+1.00 のコメント

+1.00
No.15 (2019/11/06 19:28)
韓国側が提案している経済協力基金の創設案ですが、文喜相議長が中心で動いているように見える点が気になります。
青瓦台は様子見をしているようです。(https://s.japanese.joins.com/JArticle/259245)

文在寅大統領と文喜相議長は同じ南平文氏の一族で、大統領は41世代目(名前の1文字目に在・時・圭を使う土属性の世代)です。
一方の議長は34世代目(名前の2文字目に根・模・相を使う木属性の世代)。
(https://ko.wikipedia.org/wiki/%EB%82%A8%ED%8F%89_%EB%AC%B8%EC%94%A8 下の方の行列字(항렬자)の項を参照)

年功序列が強い韓国社会ですが、一族の中では年齢よりも世代の方が重要。
歴史のある一族では世代が上で年齢が年下の遠い親戚なんかも珍しくなく、その場合は子供が年上の親戚に命令するような人間関係になるようです。
もっとも、南平文氏も歴史ある一族なので該当するものの、議長の方が大統領より年上なので逆転現象は起きていませんが。
(余談ですが日本語で南平文氏の家系図を探すと、某新興宗教団体教祖の物が上位でヒットします。信憑性はお察し)

以前の天皇謝罪要求の際に何となく気になっていましたが、今回の件では特に、大統領は議長の行動を制御できていないように感じます。
大統領の権威が経済政策の失敗やタマネギ男騒動で低下した結果、一族内の身分差を抑えきれなくなったのではないでしょうか。


ついでに根拠が薄い想像というか妄想レベルの話ですが、名前に関して。

大統領が名前の2文字目に使っている「寅」は陽の木属性で、議長が名前の1文字目に使っている「喜」は土属性とされています。
つまり両者とも、土+木属性の名前になっています。
木属性と土属性は五行の対極にある文字。五行のバランスを取った名前が良いとされ、よくある名付け方です。(土+水や金+木でも問題ないので、一致は偶然だと思いますが)
名前をぱっと見したとき、行列字を覚えていない人にはどちらが格上なのか分かりづらい。
7世代上なのに名前が同格に見え、役職も(建前は)三権分立で同格。
文喜相議長が恨を貯める環境が成立してしまっているように思います。そのフラストレーションが暴走しているのかなぁ、と。

このコメントは以下の記事についています