日韓問題(初心者向け)

【マスコミ問題】コロナパニックとマスコミ報道

2020/02/29 22:30 投稿

コメント:40

  • タグ:
  • 新型コロナウイルス
  • マスコミ

さて、本日は新型コロナウイルスに関連したマスコミによるフェイクニュース問題についてとなります。


注意
・この動画は「マスコミ問題」を扱っています

・「マスコミ問題」ですので、イデオロギーや属性等は一切関係ありません

・「特定の国との特別な関係」は問題の枝葉です、主問題は業界の体質です

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
う思うか」という客観性を常に持ちましょう。

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

・キャラ崩壊あり

・動画の拙い部分は生暖かく見守ってください、そのうちなんとかします

本日の投稿動画


YouTube版
https://youtu.be/akz5JQR_9Bc

以下は動画のテキスト版になります。


レイム マリサ
ゆっくりしていってね。


マリサ
さて、今回はマスコミ問題なので私が解説していくぜ。


レイム
今回また予定変更したみたいね。


マリサ
そうだぜ。
本来は元々のこの動画の趣旨の「なぜマスコミが信用を失っていったかの歴史」をやる予定だったんだが、いくつかのマスコミがまたフェイクニュースを報じたうえに、その件を調べていたら色々わかった事があってな、動画にすることにしたんだぜ。


レイム
なるほどね。


扇動報道


レイム
それで、今回のマスコミによるフェイクニュースってどんな内容なの?


マリサ
まずな、少し前からネット上で「日本政府は感染者を数字上増やさないために意図して検査をしていない」という陰謀論が出始めてな、何の検証も裏取りもしないまま「ネット情報」を報じ始めるメディアが現れだしたんだぜ。


レイム
ああ、そういえばなんか最近多いわね、韓国の実態を知っていると変な笑いが出てくるけどね。


マリサ
例えばこれな

玉川徹氏 韓国のPCR検査能力1日5000件に「日本の医療態勢が韓国以下のわけが…やってないだけ」
スポニチ 2020年2月24日
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/24/kiji/20200224s00041000214000c.html

 テレビ朝日の玉川徹氏が24日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。新型コロナウイルスを高精度で検出できるPCR検査の日本と韓国の態勢について言及した。

 番組では、PCR検査について、韓国の検査能力は1日5000件で、23日は4593人検査し、これまでに2万6179人が検査済みだと紹介。一方の日本は検査済みの人数はクルーズ船を除き千数百人だという。

 これに玉川氏は「人口比で言えば、日本ですでに1万件以上の検査ができてるのと同じことなんですね、韓国は。日本が韓国以下の医療態勢なわけがないんですよ。だからそういうことなんです。日本でもできるはずなんです。それをやってないだけのことがここからも分かりますね」と話した。


マリサ
記事ではテレビ朝日の玉川徹氏が、「日本が韓国以下の医療態勢なわけがないんですよ。だからそういうことなんです。日本でもできるはずなんです。それをやってないだけのこと」として、日本政府の対応を批判しているぜ。


レイム
そういえばそういう陰謀論じみた論調最近多いわよね。
まあ安倍政権の対応がベストとは言わないけど、韓国の対応はねぇ。


マリサ
他にもこんなのもあるぜ

新型ウイルス、日本の「検査難民」問題に韓国の「ドライブスルー検査」を活用せよ
Newsweek 2020年02月28日
https://www.newsweekjapan.jp/kim_m/2020/02/post-14.php

<日本では新型コロナウイルスの検査件数がまだ1日平均900件ほどにとどまっているのに対し、韓国では直近で1万1400件。新たに加わったドライブスルー方式検査を含め、そのノウハウを探る>

新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、日本では発熱などの症状があり、検査を希望しても受けられない「検査難民」の存在が深刻な課題となっている。加藤勝信厚生労働相は、2月26日に開かれた衆院予算委員会で、2月18日~24日の7日間の検査実績は、合計で6300件に止まっていることを明らかにした。この数値を1日で換算すると1日平均約900件で、政府がこれまで説明してきた1日最大検査能力約3800件を大きく下回る。政府は、現在、全額公費で負担している新型コロナの感染有無を調べる検査に保険を適用することで、民間の医療機関などでの受診を増やす方針である。

韓国では、2月27日9時時点で累積検査件数56,395件、2月27日9時までの24時間で11,414件の検査が行われた。日本に比べて韓国の検査件数が多い理由としては民間部門まで検査ができるようにしたからである。韓国政府は新型コロナウイルスの感染有無を確認し、感染者に対する措置を早く実施するために2月7日から民間医療機関まで検査機関を拡大した。その結果、現在、全国の約570カ所の検査機関で検査が行われており、この中には保健所や検査会社以外に韓国政府が指定した約110カ所の民間病院が含まれて検査を行っている。
体温測定から検体採取まで10分

さらに、最近は「ドライブスルー」方式の新しい検査が行われ、注目を集めている。大邱市や世宗市など一部の地方自治体では26日から自動車に乗ったまま検査が受けられる「ドライブスルー」方式の検査を実施しているドライブスルー(Drive Through)」とは、自動車に乗ったまま商品が買える機能および設備のことで、ファストフード店でお馴染みだ。車から降りずに素早く買い物が済むので、ドライブスルーの利用客は毎年増加する傾向にある。

国ではこの仕組みを新型コロナウイルスの検査に利用した。検査を受けたい人が「ドライブスルー」が設置されている選別診療所に来ると、車に乗ったまま検査が受けられる。受付から問診表の作成、医療スタッフとの面談、体温の測定、鼻と口からの検体採取までの全プロセスにかかる時間は10分程度で、その間、一度も車から降りる必要はない。ドライブスルー検査のメリットとしては、1)室内に入らないため、患者の出入りにともなう消毒を行う必要がないこと、2)消毒などの時間が少なくてすむため検査の時間を短縮できること、3)待機中の交差感染を減らせること、4)屋外なので早く設置できることなどが挙げられる。

ドライブスルー検査は2月24日に行われた与党「共に民主党」主催の「新型コロナウイルス対策特別委員会専門家懇談会」で初めて提案され、わずか二日という早いスピードで実施まで至った。新型コロナウイルス問題に対する韓国の切迫感が感じられる。

「検査難民」の存在が深刻な課題となっている日本でも民間の医療機関などでの受診を増やすと共にドライブスルー検査の導入を検討してはどうだろうか。一刻も早く、事態が収束することを願うところだ。


マリサ
このニューズウィークの記事では、日本と韓国の検査体制の違いを指摘したうえで、韓国はいち早く民間も検査をできる仕組みを整備し、最近はドライブスルー方式の検査をして効率化を図っているとしていて、日本は見習うべきとしているな。


レイム
あー…、あれね。
まあ「その情報」だけを見て判断したらそう思えるかもね。


マリサ
まあ、レイムはこんな情報見たらそういうしかないよな。
あとはTBSの「Nスタ」でも、検査を受けたくても受けられない人がいるとして、「毎日数千件に上る韓国の検査件数に比べ、日本は少なすぎる」と批判しているし、東京新聞などの地方紙でもそういう論調のところがあるな。


レイム
というか、そもそもなんでこういう人達って情報をちゃんと調べないのかしらね。
韓国メディアの日本語版をいくつか読んだだけでも、「良くできている」というのは韓国政府のプロパガンダに過ぎないとわかるのに。


マリサ
まあそのあたりはあとで説明するとして、実際の医療関係者の見解はどうなっているかというと、実はこれもいくつかのメディアで報じられていて、一番詳しいJ-CASTの記事を紹介するとな

新型コロナの検査対象、拡大すべき? 専門家会議メンバーが指摘する「混乱」のリスク
J-CAST 2020/2/26
https://www.j-cast.com/2020/02/26380682.html?p=all

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の有無を確認するために行われるPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査の対象者を広げるべきではないかとする声が高まっている。検査を受けるにはいくつかの条件があり、政府が2020年2月25日に発表した対策基本方針でも、対象者は限定的なものと示唆されている。

検査対象者を絞っている現在の基準は妥当なのだろうか。政府専門家会議のメンバーで日本感染症学会理事長の舘田一博氏(東邦大学微生物・感染症学講座教授)はJ-CASTニュースの取材に「(検査の)キャパシティに限りがあります」と説明。また、焦って検査対象者の数だけ増やした場合、精度管理の観点から「余計に混乱を招くことになりかねません」とも指摘する。

「入院を要する肺炎患者」

厚生労働省が公表している検査対象の基準は複数の条件があり、最終的には医師の総合判断のもと、PCR検査の実施を各自治体の保健所に相談する。

25日には政府が「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を発表。今後の感染状況の把握にあたり、「地域で患者数が継続的に増えている状況では、入院を要する肺炎患者の治療に必要な確定診断のためのPCR検査に移行しつつ、国内での流行状況等を把握するためのサーベイランス(編注:発生動向調査)の仕組みを整備する」とあり、PCR検査については「入院を要する肺炎患者」という条件が大きな目安となっているとみられる。

ツイッター上では「PCR検査を受けたいのに受けられない」旨の報告が多数あがっており、ワイドショーでも取り上げられるなど、検査基準の妥当性をめぐっては疑問の声もある。また、最終的には医師の総合判断となり、判断基準のあいまいさも指摘されている。

厚労省は連日、PCR検査の実施人数を公表。報告が上がった人数のみを計上しており、「各自治体で行った全ての検査結果を反映しているものではない」という注釈つきだが、26日(12時時点、以下同)までに延べ1890人、25日時点は1846人、24日時点は1742人などで、1日あたり数十件ずつの増加となっている。
PCR法には「限界があります」

一方、日本感染症学会と日本環境感染学会は21日、「新型コロナウイルス感染症―水際対策から感染蔓延期に向けて―」と題した文書を発表し、今後の対応のポイントを説明。これまで明らかになってきた症例や感染状況などから、「高齢者・基礎疾患保有者における肺炎の合併は生命を脅かす重篤な状態につながる可能性を高めます。このような感染症の蔓延期においては、重症例に焦点をあてた医療の実施が重要な戦略となってきます」と大きな方針を適示している。

同文書では一般市民向けに、検査に関して「現在、実施されているウイルス検出のための検査(PCR法)には限界があります」として、次のような解説がある。

「新型コロナウイルスは、主に咽頭や肺で増殖しますが、インフルエンザに比べてウイルス量は少ないと考えられています。PCR法という核酸検査で増幅してウイルスを検出する方法が診断に応用されています。最初の検査で陰性で、2回目の検査で陽性となった症例も報じられました。インフルエンザに比べて1/100~1/1000といわれるウイルスの少なさは、検査結果の判定を難しくしています。とくに早い段階でのPCR検査は『決して万能ではない』ことをご理解ください」

医療機関向けには、「軽症例はインフルエンザ外来に準じた対応を行います」という項目で、「症状が軽い時、現時点での検査体制では必ずしもPCR検査は必要ないことを説明してください」という記載もある。ただ「一方で、重症例、あるいは重症になりそうな症例を見逃さないことが必要になります」と指摘している。

「焦って検査対象者の数だけ増やすと...」

政府専門家会議メンバーで、この文書を発表した日本感染症学会理事長の舘田一博氏は26日昼、J-CASTニュースの取材に「現在の検査対象者の基準は妥当なのか」という質問にこう話す。

「できるだけ広く検査ができれば一番いいわけですが、新型コロナウイルスの検査で行われているのはPCRの中でも『リアルタイムPCR』という検査法で、『RNAウイルス』というウイルスを対象とする検査です。これは、すぐにどこでも検査ができるわけではありません。

キャパシティのことを考えると、限りがある中で検査の対象をどう集中していくかが重要です。今の段階では重症の方、入院を要する肺炎があり、ウイルス性肺炎を強く疑う場合を対象に検査を実施することが大事になります。

ただし、国立感染症研究所や地域衛生研究所、あるいは大学などと協力しながら、検査できるキャパシティを増やす方向で検討しています。余裕が出てくれば、『何か少し疑わしい』という軽症者を検査することもできるのですが、まだそこまで検査の対象を広げられないというのが現状です」

検査対象者を広げた場合に、何らかのデメリットが起こる可能性はあるか。舘田氏は次のように指摘する。

「たとえば『偽陽性』(本当はその疾患にかかっていないのに、検査で陽性反応が出ること)、『偽陰性』の結果が出てくる可能性があります。焦って検査対象者の数だけ増やすと、検査の精度管理が追いつかなくて、間違った検査結果が出てしまうおそれがあり、余計に混乱を招くことになりかねません。その意味では、正しく精度管理できる状況で検査できるようにしていくことが重要です」

検査で陽性でも対処方法は「変わりません」

舘田氏は「(PCRの)精度はかなり高く検査できるようにはなっています」とするものの、

「それでも病原体は数が少ない時からだんだん増えていくような状況にあります。感染初期は陰性でも、後から陽性になるということもよくあります。クルーズ船(ダイヤモンド・プリンセス号)の中でもそういった乗客の方がいました。このような点から、あまり検査に引っ張られないで、今は入院が必要な肺炎患者の方に重点をおいて対応していくのが大事です」

と説明。検査で陽性か陰性かということより、まず現に症状が重いかどうかに注意するべきだと指摘した。

また、PCR検査は結果が出るまで少なくとも「数時間から1日」かかり、インフルエンザ検査などと比べても時間を要す。検査の結果、陽性が出た場合も治療・対処方法は「変わりません。まず治療方法は確立されたものがありません」と舘田氏は話す。

先述した「新型コロナウイルス感染症―水際対策から感染蔓延期に向けて―」の文書にも、「特異的な治療薬はありません」の項で、「新型コロナウイルスによる感染症に対する特別な治療法はありません。脱水に対する補液、解熱剤の使用などの対症療法が中心となります。一部、抗 HIV 薬(ロピナビル・リトナビル)や抗インフルエンザ薬(ファビピラビル)などが有効ではないかという意見もありますが、まだ医学的には証明されていません」などとする指摘がある。

「念のため検査を受けたい」と思ったとしても、「やめた方がいいでしょう。キャパシティに限りがあるので、本当に必要な人が検査できなくなるおそれがあります」と舘田氏は話している。


マリサ
元々このウイルスは感染者の体内での数が少なく検査しても正確な結果が出ない可能性があるうえに、無理に増やすと精度管理に問題が出てしまう可能性があるそうだ。


マリサ
そのうえ、元々今回のウイルスはまだ世界的に見ても治療法が確立しておらず、いずれにせよ対処法は既知の肺炎と変わらないので、疑いがあってもまずは重傷者を優先することにしているそうだぜ。


レイム
つまり、陰性か陽性かに限らず医者の対処法は変わらないし、何より精度の関係でいたずらに数を増やすわけにもいかないから、重症者や重症になりそうな患者さんの検査を優先しているって事ね。


マリサ
そうだぜ。
そしてこれは実際問題「韓国以外はどこもそうしている」んだぜ。


レイム
韓国の実態を知っているとこの情報ってすごく意味があるのよね。


韓国の実態


マリサ
それで韓国の事例なんだが、まず元々文政権は2月13日の時点で「近いうちの終息」を宣言していて、その後感染経路不明の患者が出てきても実はこの方針を変えていなかったんだぜ。


レイム
その方針が変わったのは、2月18日にある感染者が発覚してからなのよね。


マリサ
それがカルト教団の「新天地イエス教会」というところでな、なせここの感染者が問題になったかというと

「COVID‐19」拡散発火点「新天地」ってどんな教団?
ハンギョレ新聞 2020-02-22
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/35820.html

1984年にイ・マンヒ総会長が設立…「信徒30万」主張 
入信には6カ月の聖書教育と試験 
プロテスタント「既存の教会から信者引き抜き」

 大邱(テグ)のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡散の震源地とされる大邱タダイ支派教会は、いわゆる「新天地」の全国12の支派のうち、大邱・慶尚北道地域を管轄する教会だ。「新天地」は宗教界では既に知らない人がほとんどいないほど広く知られている。特にプロテスタント系が最も警戒する教団だ。プロテスタントは、2000年代以前は主に文鮮明(ムン・ソンミョン)教祖の統一教会を最も警戒していたが、その後は最も警戒する対象が「新天地」へと移った。それほど新天地の宣教に脅威を感じているということだ。したがって正統教会は「新天地」を異端と規定している。数年前からはカトリックも新天地警戒令を発令している。

 「新天地」の正式名称は「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」。自ら「新天地イエス教会」と略して呼ぶ。「新天地」とは「新しい空、新しい地」すなわち新天新地の略語であり、「証しの幕屋」とは、黙示録の実相を見聞きし証明する幕屋という意味だという。「新天地」はイ・マンヒ総会長(89)によって1984年に設立された。「新天地」は「聖書通りに創造され現れた約束の聖殿」とし、イ・マンヒ総会長のことを黙示録を証明する「約束の牧者」と紹介する。また、「世界で唯一、聖書に隠されている神とキリストの予言とその予言どおりとなった実相を伝える」と主張する。

 「新天地」は、独自の聖書教育機関であるシオン・キリスト教宣教センターで聖書教育を受け、修了試験に合格しなければ入信できず、6カ月の教育期間中は、創世記からヨハネの黙示録までを小・中・高等課程に分けて教育が行われる。「新天地」は「昨年の10カ月間だけで10万3764人がこの教育課程を修了した」とし、「信者が30万人を超えた」と主張している。

 「新天地」は公式ホームページで海外宣教の内容を紹介する中で、中国の武漢にも昨年教会を設立したとしている。一部からは、武漢教会に行き来した信者が感染し、拡散させたのではないかという疑惑が提起されている。これに対し新天地側は「新天地武漢教会は中国当局によって閉鎖されたため活動できず、したがって信者は行き来していない」と釈明した。

 プロテスタント関係者は「新天地」について「イ・マンヒ教主を救世主とする似非宗教」と指摘する。「新天地」のかつてのナンバー2で、イ・マンヒ総会長と事実婚関係だったと主張する世界女性平和グループのキム・ナムヒ前代表は16日にユーチューブに出演し「イ・マンヒは救世主ではなく、私と同じ罪人」と述べ、イ・マンヒ総会長が病院に入院して手術を受けた事実を写真と共に公開し、「病気になったことが明るみに出ないように私が直接看護し、治療費も負担した」と主張した。これに対し「新天地」は「厳然として教団名にイエス教という言葉を入れ、聖殿の教主がイエスであることを明確にしている」とし「私たちの信者は誰もイ・マンヒ総会長を救世主とは言っておらず、個人の主張に過ぎない」と述べている。

 プロテスタントが最も警戒するのは「新天地」の布教のやり方だ。新天地は正統教会やカトリック教会を草刈り場と認識し、いわゆる「刈り入れ屋」という秘密要員を既存教会に浸透させ、信者を惑わせて引き抜くというのだ。特に、牧師の不正などをでっち上げて仲間割れを引き起こし、牧師を追放した後に教会を丸ごと乗っ取る手法を使っているとプロテスタント関係者は主張する。したがって、プロテスタント界は新天地異端対策委員会を設置し、かなりの数の教会が「新天地アウト」、「新天地立ち入り禁止」などの標識を教会の入口に掲げて、信者に警戒を促している。

 韓国教会言論会は21日に発表した声明の中で「現在、新天地勢力には全国に125の偽装した宗教活動の場があり、彼らが小さな会合を開く場も含めれば740カ所になる」とし、「彼ら全体に対する徹底した調査とともに、疾病が拡散しないようにする全方位的な防疫が必要だ」と主張した。

 「新天地」は、ひとまず「18日から新天地傘下の全国の教会および付属機関を全面閉鎖した」とし、「迅速かつ誠実に、防疫当局と自治体の指示および保健当局の要求するすべての事項に従うとともに、諸々の資料を提供しており、今後も積極的に協力する」と述べた。

 しかし「新天地」の特性に合わせた対処をしなければ影響がさらに拡大しかねないという懸念もある。キリスト教倫理実践運動・牧師リーダーシップフォーラム前本部長のファン・ヨンイク牧師は「宗教集団は、内部が動揺したり宗教弾圧と考えたりした場合、熱狂的になって極端な選択をする可能性もあるので、緻密な対策が必要だ」とし、「『新天地』には特殊布教の訓練を受けた人だけでも5万~10万人おり、彼らが教会だけでなく、無料英語教習所や予備校を根拠地とするとともに、職業軍人たちを布教対象としているため、教会閉鎖だけで拡散を防げる保障はないという難点がある」と語った。彼は特に「『新天地』の刈り入れ屋が既存教会に侵入して二重教籍となっている場合もある。既存教会の日曜礼拝に参加しないと新天地教徒と疑われるため、感染した状態で既存教会に来る可能性があり、そうなれば感染が大きく拡散する恐れがある」と主張した。しかし、「新天地」の本部がある果川(クァチョン)の新天地対策市民連帯の共同代表を務める果川聖潔教会のキム・チョルォン牧師は「新天地の信者が既存教会との二重教籍を持つ可能性は高くはないと思う」と述べた。

 これに関し、新天地ソウル教会のチャン・ソンヒ広報部長は「既存教会から新天地教会に籍を移す過程でしばらく二重教的になることはあるかもしれないが、両方の教会に通うということはありえないと思う」とし「新天地教会だけでなく、神学院や宣教センターなどすべての機関を閉鎖するとともに、伝道活動をはじめとした外部活動を全面禁止した」と釈明した。

 イ・マンヒ総会長は、21日に携帯電話を通じて信者に送った特別メッセージで「今回の病魔事件は新天地が急成長したことを悪魔が見て、これを阻止しようと起こした悪魔の仕業」とし、「私たちは神の種から生まれた神の息子であり神の家族であるので、この全ての試練で迷いに打ち勝とう」と訴えた。

チョ・ヒョン宗教専門記者


マリサ
ハンギョレの記事によるとな、この教団は既存教会に訓練を受けた「秘密要員」を送り込んで、信者を囲い込んで引き抜いたり、敬虔な信者のふりをして牧師の不正などを告白し内部分裂を引き起こさせ、そのまま教会を乗っ取ったりする手口を使うそうな。


レイム
そうなのよ、この教団って近年信者数を一気に増やしているのだけど、その理由がこの「他教団への潜入要員」にあるのよね。


マリサ
しかもだ、こうした訓練を受けた信者が全国に5万から10万人はいるんじゃないかと言われているそうだぜ。
当たり前のことだが、こういう秘密要員がわざわざ「この教会の信者です」なんて名乗り出るわけがなく、それが感染者の急拡大につながる可能性があったから、韓国政府は慌てたわけだ。


レイム
そう、この時点で日本とは前提となる背景が違うから単純比較なんてできないのよね。
韓国には単なる感染とは別に検査数を増やさないといけない事情があったのだし。


マリサ
そうだぜ。
そしてこれだけなら韓国政府は事故にあったようなものなんだが、実際問題韓国政府はその後問題を悪化させているんだぜ。
次にこれを見てくれ。

感染者1100人、病床不足…長期化に備えて医療資源の分配戦略を立て直せ
東亜日報 February. 27, 2020
http://www.donga.com/jp/List/article/all/20200227/1990610/1/%E6%84%9F%E6%9F%93%E8%80%85%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%BA%BA%E3%80%81%E7%97%85%E5%BA%8A%E4%B8%8D%E8%B6%B3-%E9%95%B7%E6%9C%9F%E5%8C%96%E3%81%AB%E5%82%99%E3%81%88%E3%81%A6%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%B3%87%E6%BA%90%E3%81%AE%E5%88%86%E9%85%8D%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%82%92%E7%AB%8B%E3%81%A6%E7%9B%B4%E3%81%9B

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が1100人を超えた中、韓国全土の国家指定陰圧病床の稼動率が100%に迫り、病床不足が現実になりつつある。民間の医療機関を合わせても全国の感染者隔離治療用の陰圧病床は1077個なので、病床よりも患者数が多い状態だ。政府の新型コロナ病院指定作業が遅れ、追加の病床確保にも支障を来たしている。

20日に感染者が100人を超えて以降、毎日200人ずつ新たな感染者が出ている。世界的にも30ヵ国で8万4千人を超える患者が発生した。専門家たちは、新型コロナは致死率は低いものの感染力が非常に強いという点で、中東呼吸器症候群(MERS)より新型インフルエンザに近いと診断する。MERSは韓国国内では190日で終息したが、2009年の新型インフルエンザは1年間続いた。新型コロナも長期戦に備える必要があるという意味だ。

感染者が20人の時と1千人を超えた後の対応戦略が同じであってはならない。医療現場では早くも医療システムの過負荷を訴えている。優先順位を定めて限定的な医療資源を効率的に配分することを検討しなければならない。

まず、病床の利用基準から整備する必要がある。25日の夕方には、清道(チョンド)大南病院で発生した患者が一晩中、陰圧病床を探し、26日午前に仁川(インチョン)の嘉泉大吉病院に搬送された。軽症患者や疑いのある患者が陰圧病室を占め、いざ重症患者が搬送された際、適時に治療を受けることができないのだ。陰圧病床は重症患者から受け入れることが望ましい。

軽症患者と回復期の患者に対する管理基準も必要だ。政府は1万病床規模の専門病院の指定を計画中だが、一般患者用の病床を回さなければならない問題なので簡単ではない。医療界では、迅速に治療後に退院させたり、厳しい基準を適用して自宅隔離で管理することを提案している。

医療スタッフの自宅隔離期間(14日)も感染者との接触の程度によって細分化する必要がある。感染者が急増するため、手足が縛られる医療人員が急増しており、厳しい隔離基準がかえって医療の空白を生んでいる。自宅隔離の同僚に代わって、患者の世話をするために医療人員の疲労度が限界状況に達し、一般医療システムまで脅威を受けている。患者と濃厚接触していなければ無症状の医療スタッフに限って隔離期間を縮小することを検討しなければならない。

国民も長期戦に備えなければならない。個人の衛生ルールを守ることを習慣化し、買い占めは禁物だが、非常用医薬品や生活必需品は準備しておく必要がある。家庭でも職場でも、陽性反応が出た構成員の不在で日常が全てストップしないよう職場の閉鎖基準や在宅勤務の規定などを再整備しなければならない。落ち着いて対応すれば、簡単に終わらせることはできなくても、勝てないことはない。


マリサ
2月27日の記事なんだが、感染者数が1100人の時点ですでに病床数が足りなくなってきていて、「いざ重症患者が搬送された際、適時に治療を受けることができない」という状態になっているそうなんだぜ。


レイム
まさにさっきのJ-CAST記事で、医療関係者が危惧した状況になっているって事ね。


マリサ
そう、日本や他の国が安易に検査数を増やさない理由の一つがまさにこれなんだぜ。
既存の対処療法対症療法しか対策がないのに、無理に検査数を増やすと重傷者が必要な時に優先的に治療を受けられない可能性が出てくるからで、韓国はまさにそうなっているわけだ。


マリサ
しかも問題はそれだけじゃなくて、この記事を見ると

韓経:パンデミックの局面なのに…治療剤開発もワクチン確保も遅れる韓国
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.27 09:09
https://japanese.joins.com/JArticle/263038

新型コロナウイルスによる肺炎感染者が1000人を超え、治療剤の開発と確保の必要性が大きくなっている。だが韓国は治療剤開発でも主要国より遅れていることが明らかになり、危機感が足りないのではないかとの指摘が提起される。

新型肺炎はまだ効果が明確な治療剤やワクチンがない。韓国は現在エイズ治療剤である「カレトラ」を主に活用しているが効果は大きくない。世界の保健当局が「救援投手」に期待をかける薬はある。新型インフルエンザ治療剤である「ファビピラビル」とエボラ治療剤である「レムデシビル」だ。これらはイ・ウィギョン食品医薬品安全処長が25日に導入を検討していると明らかにした医薬品でもある。

中国、日本、米国などはこれら医薬品の開発と確保に向け足早に動いている。ファビピラビルの場合、中国は17日に「カレトラより良い効能を確認した」として医薬品許可を出し大量生産に入った。日本も25日から患者への投与を始めた。だが韓国ではファビピラビルの臨床試験をしたことがなく、輸入特例で導入するのが最善だ。このためには外国の臨床資料を検討し、薬の安全性と有効性を確認しなくてはならないが、疾病管理本部は24日に中国と日本に資料を要請した。中国が許可を出して1週間が過ぎた時点だ。まだ回答を待っているところだ。

レムデシビルは世界保健機関(WHO)が「新型肺炎に最も効果的かもしれない治療剤」と明らかにするほど高い効能が期待される薬だ。中国と日本、米国は今月初めから中旬にかけてこの薬の臨床試験に入った。だが韓国はまだ臨床試験申請もされていない状態だ。

専門家らは「適切な治療剤があるかないかは天と地の差」と指摘する。2009年の新型インフルエンザは感染者が70万人を超えたが国民の恐怖はいまよりはるかに少なかった。タミフルという治療剤があった影響が大きい。


マリサ
この記事によるとな、韓国は治療に効果があるとされている薬剤の確保や研究も大幅に遅れていて、2月27日の時点で治療剤の臨床試験すらできていない有様なんだそうだぜ。


レイム
これね、韓国は必要なリソースの大部分をPCR検査に振り分けてしまった結果、治療や防疫に向けての対応に穴が開いてしまったって事なのよ。


マリサ
人も機材も有限なのに、「1日に1万人検査をする」とか豪語して、ドライブスルー検査なんて精度に明らかに問題の出る検査を考えなしに強行した結果がこの有様だぜ。
韓国の検査体制はすでにパンク状態で崩壊している可能性があるぜ。


レイム
そう、だからこそ日本を含む他国は検査よりも重傷者の対応を優先させているのよ。


認知バイアス


マリサ
今回解説したようにな、そもそも現在の日本政府の対応が適切かどうかとは別問題に、「韓国を見習え」なんて意見は、「予想しうる最悪へ向かえ」と言っているのと同義なんだぜ。


レイム
そうなのよね。
安易に「不安だから」なんて理由で検査数を増やしたら、今現在韓国で起きているような混乱が日本でも起きるだけなのよ。


マリサ
熱が出て不安な時に「検査をしてほしい」という心理になるのはわかるが、その意見を安易なポピュリズム的に受け入れていたらどうなるか、その失敗例がまさに今の韓国というわけだぜ。


マリサ
そのうえで今最も注意しないといけないのは、「認知バイアス」による錯誤だぜ。


レイム
どういう事?


マリサ
例えば今回いくつかのメディアが報じたフェイクニュースである「政府は意図して検査数を減らしている疑惑がある」という陰謀論、これ典型的な「確証バイアス」だぜ。


レイム
たしか持論に都合の良い情報ばかりを集めてしまい、その結果先入観を増幅してしまう状態だっけ?


マリサ
そうだぜ。
「それらしい症状のある人が検査を拒否された」という情報のみから「政府が情報を隠している」という陰謀論に飛躍し、結果ちゃんと調べれば「安易に検査数を増やした韓国はどうなったか」がわかるのに、それができなくなっているわけだぜ。


レイム
なるほどね。


マリサ
あとは「後知恵バイアス」というのにも注意しないといけないぜ。


レイム
たしか事後に判明した情報を入手後に「最初からそれが解っていたかのように錯覚して、他者を批判してしまう」事例だっけ?


マリサ
そうだぜ。
今回の事例なら、確かに安倍政権の対応は今回明らかに後手後手で杜撰だが、だからといって最初にこの問題が発覚した1月20日ころに「現在の状況」を予測できた人がどれだけいる?


レイム
それもそうね。
少なくともうp主はアメリカが中国人の入国禁止を発表した際、「米中対立が影響を与えた」程度にしか認識していなかったしね。


マリサ
そうだぜ。
確かに今の政府の対応は批判されるべき部分があるが、だからといって後知恵バイアス状態で「だから言ったのに」みたいな態度はやるべきじゃないぜ。
いくつかのマスコミ報道みたいにな。


レイム
なるほどね。

今回のまとめ

・日本のいくつかのメディアで「日本政府は意図して検査数を制限している」というフェイクニュースが報じられる。
・検査数を増やした韓国ではその弊害が発生し、防疫体制に穴が開いた。
・「認知バイアス」に注意。


マリサ
でだ、認知バイアスって注意していても誰でも陥る可能性があるし、うp主も例外ではないんだが、可能な限りそうなることを減らす方法はあるんだぜ。


レイム
そうなの?


マリサ
それは「浅く」でいいから、多方面の情報をまんべんなく集める事だぜ。
認知バイアスに陥る最大の原因は、情報不足を想像力で補おうとすることだからな、可能な限り多方面の情報を集めることで情報の精度を上げて想像力の入り込む余地を減らすことが重要になってくるぜ。


マリサ
当然の事だが、この動画だけを見て物事を判断するのも間違いだぜ。
一応チェックはしているが、うp主が認知バイアスに基付いて判断している可能性だってゼロじゃないしな。


レイム
確かに、知らないからこそ変に悪い想像や自身に都合の良い想像をしてしまうわけだしね。
そういう状態が続くと、持論に都合の良い「憶測」と現実の区別がつかなくなって、一連のマスコミ報道みたいな状態になるわけね。


マリサ
そういうことだぜ。
そんなわけで今回の本編はここで終わるぜ。


レイム マリサ
ご視聴ありがとうございました。


大口
おつかれ~


大口
ところで、以前紹介したギンピギンピなんだけど


マリサ
ああ、あの凶悪植物か?


大口
それなんだけど、ギンピギンピは単なる珍植物であって凶悪じゃないよ?


レイム
どこがよ、刺毛に刺さると数年激痛が続くとか凶悪以外の何物でもないじゃない。


大口
あくまで「相対的」なことになるけど、毒のある植物って植物全体の評価での「凶悪さ」でいうとその凶悪度は低いんだよ。


マリサ
じゃあどんなのが凶悪なんだよ。
人間を襲う植物でもいるのか?


大口
そうじゃないけど、中には大繁殖して生態系を自身に都合よく改変し、自然界だけじゃなく耕作地にまで浸食して、人や動物に深刻な食糧難をもたらすようなのまでいるからね。


マリサ
なんというか、凶悪さの方向性がギンピギンピとは桁違いだな。


レイム
たしかに、ギンピギンピは触らなければいいってだけだし、凶悪さでいったら大したことないのかな?


大口
いわゆる「侵略的外来種ワースト100」にはそういう植物が数種類あるよ。
中には根っこの一片が残っているだけで復活して増殖する草とか、本体の欠片さえあればそこから増殖し続けるサボテンとかあるしね。
ただ程度の問題で、どれも多くの生物にとって有害って事に変わりはないけどね。


マリサ
まあな。
そんなわけで今回はここで終わるぜ。


レイム マリサ 大口
またらいしゅ~




お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策
韓国社会では「記憶の改変」が起きているわけではない?
【再現】2002年日韓ワールドカップ Public Viewing in 国立競技場


動画版マイリスト



番外編マイリスト




コメント

JPNSWD
No.39 (2020/03/03 22:07)
オリンピック中止の検討もそうですが、各国でビザの停止とか。
個人的には、ちょっと過剰反応に思えるような真似が目立つように思えます。
一体何がそこまで、今回の新型コロナウィルスって危険視されているんでしょうね? SARSほど致死性が高いならともかく。
SARSもコロナウィルスですが、劇症化みたいな突然変異の可能性とか、あるのですかね?
ここまで騒ぎになる理由が、ちょっとよく分からないです。
高木英邦
No.40 (2020/03/05 11:55)
>>30
敢えて少し飛躍した物言いをする。《地方分権を認めたままでは、如何なる対策も悪手にしかならない。》と、貴公の発言からではこう考えているようにしか思えぬ。

国家総動員法もしくは戒厳令といった、戦時下想定レベルの体制を敷かねばならぬ。地方自治体を飛び越えた命令体系へと、シフトせねばならぬ・・・毎年流行するインフルエンザと比しても致死率の低い病原を相手取るに、そこまでせねばならないのか。

最早「問」は不要。自分が出す答えは「偽」で、その答えを他者に諭される筋合いもない。まぁ所詮は「飛躍した問答に非を突き付けた」というだけで、飛び越えたその途中に挟むべき議論ならいくらでもあろう。今後、その議論に口を挟むことはない・・・否、出来ない。

自ら飛躍したというのは、飛び越えた足元を見据える余力も技量も持ち合わせてはいないことを意味する。短く書くなら「ついて行けない」。飛躍した距離も相当長い上に二段三段の飛躍を重ねてしまったこの件、以降は見物客に徹する。
高木英邦
No.41 (2020/03/05 13:25)
Yahoo! でも賛否両論で意見真っ二つ、か。そりゃ俺如きに「正しい判断」が出来るわけがない。


首相が全国の小中高校に臨時休校を呼び掛け、どう思う?

Yahoo!┃実施期間:2020/2/28(金)〜3/9(月)
https://news.yahoo.co.jp/polls/entertainment/41165/vote


で、現状についても報道入ってたので載せておく。


文科相「99%が休校状態」 新型コロナ、参院予算委で

Yahoo! ニュース┃3/5(木) 11:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00000059-kyodonews-pol

©一般社団法人共同通信社┃2020/3/5 11:12 (JST)3/5 | 12:44 (JST)updated
https://this.kiji.is/608120067080488033
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事