日韓問題(初心者向け)

韓国人と離間ヂル(イガンヂル)

2020/02/27 00:33 投稿

コメント:15

  • タグ:
  • 政治
  • 韓国
  • 離間ヂル
  • 慰安婦問題
  • 旭日旗問題

さて、本日は過去何度か記事や動画で言及したことはありましたが、「そのもの」については書いていなかった韓国の概念、「離間ヂル(イガンヂル)」について書いていきます。

初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。

ブロマガ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由

注意
・このブロマガは「日韓の価値観の違い」を初心者向けに扱っています

・当ブロマガのスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからと、こちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
う思うか」という客観性を常に持ちましょう

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください


韓国を観察していると、しばしば「離間ヂル(イガンヂル)」という単語を目にするが、これは誹謗中傷などでターゲットの悪評を広め、仲の良い相手を仲たがいさせたり、自身より評価の高い相手の評価を下げる等の行為を指す。


このイガンヂルは韓国内だけではなく、対日本でも行われており、例えばVANKなどの行っている「ディスカウントジャパン運動」や、各国への慰安婦像設置、旭日旗問題、日本海呼称問題なども、日本に対する「イガンヂル」とみなせる。


なぜ彼らがこうした行為を積極的に行うのかには、彼ら独特の「正しさの概念」が深く関係しており、彼らは自身の正しさを「前提」としているがため、自身の正しさを証明する方法がなく、その結果他者の評価を落とすことによってしか自身の正しさをアピールできないからという背景がある。


※一部を除き、引用記事が日本語の場合には文中にリンク用アドレスとタイトルのみ表記、韓国語のものやリンク切れで参照不能な記事のみ文末にまとめて本文を引用します。
※本文中のリンクは引用の元記事、或いはインターネットアーカイブやウェブ魚拓(別サイト)へのリンクです。



1:「離間ジル(イガンヂル)」とは


まずこの離間ジル(イガンヂル)に関してなのですが、過去「離間事」と書いていた事もありますが、この「ヂル」という概念は韓国固有の概念であり、「事」と訳すとそのニュアンスが変わってしまうため、今後は「離間ヂル」で統一します。


まずは以下の記事から

朴槿恵、アンタは何様か! 否韓三原則で対韓不干渉を貫け【古田博司】
WiLL 2014年1月20日
https://web.archive.org/web/20140125144318/http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140120-00010000-willk-pol

韓国人特有の民族行動パターン

 朴槿惠大統領が就任以来、日本に対して「歴史に学ばなければならない」と言うだけのことはあって、韓国人は自分たちの愚かしい民族の行動パターンを繰り返す癖がある。その意味で、彼らはたしかに歴史に学んでいるに違いない。
 朴氏が外遊の先々で、各国首脳やメディアに日本の悪口を言いつけて回っているが、あれなどまさに韓国人特有の民族行動パターンである。自分の嫌いな人物を孤立させるために上司や目上の人たちにつげ口をして回る行動を、朝鮮語で「イガンヂル」という。
 イガンとは漢字で「離間」と書き、意味は文字どおり、相手を離間させること、ヂルは固有の朝鮮語で悪質な行動を意味する。
 これまで朴氏が行った「イガンヂル」は、主に次のとおりである。
「日本は正しい歴史認識を持たなければならない」(五月、オバマ米大統領に)
「(伊藤博文元首相を暗殺した)安重根の記念碑をハルピンに設置するための協力を」(六月、中国の習近平国家主席に)
「日本の歴史を見つめながら未来志向の関係発展を」(九月、独のメルケル首相に)
「歴史や領土問題で後ろ向きの発言ばかりする日本政府のせいで信頼関係を築けない」(九月、訪韓したヘーゲル米国防長官に)
「ドイツが過去の過ちに建設的な態度を見せ実現した欧州連合(EU)統合を、日本は見習ってほしい」(十一月、仏紙フィガロのインタビュー)
「慰安婦問題で一部指導者が苦痛を受けた方々を侮辱する状況で(会談しても)何も得られない」(十一月、英BBCのインタビュー)
「歴史問題についての(日本の)認識が『問題にはならない。間違いだったというのか』というものなら(日韓首脳)会談でどんな結果が出るのか。両国関係はより悪化するのではないか」(十一月、ベルギーの首都ブリュッセルでの会見)
「(日本の)歴史に逆行する言動が障害となり、北東アジア地域の協力が実現されていない」(十一月、ロシアのプーチン大統領に)
 こうしたイガンヂルは朴氏だけに見られる行動ではなく、韓国人同士が毎日、国内でやっている。
 私が書いた韓国に対する文章を読み、気分が悪いと言って学長に文句の電話をかけてくる九州にいる韓国人の女性教授がいる。これもイガンヂルである。
 当然、そんなことをする人は周りから嫌われて孤立する。「あの人、また目上のところに行って言いつけ口をしている」という調子だ。
(後略)


筑波大学の古田博司教授の書いた記事なのですが、まず「イガンヂル」を「離間ヂル」と表記しており、その理由として「ヂル」は「朝鮮固有の単語で悪質な行為を指す」としています。


そのため、「事」という字をあてるのはニュアンスが変わってしまうという事で、表記を「離間ヂル」に戻しました。


そのうえでこの記事では、離間ヂルを「悪口を言って他者の評価を下げる行為」としており、韓国の前大統領である朴槿恵氏が行った「告げ口外交」がまさに離間ヂルの典型的パターンとしています。


また、古田教授が書いた韓国評を気に入らないとして、わざわざ筑波大学の学長に電話をしてくる韓国人教授がいるそうですが、それも離間ヂルの事例として紹介しています。


またこの離間ヂルは何も対日本に限らず韓国人同士が頻繁に行っている事であり、次の記事では


韓国の「言いつけ外交」は民族的習性のせい? iza 2014.2.15 (1/4ページ) (2/4ページ) (3/4ページ) (4/4ページ


韓国の路上で喧嘩をしていた夫婦がいたそうなのですが、妻の方が「夫がなぜ問題あるか」の大演説を路上でし始めたという事例が挙げられています。


他にも、韓国の「ナムウィキ」というページでは

イガンヂル
https://namu.wiki/w/이간질

(一部抜粋)
イガンヂルをする原因はさまざまである。 ほとんどは、複数、嫉妬、いじめ、さらには、単に気に入らないとか等些細なきっかけが多い。 特に敵対的な一集団を悪化させて金銭的あるいは名誉的利点を表示したり、仲違いを介して一方の裏切りを誘導して、自分の味方にしたいなど、スケールの大きな理由もある。

と書かれており、要するに特定の人物の評価を下げ自身が利益を得るために行う行為として紹介されています。


また最近の事例として


(※1)
コ・ウナ、女優たち態度の暴露 "俳優たちの後談話イガンヂル+ドレス奪った" [総合] 朝鮮日報(韓国語) 2020.01.09


コ・ウナという韓国の芸能人が弟のYouTubeチャンネルに出演し、子役時代の出来事として、先輩女優がスタッフなどにこの女優の悪評を広める「離間ヂル」を行い、その結果スタッフとの関係が悪化、非常につらい経験をしたという告発を行っています。
典型的な離間ヂルの事例です。


そして興味深いのは、この「告発」事態が離間ヂルの可能性もあるという事です。
一見対象がわからなければ「相手の評価を下げられないのではないか」と考えるでしょうが、そもそも事件が起きたドラマなどは詳細に語られているため、おのずとターゲットが絞られるのです。


このように、韓国では他者の悪評を広めることで自身が評価をされるよう誘導する行為、あるいは他者同士の良好な関係を悪化させ、片方を自身の側に引き込む行為、そうした事例に固有の単語があり、またそれが頻繁に行われているというわけです。


2:対日の事例


またこうした離間ヂルは何も朴槿恵元大統領だけではなく、韓国の歴代大統領が外交の際に行ってきたことであり、廬武鉉元大統領、李明博元大統領、そして現在の文在寅大統領も行っています。


国策規模で行われる有名な事例では旭日旗問題や慰安婦問題、日本海呼称問題などが挙げられますが、例えば次の事例のように


韓国、昨年SCMで米国に「日本を仮想敵国に」要請 中央日報 2006.10.18
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/80903


韓国が米国に対し、日本を仮想敵国に設定するよう要請し問題になった事例や


【新・悪韓論】東京より放射線量が多いソウル いつもの日本非難の鉄面皮 zakzak 2013.09.12


オリンピック招致活動の際、韓国政府が「日本は危険な放射能汚染国」というイメージを際立させるため、「福島周辺8県からの水産物輸入禁止」措置を招致活動のさなかに緊急発表した事例。


去年の事例でも


ホン副首相「日本は輸出制限を撤回すべき…グローバル経済に悪影響」 ハンギョレ新聞 2019-07-09


一連の日本による輸出優遇措置解除問題で、韓国がASEANとの首脳会談やIMFの年次総会で離間ヂルを行った事例が確認できます。
この件は、本来二国間の問題に他国を巻き込もうとした事例であるため、非常に分かり易い離間ヂルの事例です。


また他にも、韓国政府から資金援助を受けている民族系団体のVANKの場合


(※2)
「ディスカウントジャパン」運動 京郷新聞(韓国語) 2005.03.25


国際社会での日本の地位を墜落させることを目的とし、「ディスカウントジャパン運動」と称した活動を行うとしており、その一環で竹島問題などを扱うとしています。


日本人の発想であれば、「なぜ竹島が自国領なのか」を説明する場であるはずが、彼らの発想では「自国領であることを諸外国に説明するために日本の国際的地位を失墜させる」という発想になっているのが特徴的です。


また同じくVANKの事例として


(※3)
国際結婚した韓国人女性ら、「韓国を正しく知らせる活動に乗り出す」 聯合ニュース(韓国語)(2013-10-09 14:58)


折り紙の韓国起源説を展開する際に、「朴団長が最近展開している、日本帝国主義の過去の歴史を知らせて日本を国際社会で孤立化させる戦略が、効果があるようだ」と発想しており、彼らにとって他者の評価を下げる離間ヂルが自己アピールとして非常に重要であることがわかります。


他にも次の事例のように


徐敬徳教授、IOC委員長に「東京五輪での旭日旗応援禁止」要請 中央日報 2020.01.16
スマートフォン版
https://s.panese.joins.com/JArticle/261582

東京五輪での旭日旗使用反対 署名賛同者が5万人突破 聯合ニュース 2020.01.21


旭日旗問題でIOC委員長に直接アピールを行ったり、世界最大の署名サイトにわざわざ旭日旗の項目を作り、組織票で目立たせた事例


また次の事例のように


米コネチカット州に「平和の少女像」設置 米国で6体目 聯合ニュース 2020.02.08


慰安婦問題で慰安婦像をアメリカなど外国に設置し続ける事例など、本来二国間で話し合うべきことで次々と他国を巻き込もうとしており、彼らにとって離間ヂルが自己表現の方法として非常に重要であることがわかります。


このことから、過去にも何度か解説してきたように、自己の正しさを証明する事と他者の劣等性を指摘する事がイコールである事、また自身の問題を解決するために他者を巻き込むことが一般的であることなど、彼らの価値観における特徴がわかります。


そしてこの特徴から、一連のGSOMIAを巡る問題も「離間ヂルの一種」であると判断でき、「日本が原因でこんなことになった」とアピールすることで、アメリカを韓国側に引き込もうとしたというわけです。


彼らにとって離間ヂルは自己表現として非常に重要であると同時に、一般的な行いであるわけです。



3:離間ヂルの原因


そしてなぜ彼らにとって他者の劣等性をアピールし第三者を巻き込んだり、仲たがいさせたりすることが非常に重要なのかを考えたとき、以前から解説している「独特の正しさの概念」から答えを導き出せます。

※独特の正しさの概念

彼らの正しさの概念は独特であり、根拠を必要としない。
また「この世には最初から一つの正しさが存在する」と考えられており、自分はその正しさを常に選択していると考える傾向にある。

そして正しさ同士がぶつかった場合には、(曲解でも捏造でもその件と全く関係なくともなんでもいいので)相手の劣等性を指摘する事でそれを自己の正しさの担保とする。

また相手の劣等性を指摘した時点で自身が指摘された問題は相手の問題にすり替わる。


youtube版
https://youtu.be/PvEa1FjkkEw


過去記事「韓国社会では「記憶の改変」が起きているわけではない?」で解説したように、彼らは「自分は最初から存在している正解を選択している」と発想します。


そのため、「なぜ正しいのか」や「どう正しいのか」は重要ではなく、自身の選択した答えだから「正しい」と発想するわけです。
これはつまり、彼らにとって正しさとは「前提」なわけです。


そのため、例えばある出来事に対してあるところでは「Aだ」と説明していたものが、別のところでは「Bだ」と説明していても、それは矛盾でもどちらかが間違っているわけでもなく、自身がそう選択したのだから「その時の発言が正しい」となります。


「正しいという前提」とはそういう事です。


しかしこの「正しいという前提」には正しさ同士がぶつかった場合に問題が生じます。


この場合、韓国では一般的に「序列が高い側が正しい」となるわけですが、現実社会においては必ずしも「どちらが上でどちらが下か」がはっきりしているわけではなく、序列では決定できない場合があります。


その場合、「正しさが前提」である彼らは自己の正しさを証明することができません。
なぜなら「自分は正しい」という前提、つまり異論などあるわけもない絶対的な正しさだからこそ、そこに理由を想定していないからです。


しかし対立が起きた場合何とかして「どちらが正しいのか」決めなければいけません。


その場合にどうすればいいか。
相手にどれだけ落ち度があるかを主張し、それで相手の信用を下げることで自身に仲間を増やし、そうすることでどちらが正しいのかに決着をつけるのです。


そしてまたなぜ他者を常に巻き込むのかも重要です。
彼らにとって自身は常にこの世の普遍的な正しさを行使している以上、他者はその正しさに「共感するのが当然」と発想します。


つまり、「自身の正しさを証明する方法がないため他者の落ち度を指摘し、また自身は常に正しいのだから周囲は自分の手助けをするのは当然である」これが離間ヂルの思考の中身です。


非常に独特の「正しさ」の概念によって、私達とは全く異なる発想が生まれているというわけです。


彼らが常に「自信満々で堂々としているように見える」のもこのためです。
自分は間違うはずがないのだから間違っているのは他者であり、かつ第三者はみな自身の味方のはず、そう考え離間ヂルをしているからです。



お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策




動画版マイリスト



番外編マイリスト






(※1)
コ・ウナ、女優たち態度の暴露 "俳優たちの後談話イガンヂル+ドレス奪った" [総合]
朝鮮日報(韓国語) 2020.01.09
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2020/01/09/2020010901441.html

(※機械翻訳の一部を修正した文章です)
[OSEN =ガンソジョン記者]俳優コ・ウナが撮影現場で経験した態度のを告白した。 女優が仲違いした暴露したもの。

コ・ウナは去る8日に公開されたミールのYouTubeチャンネル「ミール部屋」で、過去の撮影現場で経験した態度の被害を打ち明けた。

ミールは "俳優の方を気にする方があって、コ・ウナを招待した」とし「姉が経験しながら、これ真であったことを言ってくれ。 待合室、現場で起こる態度のようなものはありませんでしか」と尋ねた。

コ・ウナは「子供のころ某作品をした光栄大きな役割だった。最初はスタッフが多私によくしてくれた。みんな、既存学び新人俳優たちも多かったが、私は現場で若々しくいたので、スタッフの方々ともよく過ごした」とした。

続いて「ところがある日、スタッフがご飯を食べる時も私とならない食べ始めて、俳優の方々、末っ子スタッフまで私を会う上下に通しても血しそんな雰囲気が形成された」とし「当時はとても小心た。 今だったら」と笑った。

その俳優とスタッフらがコ・ウナと距離を置く状況が続いたと。 コ・ウナは「一日二日であれば関係がないのに長くなるから芯がなって傷を受けて泣きながら某スタッフに泣きながら話をした」とした。

また「そのスタッフが私を別に呼んであなたは本当に知らないのかと尋ねたよ。 私が俳優の方々悪口をして通ってスタッフら後談話をする某女優が仲違いをした」とし「インテリジェントなのが、最初は俳優たちに、まず話をして、俳優たちが私を冷遇からスタッフが俳優たちに、なぜグロニャゴ尋ね俳優たちが話をだから本当のされたのだ。 本当に悔しいした」と伝えた。

コ・ウナは「ところで、その某女優が俳優たちに行ってウンアが無関心がない悪口をしたのだ。 そのような話を聞いて男俳優たちが集まってあるから行って私に先に言ってくれたら誤解を解いたのにと言ったが、涙がたよ。 みんな申し訳ありませんとする正直その女優にとってはまだ謝罪を受けられなかった」とした。

ミールは某女優に、このような被害を受けた理由を尋ねると、コ・ウナは「私は一通り知っているようだ。他の女優たちはおとなしくして優雅にあり、新人の俳優が溌剌だから現場でみんな私のような雰囲気だった。なぜか本人が注目を受けられないようで嫉妬をした一人だけ嫉妬をして私をホンネト場合され、現場の雰囲気を主導した。最終的にはリンゴも受けられず作品を終えた。それ以来、その俳優の方々とは、作品ではなかった」と打ち明けた。

これだけでなく授賞式で自分が先にしたドレスを選んで修理まですべてしたが、先輩女優が自分が気に入ったとドレスを奪って行ったエピソードも明らかにした。

(※2)
「ディスカウントジャパン」運動
京郷新聞(韓国語) 2005.03.25
http://sports.khan.co.kr/bizlife/sk_index.html?art_id=200503251954081&sec_id=560101

サイバー外交使節団「バンク」が国際社会での日本の地位を墜落させることを目的とする「ディスカウントジャパン」運動に乗り出すと宣言した。 バンクは25日、日本の歴史歪曲事例全般を体系的に整理し、世界の主要メディアと学校、機関など伝達することにより、日本がしようとする歴史歪曲の本質を知らせ、国際社会での日本の地位墜落などを誘導するディスカウントジャパン運動を来る4月から開始すると発表した。 バンク側は「日本の歴史歪曲や独島領有権主張は、単に韓国と日本両国の問題ではなく、世界の平和に大きな脅威になることができるという点を世界に知らせようというのがまさにディスカウントジャパン運動」と説明した。 一方、バンクは、英国の経済週刊誌「エコノミスト」が25日、インターネット版の記事で、中国と日本の領土紛争の内容を紹介しながら、独島を「竹島」と表記して、日本の排他的経済水域(EEZ)で表記した。


(※3)
国際結婚した韓国人女性ら、「韓国を正しく知らせる活動に乗り出す」
聯合ニュース(韓国語)(2013-10-09 14:58)
https://www.yna.co.kr/view/AKR20131009049700371

第9回国際結婚女性の世界大会閉幕... 来年釜山で開催

(ソウル=聯合ニュース)ワンギルファン記者=国際結婚を通じて、世界各国に私が住んでいる韓国人の女性が「韓国を正しく知らせるに積極的に乗り出す」と念を押した。

世界の国際結婚女性総連合会(World-KIMWA・会長ウニョン再)が主催する第9回国際結婚女性の世界大会に参加した韓国人女性70人は9日午前、サイバー外交使節団のパク・ギテ団長の特別講義を聞いた後、独島と東海、韓国史、韓国文化を正しく知らせる伝道師になると口をそろえた。

World-KIMWAは、世界16カ国34の支会に5千人を超える会員を置いた団体だ。

米国バージニア州から来たシルビア・パットンさん(韓国名:尹ヨンシル/54歳)は、「米国に暮らす国際結婚した韓国人女性たちの集いである韓米女性会総連合会でも、韓国を正しく知らせる事業をしている」としたうえで、「朴団長が最近展開している、日本帝国主義の過去の歴史を知らせて日本を国際社会で孤立化させる戦略が、効果があるようだ」と共感を示した。シルビアさんは、「VANKに関連映像資料を要請した。米国政治の中心であるワシントンDCで、政治家、公務員、教育者を対象に韓国を知らせていく」との意志を表明した。

参加者らは、9日午後に開かれた紙文化財団の盧ヨンヘ理事長の特別講義で「折り紙の宗主国は韓国だ」という説明を聞いて、この事実を居住国で積極的に広報すると約束した。

盧理事長は、「優秀なウリの紙文化、折り紙の世界化戦略」という主題の特別講義で、「五千年悠久の歴史とともに伝えられるウリの優秀な折り紙(ジョンイジョプキ)文化が、日本の『オリガミ』に押されて世界化できずにいる。テコンドーが空手を抜いて世界に普及したように韓国の折り紙が『オリガミ』を押しのけて世界中に普及するよう、国際結婚した韓国人女性の皆さんが参加してほしい」と頼んだ。

イタリアのミラノから来た全スンボクさん(World-KIMWA前会長)は、「ウリの折り紙と紙文化を知らせて世界化するよう、我が団体が先頭に立つでしょう」とうなずく返事をした。

紙文化財団とWorld-KIMWAは特別講義の後、相互業務協定を締結した。両機関は多文化時代を迎えて多文化家庭構成員の韓国文化理解と自負心向上のために折り紙文化芸術教育を進め、国際結婚女性のグローバル拠点を活用して折り紙と紙文化の世界化のために共に努力することで合意した。参加者はKBS「TV幼稚園1・2・3」のレギュラー出演者であった金ヨンマン紙文化財団理事が進める「楽しい折り紙イベント」で楽しい時間を過ごした。

今月7日から「21世紀の希望・韓国、参加する世界国際女性」というテーマで開かれた世界大会は、金デシク前民主平和統一事務局長の「韓国を正しく知らせる国際結婚女性たちの役割」というタイトルの特別講義と晩餐を最後に幕を下ろす。来年の大会は釜山で開かれる予定だ。



コメント

大口歩也 (著者)
No.16 (2020/03/02 23:20)
>>15
指摘ありがとうございます、修正しました。
アンドリュー
No.17 (2020/03/03 00:28)
>>16
 小見出し1の終わりから3行前<評価をされるようになる行為>実際にそうなると決まった訳ではなく、行為者の主観なので「評価をされるように誘導する行為」或いは「評価される事を期待する行為」などといった表現が適切ではないでしょうか?
大口歩也 (著者)
No.18 (2020/03/03 23:05)
>>17
何度もありがとうございます、修正しました。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事