苫村 露板 のコメント

苫村 露板
No.25 (2019/08/06 07:50)
個人的まとめ:7月末からの英字版ロイター
・韓国人記者が連投。韓国側の観点のみが伝えられている
・日本人記者は「韓国の記事」を引用した記事を書いている
・閣僚のツイッター等を見ればわかる情報すら韓国紙から参照している
・一日に五回の追記はザラ。しかも追記箇所は明かさない
・たまに「輸出制限(export curbs)」を自発的に使わない記事があったとしても、韓国人記者がバンバン追記する

以下、英字版ロイターにおいて繰り返し使われている表現
1.「日本政府は韓国に対して輸出制限を行う理由として、明らかにできない(unspecified)安保上の理由を根拠としている」
2.「にも関わらず、「徴用工裁判で大法院が日本企業への賠償を命じたことで両国間の信頼が損なわれた(an erosion of trust)」ことが理由だとも述べている」
3.「日本政府は国交正常化の際に全て解決したと主張している」
4.「輸出制限によって半導体産業を脅かしている」

反論
1.大口さんも述べているが、経産省は「答えられないこと」以外はちゃんと答えている。しかも英文でも公開している。
2.「信頼が損なわれた」のは徴用工裁判だけが理由ではない。それも「経産省のHP」に「英文」で公開されている
3.韓国側の観点から議事録などの証拠を無視した書き方。但し主張していること自体は事実。「請求権は消滅したと主張している」と書いていないのは好感
4.「輸出管理強化」なので、正常な手続きを行えば輸出できます。さらに特定3品目以外はきちんと手続きを踏めば特別一般包括許可はもらえる。これも以下略

このコメントは以下の記事についています