日韓問題(初心者向け)

【日韓問題】ヒロアカ問題と韓国の甲質(カプチル) part1/2

2020/02/15 23:48 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

さて、本日は週刊少年ジャンプ連載の「僕のヒーローアカデミア」に対し、韓国人が行ってきたクレームと、韓国独特の「甲質(カプチル)」という概念についてとなります。

元記事
ヒロアカ問題と韓国の甲質(カプチル)
韓国社会における独特な関係「甲と乙」

関連動画

youtube版
https://youtu.be/J_qIFDyp8bc


youtube版
https://youtu.be/Zsx4Y2rkW7E


youtube版
https://youtu.be/StPglNFdHxE

YouTube版
https://youtu.be/WQMNxYDY5Ng


注意
・この動画は「日韓の価値観の違い」を扱っています

・うp主のスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからとこちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たら
どう思うか」という客観性を常に持ちましょう。

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

・キャラ崩壊あり

・動画の拙い部分は生暖かく見守ってください、そのうちなんとかします

本日の投稿動画


YouTube版
https://youtu.be/AD195suxdmY


以下は動画のテキスト版になります。


レイム マリサ
ゆっくりしていってね。


レイム
さて、今回は日韓問題なので私が解説していくわね。


マリサ
レイム、私はカプチーノよりカフェラテの方が好みなんだぜ。


レイム
何をいきなりボケてるのよ、カプチーノじゃなくて「カプチル」、漢字て書くと「甲質」ね。


マリサ
外骨格なのか?
レイム、カニが食べたくなってきたぜ。


レイム
マリサ、日韓問題やりたくないからわざとボケてるでしょ。
そんなことではぐらかされないわよ?


マリサ
レイム、たまには加減をしてくれてもいいんだぜ?


レイム
一切する気がないから安心していいわ。
そんなわけで、今回は少し長くなるので二部構成になるのだけど、part2は来週投稿予定よ。
ちなみに、「甲質(カプチル)」の解説自体は後編になるわ。


「ヒロアカ」問題


マリサ
それで、ヒロアカ問題ってあれだろ?
週刊少年ジャンプで連載中の「僕のヒーローアカデミア」ってマンガに対して、韓国が登場人物の名前にクレームを入れてきた件だろ?


レイム
そうね、ただし一回のクレームだけでは終わらなくて「続き」があって、これがまさに韓国における「甲質(カプチル)」そのものの態度なのよ。


※動画説明欄に関連動画へのリンクがあります。


マリサ
過去動画の「日韓で異なる「謝罪」の意味」で解説した件とは違うのか?


レイム
それももちろん関係があるのだけど、「甲質」はその結果を受けて韓国的価値観によって起きる反応という表現が適切ね。


レイム
そんなわけで、まずは事の発端となった問題からね。

週刊少年ジャンプ『僕のヒーローアカデミア』、登場人物の名前に「丸太」で物議
中央日報 2020.02.05
https://japanese.joins.com/JArticle/262231
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/262231

日本の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に旧日本軍731部隊の生体実験を連想させる名前が登場人物に使われ、論争が起こった。

「週刊少年ジャンプ」が3日発売号に掲載した漫画『私のヒーローアカデミア』で改造人間を作る医師に「志賀丸太」という名前が使われた。

「マルタ」は中国に駐留していた旧日本軍の生物戦研究開発機関の731部隊が生体実験の対象に付けた名称だ。731部隊は1940年以降、毎年約600人のマルタを生体実験対象として、少なくとも3000人の中国、ロシア、韓国、モンゴル人が犠牲になったと言われている。

読者は「マルタ」という名前が旧日本軍の蛮行を連想させると言って批判した。これに『私のヒーローアカデミア』の作家、堀越耕平氏は自身のツイッターで物議をかもした名前を差し替えることを明らかにした。また、週刊少年ジャンプ発行会社の集英社もホームページに「過去の史実を想起させる」という指摘があったとし、名前を変更すると告知した。


レイム
2020年2月初頭の事なのだけど、週刊少年ジャンプで連載中のマンガ「僕のヒーローアカデミア」の登場人物、医師の志賀丸太に対して、韓国人達が「旧日本軍の731部隊が生体実験の被験者に対して付けた『マルタ』と同じだ」といってクレームをつけてきたのね。


マリサ
集英社はこのクレームに対して問題のある対応をしてしまったって事か?


レイム
そうよ。
そもそもね、731部隊による生態実験云々以前の問題として、「丸太」なんて本来木材の名称なんだから一般名詞でしょ?


レイム
元々このネーミングはこの人物が太っているからそこから連想される名前として付けただけなのだから、本来は無視するか「この名前は登場人物の身体的特徴から付けた名前で他意はありません」とアナウンスしてそれで終わらせるべきだったのよ。


レイム
なのに謝罪した挙句、この登場人物の名前を変更してしまったの。


マリサ
でもこういうのって本人たちが不快に感じるかどうかだから、単なるクレーマーとして処理するのも問題ありなんじゃないか?


レイム
甘いわねマリサ。
さっき紹介した「日韓で異なる「謝罪」の意味」でも解説しているように、そもそも日本と韓国では謝罪の概念が違ううえに、韓国も特殊だけど日本の謝罪の概念も国際標準から見るとかなり特殊なのよ。


マリサ
どういう事だ?


レイム
日本では謝罪って、ひとまず謝ることで場を「収める」目的で使われることが多くて、その場合実際に落ち度があったかどうかは関係ないでしょ?


マリサ
まあそうだな。


レイム
でも国際的には謝罪って「落ち度を認めた」という意味が強いから、日本の常識における謝罪とは意味がかなり異なるのよ。


マリサ
ああ、確かに。
別に「僕のヒーローアカデミア」の作者は731部隊を意識して名前を付けたわけではなく、登場人物の体型から連想し、木材の一般名詞としての「丸太」の意味で付けたわけだしな。


レイム
そう、だからこの場合の謝罪は国際基準からするとおかしいのよ。
しかも韓国の場合には、以前も指摘したように謝罪にはそこで終わりにするという概念がなく、むしろ序列の決定作業という「始まり」を意味すると解説したでしょ?


マリサ
まさか…


※動画説明欄に関連動画へのリンクがあります。


レイム
そのまさかよ。
対等の概念が希薄であり、その代わりに徹底した序列社会である韓国では、一度相手が「落ち度を認めて謝罪した」ら、それは過去動画の「韓国では被害者が「偉い」」で解説したように、被害者と加害者の関係になるから「序列下位の加害者」認定されて、「何をされても文句の言えない存在」になるわけ。


マリサ
つまり集英社は日本人の常識でよく考えもせずに「謝罪」をした結果、韓国側から「何をされても文句の言えない加害者」認定を受けたって事か?


レイム
そうよ。
国や民族によって価値観や常識が異なるのは当たり前の事なのに、彼らは「他国の価値観」を理解せずに「日本の常識」で謝罪をしてしまったわけ。
その結果何が起きたかというと

「僕のヒーローアカデミア」作家、キャラクターの名前を変更しても批判される理由は?...ネチズン"生体実験行った過去の美化"
トップスターニュース(韓国語) 2020.02.11
http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=729936

キャラクターの名前のせいで右翼議論に包まれた日本の漫画、『僕のヒーローアカデミア』が、キャラクターの名前を変更しても議論を脱することができない様子である。

去る1日、生体実験を行う悪者の名前が志賀丸太(シガ・マルタ)と伝わり、多くの批判を受けた『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』が、連載元の少年ジャンプに謝罪文を掲載して議論を鎮めようとした。

作家の堀越耕平(ホリコシ・コヘイ)も謝罪文を掲載して、志賀丸太の名前について、「死柄木(シガラキ)の一部を取って “志賀(シガ)” と名付け、“丸太(マルタ)” はトントン(まるまる、ころころ、ぽっちゃり、ぶくぶく)と太った(丸々)外形から取った」と説明した。

さらに、該当のキャラクターの名前を球大(キュダイ)に変更すると明らかにした。

当時、謝罪文でハングルの謝罪文にだけ韓国に言及し、韓国を馬鹿にしているという指摘もあったが、キャラクター名を変更してもネチズンの怒りは収まらないと見られる。

『キュダイ』という発音と同じ単語があるのだが、これがまさにキュダイ(九大)である。この『キュダイ』とは、九州大学の略語である。

ところが九州大学はその昔、福岡で失踪した米軍捕虜を連行して、生体実験を強行した過去がある。

そのため有名な『ミルドク(軍事ヲタ)』である堀越耕平が、改めて意図して名付けたのではないかという反応が出ている。

これについてネチズンは、「本当に卑屈だ」、「陰湿そのものだ」、「大きな丸い球体という意味に替えたと思えば・・・」などの反応を見せた。

『ヒロアカ』は現在アニメが4期まで製作されて、劇場版も2本も出たが、今回の議論によって韓国と中国での人気は完全に冷えると予想されている。


レイム
集英社側が韓国人に言われるがままこの「志賀丸太」の名前を「志賀球大」に変えた結果、「福岡で失踪した米軍捕虜を連行して、生体実験を強行した過去がある九州大学の名称だ」とクレームを入れてきたのよ。


※2020年2月24日修正
問題の登場人物は「志賀丸太」から「殻木球大」に変更になったようです。


マリサ
ちょっとまて、これ完全にこじつけじゃないか。
しかもこんなこと認めたらそもそも日本における一般名詞が次々とクレーム案件になってしまうぞ?


レイム
しかもね、問題はこれだけじゃなくて

“丸太”で炎上・謝罪の『ヒロアカ』、今度は「ヒトラーと同じ」誕生日で批判? 反発の声も
リアルライブ 2020年02月10日
https://npn.co.jp/article/detail/200001090

 『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画『僕のヒーローアカデミア』が、またも議論を呼んでいる。
 事の発端となったのは、3日発売の2020年10号に掲載された同作259話に登場したキャラクター・志賀丸太の名前。志賀は改造人間の製造をしている医者という悪役キャラだったが、その名前について、第二次世界大戦の際に満州で人体実験をしていたとされる731部隊の被験者の隠語「マルタ」に由来するのではと、一部ネット上で物議に。炎上を受け、3日に『週刊少年ジャンプ』編集部は「作者や編集部にはそのような意図はありません」としながらも、名前を変更することをアナウンス。また、7日には集英社の公式サイトに謝罪文が掲載され、作者名義で「『丸太』は『丸々と太った』感じを表せればと名付けたもの」という説明もなされていた。

 しかし、集英社謝罪後も騒動は収まらず、SNSなどでメインキャラの一人、爆豪勝己の誕生日である4月20日が、アドルフ・ヒトラーの誕生日だと同じといった指摘や、敵連合のリーダー・死柄木弔の誕生日4月4日が、山本五十六の誕生日と同じという指摘が噴出。また、主人公の緑谷出久の誕生日7月15日についても、日本共産党の成立日と同じだと指摘する声もあった。

 これについて、署名サイトでは連載中止や販売中止を求めるキャンペーンが立ち上がるなどしているが、一方では「さすがにこじつけがすぎる…」「問題があったから叩いたのではなく、叩くためにさらに問題を探し始めたのでは?」「ヒトラーと誕生日が同じとか共産党の成立日とか、自分の言ってることがおかしいとは思わないのか?」という苦言も多く集まっている。

 また、ファンからは「一度謝罪したからこうなった」「謝罪すると難癖が増えるいい例」という声も上がっているが、バッシングを続けるネットユーザーからは、10日発売の11号に謝罪文が掲載されていないことに対する怒りの声も聞かれている。

 果たして、一度謝罪を行った編集部がこの問題について再び言及することはあるのだろうか――。


レイム
更には登場人物の誕生日がヒトラーと同じとか、山本五十六の誕生日と同じとか、日本共産党の成立日と同じとか、どんどんクレームがエスカレートしていったのよ。


マリサ
ちょっとまて、ここまで来たらもはや何でもありじゃないか。
というか、これ以前の動画であったユニクロのCMで、お婆さんが「昔の事は忘れたわ」と言ったら、それを「慰安婦のおばあさんを侮辱している」とクレーム入れてきたのと同じパターンじゃないか。


レイム
そうよ。
元々韓国人は扇動されやすいという事は以前から指摘しているけど、その扇動されやすさや、さっき紹介した韓国的な謝罪の概念などによって、こういう事に「終わりがなくなる」のよ。


マリサ
終わりがなくなる?なんでだ?


※動画説明欄に関連動画へのリンクがあります。


レイム
過去動画の「韓国が日本人から嫌われる原因は何?」で解説したけど、彼らの価値観では他者の劣等性を指摘する事が自己の優越性や正当性の証明になるからよ。


マリサ
つまりあれか?
集英社がしなくてもいい謝罪をして、韓国人に言われるがまま登場人物の名前を変更した結果、「何をされても文句の言えない序列下位の加害者」認定されて、他者の劣等性から自己の優越性や正当性を証明するって価値観と相まって、エンドレスクレームが発生したって事か?


レイム
まあ、彼らは熱しやすく冷めやすい性質もあるから、大抵の場合は大丈夫でしょうけど、今後はクレームを入れられやすくなるうえに、もし韓国で民族主義ビジネスを生業としている人達に目を付けられたら、延々と付きまとわれることになるわよ。


マリサ
…こわ。


甲と乙


レイム
それでね、最初のほうで説明した通り、「甲質(カプチル)」の解説自体はpart2の方でやることになるのね。


マリサ
なんでだ?
これからカプチルの解説じゃいかんのか?


レイム
まずね、なんで「甲質」という単語になっているか、そこを説明しないといけないのよ。


マリサ
ああ、そういや「甲」の「質」ってよくわからんな。


レイム
元々これはね、5~6年ほど前からある「甲と乙」という概念があって、そこから派生してできた単語なのよ。


マリサ
甲と乙?
「甲乙つけがたい」とか、「甲乙丙丁」とかの事か?


レイム
それもあるけど、意味としては日本のビジネス上の契約で「甲乙」が使われているのと同じよ。
韓国って社会制度や法律の大部分で日本の模倣をしているのだけど、その関係で契約上の「甲乙の関係」がそのまま使われているのね。


マリサ
たしか、契約上甲の方が乙よりも立場が上になる場合があるんだっけ?


レイム
そう、それに見立てて、立場が上の相手を「甲」、下の相手を「乙」として、韓国で日常的に行われている序列上位者から下位者への横暴を「甲と乙の関係」と呼ぶようになったの。


レイム
それで、こうした言葉が出てきた背景として、例えば2010年の事例で

「1発につき100万ウォン」…財閥2世がトラック運転手に暴行
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.11.29 16:23
https://japanese.joins.com/JArticle/135332

崔泰源(チェ・テウォン)SK会長のいとこの崔哲源(チェ・チョルウォン)M&M元代表(41)が、貨物連帯所属の運転手に暴行を加えた後、お金を渡していたことが知られ、衝撃を与えている。

29日に放送されたMBC(文化放送)「時事マガジン2580-信じられない殴打事件」は、崔元代表が貨物連帯所属のタンクローリー運転手ユさん(51)をアルミニウムの野球バットで10回ほど殴った後、‘殴り代’2000万ウォン(約150万円)を渡していた事実を暴露した。

報道によると、ユさんは自分が所属していた会社がM&Mに合併される過程で、雇用継承問題に対してM&M本社前で一人デモを行っていた。 M&Mは運輸労働者に貨物連帯の脱退とその後の加入を禁止する条件で雇用継承契約書を作成するよう強要してきたが、当時、蔚山(ウルサン)支部タンクローリー支部長のユさんはこれを拒否し、会社から解雇された。

この後、失業者になったユさんは自分のタンクローリーを買い取るというM&Mの連絡を受け、契約のために竜山事務所を訪ねたところ、崔元代表からアルミニウムバットで10発余り殴られた。 崔元代表は「一発につき100万ウォン」と言ってユさんに暴行を加え、ユさんがこれを避けようとすると、「今からは一発につき300万ウォン」と言って3発さらに殴った。 崔元代表はユさんの口にチリ紙をくわえさせ、肉片が落ちるほど拳で顔を殴ったりもした。 この過程を7-8人の会社幹部が見ていたことが伝えられ、さらに衝撃を広がっている。

崔元代表はこのように無差別暴行を加えた後、ユさんの通帳にタンクローリー代5000万ウォンを入金し、‘殴り代’2000万ウォンを現場で小切手で渡した。 ユさんは暴行事件の10日前、会社が自分を相手取り損害賠償訴訟を起こしたという訴状を受けたが、訴訟金額は暴行後に受けた金額と同じ7000万ウォンだったと明らかにした。

この後、ユさんは会社に電話をかけ、謝罪を要求したが、会社のある幹部は放送で「実際は2000万ウォン分も殴られていない。お金をもっと受けるために自分からもっと殴られた部分がある」と話し、さらに市民の怒りを買った。

放送後、視聴者はMBC「時事マガジン2580」ホームページの掲示板に「ドラマの中のならず者財閥息子がSKにいたとは衝撃的だ」「役員らも崔哲源と同じだ。 司法処理すべきだ」「SK不買運動をしよう」などと書き込み、激怒している。


レイム
韓国の財閥の一つであるSKグループ会長の親族が、かつて雇用していた貨物トラックの運転手による抗議デモに関してその人物を呼び出し、「一発につき100万ウォン払ってやる」と金属バットで殴って暴行、しかも支払われた金額はこの人物が会社側から訴訟をおこされていた損害賠償額と同じだったそうよ。


マリサ
なんだこの創作物の世界に出てくるコテコテの悪役。


レイム
他にも、2013年の事なのだけど

「ラーメン常務」の解雇無効訴訟、最高裁で敗訴確定=韓国
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.19 12:08
https://japanese.joins.com/JArticle/227034

ラーメンが生煮えだったとして客室乗務員を殴るなどして議論を起こしたポスコエネルギー元役員の解雇が大法院(最高裁に相当)で確定した。

大法院は18日、ポスコエネルギー元常務のA氏(67)が起こしていた解雇無効訴訟でA氏の最終敗訴判決を下したと明らかにした。

2013年4月にA氏は米国へ向かう大韓航空の機内でラーメンのサービスが良くないとして持っていた雑誌で乗務員の顔を叩くなどして物議をかもした。

A氏は米国司法当局から入国を拒否されて帰国し、この事件がメディアを通じて知らされたことで横暴な行為に対する社会的公憤を買った。

A氏はすぐに辞表を提出したが、2年が過ぎた2015年7月に「会社から辞表の提出を事実上強要された」として解雇無効訴訟とともに未払い賃金など1億ウォンを請求した。

また、大韓航空には自身の言動が書かれた「乗務員日誌」がインターネット上に流布されたことに対し慰謝料300万ウォンを要求したが、裁判所はA氏の主張を退けた。


レイム
アメリカ行きの航空機内で、これまた韓国の大企業であるポスコエネルギーの常務が、「提供されたインスタント麺が生煮えだった」とクレームを入れて乗務員を暴行、大暴れした挙句アメリカでFBIの捜査対象となったという事件。


マリサ
ラーメン一つでキレすぎじゃね?


レイム
更に2014年には、これは日本でも大きく取り上げられたから知っている人も多いだろうけど

機内サービスに不満 「事務長降りろ」…大韓航空副社長の“ナッツ回航”
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.09 08:14
https://japanese.joins.com/JArticle/193722
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/193722

離陸準備中の旅客機で乗務員に降りるよう命じた趙顕娥(チョ・ヒョンア)大韓航空副社長(40)に対し、政府が告発を検討中だ。

趙副社長は5日(現地時間)0時50分ごろ、米ニューヨークJFK空港で仁川行きKE086旅客機に搭乗した。趙副社長は航空機が動き始めた後、乗務員のサービスを問題視し、常務事務長を機内から降ろし、出発・到着時間を遅延させた。国土交通部は航空保安官・安全監督官を通じて、当時航空便に搭乗した乗客と乗務員に対する調査を始めたと8日、明らかにした。趙副社長の行為が航路変更や運航阻害につながったという調査結果が出れば、国土部は趙副社長を検察に告発または捜査依頼する方針だ。

趙副社長の指示のため、搭乗口を離れていた旅客機は「「トーイングカー」(飛行機を移動させる車)でまた搭乗口に戻されたことで、離陸と到着が10分ほど遅れ、乗客約250人が影響が生じた。

大韓航空などによると、当時ファーストクラスに乗っていた趙副社長は、ナッツを配っている乗務員に「マニュアル通りサービスしていない」と指摘した。先に乗客の意向を尋ね、皿にのせて出すべきだが、袋ごと渡した点を問題視したという。

趙副社長はその後、機内サービスの責任者である事務長を呼んでサービスマニュアルを確認させたが、事務長が答えられなかったため「飛行機から降りなさい」と指示した。大韓航空側は「事務長が降りたのは、機長に状況を報告し、機長の指示に基づいて行われたことだった。その後、副事務長が職務を代わりにした」と釈明した。

当時、この航空機は空港管制塔にランプリターン(滑走路へ向かっている途中、また搭乗口に引き返すこと)を要請して許可を受けた。「ランプリターン」は通常、機体に異常が見つかったり乗客の安全に問題が生じた場合に実施する。機内サービスの問題でリターンしたケースは前例を探すのが難しい。

当時の交信記録によると、地上勤務要員の大韓航空運航管理者は「詳しいこと知らせてください。(省略)1人を他の乗務員に交代しなければいけないということですが」と尋ねた。これに対し機内からは「事務長が降り、副事務長が事務長の役割をする。追加で交代させるのではなく」という内容で交信した。数分後、運航管理者が「事務長が降りることになれば、事務長なしに行ってもかまわないということです」と話すと、大韓航空は離陸手続きを再び進めた。

国土部の関係者は「趙副社長が役員の地位を利用し、飛行機の方向を変更させたとすれば、これは事実上『脅迫による機器操作』と見なすこともできる」と述べた。現行の航空保安法によると、不当な圧力で運航中の航空機の経路を変更した者は1-10年の懲役刑を受けることもある。

AFP・ロイターなど海外メディアは今回の事件を「ナッツ回航事件(Nuts Incident)」と表現しながら大きく扱った。英ガーディアンは「堅果類を皿にのせないという大問題を起こしたという理由で、趙副社長が該当乗務員を叱った」と皮肉った。

趙副社長の越権行為という非難世論が強まると、大韓航空は8日晩に立場資料を出し、「非常状況ではなかったにもかかわらず航空機が引き返して乗務員を降ろした点は行き過ぎた行動であり、これによって乗客の方々にご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と明らかにした。

しかし大韓航空側は「航空機は搭乗口から10メートルも移動していない状態で安全に問題はなく、事務長はマニュアルを使用できず弁解と偽りでごまかした」とし「趙副社長は機内サービスと機内食の責任を担う役員とし、問題提起および指摘は当然のこと」と説明した。


レイム
当時の大韓航空副社長で、韓国の大財閥である韓進グループ会長の長女が、乗務員が配っていたナッツに対して「マニュアル通りサービスしていない」とクレーム、激怒して大騒ぎし、すでに離陸準備に入っていた飛行機を搭乗口に戻させ責任者を下させたという事件。


レイム
こうした行為は韓国で日常的に起きているのだけど、特に今回紹介した事例は「目立った」こともあって韓国内で話題になったことと、現韓国大統領の文在寅氏や現与党がこの件と政府批判をこじつけて批判したことで大きな話題になって、「甲乙関係」というのが韓国で流行したのよ。


マリサ
これが「序列の上位者は下位者に何をしても許される」という状態で、そこに不満を持った人達から「甲乙関係」という単語が出てきたって事か。
で、そうした社会を何とかしようと批判したのが、現在の韓国の大統領と。
なんだ、いい大統領じゃないか。


※動画説明欄に関連動画へのリンクがあります。


レイム
マリサ甘いわよ。
過去動画の「韓国人とネロナムブル」を思い出すのよ。


マリサ
思い出したぜ。
私は五香粉を買いに台湾に行かないといけないからこれで帰るぜ。


レイム
行かせないわよ?


マリサ
レイム、お前は私に何か恨みでもあるのか?


レイム
特にないわよ?
それで、「ネロナムブル」というのは、「自分はいいが他人が同じことをするのは許せない」という態度の事と以前解説したでしょ?


マリサ
ああ、そんなのあったな。
「自分は常に正しい」という前提で思考するからネロナムブルが日常的に発生するんだよな。
って、もう嫌な予感しかしないんだが?


レイム
それで、この甲と乙の関係を「既得権を持つ韓国の保守系という積弊(長年積み重なった弊害)が原因である」として、「積弊清算」を掲げて当選したのが現在の韓国大統領である文在寅氏なのだけど、彼が大統領になったら「同じこと」をし始めたのよ。


レイム
前政権の政策を実行したという理由で官僚達を次々と左遷したり難癖で逮捕したりした結果、4人も自殺者を出したうえに、韓国最大手メディアである聯合ニュースとKBSの人事に介入して、自分達の息のかかった人間を幹部にしたり、裁判所人事に介入して裁判官を与党系に変えたりね。


マリサ
甲と乙の関係を批判し、その原因を既得権を持つ保守系にあるって批判しながら、自分達は甲の立場を使ってやりたい放題したって事か。


レイム
更には、以前も紹介したけどこの文政権の横暴を批判し、大学に壁新聞を貼った20代の男性が警察に起訴されたけど、まさにこの人は文政権の「甲」を批判していたのね。


マリサ
つまり政権による権力者の甲の横暴を批判したら、甲の横暴によって犯罪者にされてしまったって事か。


レイム
そうよ、しかも

韓国警察、文大統領非難のビラまいた保守団体代表家宅捜索
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.11 19:45
https://japanese.joins.com/JArticle/262447
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/262447

警察が文在寅(ムン・ジェイン)大統領と朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、柳時敏(ユ・シミン)盧武鉉財団理事長ら与党要人を非難する内容のビラを散布した保守系市民団体代表を相手に11日家宅捜索令状を執行した。

この日ソウル・永登浦(ヨンドゥンポ)警察署によると、警察は市民団体「ターニングポイント」のキム・ジョンシク代表の携帯電話を押収した。キム代表は昨年7月にソウルの国会噴水台周辺で「民族問題である研究所」という名前で文大統領ら与党関係者を批判する内容のビラをばらまき彼らを侮辱した容疑を受けているという。この団体は進歩団体「民族問題研究所」をパロディにした名前だ(「問題である=ムンジェイン」の発音が文在寅と似ている)。

当時キム代表がばら撒いたビラには文大統領を「北朝鮮の犬・韓国大統領文在寅の真っ赤な正体」という文言が書かれた日本の雑誌の表紙写真が含まれていた。裏には旭日旗を背景に朴市長、柳理事長、鄭東泳(チョン・ドンヨン)民主平和党代表、洪容杓(ホン・ヨンピョ)元「共に民主党」院内代表の写真に、彼らの父親らが日帝強占期当時に親日行動をしたという主張も載っていた。

キム代表は全国大学生代表者協議会の報道官を務めた人物で、文在寅政権を批判する各種集会に出たりユーチューブなどで韓国政府を批判する発言をしてきた。

警察はキム代表に対する内偵調査を進め、昨年12月からキム代表を立件し捜査を展開してきた。先月30日には被疑者としての取り調べも進めた。


レイム
このとある保守系団体は、「ソウルの国会噴水台周辺で文大統領ら与党関係者を批判する内容のビラをばらまき彼らを侮辱した容疑」で起訴されて、代表が家宅捜索を受けたそうなのね。


マリサ
うへぇ…。
イギリスの経済専門誌の「エコノミスト」はこんなのを「民主主義ランキングアジアトップ」と称賛したのかよ。


レイム
それで、こういう地位や権力を利用した横暴を文政権が延々と繰り返したうえに、韓国内では文政権に限らず「甲の横暴」が止まらないので、「甲的な態度」という意味で「甲質(カプチル)」という単語が生まれたというわけ。

今回のまとめ

・僕のヒーローアカデミアに対して、韓国人がクレームを入れたが、価値観の違いを考慮せず対応を誤った結果状況が悪化した。
・序列社会の韓国では、序列の高いものは低いものに何をしても許されるという慣習があり、そこから「甲 と乙」という概念が生まれた。


マリサ
なるほどな。
韓国では序列が高い人間は低い人間に何をしても許されるという慣習があって、それを批判した人物すら、自分が権力を手に入れたら同じことをし始めたうえに、社会で甲の横暴がなくならないからこういう単語がでてきたってわけか。


レイム
そういう事よ。
そして僕のヒーローアカデミアの事例では、そんな韓国の価値観や慣習を無視して、日本人の価値観で対応したから、判断を誤って状況を悪化させてしまったのよ。


マリサ
なるほどな。


レイム
そんなわけで今回はここで終わるけど、来週のpart2では本題の「甲質」にどんな事例があるか、そのあたりを解説していくことになるわ。


マリサ
今回の「アレ」でまだ「甲質」の本題じゃないのかよ。


レイム マリサ
ご視聴ありがとうございました。


大口
おつかれ~
今回は前後編に分かれるのでおまけはないよ。


レイム マリサ 大口
またらいしゅ~



お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策




動画版マイリスト



番外編マイリスト




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事