日韓問題(初心者向け)

【再現】2002年日韓ワールドカップ Public Viewing in 国立競技場

2020/01/16 00:09 投稿

コメント:9

  • タグ:
  • 政治
  • 韓国
  • マスコミ
  • 2002年日韓共催ワールドカップ
  • Public|_Viewing

さて、本日は去年予告した通り、過去記事「嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか」で言及した、2002年6月25日に開催されたワールドカップドイツ対韓国戦の際、当時日本で初の試みとして行われた国立競技場でのPublic Viewing、この時何が起きたのか、それを伝えていたHPの管理人様からページのデータをいただきましたので、可能な限りこのブログで当時のページを再現します。

初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。

ブロマガ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar892003

注意
・このブロマガは「日韓の価値観の違い」を初心者向けに扱っています

・当ブロマガのスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからと、こちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
う思うか」という客観性を常に持ちましょう

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください



まず最初に、このページは当時を伝える貴重な資料ではあるのですが、ページ自体は「2002年の日韓共催ワールドカップで何が起きたか」という問題を知っている前提で書かれているため、問題を知らないと何のことなのかわからなくなります。


そのため、事情を知らない方はまず以下の記事や動画を見ていただくことを推奨します。


過去記事
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか

過去動画

YouTube版
https://youtu.be/GMDuHySAwCs


YouTube版
https://youtu.be/g0rjOlIc-1s


そしてページの時系列なのですが、時期としてはイタリア対韓国戦が終わり、韓国のとんでもない所業がネット上で広く知れ渡り、「ドイツ戦で同じことが起きてはいけない、なんとか外国メディアに問題を訴えよう」という趣旨で、多くの人が国立競技場で開催されたパブリックビューイングにあつまりアピールを行った、そういう背景があります。


そしてそれがその後マスコミへの失望と不信へと繋がっていくわけですが、マスコミはここで訴えられているようなことを、「韓国への嫉妬や差別意識からやってるのだ」「高給のマスコミへの嫉妬だ」とか「自身の不幸をマスコミや韓国に転嫁しているのだ」とレッテルを貼るようになります。


また、管理人様から連絡をいただいた際に知らされたのですが、該当ページでは「ここがミラーサイトである」という趣旨の内容が書かれていたのですが、実際にはミラーではなくオリジナルだそうです。


なぜそんなことをしたかというと、当時メールなどでかなり激しい嫌がらせがあり、自衛手段として「ここはただのミラーである」という事にしていたそうです。
当時はそういう事がまかり通っていたのです。


それでは、以下が該当ページの再現となります。




※このページは
「日韓ワールドカップ パブリックビューイング ドイツVS韓国 ~ジャーナリスト魂に訴えろ~」
(旧:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/9421/ )
のミラーサイトです。
当該サイトの管理人さんが諸事情によりサイトを閉鎖されてしまったため、ファイルをDLしミラーを作成しました。
このサイト(掲示板とも)は管理されていません。また著作権は放棄されています。 






                              [Go to English side]

          

2002年6月24日、すべては巨大掲示板「2ちゃんねる」でのこの呼びかけから始まった。

1 名前:名無しさん 投稿日:2002/06/24(月) 19:58

怖れていたことが現実となりました!!!
来る25日に「ワールドカップ Public Viewing in 国立競技場」で
準決勝「韓国-ドイツ」までもが行われることになりました。

これで、「韓国ユニフォーム姿で応援する日本人サポーター(in Tokyo)」
(という説明)の姿が全世界に放映、配信されることになりました。
これまで、みなさんは「韓国」とは違い、韓国戦の不正なジャッジに対しては
反対の態度を取り続けておられると思いますが、日本と中国と韓国の区別もつかない
外国メディア、外国人にとって、「日本人と韓国人との共謀によるWカップの私物化」
という図式が描かれることになります。一生懸命戦った日本代表やサポーターが
いわれもない、払拭しがたい汚名をきせられるわけです。
それらを阻止する動きが具体化しています。
それらを少しでも避け、外国メディアに発信するため、当日「不正ジャッジ反対!」
「日本(人)は公正を求む!」等の文字を英語等で書いたTシャツ、たすき、はちまき、
横断幕などによる意思表示を国立競技場で行いたいという動きがあがり、現在、拡大しております。
ことの性質上、一義的な責任者を決めるのではなく「同時、同場所、多発的」に行ないたいと思います。
サポーター、友人間、サークル等、からの自発的な広がりを求めます。ご協力下さい!

私はぎりぎりまで迷っていたのだが、イタリアの敗退に怒り心頭の友人と一緒に行くことにした。
ひとりで部屋で怒っているだけではなく実際に何か行動を起こそうと思ったのである。


最初の餌食になってしまったポルトガルの絶望のために。




暴力ともいえる試合で無念の帰国をしたイタリアのために。



「イタリアVS韓国」あまりにも有名なフラッシュ映像はここ。
※元ページが消えているためインターネットアーカイブです。
フラッシュは問題なく動きます。

完璧な2点をいいがかりのようなファールで取り消されたスペインの怒りのために。




これ以上、同じ悪夢を繰り返させてはいけない。そう痛烈に思った。

これから読む前にぜひこちらを読んでください!
「知らされなかった韓国サッカーの裏側(ミラーサイト)」
※オリジナルのページはすでに消えていました。
http://www58.tok2.com/home/letsgokorea/





私は白いTシャツに「Fair Judgement Please. From Japan」とメッセージを書き、現場に到着。
すでに大勢の2ちゃんねらーが集結しており、ビールを飲んで士気を高めていた。どんどん集まってくる。






ネットってすごい、と思った。すでに「正義」はネットの中にしかないのかもしれない。
とかく犯罪の巣窟にしか思われない2ちゃんねるだが、正の方向に向かうとこれだけの力を発揮するのである。
民衆の力をなめてはいけない。

国立競技場へ到着。
ビールやペットボトルは持ち込み禁止らしいので、私は友人と韓国とマスコミへの怒りをぶちまけながら二人とも一気に2本飲み干す。
会場からはすでに「テーハミング」の大合唱が聞こえる。闘志がムラムラとわいてくる。
ドイツのサポーター席には思ったより沢山のサポーターがいた。
その中にはもちろんソウルまで行けない、純粋なドイツチームのファンもいる。






なんだよ!マスコミの連中は、韓国サポーターの前にしかいない!むかつく!




向こう側が韓国側。これが情報操作の現場である。(クリックして拡大)


ドイツ国歌の歌詞の紙が配られるが、雨でまったく読めない。
あいかわらず、韓国側から国歌斉唱の間や選手紹介のときにブーイングがあがる。
今回の私たちの趣旨は、日本のサポーターの良識を訴えるものなので、相手のファインプレーには拍手をし相手を侮辱するブーイングはしない、というものなので我慢我慢。

ゲームが始まった。
雨は降り続いている。でも、みんな雨なんか関係なく熱狂。
ドイツのプレーだけでなく、韓国でも良いプレーが出れば拍手をする。
団長の人が前で大きなドイツ国旗を振り、ボールを持った各選手の名前をコールする。
やはり盛り上がるのはオリバー・カーンがセーブしたときだ。
「オリバー・カーン!(ドンドコドン)、オリバー・カーン!(ドンドコドン)」

ドイツ選手たちはこっちなんか見ていない。私たちの存在さえ知らない。それでも私たちは応援をつづける。
見てもらえるわけでもないのに叫び続ける私たち。
この心からの叫びを、ソウルの選手たちに届けとばかりにみんな叫び続ける。
後ろの男の子が叫んだ。「ブーイングに負けるなー!ここにいるぞー!俺たちはここだぞー!」

私たちの姿を見て心がいたまないのだろうか、あちら側に固まってるマスコミ連中は。
少なくとも理想を持ってマスコミ業界に入ったはずだろうに。





今日の審判はレベルの高さが素人目に見てもわかる。あの毅然とした態度。ファールはちゃんと両方から取っている。
0-0で前半が終わる。
前半中、マスコミは誰一人こちら側にやってこない。ものすごい作為を感じる。
ハーフタイムの時、私は韓国側の席から見たマスコミを撮影しておこうとパーカでTシャツを隠し、韓国側にもぐりこんでみた。





まっかっかで別の国に来たみたいだ。そこで信じられない会話を聞いた。
韓国サポーターの日本人らしいが「やっぱ韓国のほうが応援してておもしろいよな。」だと!
そんだけでそっちにすわっとるんかい!「目を覚ませ!」と肩を揺さぶりたくなった。



韓国側の席から見たマスコミ連中。ずっとここから動かない。


てめーらのジャーナリスト魂は腐ってる。後半が始まってもあいつらは全く動こうとしなかった。
私は上記の訴えの英語翻訳したものをコピーしてきたので、それを外などにいたマスコミや外国人に配りまくった。

そしてついにその時はやってきた!
後半30分。半ば無理やりな、右サイドからのノイビルのパスをバラクがシュート。
が、一度GKにはじかれるものの、はじかれたボールをゴール前に詰めたバラクが再び押し込んでドイツ先制!
その瞬間、絶叫するドイツ側。
フィールドからはドーンと花火が上がり、知らない人もみんな抱き合って大喜び。
今までの中で一番キレイに見えた花火だった。雨も降ってたし気温も低かったけど、みんなのハートは確実に熱かった。




タイムアップの笛がなると同時に、歓喜の声がはじけた。ドイツの勝利を全身で喜んでた。
周りにいた人みんなで抱き合って喜んだ。
「来てよかった!」てゆーか「生きててよかった!」とさえ思った。確実に全員がひとつになってた。



試合後、こちら側に来たマスコミはこれだけ。ざけんな。


ざけんな、といえば試合後、団長の掛け声で「テーハミング」コールをした。
高校野球などでやるエールの交換である。私たちの「テーハミング」コールに韓国サポーターは答えない。
一部、両手を振ったり、旗を振ったりしてくれている人がいるが、全体的には無視だ。
そういうフェアな精神がないから、あんなことすんだろ。
「言うまでやるぞ」とばかりに2回目の私たちの「テーハミング」コール、やはり無視。

会場の外にドイツ(だと思う)プレスの人を発見!
私と友人は、その人に飛び掛り、私たちがなぜこういう事をしてるかを英語で必死で訴え続けた。
どこに載るのかわかんないが、ぜひ私たちの声を世界に向けて発信してほしい。



韓国サポーターにしか取材をしないマスコミ。日本が腐っていくのを手助けしている。


帰ってビデオにとってた試合を見る。さんまが無言の抵抗でドイツのユニフォームを着ていた。

「これでワールドカップの歴史が守られた。」の発言に涙ぐむ。






私たちの、この叫びは世界に届いたのだろうか。




私たちの行動についてこんな記事がありました一覧

ヤフー掲示板からも参加してたんだね!グッ!



翌日の東スポ!やったね、みんな!てゆーか、これぢゃ、ここの目線がいーみなーいじゃーん(ふるっ)。




NewsWeek日本版~
本文には掲載はなかったが、写真使ってもらってありがとうございます!





「週間文春」7月11日号
TVコメンテータ堀井氏のコラム。ちょっと違うけどまあ、良い。



【必読】

沈黙するマスコミの中でおそらく一番最初に今回の疑惑を斬ってくれた神の記事。
「情熱サッカーコラム~韓国ワールドカップ観戦記#4」

※上記はインターネットアーカイブにつなげているため、下記にリンク先はありません、再現のために表記しているだけです。

(※サイト閉鎖のためキャッシュをリンクしてます。見れない方はこちら。画像にしています。)





後記

今回のパブリックビューイングは政治的な意味合いが濃かったという。
自民党、公明党の議員達が韓国寄りの報道にのっかり、国立競技場で人気取りを予定していたそうだ。
しかも、韓国だけチームを応援し、韓国チームが得点したら花火をあげるといったものだ。
まともな考えを持つ日本国民には自殺行為としか言いようがない。
猪木元議員の「1.2.3.ダー」も予定していたらしい。
そこで有志達はパブリックビューイングの実行委員会に
「韓国よりの応援はホスト国としてふさわしくない。花火は中止するか両チームにあげるべきだ」という抗議の電話をかけまくった。同時に抗議メールも送った。
各国メディアにメールを送ったり、ドイツ大使館に「がんばれメール」を送る運動も行われた。
その様子は逐一ネットの掲示板上に公開され、それに触発された人たちがどんどん輪に加わった。
その結果、花火については両チームの得点に対してあげられることになり、猪木元議員の「ダー」は中止になった。(引用

ハッキリ言おう。これは「誤審」とか「微妙なジャッジ」とかではなく「買収」だと私は思っている。
韓国が苦しい時間に限って、韓国の都合のいいように"誤審"が起きている。
次々に無効になる相手のゴールと、韓国の悪質なファール。




3試合も続けて起きているというのが問題なのだ。2回ではなく、3回続けばそれは偶然ではなく必然である。
世界中の誰が見ても買収しているとしか思えないであろう。
その世界の声に耳をふさぎ、日本国民をコントロールしようとしたマスコミに私たちはどうしようもない怒りを覚えるのだ。

今回の報道は、「偏向報道」というより「マインドコントロール」に近い。
「さあ、共催国韓国を応援しましょう」と毎日のように赤い軍団をみせつけられ、
フジテレビでは、テーハミングの練習までやる始末。明らかな国民感情との温度差。
圧力に屈し、異を唱える人々への意図的な露骨な無視、排除、攻撃。恐ろしい程であった。
彼らにはもう情報発信する資格も政府の不正を追及する資格もない。
いまやテレビは私にとってただのBGMにしかすぎない。
今はテレビから吐かれる言葉をすべて信用できなくなってしまった。
これからどんなに素晴らしい番組を作ったとしても、私たちの信用を取り戻すのは至難の業であろう。
ネットが爆発的に普及してきている現在において、世論操作は不可能だとマスコミは気付くべきなのだ。


【必読】

サポーターに広がるメディア不信
(※サイト閉鎖のためキャッシュをリンクしてます。見れない方はこちら。画像にしています。)


※上記もインターネットアーカイブで問題なく読めるため画像リンクはありません。




ワールドカップで何が起こったか

・VOTE JAPANの意見から抜粋しました。

・VOTE JAPANの意見から抜粋しました。

===================================================

フジテレビのアンケートで「日韓共催は成功したか」というネットアンケートで
「はい」2%、「いいえ」98%という結果が出ました。
共同通信のソースもないあやしいアンケートより、よほど世論をうつしだしています。
なぜそうなってしまったのか、マスコミにはわかっているのでしょうか?

ワールドカップが始まったときはほとんどの人がマスコミを特別意識してはいませんでした。
日本の予想以上の活躍を喜び、トーナメントで負けても「よくやった」と納得していました。
さて、ここまでは「感動をありがとう」ですんでいました。
問題はそこから先でした。
最初におかしいと思い始めたのは、イタリア戦でのあの試合からでした。
素人目に見ても韓国は買収していると疑われても仕方のない試合です。
FIFAも認めているのでこれは明らかに誤審なのでしょう。
買収については疑惑なので、FIFAに徹底的に解明してもらいます。
その実況も韓国よりで中立であるべき報道の姿ではなく吐きそうになり途中からは音声を消していました。


===================================================


ワールドカップが進む中、次々と韓国側のサポーターの驚くべき行動が明らかになってきました。
だんだんと日本人の中におかしいという声が高まり始めましたが
それを打ち消すかのように、日本の放送各局は「審判問題」に触れるのを避け、
「韓国サポーターの非常識な行動」を避け、韓国にとって不利な情報を報道しませんでした。
しかし、ネットが普及している世の中、国際化が進んでいる世の中では、あっというまに真実が伝わります。
以下の問題がいいか悪いかではなく、事実としてあったということです。

・開会式の異常な色、デザインの日の丸(インチキ日の丸)
・小泉総理の開会宣言中のブーイング
・日本の敗戦を知ったときの大歓声。
・堂々とベルギーを応援。日本が点を入れるとブーイング。
・市庁舎前で日の丸を燃やす
・対戦国の国歌斉唱時のブーイング
・対戦国のボールキープ中のブーイング
・アメリカ戦ゴール時のスケートパフォーマー
・イタリア戦でのデルピエロに対する故意のエルボー攻撃(警告カードなし)
・イタリア戦でのマルディーニ選手への延髄げり(一発退場ものですがファウルなし)
・イタリア戦でのザンブロッタ選手へのスパイク面を相手に向けた悪質なチャージ(ノーホイッスル)
・スペイン戦でのGL際のラインアウト判定
・スペインPK戦でキック前にラインより前に出ているキーパー
・ドイツ戦でのドイツ選手の遺影
・ドイツ戦で逆十字の旗
・韓国のスタジアム建設費用を日本に出させていた
・日本単独開催予定を、ロビー活動により共催へ持ち込んだ
・チケットを無料で学生たちに配りまくり、韓国戦でもないのに勘違いのテーハミングコール
・閉会式での天皇・皇后両陛下に対する韓国大統領夫妻の全く失礼な振る舞い

あまりにも悪質で見過ごすことのできない状況です。
これだけの問題をなぜ、ありのままに日本国民に伝えることができなかったのでしょうか?
なぜ、日本はこういったことに「日本としては遺憾に思う」くらいのことが言えなかったのでしょうか?
まるで触れることがタブーであるかのようにどこの局でも話が「審判問題」になると慌ててCMに切りかえる始末。
特にみんなが憤慨しているのは3位決定戦のトルコの表彰式がカットされたこと。
スカパー放送を見た友人の話では、トルコの選手たちは自分のお子さんたちを肩車して表彰台にあがり
うなだれる韓国選手たちを抱き起こし、肩を組んでウィニングランをするなど、とてもすがすがしかったそうです。
トルコは、湾岸戦争のとき、何も出来ない日本政府の代わりにトルコ在住だった日本人を助けてくれた恩人ですよ?
(管理人補足:くわしくはこのフラッシュをご覧下さい。)

※こちらはリンクもすでになくインターネットアーカイブでも見つけられませんでした。

フジテレビ!あれは、4位決定戦だったんですか?報道の仕方が露骨です。
ワールドカップは日本と韓国のためだけに行われたのではありません! 


===================================================


一般の日本人がこれほど、韓国という国に関心をもったのは初めてではないでしょうか。
今回の日韓共催で、奇しくもたくさんの日本人がナショナリズムに目覚めてしまい、そして韓国の本当の姿を知った。
結果、嫌韓派を増やしてしまっただけです。
その責任の大部分がマスコミにあるのです。韓国に媚び、日本人を敵に回しましたね。

===================================================

私たちは現在、いとも簡単に情報を世界中から手に入れられます。
自分たちだけが情報を握っているというのは錯覚です。
連日報道される赤い軍団。
「一緒に韓国を応援しよう」「韓国すばらしい」と繰り返すマスコミ。
・・・今は戦時中ですか?軍靴の音が聞こえてくるようです。
日本のメディアのしなければならないことは真実を報道することであり、
韓国に対し、こびる精神を報道することではないと思います。
そんなこともわからない作り物の報道などいらないと思えてきます。
圧力に屈したり、スポンサーの為の番組づくりをするようなメディアは要りません。
現在、世界では韓国に対する評価は厳しいものになっています。
同じ泥の船に乗り、共倒れになって沈んでいくのでしょうか。日本は。

===================================================

今国会で審議されている個人情報保護法、通称マスメディア規制法に反対していましたが、
大政翼賛会的で幼稚な日本のマスコミは規制されてしかるべきであると思うのでこの法案を支持します。
日本のマスコミ各社は、もう信頼に値しません。猛省を求めます。
メディアは取り返しのつかない大きな失敗をしたと思います。
もしすこしでも良心が、勇気が、この業界に飛び込んだときの純粋さが残っているのなら
「行動してください」といいたい。
今なら、ほとんどの国民が味方になるはずです。





 放送法

第1章の2 放送番組の編集等に関する通則
(国内放送の放送番組の編集等)第3条の2
放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること

・・・ほっほー。

風化阻止!各マスコミへの連絡先 

日本のお得意の「のどもと過ぎれば・・・」で、今回のマスコミの罪が風化される恐れがあります。
下記の連絡先に「マスコミにわずかに残る良心」に賭けて訴えつづけましょう。
国立をみてもわかるようにネットの力をなめてはいけません。地方の方も参加できる運動です。

■「マスコミ連絡先一覧」 http://members.tripod.co.jp/anti_2002jwccom/contact/
■8ヶ国語翻訳できるサイト。これも使いましょう! http://www.logovista.co.jp/trans/index.html

※リンク切れで機能しませんが一応上記翻訳サイトのインターネットアーカイブ
https://web.archive.org/web/20010609201915/http://www.logovista.co.jp/trans/index.html





          



管理人が泣いた読者からのメール
2ちゃんねるでこのHPを知りました。50代のおじさんです。
韓国に特別の縁も感情もないというのが正直な気持ち。
サッカーはヤンマーの釜本の時代から見てきました。
だから皆さんと違って生きている内に最後に見られるアジアWCとの感慨を持って観戦しています。

今回のWCに関しては色々怪し気な気配があると感じています。
私はどの国が優勝してもそれはそれでいいです。実力でならばね。
最初に気が付いたのは、あたかも一緒に盛り上がっているかのような報道からでした。
それは絶対ウソだ。
私のまわりで共催を喜んでいる同世代はひとりもいませんよ。

極論すれば、たかが球遊びなんてどうでもいい。
問題は歪んだ情報で我々を洗脳しようとしたマスコミです。
正しい情報を伝えず、自分達の御身可愛さの情報垂流しの結果が
どんな悲惨な戦争を招いたか私達の世代は知っています。
当時の朝日新聞を読めば今回の報道との共通点を容易に見出せるでしょう。

私は今とってもうれしいんですよ。
20才になる息子を見ていると、こんな頼りない若造に未来をまかせておけるかと心配していました。
でもどうやら杞憂だったようです。
阪神大震災の時の若者たちのボランティア。
今回1,000人もの若者がドイツ戦で「正しいジャッジを!」と行動してくれたこと。
皆さんに日本をまかせても大丈夫だと確信しました。

私はあと20年もいないと思いますが、最後に遺言しときます。
日本のマスコミを信じてはいけません。
20年くらい前なら気骨ある人材がいたでしょう。
実際に戦争を体験した世代が記事を書いていましたからね。
でも今は自己保身しか考えない「自称エリート」の巣窟です。
これからも何かおかしい、納得できない事があったら、感情的にならず理性的にアピールしていただけたらと思います。

いいですか?
感情的な反発ほど権力者から抑圧しやすいものはないのですよ。

最後に勇気を持ってこのサイトを開いた主催者の方へ、
そしてパブリックビューイングに集った1,000人の若者へ。
どうもありがとう。
できれば一緒に参加したかった。



Friday June 21, 12:29 PM
England fans thank Japan for their hospitality
- Soccer - FIFA World Cup 2002
- England v Brazil - Quarter Final






[ゲストブック]
【注意】キャッシュが残っていたページのみ表示されます。新規投稿はできません。

※ゲストブックなのですが、掲示板形式のデータでどう処理していいかわからないため、閲覧可能なログを以下に貼っておきます。

[327] ■ 消えちゃった? NAME:暴走韓国 MAIL URL 投稿日[DATE]:2006年06月25日 (日) 02時22分

どうも、暴走韓国のミラーサイト管理人です。

WC開催とともにアクセスが結構すごかったんですが
そのせいなのかF5アタックでも食らったのかトクツーのページがダウンしちゃいました。

ってことで、ミラーのミラーを…w
http://www.geocities.jp/letsgokorea2000/

アジア勢は全滅した今回のWCですが、これでまともなんですよな~
世界レベルのサッカーを毎日堪能しております。
寝不足ですけどねwwww


[326] ■ NAME:秘密 MAIL URL 投稿日[DATE]:2006年06月03日 (土) 11時07分

ドイツの大会は素敵な楽しめる大会だといいな


[325] ■ NAME:謙次郎 MAIL URL 投稿日[DATE]:2006年05月28日 (日) 01時12分

あと少しでドイツ杯ですね。
改めてあの大会が失敗だったことを思い出しました。
ドイツ大会が成功しますように。
今更ですが皆様の行動に御礼を申し上げたいと思います。


[324] ■ NAME:小津 MAIL URL 投稿日[DATE]:2006年04月24日 (月) 21時36分

試合を見ていて、嫌気がしたのを思い出しました。
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html


[323] ■ NAME:WLJP MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年12月29日 (木) 01時06分

GOODBYE JA PAN PERFECT HOST
涙が出ました。
どんなにマスコミが腐っていても国民が正義を示せばいつかみんなわかってくれるんですよね。
今回行動してくださった皆さん有難うございました。我々の、少なくとも今の日本メディアに幻滅している私には、この記事は希望の光となりそうです。
ほんとうに有難うございました。


[322] ■ ブログからリンクさせていただきました。 NAME:baldie MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年12月13日 (火) 17時36分

英語でブログをはじめ、ここの英語版のほうをリンクさせていただきました。(かなり下手な英語です)。次のワールドカップに向け、また、このことをまた、アピールせねば。ブログのURLはリンク先を見てください。もし、嫌でしたらブログにでも書いていただけると対応します。英語しかないですが、日本語も入るはずです。


[321] ■ NAME:KEN MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年12月10日 (土) 10時32分

今日初めて、ドイツ戦の時に皆さんが行っていた活動のことを知りました。

日韓ワールドカップは、今までのワールドカップの中でもワーストクラスの大会であると、既にもう語られているそうです。
しかし、何故日本まで悪く言われていないのか。
共同開催した以上、日本まで風評が悪くなってもおかしくないのにも関わらず、
私は今まで日本がフェアでないワールドカップを開催したことを責められている噂を聞いたことがありません。
そして、今日始めてその理由を知りました。
100%が皆さんのおかげではなく、
フェアプレー賞まで受賞している、素晴らしき日本代表の功績が一番大きいのでしょうが、
皆さんの正義を愛する行動が与えた功績はきっと、
報道をしていた外国の記者達にも伝わったと思います。

感動して、涙まで出てきました。
あの時に行動してくださって本当に有り難うございました。


[320] ■ 辛いコトです… NAME:さな MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年10月31日 (月) 02時34分

 私もイタリアー韓国戦そして他の二試合も観ていました。
なんというか、憤って憤ってもう、哀しくなる試合でしたね。
私は元々ナショナリズムっていうのに浸れない質で、集団心理とかもう受け付けない人間です。実はW杯は自分の国も応援していませんでした。
 面白い試合がみたいだけなんです。本当にそれだけ。国々各国が自国を応援するのもいいと思います。でも、何所の国だろうが良いプレーは良いプレー、どの国だろうと賞賛に変わりはない。「良かった!!」といえる事が一番。
 だから、あの試合を観た時はもう、スポーツが、選手が、可哀想でしょうがなかった。フェアにプレイをしている選手に暴力や不公平で応える試合ほど不愉快で楽しくないものなんかあるでしょうか。
 W杯に関してはホスト国が「優遇」されるらしいというのは知っていますが、それでも、色んな意味で痛々し過ぎて、こんなものをゲームと呼んではいけない、とさえ思った程。
 国際的な催しであるからこそ国同士での政治的な関係性(イングランド、アルゼンチンなども然り)が影響するのは理解出来ます。
が、なら正当なルールで勝ちましょうよ、そういう気概は持ちましょうよ、って声高に、私も訴えて行きたいです。

ドイツ大会……、こんなガッカリは是非無い事を祈りたいですね!!


[318] ■ 日本の恥ではなく NAME:yo MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年09月23日 (金) 12時39分

あの国にとって恥ずべき事でしょうね。
管理人さんがんばって下さいね。


[316] ■ 情熱サッカーコラムについて NAME:morokuzu MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年06月29日 (水) 23時37分

msnの情熱サッカーコラムは、下記のブログの「韓国ワールドカップ観戦記#1 #2 #3 #4 #5」のところにアーカイブへのリンクがありますよ。

http://morokuzu.exblog.jp/2879691/

自分のブログで、すみません・・・


[315] ■ 情熱サッカーコラム NAME:猫旦那 MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年06月09日 (木) 16時43分

msnのサイトにあった情熱サッカーコラム、
削除されてしまったようですね。残念です。
次回大会が近づいてきているせいか、
前回大会の誤審問題に触れている記事が、
ネットからどんどん削除されているような気がする。


[314] ■ 日本がんばれ NAME:from Taiwanese MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年06月07日 (火) 03時16分

この間の夜、W杯予選をTVで見ました。
日本がんばって欲しいです。
前のW杯では、台湾でも韓国批判がすごかったです。
サッカーなんて、全然知らない人でも、怒ってました。
日本加油(がんばれ)!


[313] ■ 感動しました。わたしもみなさんと同じ気持ちです NAME:25歳。普通の事務員 MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年03月19日 (土) 15時25分

文章が長くなりますが…
わたしもあのワールドカップ以降、韓国という国家と日本のメディアにはずーっと不信を募らせておりました。
去年から日本では韓流ブームなるものが世間を騒がせてますが、マスコミの韓国保護は相変わらずで、『ワールドカップの事がちっとも生かされてない…』と毎日テレビに韓国スターが出るたび吐きそうになります。そしてすぐチャンネルを変えます。
今『竹島問題』が浮上し、ようやくマスコミも某国の本性を放送するようになりました。わたしはあの国の文化や民衆に激しい悪意を持っている人間ではないのですが、それでもやはり『あぁ、やっとこのブームも去ったか』と正直ホッとしております。
しかしやはり日本のマスコミはどこか韓国よりのコメントで、『このままでは島根の人が悪者になってしまうんじゃないか…』という杞憂から2ちゃんねるを初め様々な嫌韓サイトを見て、あの国ことを勉強するようになりました。
この管理人のかたもそうなのですが、スゴイ!というのが正直な感想です。全ての人が…とはいえませんが、2ちゃんねらーの人たちはしごく冷静な意見をもっていて、それでいてちゃんとした文章や映像を情報証拠として提供している。テレビメディアなんかよりずっと信用できる!と感動を覚えたものです。
あの50歳の方からのメールも、相槌を打ちながら何度も何度も読みました。わたしも彼と同じ気持ちです。今の日本にこれほど自発的に行動できる若者がこんなにたくさんいたのか、と。
日韓ワールドカップ…
わたしはスポーツ全般好きなのですが兄の影響で特にサッカーが好きで、中学の時の(わたしが)Jリーグ開幕から、日本でのワールドカップ開催を夢見ていました。だからそれが決まった時『まさか!やった!』と家族中で歓喜しました。それと同時に『共同開催国があの韓国なのか…』と不安になりました。ソウル五輪での、あのボクシングでの停電事件を知っていたからです。
それでも『きっと素晴らしいワールドカップになる!絶対にしよう!』と、その日が近づくたびに毎日ワクワクしていた気持ちは今でも忘れていません。
しかし蓋を開けてみれば、不正ジャッジ・天皇皇后に対する無礼・あげくの果てにドイツ人選手の遺影。『なんだあの国は!』と憤慨するよりも、悲しくなりました。ずっと待ち望んでいた みんなの夢であったワールドカップが、こんな失礼極まりない大会になってしまうなんて…、と。
だけどそれよりもっと悲しかったのは、日本でそれを諌める声が異常なまでに少なかったこと。これが世界で最も礼儀を重んじる日本の反応なのか?と。皆さんと同じように、これでは日本まであの国と同類だと世界に思われてしまう…と愕然としました。
2002年。あのときのわたしはパソコンをほとんど扱えない普通の女子大学生だったので、できたことは家族総出で各テレビメディアや新聞社に抗議の電話をすることだけ。――全て、軽くあしらわれてしまいましたが…
だから、真のサッカーファンと日本人の心を持っている人たちが起こしたあの運動の詳細は、今日まで知りませんでした。あの時わたしもパソコンが使えてたら…と参加できなかったことを心底悔しく思います。
<管理人さんへ
日韓ワールドカップの裏事件は、絶対風化させてはいけないと思います。韓国の無礼な振る舞を…というより、今の日本の腐りきったマスメディアへの抵抗や、本当にスポーツを愛して公平を求める人たちのために。
今では一社会人となっているわたしですが、何かに挫けそうになった時や圧力に屈しそうになった時、きっとこのサイトを見ては自分を奮い立たせることでしょう。そして、わたしのように感じている人も多いと思います。
――最後に
本当に感動しました。このようなサイトを設立してくださって、心から感謝しています。これからも頑張ってください。

PS・日本対イラン戦、もうすぐですねww
わたしは現地に行くことができないので、家で友人や家族と一緒にノドが枯れるまで必死に応援しようと思います。日本選手には正々堂々と戦って欲しい、と望みながら。(彼らなら必ずスポーツマンシップに則った試合をするでしょうが)



[312] ■ 揚げ足なんかに負けないで NAME:Mix MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年03月04日 (金) 00時27分

大事なのは、その時に起きた事実を冷静に判断することだと
心から思います。
私はこのサイトの方針に感動しています。
ずっと残しておいてください。


[311] ■ ドイツサッカーをいつまでも応援してくれ NAME:3年前よりの使者 MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年01月31日 (月) 22時36分

ドイツの八百長で4人逮捕
 ドイツの不正ジャッジ事件が刑事事件に発展した。警察当局は、詐欺の疑いで4人を逮捕した。辞任したロベルト・ホイツァー元審判員(25)がマフィアと接触したとされるベルリン・シャルロッテンブルクにあるカフェキング店主とその弟2人のほか、関与したと見られる男の計4人。

 警察は本名などを明らかにしていないが、いずれも旧ユーゴスラビア系のファーストネームを持っており、関与がうわさされるクロアチア・マフィアとの関係を調べている。ホイツァー元審判員はまだ逮捕されていないため、今回の4人が疑惑事件から出た初めての逮捕者となった。

 ドイツ協会(DFB)のツバンツィガー会長は、「我々はまだ氷山の一角しか知らない。だがすぐに全ての事実が明らかになることを信じている」とコメントした。また、選手が関与している可能性については、「ないと信じたいが、仮にそういうことがあったとしたら、遺憾だ」と述べた。

 また、審判の不正発覚を受け、29~30日に行われるブンデスリーガ全試合の担当主審が、28日に一斉に変更になった。審判とチームの相性はサッカーくじ予想の重要なファクターであるため、これまではファンサービスとして5日前前後に発表されるのが通例になっていた。だが、今後は不正防止のため、直前まで発表しないという。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-050130-0011.html

ドイツで不正ジャッジと賭け、審判が辞任
 ドイツで審判による不正騒動が浮上した。同国サッカー協会は、ドイツ杯の試合で不正なジャッジをした疑いが持たれているロベルト・ホイツァー審判員(25)の辞任を発表した。同審判員は8月のドイツ杯1回戦ハンブルガーSV-パーダーボーン戦で、格下パーダーボーンに2度もPKを与えた上、これに抗議したハンブルガーのFWムペンザを退場処分にしていた。試合はパーダーボーンが4-2の金星を挙げた。

 ドイツ紙ビルトなどは、ホイツァー審判員がこの試合の賭けをしていたと報道。自分に有利なジャッジをしていたとし、ドイツサッカー界最大のスキャンダルと糾弾している。ドイツ協会のツバンツィガー会長は「このようなことが闇に葬られたら、同じような事件がまた出てくる」と、徹底調査を厳命した。

 ホイツァー審判員は02年に審判登録され、主に2部リーグやカップ戦で笛を吹いていた。当初は疑惑を否定していたが、辞任後は無言を貫いている。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-050124-0011.html

新聞のなかには、この審判の逮捕が30年以上続く疑惑につながるとい記事を公開したところもある。だれに一体何のために、 Judgeを叫んだのか、あれから3年近くが経過した今こそ考えてくれ、きっと考えもしないんだろうけど

ワールドカップで正義の味方として思い出作りができてよかったね


[310] ■ 知らなかった…。 NAME:冬○ナにだまされた MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年01月31日 (月) 03時05分

学校のドイツ語の課題で、2002年のWCのことと、
必死にドイツを応援した日本人のことをを初めて知りました。
サッカーは全然分からないけど、マナーだけじゃなくて、
ルールもねじ曲げてしまっていることは良くわかりました。

一時期、○ソナにハマっていましたが、報道が過熱するにつれて
自分の熱は冷め、視界が開けてみれば、
オバサンたちがマスメディアの韓国贔屓の報道に踊らされているだけだって事に気づきました。
そんな中に自分がいたなんてバカバカしいです。
こうやって、マスメディアは罪もない人を陥れるんですね。

ドイツ語の課題を出した先生は、昨年から日本に来ている
ドイツ人の方です。課題文のなかで彼は、
『彼ら(日本人)は、最後まで韓国サポーターに
敬意を表することで、フェアプレーの心を主張ていた。
私は、彼らと同じ場所で時間を共に出来たことを誇りに思う。』
と書いていました(拙い訳ですみません、しかも間違ってるかも…)
あなた達の勇気ある活動は、ちゃんとみんなに伝わってますw
これからも頑張って下さい!


[309] ■ 卒論で使いたく思います。 NAME:あの日のでかいコールリーダー MAIL URL 投稿日[DATE]:2005年01月31日 (月) 00時51分

あの日の参加者の皆様、応援くださった皆様、お久しぶりです。
及ばずながらコールリーダーを勤めさせていただきましたものです。

個人的なことで恐縮でありますが、このPVのことを卒業論文に
使いたいと思いまして戻ってまいりました。
書いているとあの日のことが思い出されて懐かしくてたまりません。
卒論のテーマは「メディアはサッカー文化を育てたか」です。
結論は言うまでも無いでしょうw
最後に。

あの日のみんな、ホントありがとう。





 もちろんリンクフリーです。
このページにある写真や文章に関しては著作権を放棄します。どんどん使用して、世界にアピールしてください!
読者の方によってこのページを英訳していただきました。大感謝いたします!世界中の掲示板やマスコミに送ってください!
↑翻訳してくださった「名無しさん」!メールが送り返されてしまいます。この場を借りて御礼申し上げます。





再現は以上になります。


過去記事や動画と一緒に読んでいただくと、当時どんな雰囲気だったかがわかりやすいです。
また、英語版はこの後アップ予定です。


そして当時の状況なのですが、この後トルコ対韓国の3位決定戦でフジテレビがトルコの表彰式をカットするという事態となり、それがいわゆるゴミ拾いOFF(ニコニコ大百科より)へと繋がっていき、現在まで続くマスコミ不信の出発点となります。


当時こうして問題提起をしていた方々がいたからこそ、今があるわけです。
そしてデータを送っていただいた「2002年日韓ワールドカップ Public Viewing in 国立競技場」の管理人の方へは、この場を借りて改めて感謝いたします。

ありがとうございました。




お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策




動画版マイリスト



番外編マイリスト



コメント

タンクさn
No.7 (2020/01/20 08:45)
欧州の腰の入ったタックルを見習え
アンドリュー
No.8 (2020/01/20 11:55)
 ページ再現冒頭から6行前<書かれれ>誤字です。
 <後記>部分の最後<インターネト>脱字です。
 
大口歩也 (著者)
No.9 (2020/01/20 23:45)
>>8
指摘ありがとうございます、修正しました。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事