に中国の北朝鮮レストラン「柳京食堂」から逃げ出して韓国に亡命した人たちを、前回紹介した疑惑だらけの慰安婦施設「平和と癒やしが出会う家」に呼んだそうなのだけど、そこにいた親北系の弁護士から北に戻るよう遠回しに懐柔され、断ると金を渡してきたそうなのよ。


レイム
しかもね、この食堂の支配人をしていて脱出を主導したホ・ガンイルって人は、その後様々な圧力を受けるようになり、脅威を感じて他国に亡命したそうよ。


マリサ
つまりあれか、正義記憶連帯は北朝鮮と関係の深い親北派を脱北者に会わせる手引きをしていて、知らずに会った脱北者はそれに脅威を感じて他国に亡命したってことか。


レイム
そうなるわね。
ちなみにこの人が韓国から亡命をした背景は

【独自】「『北に戻れ』という民弁の勧めを拒否した後、脅威を感じて亡命」
朝鮮日報 2020/05/23
https://web.archive.org/web/20200523085242/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/23/2020052380022.html

中国の北朝鮮レストラン元支配人で脱北したホ・ガンイル氏

「見知らぬ人たちが『殺す』と脅迫…暗殺先発隊だと感じた」

民弁「『北に戻れ』と強要する理由ない」

ホ氏「『帰ってこい』という北朝鮮の家族の手紙渡された…これが『越北勧誘』でなくて何か」

 2016年4月に中国・寧波市の北朝鮮レストラン「柳京食堂」の北朝鮮女性従業員12人と共に脱北し、韓国に来た元支配人ホ・ガンイル氏が昨年3月、海外に亡命していたことが明らかになった。韓国では安全を保障されないと判断し、亡命対象国もこれを受け入れたものだ。あきれたことに、この事実が明らかになったきっかけは、慰安婦被害者支援市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)=現「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)=の寄付金流用疑惑だった。ホ氏は20日、「尹美香(ユン・ミヒャン)前挺対協代表とその夫、『民主社会のための弁護士会』(民弁)所属弁護士が脱北した女性従業員たちに『再び北朝鮮に戻れ』と懐柔した」と本紙に告白した際、自身が海外に亡命していたことを告白した。

 民弁は22日、ホ氏の主張に反論する資料を出した。この資料で、民弁は「(我々が)北朝鮮に戻るよう勧めたり、強制したりする理由はない」と述べている。だが、ホ氏は「『北朝鮮にいる母親に会いたくないのか』と尋ね、『祖国と母のもとに帰ってこい』という母親の手紙を入手して渡した。これが越北勧誘(北朝鮮に戻れと勧めること)でなくて何だろうか」と言った。

https://web.archive.org/web/20200523085347/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/23/2020052380022_2.html

 民弁のチャンという弁護士は、ホ氏と女性従業員3人に2018年10月から6カ月間、毎月30万-50万ウォン(現在のレートで約2万6000-4万3000円)ずつ送金したが、その資金の出どころについても、民弁は「『良心囚人後援会』所属だった尹氏の夫キム氏ともう1人」と言った。だが、ホ氏は「脱北者が親北朝鮮団体のお金をもらうというのは話にならない」「挺対協の金だというチャン弁護士の説明を信じたから、故・金福童(キム・ボクトン)さんの葬儀に柳京食堂名義で花輪まで送った」と言った。

 ホ氏によると、民弁は2018年6月から同氏と女性従業員たちに北朝鮮に戻るよう勧め始めたという。ホ氏は「実際に女性従業員12人のうち9人が脱北を望んだのにもかかわらず、民弁は『全員、本人の意思に反しての脱北だった」と顔を公開して記者会見を開こうとした」と話す。これを拒否すると、尹氏とその夫を紹介し、同夫妻はチャン弁護士の口座を通じて送金してきた。

 そして2019年1月のある日の夜10時ごろ、50代前半の女性2人がソウル市瑞草区内のホ氏のマンションのチャイムを数回鳴らし、中国語で「詐欺師を捕まえに来た。あなたはチョンさんか?」と尋ねたという。ホ氏は中国語で「私は違う。帰れ」と答えたが、女性たちは帰らなかった。ホ氏は警察の身辺保護官に電話をかけたが、つながらなかったので居住地の交番に届けた。

https://web.archive.org/web/20200523085523/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/23/2020052380022_3.html

 警察が女性たちを捕まえたところ、1人は中国朝鮮族、もう1人は韓国系日本人で、2人とも韓国語が堪能だったという。ホ氏は「交番を出ると、その女性たちは中国語で『おい、この(韓国)国家情報院の手先××よ。お前、死ぬ準備をしろ』という言葉を残して消えた」「私は住民番号や名前を2度も変えて隠れて暮らしていたので、私の身元を確認しに来た『暗殺先発隊』だと感じた」と話した。

 このため、ホ氏は「統一部に行って、『不安だ。住所地を移してほしい』と要請したところ、『国家情報院所管』との回答を聞かされた」「国家情報院もこれといった措置を取ってくれなかった」と言った。

 このころ、ホ氏は一緒に脱北した女性従業員から暴行容疑で告訴された。ホ氏は「5年前(2014年)、それも中国で、私に1発たたかれたというのが訴えの理由だった」「後で分かったことだが、私を告訴した女性従業員は民弁側に管理されていた」と語った。

 それから2カ月後、ホ氏は亡命した。チャン弁護士から「応分の代価を払って贖罪(しょくざい)し、新たな生活をしてほしい」というテキストメッセージを受信した直後だった。亡命が受け入れられたのは、ホ氏が「政治的な理由により韓国で迫害され、そうした危険があること」をその国に証明したという意味だ。ホ氏は自身が経験した出来事や捜査・裁判記録、チャン弁護士とのメッセージ記録などを該当国の政府に提出したとのことだ。

 ホ氏は「命がけでやって来た韓国で、私は民弁などに利用されて結局捨てられた。民弁とかかわって身辺に脅威を感じる出来事が相次ぎ、『脱北は罪』とまで言われた」「韓国に戻る気は全くない」と語った。

パク・サンヒョン記者


レイム
記事によると、慰安婦施設に招待されて以降、親北系の弁護士から自身の口座にお金が振り込まれるようになったそうだけど、「挺対協の金だというチャン弁護士の説明を信じた」から受け取っていたそうなのね。


レイム
その後この人の家に中国朝鮮族と韓国系日本人の女性がやってきて、中国語で「詐欺師を捕まえに来た。あなたはチョンさんか?」と言い出し、脅威を感じて保護官に電話をしたが繋がらず、仕方なく地元の警察に通報したところ、この2人から『おい、この(韓国)国家情報院の手先××よ。お前、死ぬ準備をしろ』と言われて、韓国にいるのは危険と感じて亡命したそうね。


マリサ
こっわ、これ北朝鮮の工作員に個人情報がバレていた可能性高いよな。


様々な疑惑3


マリサ
まだ何かあるのか?


レイム
まだいくつもあるわよ。


マリサ
うへぇ…。


レイム
それで、次はこれね

10億ウォン受け取った慰安婦支援団体「挺対協」事業書には「おばあさんを毎週銭湯に」
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.22 10:35
https://japanese.joins.com/JArticle/266233
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/266233

「おばあさん毎週1回銭湯に行く」「専門家と共にする書道・歌・絵画の癒やし活動」--。

韓国挺身隊問題対策協議会〔挺対協、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)の前身〕が2013年8月28日、社会福祉共同募金会(愛の実)に提出した「指定寄託事業配分申込書」に記述した京畿道安城(キョンギド・アンソン)憩いの場事業計画の一部だ。この申込書は挺対協の安城憩いの場購入と開所式(11月)を控えて作成された。現代重工業から10億ウォン(現レートで約8740万円)を受け取りながら憩いの場の向こう5年間の計画を明らかにした一種の事業計画書だった。

だが、実際に慰安婦被害者は憩いの場に住んでおらず、憩いの場が事実上放置されながらほとんどの計画は文字通り「空念仏」に終わった。

現代重工業は2012年8月に指定寄付として募金会に10億ウォンを寄託した。挺対協はこの10億ウォンを募金会から受け取るためにこの申込書を作成した。挺対協は申込書に事業サービスの対象を「旧日本軍慰安婦生存者8人」と書いていた。憩いの場の目標については「(おばあさんの)身体に対する理解および被害克服」「老人うつ病克服」「生きているということに対する誇りと生き甲斐」と記述した。

挺対協は主要事業として健康管理・治療プログラムと被害者の人権擁護活動を挙げた。あわせて主治医を組織して定期的に被害者の元を訪問・治療し、毎週1回おばあさんを銭湯に連れて行くとしていた。それ以外にも書道や歌などの癒やし活動をしながら、おばあさんを挺対協博物館の1日名誉館長として委嘱するという内容もあった。

申込書には安城憩いの場細部事業計画も羅列されていた。挺対協は住宅購入費7億5000万ウォン、取・登録税3000万ウォン、追加工事費3500万ウォンを支出するとしていた。

インテリア費用は3250万ウォンが策定されている。細部的に▼家具と収納棚各1000万ウォン▼食卓およびテーブル200万ウォン▼本箱100万ウォン▼シンク台800万ウォン▼野外テーブル150万ウォン--だ。その他にも備品費(合計2600万ウォン)は▼台所機器800万ウォン▼寝具500万ウォン▼ブラインド600万ウォン▼椅子40脚200万ウォン--などで、物品購入費(1780万ウォン)は▼冷暖房機500万ウォン▼ソファ200万ウォン▼レーザープロジェクター200万ウォン▼自動スクリーン100万ウォン▼医療機器500万ウォン▲テレビ5台250万ウォン--などだ。

車両購入費(12人乗スターレックス)を4000万ウォンで策定したのも目につく。正義連がこれに先立ってメディアに説明した概略的な支出項目に含まれなかった内容だ。向こう5年間で行われる各種癒やしプログラム費用としては4050万ウォンを策定した。

野党「未来統合党」は挺対協が指摘した物品価格が実際に使われた金額と一致するかどうか確認しなければならないという立場だ。統合党関係者は「物品価格を膨らませて策定するなど、どんぶり勘定式の計画とみられる」とし「実際にはおばあさんが憩いの場を利用していないのに寄付金だけを浪費する格好になった」と批判した。

これに先立ち、正義連は安城憩いの場に関連して住宅購入費7億5000万ウォン、工事費3475万ウォン、物品購入費1436万ウォンなどが使われ、残った1億2000万ウォンを募金会に返却したと明らかにした。正義連は先月、この憩いの場を4億2000万ウォンで売却した。


レイム
前回の動画で紹介した「平和と癒やしが出会う家」に関連した件なのだけど、正義記憶連帯はこの募金を受ける際に提出した申請書に、使用目的の「事業計画書」を提出していて、そこには「おばあさんを毎週1回銭湯に行く」「専門家と共にする書道・歌・絵画の癒やし活動」や医療・メンタルヘルス活動などが書かれていたそうなのね。


マリサ
もう大体予想がつくぜ、計画書に書かれていたことが実行されていなかったんだろ。


レイム
大体その通りよ。
一応少しはやっていたみたいだけど、あまりにも実態が伴っていないので、野党から「挺対協(正義記憶連帯)が指摘した物品価格が実際に使われた金額と一致するかどうか確認しなければならない」という話が出てきているそうよ。


マリサ
これもうなんか無茶苦茶だな…。


レイム
他にも慰安婦像関連でこんな疑惑があるわ

「小さい少女像」後援1億2000万ウォンも…慰安婦支援団体「正義連」の果てしない申告漏れ
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.25 07:30
https://japanese.joins.com/JArticle/266269
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/266269

不良会計疑惑などで韓国検察の捜査を受けている慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(以下、正義連)が、今度は1億2000万ウォン(約1041万円)に達するクラウドファンディング(オンライン募金)の寄付金をきちんと申告していなかったとの疑惑が持ち上がった。

彫刻家キム・ソギョン氏は2016年に、旧日本軍「慰安婦」被害者を助けるためにクラウドファンディングサイト「tumblbug(タンブルバグ)」で「小さい少女像」プロジェクトを始めた。キム氏は2011年水曜集会1000回を迎えて平和の少女像を製作した彫刻家だ。キム氏は当時、掲示文で10・20・30センチの大きさの小さい少女像を販売して製作費を除いた募金額全額を正義連に寄付すると明らかにした。

該当プロジェクトは当初の目標だった1億ウォンを超えて後援者9003人から合計2億6600万ウォンを集めた。キム氏はファンディングを終えた後、掲示板に「後援支援金2億6600万ウォンのうち材料費と手数料、配送料を除いた収益1億2000万ウォン余りを正義連に伝達した」と明らかにした。

だが、正義連が国税庁に報告した2016年度公益法人決算書類には関連の内訳が脱落していた。国税庁によると、公益法人は寄付金が総財産家額の1%を超えるか2000万ウォン以上の場合、該当寄付者を公示しなければならない。

正義連側はこれに関連して「公示脱落に関する部分はすでにコメントを出している」と説明した。これに先立ち、正義連は「公示脱落は未熟な会計公示よるミス」とし「現在、専門会計士とすべての公示を検討しているが、できるだけ早いうちに再公示手続きを完了する」と話したことがある。

一方、正義連のこのような会計不正疑惑を初めて提起した慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんは25日、2回目の記者会見を開いて追加の立場を明らかにする予定だ。


レイム
一連の慰安婦像を作成している彫刻家が小さいサイズの慰安婦像をクラウドファンディングで資金を集めて作成して販売、製作費を除いた金額を正義記憶連帯に募金したそうなのだけど、国税庁の記録には正義記憶連帯から公示がなかったそうなのよ。


マリサ
これもなんか横領臭くないか?


レイム
マリサ、一応「まだ」疑惑の段階よ。
更に慰安婦像関連にはまだ疑惑があってね

校庭に少女像設置しようとしたら…正義連理事が著作権を盾に阻止
朝鮮日報 2020/06/03
https://web.archive.org/web/20200603052426/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/03/2020060380059.html

ソウル・瑞草高校、廃棄後に作り直す

ソウル市瑞草区にある瑞草高校の校庭には、高さ1.3メートルの慰安婦被害者少女像が立っている。2013年に全国で初めて校内に設置された慰安婦被害者少女像だ。この少女像は、彫刻家の金運成(キム・ウンソン)、金曙炅(キム・ソギョン)夫妻が作った代表的な慰安婦被害者象徴物「平和の少女像」とは姿形が違う。「平和の少女像」はおかっぱ頭で正面を向いているが、瑞草高校の少女像は髪を一つにまとめて三つ編みにし、頭が少し左に向いている。

 もともとはこの少女像もおかっぱ頭でいすに座り、正面を向いていた。だが、除幕式まであと1週間だった2013年8月、金運成氏側が学校に電話をかけてきた。「著作権侵害なので設置してはならない」という話だった。当時瑞草高校の校長だったイ・デヨンさんは「教育目的で使うのに著作権を主張するケースはほとんどないので当惑した」と話す。学校側は圧力に耐えられず、600万ウォン(現在のレートで約54万円、以下同じ)かけて作った最初の少女像を廃棄した。金運成氏は少女像1体につき3300万ウォン(約300万円)を受け取る。イ・デヨンさんは「金運成氏の少女像はあまりにも高価で、学校の財政的には無理だった。生徒15人が歴史専門家の助けを借りて新たな図案を書き、1カ月で今の少女像を完成させた。費用は600万ウォンだった」と言った。この図案はその後、ソウル・舞鶴女子高校、釜山ハンオル高校(当時はプソン高校)などがそのまま使用した。もちろん著作権料はない。

 一般の人々によく知られている金運成夫妻作の「平和の少女像」は2011年、ソウル市鍾路区の旧日本大使館前をはじめ、現在国内外の95カ所以上に建てられている。今ではすっかり慰安婦問題を伝える象徴物として定着した。米カリフォルニア州グレンデール市では2013年7月30日に平和の少女像の除幕式が行われ、その日を「慰安婦の日」として記念しているほどだ。

https://web.archive.org/web/20200603052439/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/03/2020060380059_2.html

 しかし、少女像を設置する所が増えるにつれ、金運成氏側が「平和の少女像」を過度に商業利用しているという指摘も出ている。金運成夫妻は2011年以降、旧日本大使館前に設置したのと同じ高さ1.3メートルの「平和の少女像」を95体販売し、少なくとも31億ウォン(約2億7700万円)の売り上げがあったと推定されている。その費用は少女像を設置した地域の住民の寄付により負担された。

 金運成夫妻は高さ1.3メートルの標準タイプの少女像よりも小さい、高さ10-50センチメートルの少女像も1万体近く売った。まず、2016年2月にインターネットのクラウドファンディングを通じて2万-82万ウォン(約1800-7万3000円)を支援すれば、金額に応じて10-30センチメートルの小さな少女像を発送するという方式だった。2カ月間で9003人が小さな少女像を合計2億6652万ウォン(約2400万円)で買った。これとは別に、全国の小中高校にも標準タイプより小さい少女像を売った。生徒たちの募金を元に「小さな少女像設置運動」が行われた。ソウル・梨花女子高校の歴史サークルが2016年3月、ソーシャル・メディアに「全国の慰安婦被害者の数と同じ239体の小さな少女像を全国の学校に置こう」と呼びかけて他校の参加を促し、1年で239校の生徒たちが参加した。各校によると、高さ30センチメートルの少女像は50万ウォン(約4万5000円)、40センチメートルのものは60万ウォン(約5万4000円)だったという。これを元に計算すると、推定売上高は1億1950万-1億4340万ウォン(約1070万-1280万円)となる。クラウドファンディング販売と学校販売の少女像だけで少なくとも3億8000万ウォン(約3400万円)の売上があったということだ。

https://web.archive.org/web/20200603052438/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/03/2020060380059_3.html

 だが、似たような大きさの少女像をこれよりもはるかに高い値段で学校に渡していた事例も確認されており、関連売上高はさらに多い可能性もある。江原道春川市の春川女子高校は昨年2月、金運成氏側で作った高さ50センチメートルの少女像を校庭に設置したが、当時募金運動に参加した生徒Aさんは「合計550万ウォン(約50万円)を募金して金運成夫妻に渡した」と話す。2019年1月に校内に少女像を設置した慶尚南道咸安郡の咸安女子中学校も、金運成夫妻の少女像があまりにも高価だったため、弘益大学美術学部の学生が作った図案を元に少女像を作った。咸安女子中学校のキム・ミンジュ校長は「図案費や鋳物の製作費などを合わせて1200万ウォン(約110万円)かかった」と言った。同校長は「調べたところ、少女像製作は彫刻家の言い値だった」と話す。金運成氏の少女像は少なくとも34億ウォン(約3億円)台のビジネスでもあったことになる。

 金運成氏は2016年から「慰安婦被害者支援」などを掲げて活動している「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)=旧「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)=の理事を務めている。

チョ・ユミ記者


レイム
この慰安婦像ね、通常韓国ではこうした象徴的な作成物に著作権を主張することはほとんどないそうなのだけど、慰安婦像を作成した彫刻家夫婦は度々著作権を主張してトラブルになっていたそうで、この記事でもとある高校が「夫婦に頼むと高すぎる」ので、よそに作成を依頼したら、著作権法違反だと抗議され撤去せざるをえなくなったそうなの。


レイム
更に記事によると、この彫刻家はどうも正義記憶連帯の理事を務めているようなのよね。


マリサ
これも利権の臭いがしてくるんだが?
要するに、メディアや政府が大々的に宣伝して一般化して定着したデザインの慰安婦像は、正義記憶連帯の理事を務めている金運成(キム・ウンソン)夫婦の専売品って事だろ?


レイム
まあ、そういう事よね。
そして正義記憶連帯にはまだ他にも疑惑があるのね。


マリサ
まだあるのかよ!


レイム
これでもかなりの疑惑を「省略」しているのよ?


マリサ
は?


レイム
だから、動画で紹介しきれないからいくつかの疑惑は省略して、主だったもののみを紹介しているって事。


マリサ
レイム、そ


レイム
だめよ。


マリサ
まだ何も言ってn


レイム
そして前編最後の疑惑はこれよ

国の金をどう使ったのか…女性家族部「正義連資料」公開拒否
朝鮮日報 2020/06/08
https://web.archive.org/web/20200609220514/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/08/2020060880252.html

法律的根拠なしに国会の要請を異例の拒否

「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連、旧・挺対協)の会計不正疑惑が相次ぐ中、野党国会議員が正義連に関する資料の提出を女性家族部に求めているが、女性家族部はこの提出要求に一切応じずにいる。国会側は「法律的根拠のない異例の拒否ケース」と反発している。

 野党・未来統合党の郭尚道(クァク・サンド)議員は今月3日、女性家族部に▲過去10年間の旧日本軍慰安婦被害者の生活安定支援および記念事業審議委員会(審議委)の委員名簿と開催内訳▲正義連が提出した慰安婦被害者支援事業の定期報告書-の2種類の資料の提出を要求した。

 審議委は、2010年以降、国庫金数十億ウォン(約数億円)を正義連の各種施設建設と記念事業への支援に使うよう決めた組織だ。

 しかし、このような審議委で誰が活動していたのかに関する資料を求めたところ、女性家族部は4日、これを拒否した。理由は「公正な業務遂行に支障が出る恐れがある」というものだった。

 郭議員側が「現在でなく過去の委員名簿が、公正な業務遂行にどんな支障をきたすというのか」と尋ねたが、女性家族部側は答えなかったという。

 女性家族部は、正義連から受け取るべき事業定期報告書についても、提出要求を拒否した。女性家族部は国庫金から、昨年は6億1000万ウォン(約5600万円)、2020年には5億2000万ウォン(約4700万円)を正義連に委託し、正義連がこの金を「慰安婦被害者支援事業」に自分たちの裁量で使った上で報告書だけを提出することになっている。この委託の決定も審議委が下したものだ。このため前職・現職の審議委員の多くは正義連出身なのではないかとの疑惑が提起されている。

 資料提出の要求を拒否された郭議員側は4日「最近10年間の審議委員のうち正義連の理事だったメンバーが何人かいるが、確認してほしい」と要求したが、女性家族部側は5日午前「正義連関連の資料提出要求には一切応じられない」との意思を伝えてきたという。

 郭尚道議員室の関係者は「憲法第61条、国会法第128条、国政監査および調査に関する法律第10条、人事聴聞会法第12条などの法律に基づいて資料を要請したものであり、審議委員会運営細則に委員名簿と活動内訳を非公開にするという条項はない」として「拒否した理由が分からない」と述べた。

アン・ヨン記者


レイム
これは後編で紹介する内容と関連するのだけど、韓国の野党が一連の疑惑に対して、税金から正義記憶連帯に支出された資金の詳細や審議委員の名簿などの公開を求めたところ、女性家族部は「公正な業務遂行に支障が出る恐れがある」という理由で拒否したそうなのね。


マリサ
ちょっと待て、これだけ疑惑がある中で詳細の公開拒否はかなり怪しくないか?
どういう理由から正義記憶連帯に数億円の税金が投入されたのか、その内訳の一切を公開しないって事だろ?


レイム
後半で詳しくやるけど、結論を言うとこの内訳はのちに公開されて、驚くべき事実が判明したわよ。
詳しくは後半でやるけどね。


マリサ
おいちょっと待て、ここで引っ張るのかよ!


レイム
同時掲載なんだからいいじゃない。

今回のまとめ

・正義記憶連帯の疑惑は、ウガンダや欧州にまで飛び火、更に北朝鮮に関係する疑惑まで判明。
・架空の計画書の提出や慰安婦像に関する利権の疑惑まで出てくる。
・韓国の政府機関が正義記憶連帯に対する税金投入の内訳公開を拒否。


マリサ
私の出番を減らしてまでやるんだから、当然それに見合った「凄いの」があるんだよな?


レイム
そうじゃなければわざわざpart2を更に二分割になんてしないわよ。
それくらい「予想の斜め上を行く展開」になったのよ。


マリサ
何が起きたんだよ!
すっごく気になるだろ!


レイム
じゃあ後編は来週にしようか?


マリサ
お前は鬼か!


レイム
そんなわけで今回の本編はここで終わるわ。


レイム マリサ
ご視聴ありがとうございました。



大口
前後編なのでおまけはないよ。


レイム マリサ 大口
後編もよろしく~



【日韓問題】慰安婦団体の内紛 中間報告2/3 (後編)


レイム マリサ
ゆっくりしていってね。


レイム
さて、前回に引き続き慰安婦団体の内紛問題についてやっていくのだけど、ネタが増えすぎてpart2を二分割した関係で、こちらはpart2の後編になるわ。


マリサ
こちらを見る前に同時投稿のpart2前編を見ることをお勧めするぜ。


新たな疑惑1


マリサ
それで、前回最後に言ってた「予想の斜め上展開」ってなんだ?


レイム
ああ、それね。
それは来週やるわ。


マリサ
おいっ!


レイム
冗談よ、冗談。
それについてはまずこちらを見てほしいわ。

【社説】市民団体が政府の金・要職の通路になった非正常社会=韓国
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.09 09:11
https://japanese.joins.com/JArticle/266815
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/266815

尹美香(ユン・ミヒャン)議員が運営を引き受けていた日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)と韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)に過去5年間で政府と地方自治体の予算19億ウォン(約1億7200万円)が流れていた。公開された資料では、そのうち数億ウォンの行方を確認することができない。ソウル市は南山(ナムサン)に慰安婦被害者記念碑を設置して正義連に数千万ウォンを支給したが、碑に刻まれた名簿から正義連と関係のよくなかった被害者の名前が抜けていることが、最近、確認された。その名簿は正義連が作成したものだ。公的資金が投入された事業が不十分かつ偏向したものだった点は、李容洙(イ・ヨンス)さんの暴露で尹氏と正義連の活動が注目されなかったとすれば永遠に隠されたままだったかもしれない。

正義連がこのように政府から多くの金を受け取っていたことを国民の大部分は知らなかった。被害者の海外訪問、集会開催などの契機があるたびに後援者を集めて募金をしてきたため、市民の寄付で運営されている団体だと思っていた国民が多かった。また、正義連が慰安婦問題に関連して政府と葛藤していたことが多かったため、できるだけ政府からの資金ではなく彼らと志を一つにする市民の後援で活動しているのだろうと思っていた者も少なくなかった。ところが実際に蓋を開けてみると政府支援をずっと受けていた。政府や地方自治体は慰安婦問題を軽視しているという批判を免れるために、または関心を示す展示行政(その効果は考慮せず、見せることに重きをおいた行政)のために税金を使った後、それがまともに使われたかどうかは確認すらしなかったという批判を受けて当然だ。

政府の資料によると、昨年3万7000余市民社会団体が政府や地方自治体の支援を受けた。その大部分が政府・地方自治体事業に参加する方式で補助金やサービス代金を受領した。参与連帯などいくつかの大規模な市民団体は政府資金を受け取らないと宣言してこれを実践しているが、大多数の団体は公的資金に頼っている。権力と資本の横暴を監視するとして作られた団体が、企業体から金を受け取ることも一度や二度ではない。「収益事業」をしているのか、市民団体活動をしているのか、区分しにくい状況に置かれている団体も多い。

市民団体は官職進出の通路になる場合もあった。過去にもあった現象だが、現政権に入ってからは事例が顕著に増えた。参与連帯や民主社会のための弁護士会(民弁)出身が青瓦台・政府・与党に次々と入っていった。女性団体と環境団体出身も政府内の要職を占めた。各種政府委員会の事情も似ている。「チョ・グク事態」や尹美香問題に主要市民団体が擁護や沈黙の態度を見せたのはこのような現象と無関係ではないだろう。

現政権は所得主導成長、脱原発、原子力発電所、融和的北朝鮮接近などの理念志向的政策を広げるたびに市民団体を護衛部隊とした。政策立案者のうち相当数が関連団体出身でもある。昨日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「今回の(正義連)論争は市民団体の活動方式や形態に対して振り返る契機になった」と話した。青瓦台と政府も、市民団体の存在意義と正しい活用方式に対して振り返ってみなければならない。金と要職で市民団体を味方に引き込めば、権力と市民社会の健康的な緊張は直ちに崩れる。市民団体を政府系団体にしていつも批判の代わりに満場の拍手が起こるようにしてしまえば、権力の堕落に対する早期警報音は永遠に失踪する。


レイム
こちらの記事を読むと、正義記憶連帯は募金以外に過去5年間に政府から資金援助を受けてきたそうなのだけど、そのうち数千万円の行方が不明だそうなのね。
更には、税金が投入されて建設された碑から、正義記憶連帯に批判的だった慰安婦の名前が除外されていたりしたそうなのよ。


マリサ
なんかどんどん疑惑が大きくなっていくんだが、この状態で韓国政府は正義記憶連帯へ税金が流れた経緯の詳細公開を拒否したって事か?


レイム
そういう事。
そしてさすがに「情報公開拒否」は通らず情報が公開されたのだけど、

韓国女性家族部支援事業審査に尹美香参加…「セルフ審査」疑惑
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.17 09:25
https://japanese.joins.com/JArticle/267130
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/267130

韓国女性家族部の慰安婦被害者支援・記念事業審議委員会に与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員をはじめ日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連、旧挺対協)理事が含まれていたことが16日、確認された。

野党「未来統合党」の皇甫承希(ファンボ・スンヒ)議員室が女性家族部から提出させた「2010~2020年までの日本軍慰安婦被害者生活安定支援および記念事業審議委員会委員現況・名簿・審議委員会開催内訳」資料によると、審議委員の中に正義連理事陣3人が含まれていた。該当審議委は▼慰安婦被害者の登録決定関連事項▼生活安定支援対象者支援事業▼記念事業基本計画・全般的な事業推進方向--などを審査し、国庫補助金を支援する役割を果たしている。

資料によると、尹氏は2009年10月から2年間、同委員で活動した。2015年10月から2020年現在までは正義連理事らが交代で審査したことが確認される。一種の「セルフ審査」疑惑だ。

1993年に月15万ウォン(現レートで約1万3300円)だった慰安婦被害者に対する生活安定支援金は2003年月60万ウォン、2013年月98万2000ウォン、2020年月147万4000ウォンに増加した。病看護費支援金全体予算も2006年1億6700万ウォンから今年3億8300万ウォンに増えた。今年基準で慰安婦被害者支援のための事業予算は合計13億5200万ウォンだ。女性家族部が2016年から今年まで、挺対協・正義連に合計16億1400万ウォンを支給したが、このうち11億2400万ウォンが「被害者健康治療およびオーダーメード型支援」名目だった。

女性家族部は「審議委と国庫補助事業遂行機関を決める補助事業者選定委とは役割が違う」とし「選定委に挺対協・正義連理事が参加したことはない」と説明した。選定過程には介入がなかったという趣旨だ。これについて皇甫氏は「女性家族部実務者は『国庫補助事業報告を受けると、審議委員が意見を出して実際の推進事業に反映した』と話している」とし「事実上、審議委員会が正義連が申請した国庫補助事業に対して審査ないし評価をしたと分析される」と主張した。

一方、尹氏は政治後援金集めに出た。尹氏は「国会議員尹美香後援案内」という公示文を通じて「透明な後援、きれいな政治、皆さんの大切な応援を希望でお返しします」と明らかにした。国会議員は毎年政治後援金を1億5000万ウォン(地方区議員の場合、選挙のある年には3億ウォン)まで集めることができる。野党「未来統合党」の趙修眞(チョ・スジン)議員はフェイスブックに尹氏の公示文を紹介し「独裁政権の時も多くなかった与党の単独国会開院、単独常任委員長選出強行事態に乗じて後援金集めに乗り出した」とし「正義連理事長時期の後援金集めおよび執行についての透明性から明らかにするよう改めて求める」とした。一方、尹氏が後援金を集め始めたことが伝えられると、オンラインでは「18ウォンを後援しよう」という主張と共に、認証ショットが登場している。


レイム
公開された資料によると、「2010~2020年までの日本軍慰安婦被害者生活安定支援および記念事業審議委員会委員現況・名簿・審議委員会開催内訳」には、長年正義記憶連帯の理事が参加していて、正義記憶連帯が審査して正義記憶連帯に税金支援を行う、「セルフ審査」が行われていた疑惑が出てきたのよ。


マリサ
おいちょっと待て。
てことはあれか、正義記憶連帯が政府から支援された資金を不正に使っていた疑惑じゃなくて、そもそも支援金支給自体に正義記憶連帯が関わっていた可能性があるって事か?
それだけで真っ黒じゃないか。


レイム
そういう事。
かなりの斜め上でしょ?


マリサ
なんだこれは・・・・。


新たな疑惑2


レイム
そして最近発覚した疑惑はもう一つあるのよ。


マリサ
レイム、今何か言ったか?


レイム
だから、新たな疑惑はもう一つあるのよ。


マリサ
…は?


レイム
まずこちらを見てほしいわ。

尹美香氏、死亡した所長の口座で慰安婦ハルモニの弔慰金集めていた
朝鮮日報 2020/06/08
https://web.archive.org/web/20200609164014/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/08/2020060880251.html

 与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員が、6日に死亡した状態で見つかった旧日本軍慰安婦被害者のための施設「平和のわが家」の所長(60)の個人口座を、慰安婦被害者の弔慰金募金に利用していたことが分かった。また、尹議員がかつて所長に給与として80万ウォン(約7万3000円)を渡していたという内容も尹議員のフェイスブックの過去投稿で明らかになった。

 尹議員は2017年4月に慰安婦被害者のイ・スンドクさんが亡くなった後、フェイスブックに所長の個人口座を「弔慰金口座」として公開し、金を集めた。この書き込みは所長が死亡したというニュースが伝わった7日午後には削除されていた。

 慰安婦被害者支援団体、正義記憶連帯(正義連)について友好的に報じてきたインターネットメディア「メディアモング」も当時、所長の名前と口座番号の書かれた通帳の写真をツイッターにそのまま投稿し「(後援した金は)全額、葬儀の費用として使われる予定」と書いた。この文章は7日まで残っていた。

 尹議員のほかに個人口座で被害者の葬儀費用を集めた正義連メンバーは所長だけだった。

 尹議員は昨年1月11日、自身のフェイスブックに「2003年、慰安婦の休養施設を専門に担当する活動家を求め、事情説明を掲載しては待つということを数か月繰り返していたが、(04年5月に)ある女性が現れた」「それがまさにソン・〇〇さん(亡くなった所長)」と書き込んだ。

 尹議員はまた「ソンさんは(釜山から)ソウルまで来てくれて、最初の面接で、あ、この人だと思った」として「給与は80万ウォンしか出せないと伝えたにもかかわらず、大丈夫と言ってくれた」と書き込んだ。

 この書き込みと所長のSNS(会員制交流サイト)によると、その後所長は(3か月の間に)3回辞表を提出。しかし尹議員は3回目の辞表を受け取った日、号泣しながら引き留めたという。

 尹議員は「その後ソンさんは辞表を取り下げ、14年間われわれと共に歩んできた」と書いた。

 書き込みによると、所長はこの施設で被害者のハルモニ(おばあさん)たちと過ごしながら大学院で社会福祉を学び始め、ハルモニたちと共に癒やしの活動などを続けてきた。

 尹議員の書き込みの最後には「所長、ずっとお元気で、幸せに過ごしましょう」と書かれていた。

 所長は今月6日午後10時35分ごろ、京畿道坡州市にある自宅のトイレで死亡しているのが見つかった。

アン・ヨン記者


レイム
様々な疑惑から警察の家宅捜索を受けていた正義記憶連帯なのだけど、そんななかで先日ソウル市内にある慰安婦施設「平和のわが家」の所長が死亡した状態で発見されたのね。


レイム
で、その中で出てきたのがこの疑惑よ。
2017年に死亡した韓国政府公認慰安婦の「李順徳(イ・スンドク)」って人の弔慰金募金を正義記憶連帯が行ったのだけど、その時にこの所長の個人口座が使われていたそうなのよ。


マリサ
またかよ!
てことは、それで自身に捜査の手が伸びそうになって…、ってことか?


レイム
それがね、どうも本題はそれじゃないのよ。
次にこちらの記事を見てほしいのだけど

【独自】慰安婦被害者の通帳から消えたカネ…理由を尋ねると休養施設長は土下座
朝鮮日報 2020/06/17
https://web.archive.org/web/20200617205844/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/17/2020061780077.html

 慰安婦被害者の吉元玉さん(92)は正義記憶連帯(正義連)が運営するソウル市麻浦区の休養施設で暮らし、政府から月に約350万ウォン(約31万円)を受け取っていたが、毎月その金額が別の口座に移されていたとする証言が吉さんの息子の妻Cさんから飛び出した。

 Cさんが今月1日、休養施設の所長、ソン・ヨンミさん(60)に説明を求めたところ、ソンさんは説明はせずにCさんの前に土下座したという。Cさんは今月3日、ソンさんに再度説明を求めるメッセージを携帯電話に送った。それから3日後、ソンさんは自宅で死んでいるのが発見された。本紙の取材を総合すると、吉さんが養子を取り、乳児のころから育てた牧師Hさんとその妻Cさんは今月1日、吉さんが暮らしていた麻浦区内の休養施設を訪れた。休養施設に対する家宅捜索(5月21日)など正義連に対する検察の捜査が進んでいるさなかだった。

 ソンさんはHさん夫婦と会った際、まず「ソン・ヨンミ」名義の通帳2冊を手渡した。それぞれ2000万ウォン、1000万ウォンが入っていた。ソンさんは「吉さんが亡くなった後、息子に2000万ウォンを渡し、自分の葬儀費用に1000万ウォンを使ってほしいと話していたお金だ」と話し、Hさんと共に銀行に行き、通帳2冊に入っていた合計3000万ウォンをHさんの口座に移した。Cさんによると、ソン所長は「自分がこれ(通帳)を持っていると不安だ。しきりに家宅捜索を受けるので不安だ」と話していたという。

https://web.archive.org/web/20200617210407/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/17/2020061780077_2.html

 ソンさんは銀行から休養施設に戻った後、2階でCさんと改めて話した。その席でCさんはソンさんに対し、「所長名義ではなく、母(吉さん)名義の通帳の内訳を確認したい」と告げた。すると、ソンさんはため息をつき、吉さん名義の通帳2冊を持ってきたという。一つは政府の補助金が入金される農協銀行の通帳、もう一つは郵便局の通帳だった。Cさんは「通帳を見て震えた」と話した。Cさんによれば、吉さんは政府とソウル市から毎月約350万ウォンを受け取っていた。Cさんは「(そのお金を何者かが口座から)全て引き出していた。2000万ウォン、400万ウォン、500万ウォンというように下ろされていた。通帳を見てつらかった。本当に慰安婦被害者で金もうけしていたのだなと思った」と振り返った。

 Cさんは通帳を見た後、ソンさんに対し、「母のお金がどこに使われたのか知りたい」と迫った。すると、ソンさんが突然土下座したという。その際、1階で夫のHさんが「お母様が疲れているように見えるので早く帰ろう」と言って2階に上がってくると、ソンさんは立ち上がったという。Cさんは「所長、そこを説明してください」とだけ言い残し、休養施設を去った。

https://web.archive.org/web/20200617210537/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/17/2020061780077_3.html

 休養施設から帰った2日後の6月3日、Cさんはソンさんに携帯電話でメッセージを送った。「所長、まだですか。銀行に行けば5-10分もあれば(使途の)記録を出力できるのに、なぜそれをしてくれないのですか。正しいことをしようとすれば、骨を削る苦しみが伴うことがあります」という内容だった。メッセージを受け取ったソンさんはCさんに電話をかけ、「(17年の)慰安婦賠償額1億ウォンのうち5000万ウォンは正義連に寄付し、1000万ウォンは当時、Hさん夫婦に渡したではないか」と説明したという。これに対し、Hさんは「当時ソンさんは『おばあさん(吉さん)が差し上げるものなので使ってください』と1000万ウォンをくれたが、それが賠償金かどうかも知らなかった」と主張した。

 現在インターネット上には、吉さんが作成した遺言状が公開されている。尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員(共に民主党)が共同代表を務めていた団体「金福童(キム・ボクトン)の希望」が昨年5月、遺言状に関する尹議員と吉さんの会話内容などと共に掲載したもので、遺言状には「自分に関する全ての事柄の整理を挺対協の尹代表に委ねる」との内容が盛り込まれている。

 Cさんの対話記録によれば、Hさん夫婦は今年5月、休養施設に連絡を取り、「尹美香氏がそのような遺言状を得た理由は何か」と尋ねた。ソンさんは「尹議員は今(正義連事件で)忙しいので、少し待ってもらいたい。尹議員に会わせる」と答えたが、尹議員との会見は実現せず、ソンさんは6日に自宅で遺体で発見された。本紙は尹議員、正義連のイ・ナヨン理事長、ハン・ギョンヒ事務総長にそれぞれ電話と携帯メールで何度か説明を求めたが、回答を得られなかった。

ウォン・ウシク記者


レイム
問題の「平和のわが家」には、当時吉元玉(キル・ウォノク)って韓国政府公認慰安婦の人が住んでいたのだけど、一連の疑惑発覚後にこの人の息子が母親の口座を調べたところ、政府から毎月口座に入金があったのだけど、その金の大部分が引き出されていたそうなのね。


レイム
しかも息子はお金が引き出されていたことどころか「政府から資金援助があった事」すら知らず、それで不審に思って所長に「母のお金がどこに使われたのか知りたい」と問い詰めたところ、いきなり土下座をしてきたそうなのよ。


マリサ
ちょっとまて、この政府からの支援金ってまさか…。


レイム
恐らくさっきの「長年正義記憶連帯理事がセルフ審査をしていた資金」でしょうね。


マリサ
闇が深すぎるだろ…。


レイム
しかもこの件はそれだけじゃないのよ。

「慰安婦被害者の認知症発症後に…通帳からまとまった額のカネが出て行った」
朝鮮日報 2020/06/18
https://web.archive.org/web/20200618082603/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/18/2020061880119.html

吉元玉さんの家族側「通帳にあったお金が2000万ウォン、500万ウォン、400万ウォンずつ…」

「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)とその前身「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の政府補助金・寄付金使用疑惑について捜査中のソウル西部地検は16日午後、慰安婦被害者・吉元玉(キル・ウォンオク)さん(92)の息子のファン牧師を呼んで事情を聞いた。検察は、吉元玉さんが受け取った政府補助金が外部に流出したことを把握、資金の流れを追っているという。ファン牧師の妻チョさんは先日、「『吉元玉』名義の通帳からまとまった額のお金が出て行っていることを確認した」という趣旨の主張をしていた。吉元玉さんは13-14年前から正義連の運営するソウル市内の西大門・麻浦休養施設で生活してきた。ファン牧師夫妻は吉元玉さんの通帳から出て行ったお金の使い道を教えてほしいと麻浦休養施設のソン所長(60)に要請したが、ソン所長が6日に自殺したため確認できなかったという。

 本紙の取材を総合すると、吉元玉さん名義の通帳は、農協銀行の通帳と郵便局の通帳の2冊だ。このうち農協銀行の通帳に毎月約350万ウォン(約31万円)の政府支援金が入っていた。吉元玉さんの息子の妻チョさんは今月1日、ソン所長に会って吉元玉さん名義の通帳の取引明細を確認した。チョさんは「(吉元玉さんの通帳から)400万ウォン(約35万円)、500万ウォン(約44万円)、2000万ウォン(約18万円)ずつ(お金が)どんどん出て行っていた」と語った。

https://web.archive.org/web/20200618082827/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/18/2020061880119_2.html

 吉元玉さんの通帳から出て行ったお金の送金先の中には、「メディアモング」「統一ニュース」など正義連と関連しているメディアも含まれていた。「1人メディア」と言われているメディアモングは2016年、正義連が運営する別の慰安婦被害者休養施設「安城憩いの場」に正義連職員らと一緒に行って豚バラ肉の焼き肉を食べたり、2017年にはツイッターに「慰安婦被害者イ・スンドクさんの弔慰金を集める」としてソン所長の個人名義口座の番号を公表したりした団体だ。また、「統一ニュース」に所属していたチョ元記者は現在、共に民主党議員になった尹美香氏の4級補佐官を務めており、統一ニュース在職時代は何度も挺対協や正義連関連の記事を書いてきた人物だ。「吉元玉さんの通帳から送金されたお金を受け取ったのか」という本紙の質問に、統一ニュース側は「朝鮮日報の取材は拒否する」と答えた。メディアモング側は「吉元玉さんは2013年12月から月1万ウォン(約880円)ずつ定期的に支援をしてきてくださった。支援を受けた額は合計77万ウォン(約6万8000円)だけだ。数百万ウォン(数十万円)ではない」と言った。

 吉元玉さんの通帳から外部にお金が出て行った時期は、吉元玉さんが認知症を発症して以降の時期と相当期間重なっている。吉元玉さんは2016年ごろから認知症の症状にさいなまれた。息子のファン牧師は2018年3月の国民日報のインタビューで、「(母は)2年前から認知症の症状で話があまりできなくなった」と答えている。先月のヘラルド経済とのインタビューでは、「母は覚えていることができない。現在の状況(正義連問題)を全く知らない。私が電話をかけて話しても、忘れてしまう」と言った。

https://web.archive.org/web/20200618082956/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/18/2020061880119_3.html

 ファン牧師夫妻が吉元玉さんの通帳取引明細を確認したきっかけは、正義連側が認知症の状態にある吉元玉さんの遺言動画を制作し、動画投稿・共有サイト「ユーチューブ」に掲載したのを知ったからだった。ファン牧師夫妻が先月、ユーチューブで見た動画の内容は「私と関連するすべてを整理することを挺対協の尹美香代表に任せる」「在日朝鮮人学校の子どもたちに力になってほしい」というものだった。動画が掲載された時期は「1年前」と表示されていた。ファン牧師夫妻はソン所長に「息子がいるのに、なぜ遺言状が(ネット上に)出回っているのか」と遺言動画をアップロードした尹美香氏に会わせるよう要求した。すると翌日、その動画はユーチューブから削除されたとのことだ。

 ファン牧師側は今月1日、麻浦の休養施設に訪ねて行き、通帳を確認するまで吉元玉さんの資金状況を全く知らなかったという。毎月350万ウォンが政府から支援されている事実を知った後は、ソン所長に「(お金を)本当にこのように管理したのですか」と尋ねたという。息子の妻チョさんは、2017年に吉元玉さんが市民の寄付で1億ウォン(約880万円)を受け取っていたことも「知らなかった」と言った。チョさんがソン所長との電話で「1億ウォン受け取ってどう使ったんですか」と聞くと、ソン所長は「5000万ウォン(約440万円)は正義連に寄付し、1000万ウォン(約88万円)は当時、(ファン)牧師夫妻にお渡ししたのではなかったですか」と説明した。ファン牧師によると、吉元玉さんが5000万ウォンを正義連に寄付した時も、吉元玉さんは認知症の状態だったとのことだ。

 本紙は正義連側に「吉元玉さんの通帳からお金が出て行ったのは、吉元玉さん自身の意思によるものだったのか」とテキストメッセージで問い合わせたり、電話を数回かけたりしたが、正義連側の回答はなかった。

ウォン・ウシク記者


レイム
記事によると、口座から資金が定期的に引き出されるようになったのは、吉元玉が認知症を発症したころからで、しかもそのことを追及されると正義記憶連帯側は「彼女が個人的に使った」と釈明していたのだけど、実際には正義記憶連帯の関連団体に大部分が入金されていたそうなのね。


レイム
しかもこの疑惑が発覚した発端は、正義記憶連帯が「私と関連するすべてを整理することを挺対協の尹美香代表に任せる」という吉元玉の遺言動画を作成してYouTubeに公開、それを全く知らなかった息子が最近ニュースでそれを知って不審に思ったことが切っ掛けなのだそうよ。


マリサ
ちょっとまて、情報量が多すぎる、なんだこれは…。
だいたいなんで死亡後の財産整理を息子じゃなくて尹美香に任せるんだ?そもそも認知症を発症した人が遺言状を息子にも知らせずに作成するって不自然にもほどがあるだろ。


レイム
そして疑惑はまだあるのよ。

【社説】慰安婦被害者の支援金まで? 検察は徹底かつ迅速な捜査を
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.19 08:51
https://japanese.joins.com/JArticle/267220

日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)が運営するソウル麻浦(マポ)憩いの場に滞在してきた吉元玉(キル・ウォンオク)さんの通帳から多額のお金が引き出されていたとの疑惑が提起された。これまで正義連が後援金を会計から脱漏させ、安城(アンソン)憩いの場を高価で購入したなど数々の疑惑が持ち上がっていたが、今度はおばあさんに支給されたお金にまで手をつけていたという疑惑なので衝撃がより大きい。疑惑は吉さんが赤ちゃんの時から養子にして育てたファン・ソンヒ牧師夫妻から提起された。女性家族部によると、旧日本軍慰安婦被害者生活安定支援対象者の吉さんの通帳には毎月350万ウォン(約31万円)の政府補助金が入金される。この通帳を正義連と憩いの場側が管理していたため、家族は正確な内容を知らなかった。今月1日、ファン牧師夫婦が憩いの場を訪問して通帳内容を確認して初めて知ったという。

ファン牧師の夫人チョさんは通帳からお金がすべて引き出されていたと明らかにした。一度に2000万ウォン、400万ウォン、500万ウォンなど多額のお金が引き出されていた。その使い道を尋ねると、憩いの場を管理してきた故ソン・ヨンミ所長は「おばあさんに持っていき、おばあさんが全部使った」と答えた。だが、チョさんが通帳で確認した送金対象はメディアモングナ統一ニュースなどだった。正義連側がおばあさんのお金を引き出して進歩陣営の「資金援助者」役を果たしていたという疑惑が出てくるほかはない。

お金が引き出された時点も目がいく。ファン牧師は2018年インタビューで「2年前から母に認知症状が現れていて話ができない」と明らかにした。チョさんによると、通帳からお金が引き出され始めた時点もこのころからだという。2017年には慰安婦合意金の代わりに国民寄付で集められた1億ウォンが吉さんに手渡された。おばあさんはこのうち1000万ウォンを家族に渡し、正義連に5000万ウォンを寄付した。だが、その年の寄付者名簿には吉さんの名前はなかった。昨年制作したというおばあさんの動画遺言状も真偽の確認が必要だ。この遺言状には「私に関連したすべてのことを整理することを挺対協の尹美香(ユン・ミヒャン)代表に任せる」という内容が入っている。

明白に説明するよう督促を受けたソン所長は極端選択をした。最終的に事実関係を説明する義務がある尹美香(ユン・ミヒャン)議員も冷遇している。これも検察が強制捜査を通じて明らかにするほかない。検察は16日、ファン牧師夫妻を参考人として呼んで事情聴取を行った。昨日はある市民団体が最高検察庁に捜査依頼書を出した。李容洙(イ・ヨンス)さんの暴露があってからすでに6週、検察が正義連と麻浦憩いの場を家宅捜索に入ってからも4週が過ぎた。その間、検察調査で明快に明らかになったことは一つもない。すべての疑惑の中心にいる尹氏を直接召喚調査することがいつになるか分からない状況だ。時間稼ぎだけして結局うやむやにするのではないかという憂慮まで出ている。検察は徹底する一方で迅速に捜査を進めてほしい。すべての国民が注目している。


レイム
2017年のことなのだけど、日本との慰安婦合意で渡されるはずだった資金の代わりに、韓国内で寄付が集められて元慰安婦に1億ウォンが渡されたそうなのね。
そして記録上そのお金は1000万ウォンを家族に、5000万ウォンを正義記憶連帯に「寄付した」という事になっていたそうなのだけど、この年の寄付者名簿にはその記録が一切なかったそうなのよ。


マリサ
なあレイム、今回の内容ってさすがにネタだろ?
いくら何でもこんなあからさまなの、ドラマや映画の世界でも突拍子もなさ過ぎてそうそうないぞ?


レイム
マリサ、現実逃避はよくないわ、すべて現実よ。


マリサ
うわぁ…。


政府と一蓮托生


レイム
で、こんなことになっている背景もだんだんとわかってきたのよ。
まずはこれから

慰安婦団体前代表の議員就任 約7割「辞退すべき」=韓国世論調査
聯合ニュース 2020.05.27
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200527001000882

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターが27日に発表した調査結果によると、不透明な会計処理などの疑惑が浮上した旧日本軍の慰安婦被害者を支援する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」の前代表である尹美香(ユン・ミヒャン)氏について、回答者の70.4%が「国会議員(就任)を辞退すべきだ」と答えた。「辞退する必要はない」との回答は20.4%だった。

 尹氏は4月の総選挙で与党「共に民主党」系の比例政党「共に市民党」から立候補し、当選した。両党は今月に合併し、尹氏の所属は共に民主党となっている。第21代国会が始まる30日に任期がスタートする。

 辞退を求める意見は最大野党「未来統合党」の支持層(95.4%)で圧倒的に多く、与党の支持層(51.2%)でも半分を超えた。

 調査は26日、全国の18歳以上の男女500人を対象に実施された。


レイム
一連の疑惑が発覚した時点で、韓国内では「正義記憶連帯元代表の尹美香は国会議員就任を辞退すべき」という世論が7割もあったのね。
でも尹美香は辞退せず国会議員となったわ。


マリサ
おいおい。


レイム
で、それができた背景が問題で。

【独自】正義記憶連帯事務総長は現職青瓦台秘書官の妻
朝鮮日報 2020/05/28
https://web.archive.org/web/20200531081206/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/28/2020052880085.html

 「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の中心幹部、ハン・ギョンヒ事務総長が青瓦台の鄭求チョル(チョン・グチョル)広報企画秘書官の妻であることが27日までに分かった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時の青瓦台でも国内世論秘書官を務めた鄭秘書官は楊正哲(ヤン・ジョンチョル)元民主研究院長ら与党幹部とも親しい関係にある。鄭秘書官は青瓦台の国民疎通首席秘書官への昇進説もあったが、最近健康上の理由で辞意を表明したという。それを巡り、「正義連問題が青瓦台に飛び火することを防ぐための措置ではないか」との指摘が聞かれる。鄭秘書官は「尹美香(ユン・ミヒャン)問題が浮上する以前の4月に辞意を表明した」とし、今回の事件とは無関係だと説明している。

 正義連の会計処理責任者であるハン事務総長は26日、会計実務担当者とソウル西部地検に出頭し、取り調べを受けた。ハン事務総長は共に民主党の尹美香次期国会議員、イ・ナヨン正義連理事長らと共に市民団体から公益法人設立・運営に関する法律違反、寄付金品募集・使用に関する法律違反、業務上横領、背任、詐欺などの疑いで告発されている。ハン事務総長は今月7日、慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんの発言内容について、「高齢で心身が脆弱(ぜいじゃく)な状態にあり、記憶がねじ曲げられた部分がある」と主張するなど、今回の問題への対処で前面に立っている。4月15日に行われた総選挙を控えた時期には、民主党内で予備選や比例代表順位投票などを管理する「中央党選挙管理委員会」の委員にも任命されていた。ハン事務総長の夫、鄭秘書官は2017年当時、大統領選で文在寅(ムン・ジェイン)候補の選対でソーシャルメディア(SNS)総括室長を務めていた。文在寅大統領が昨年7月に広報企画秘書官に任命したが、1年もたたずに辞意を表明したことになる。

 青瓦台は正義連問題について、一貫して「尹美香氏の問題は党が対応すべき問題であり、正義連の会計処理問題は女性家族部、行政安全部、国税庁などの関係官庁が検討中だ」として一線を画してきた。民主党も尹氏の問題と正義連の問題は別だと立場を取ってきた。青瓦台と与党の「正義連」擁護は正義連の関係者が与党の至る所に配置されているからだとの指摘もある。

https://web.archive.org/web/20200531081211/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/28/2020052880085_2.html

 実際に政財界のあちこちには正義連の前身である韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の出身者が多数いる。1990年代初めから始まった挺対協の活動を足掛かりとして、2000年代以降に本格的に政界に進出した。代表的な人物としては、盧武鉉政権で最初の女性部長官を務めた池銀熙(チ・ウンヒ)氏がいる。池氏は挺対協企画委員長を経て、1998年に挺対協の共同代表に就任。2006年から7年間、徳成女子大総長を務めた後、16年から17年にかけ、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」の理事長も務めた。挺対協と正義記憶財団は18年7月に統合し、現在の正義連が発足した。

 韓国国際協力団(KOICA)の李美卿(イ・ミギョン)理事長は1990年代初めから挺対協で活動し、広報委員長などを務めた後、96年に統合民主党から国会議員に初当選し、5選を果たした。文在寅政権の青瓦台で初代の均衡人事秘書官を2年間務めたシン・ミスク氏も挺対協実行理事出身だ。シン氏は盧武鉉政権の青瓦台で社会政策行政官を務め、その後は李美卿理事長が国会議員在任当時の補佐官となり、挺対協と関係が生まれたとされる。16年総選挙後は民主党の権美赫(クォン・ミヒョク)国会議員の補佐官も務めた。シン氏は「環境部ブラックリスト問題」で裁判を受けている。

 政界からは「正義連は事実上、女性政治家の参与連帯のようなものだ」との声が漏れる。有力市民団体の参与連帯出身者が青瓦台、政府、与党で多数活動しているように、現政権には正義連出身の女性が多いという意味だ。挺対協での活動が与党で「女性運動の象徴」かのように受け止められ、出身者の活発な政官界進出で正義連の存在感がますます増し、青瓦台・与党も批判しにくい政治勢力になったとみられている。

アン・ジュンヨン記者


レイム
まず正義記憶連帯の会計責任者で事務総長のハン・ギョンヒって人物は、現職青瓦台秘書官の妻、つまり日本でいえば首相官邸秘書官の妻であることが発覚しているのね。


レイム
しかも正義記憶連帯の関係者は政財界に次々と進出していて、盧武鉉政権で最初の女性部長官を務めた池銀熙(チ・ウンヒ)って人物も、正義記憶連帯の前進の挺対協の共同代表だった過去があり、また李美卿(イ・ミギョン)って人物は挺対協で活動したあと国会議員となっているわ、他にも正義記憶連帯で活動後に政界入りした人が多く、そういう人が現与党で力を持っているそうよ。


マリサ
要するに正義記憶連帯は元々韓国政界とずぶずぶって事か…


レイム
更にね

【社説】誰が慰安婦運動を否定していると? 使途を明かせと言っているだけだ
朝鮮日報 2020/06/09
https://web.archive.org/web/20200611133821/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/09/2020060980050.html

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、青瓦台で開かれた首席秘書官・補佐官会議で「慰安婦運動そのものを否定し、運動の大義を損傷させようとする一部の試みは正しくない」「慰安婦の大義は決して否定したり、非難したりできない歴史」と述べた。文大統領はさらに「李容洙(イ・ヨンス)さんは慰安婦運動の歴史」としながら「慰安婦女性のいない慰安婦運動は考えられない」とも指摘した。

 国民は混乱している。挺対協(ていたいきょう)・正義連の代表を務めた与党・共に民主党の尹美香(ユン・ミヒャン)議員を巡る最近の問題は、慰安婦被害者の李容洙さんが「慰安婦被害者が尹美香に30年以上利用されただけ」と問題提起をしたことで始まった。李容洙さんは「慰安婦運動をしながら集めた多くの金がどこに行ったのか分からない」とも主張した。実際に挺対協・正義連が慰安婦活動のために国や国民から集めた寄付金のうち、会計帳簿から漏れたり、前後が合わなかったりする額は37億ウォン(約3億4000万円)に達する。元慰安婦女性たちが死亡、あるいは海外に出掛ける際には、11回にわたり尹議員の個人口座を通じて2億8000万ウォン(約2500万円)が集められた事実も分かった。元慰安婦女性のための安城の憩いの家を相場よりも高く購入し、安く転売することで4億ウォン(約3600万円)の損失が発生した。その憩いの家は元慰安婦女性らが生活するのではなく、ペンションやバーベキューパーティーなどに利用され、尹議員の父親が管理人として働いていた。

https://web.archive.org/web/20200611133825/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/09/2020060980050_2.html

 文大統領はこれらの疑惑について一言も語らなかった。「尹美香議員がわれわれをだました」と主張する李容洙さんと、これを否定する尹議員、二人のうちどちらかはうそをついているはずだが、大統領は尹議員への批判は間違いで、李容洙さんも大切にすべきと言っている。かつて検察の捜査を受けている人間を法務部(省に相当)長官に任命し「法務部は法務部の仕事を、検察は検察の仕事をすればよい」と前後が合わないことを語っていたことが思い出される。

 慰安婦被害者たちの憩いの家の所長だった人物の死について、尹議員は「検察とメディアが苦しめたから亡くなった」という意味の追悼の言葉を発表した。一部与党勢力の関係者も「殺人兵器となった政治検察」「報道殺人」と批判した。検察は「故人に調査や出頭要請をした事実はない」と反論した。尹議員による不適切な慰安婦基金運用のために起こった問題を、検察とメディアのせいにしているのだ。

 慰安婦運動を巡る問題は、補助金と寄付金によってつくり出された慰安婦基金が被害者を支援する本来の目的ではなく、関係ないところに使われたのかどうかという問題だ。検察の捜査を通じてこれらは明らかになるだろうし、責任を取るべき部分があれば責任を取ればよい。慰安婦運動の大義を生かすためにも、一日も早く疑惑を解明しなければならない。


レイム
最近になって韓国の文在寅大統領が一連の問題に対して見解を発表したのだけど、内容は「慰安婦運動そのものを否定し、運動の大義を損傷させようとする一部の試みは正しくない」「慰安婦の大義は決して否定したり、非難したりできない歴史」とい論点のすり替えだったのね。
問題は記事にもあるように「税金と募金がどう使われたかの内訳をちゃんと公開するべき」というものなのに。


マリサ
しかも疑惑の中心人物の尹美香への言及は一切なしかよ。
これ自分から「正義記憶連帯とずぶずぶです」と言っているようなものじゃないか。


レイム
マリサ、一応まだ「疑惑」の段階よ。
限りなく「黒」に近くてもね。


マリサ
にしてもこれはなぁ。


レイム
それで、現状既に正義記憶連帯には検察の家宅捜索などが入っているけど、更にこれみたいに

慰安婦被害者支援金の横領疑惑、市民団体が捜査依頼
朝鮮日報 2020/06/19
https://web.archive.org/web/20200619081512/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/19/2020061980089.html

 韓国の市民団体「法治主義を正す行動連帯」は18日、慰安婦被害者の吉元玉(キル・ウォンオク)さんの預金口座にあった政府の補助金が他人に送金された経緯について、大検察庁に捜査を依頼した。最近吉さんの息子の嫁、Cさんは、6月1日にソウル市麻浦区の慰安婦被害者休養施設を訪れ、吉さん名義の預金通帳から400万ウォン、500万ウォン、2000万ウォンといったまとまった金額が下ろされていたのを確認したと述べている。

 行動連帯は大検察庁に提出した捜査依頼書で、尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員(共に民主党)ら正義記憶連帯(正義連)の現職・元関係者には横領、背任の疑いがあると主張した。行動連帯は「吉さんが政府やソウル市から毎年受け取った支援金を吉さんの同意なしで任意に使ったとすれば、横領罪または背任罪が成立する可能性がある。吉さんをだまし、寄付金を使ったとすれば詐欺罪が成立する可能性がある」と指摘した。

 行動連帯は吉さんが認知症を患っていることから、昨年時点で「全てのことの整理を挺対協の尹美香代表に任せる」という遺言状を作成した点も不自然だとみている。行動連帯は「吉さんの子どもたちが生きているにもかかわらず、尹議員に相続人のような役割を任せたことは理解できない。強要されたかどうかを徹底的に捜査すべきだ」と主張した。

 行動連帯はまた、「政府や地方自治体が慰安婦被害者の生計と福祉のために支援した血のような支援金を着服して私益を追求したとすれば、被害者を二度殺すことになる。被害者の人権と名誉を回復し、社会正義を正すため、捜査当局には尹美香議員の犯罪容疑を徹底して捜査してもらいたい」と要求した。

ウォン・ウシク記者


レイム
民間団体が検察に捜査依頼を出していて、これから吉元玉(キル・ウォンオク)関連の疑惑捜査が行われることになっていて、すでに吉元玉(キル・ウォンオク)の息子は事情聴取を受けているようなのね。


マリサ
普通に考えれば、正義記憶連帯の関係者は軒並み逮捕ってことになるはずだが、ここまで政府とズブズブだとなぁ。


レイム
何より、現在の文在寅政権は検察や裁判所やマスコミに圧力をかけまくっていて、文字通り「やりたい放題」やっている政権だしね。


レイム
ついでに、どう転んでも日本との問題が改善する方向にはいかないっておまけつきよ。


マリサ
なんかもう溜息しか出ないな…・。


今回のまとめ

・正義記憶連帯は、政府支援の「セルフ審査」を行っていた疑惑がある。
・元慰安婦が受け取る資金を横領していた疑惑も発覚。
・正義記憶連帯は政界とずぶずぶの関係。


レイム
さて、新情報が出てきてちょっと計画が伸びてしまったけど、やっと次回この問題の「本題」を扱えるわね。


マリサ
おいちょっとまてレイム。
今何と言った?


レイム
次回が本題と言ったわ。


マリサ
お前は何を言っているんだ?


レイム
だから、次回が本題と言ってるでしょ。


マリサ
レイム、いくらなんでもそのジョークは面白くないぞ?


レイム
面白くなくていいわよ?
だってジョークじゃないし。


マリサ
…ら、来週はカリちゃんと公園h


レイム
それでは今回の本編はここで終わるわ。


レイム
ご視聴ありがとうございました。


マリサ
ご、ご視聴ありがとうございました。


大口
おつかれ~


マリサ
レイム、やっぱお前は鬼だぜ。


レイム
何のこと?


マリサ
せめて私の言いたい事を最後まで言わせてほしいぜ。


レイム
無条件で却下なんだからいいじゃない。


大口
まあまあ、というかさすがにここにきて特大の疑惑がさらに出てくるなんて思いもしなかったから、これはもう事故だと思ってもらうしかないんだよ。


マリサ
そうじゃなくて、次が本題ってなんだよ。


レイム
これまで紹介した事例って、直接日本と関係する内容が一つもなかったでしょ?


マリサ
あ…。


大口
そういう事。
次は日本と少なからず関係するし、日本のメディアに関係した内容もあるからね、日本人としてみた場合は次こそが本題なんだよ。


レイム
そんなわけで今回はここで終わるわ。


レイム マリサ 大口
またらいしゅ~




お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策
韓国社会では「記憶の改変」が起きているわけではない?
【再現】2002年日韓ワールドカップ Public Viewing in 国立競技場


動画版マイリスト



番外編マイリスト






コメント

ike
No.1 (2020/06/21 00:37)
韓国の省庁である女性家族部が、左翼市民団体とずぶずぶで、天下りならぬ省庁入りして、共犯関係にあぅたと考えるのが妥当かもね。
で、この女性家族部とやらは慰安婦問題のみならず、韓国でやたら力の強いフェミニズム運動および女性の人権向上運動とも密接なかかわりがあるので…黒幕の一つかもね。
JPNSWD
No.2 (2020/06/21 21:53)
何というか、過去何十年分の膿が一気に出ている感じがしますね。
何がどうしてこうなったのかを考えると、それぞれに説明は付くのでしょうけれど。

大雑把に考えると、韓国では権力者は絶対的でやりたい放題出来るということなんでしょうけれど。
このレベルの聖域が崩れ去ったときの、彼らの手の平返しとか最終的にどうなるのかもう想像も付きませんね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事