日韓問題(初心者向け)

【日韓問題】先鋭化していく韓国 part1 part2

2019/07/28 00:11 投稿

コメント:74

  • タグ:
  • 政治
  • 韓国
  • ゆっくり解説
  • 日韓問題・マスコミ問題(初心者向け)

さて、本日は一連の韓国に対する輸出優遇措置解除問題に関連した韓国の反応について、久々の二本同時投稿の動画となります。


関連動画

youtub版
https://youtu.be/PvEa1FjkkEw


youtub版
https://youtu.be/VolL28Yt3zc


youtub版
https://youtu.be/StPglNFdHxE

注意
・この動画は「日韓の価値観の違い」を扱っています

・うp主のスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからとこちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たら
どう思うか」という客観性を常に持ちましょう。

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

・キャラ崩壊あり

・動画の拙い部分は生暖かく見守ってください、そのうちなんとかします


本日の投稿動画





youtube版
part1
https://youtu.be/TRyonox6jUc
part2
https://youtu.be/9QLUPrHOLw0




以下は動画のテキスト版となります。


レイム マリサ
ゆっくりしていってね


レイム
さて、今回は日韓問題なので私が解説していくわね。


マリサ
そういやなんかまた韓国が騒がしいみたいだな。


レイム
そうなのよ、入ってくる情報が多すぎて2パートに分けようか考えていたところよ。


マリサ
おい、今回はやらせんぞ。
なんといってもまた朝日がやらかしたからな、朝日舐めんな。


レイム
というわけなので、今回は1パート内でおさめることになったわ。


また矛盾


マリサ
それで、今回はどんな矛盾することを言い出したんだ?


レイム
以前からこの件で指摘しているけど、輸出優遇措置が解除された理由の根本的原因は、韓国が2016年以降定期協議に応じなかった事よね。


マリサ
そうだな、んで日本がそのことを韓国に指摘したら、当初「日本側の担当者が不在の期間があった」と言い出したが、実はその時期にそんな期間はなかったんだよな。
それでそのことを韓国側に指摘したら「勘違いだった」と言い出したと。


レイム
そうね、それでその後韓国側は「2019年3月以降に開催することで合意していた」と言い出したのだけど、それも経産省が「合意したのではなく、韓国側が一方的に3月以降でないとできないと言い出しただけ」ってことを指摘したのよね。


マリサ
ここまでがこれまでの経緯だが、またなんか言い出したのか?


レイム
そうよ、まずこれを見て。

韓国産業部長官「日本は近視眼的措置を撤回すべき…いつでもどこでも対話する用意」
ハンギョレ新聞 2019-07-24
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/33969.html

日本、輸出貿易管理令改正案の意見集約最終日 
韓国政府、午前に日本に意見書を公式提出 
「日本による韓国の非ホワイト国分類は 
経済協力、北東アジア安保協力の根幹を揺るがす」

 ソン・ユンモ産業通商資源部長官は24日「今朝、日本の経済産業省に大韓民国政府の意見書を提出した」として「両国間の経済協力、および友好関係の根幹を揺るがす重大な事案に対して、事前の協議もなく立法予告したことに対して、韓国政府は改めて深い遺憾を表明する」と述べた。ソン長官は施行中の半導体材料3品目に対する輸出統制強化措置を直ちに原状回復し、輸出貿易管理令改正案の撤回も再度公式に要求した。この日は、日本政府が韓国をホワイト国から除外する輸出貿易管理令改正案に対する意見集約の最終日だ。

 ソン長官はこの日午前、政府ソウル庁舎で記者会見を行い「日本政府が4日から半導体・ディスプレイ材料3品目に対する輸出統制強化措置を施行したのに続き、15年以上ホワイト国と認定してきた韓国を非ホワイト国に分類し、輸出統制を大々的に強化することは60余年以上緊密に維持・発展してきた韓日経済協力パートナーシップと北東アジア安保協力の根幹を揺るがすきわめて厳重な事案」と指摘した。

 彼は「事案の重大さに照らしてみる時、日本の今回の措置は疑問の余地がない明々白々な証拠と事実に基づかなければならない」として「しかし、韓国の輸出統制制度不十分、両国間の信頼関係き損など、日本側が掲げているこの度の措置の理由は、すべて根拠がない」と話した。さらに「日本の今回の改正案が施行されるならば、韓国企業はもちろん、日本企業にも悪影響を及ぼす近視眼的な措置」と強く批判し「60余年以上発展させてきた共生共存の韓日経済協力の枠組みが壊されることを決して望まない。韓国政府は、問題解決のみならず未来指向的関係発展のために、いつでもどこでも対話する用意ができている」と述べた。

 意見集約の最終日であるこの日午前、電子メールで日本に送った韓国政府の意見書には、大きく4つの内容が入れられた。第一に、「韓国は在来式兵器のキャッチオール(非戦略物資に対する包括的規制)統制が不十分」という日本の主張に対する反論だ。韓国がワッセナー・アレンジメントなど国際輸出統制において勧告する4個のキャッチオール統制を採択しており、制度を見ても実績を見ても在来式兵器のキャッチオールが機能しているという内容だ。

 特に「日本のホワイト国のうちの一部は、在来式兵器のキャッチオールを導入していなくとも継続的に含まれている。それでも韓国をホワイト国から除外するということは、不充分な理由に起因する差別的措置」という内容も意見書に含まれた。

 過去3年間、両国の輸出統制協議会がまともに運営されず信頼関係が毀損されたという日本側の主張に対する反論も、当初知らされたより詳細に叙述されたという。協議会は通常1~3年周期で不定期的に開かれるが、最後の会議は2016年6月の「第6回協議会」であり、韓国が主催国だった。これに伴い、日本を主催国として第7回会議が開かれなければならなかったが、今日まで開かれていない。

 韓国は日程調整が難しいとして日本に2018年6月に日本での課長級協議会を提案したという。これに対し日本は、局長級協議会を韓国で開催しようという代案を提示したが、これもまた実現せずに、2018年1~2月に会おうと再要請した。韓国は、昨年末に2019年3月までは日程上難しいと伝え、日本は「韓国の状況を理解し、連絡する」と回答した後、別途の連絡はなかったというのが産業部の説明だ。ソン長官は「韓国としては、主催国である日本側の新たな日程提案を待っている状況で、日本が1日付けで改正案を発表した」として「むしろ韓国が日本側の一方的手続き進行にともなう信頼き損を憂慮すべき立場」と話した。

 意見書には、韓国のホワイト国からの排除は、ワッセナー・アレンジメント国際輸出統制規範に反し、関税貿易一般協定(GATT)11条(輸出入制限措置の禁止)、1条(最恵国待遇義務)等世界貿易機関規範にも背反するという内容も入れられた。これに合わせて韓国政府は、国際信用格付け会社のフィッチとムーディーズが、日本の輸出規制はグローバル経済に悪影響を及ぼす恐れがあると分析したことを引用し、両国間の交易の不確実性を増し、グローバル・バリューチェーンに衝撃を与える措置を撤回すべきと主張した。

 日本によれば、今回の輸出貿易管理令に対する意見が異例にも1万件以上受け付けられたとし、日本の“関係者”の話を引用して「今回の措置に賛成する内容が大部分を占める」と伝えた。意見集約はインターネット専用窓口とEメールを通じてこの日まで実施され、日本政府は締め切り期間が過ぎれば集まった意見を精密に分析する予定だ。その後、閣議を経て改正することに最終決定されれば、公表して21日後に施行される。
チェ・ハヤン記者


レイム
なんかこのハンギョレの記事によるとね、協議は1~3年周期で予定通りなら2018年6月に課長級協議が開かれるはずだったのだけど、韓国側の予定が合わず、日本側から「局長級協議会を韓国で開催しようという代案を提示」したけどこれも実現しなかったそうなのね。


マリサ
ん?ちょっとまて、定期協議って2年ごとじゃなかったのか?


レイム
これね、過去の韓国側の反応から大体予想できるのだけど、おそらく2年ごとの定期協議って過去に早まったり遅くなったりしたことが、「理由を明確に」「双方合意のうえで」あったのでしょうね。


マリサ
まさか。


レイム
そう、そのまさかよ。
そういう、ちゃんと事情が分かっていて早まったり遅くなったりした事例を根拠に、1から3年周期の協議だったと後付で言い出したのだろうってこと。


マリサ
うわぁ…。


レイム
で、記事の続きでは、日本側は「2018年1~2月に会おうと再要請した」となっていて、韓国側から「2019年3月までは日程上難しい」と話が出て、日本側から「韓国の状況を理解し、連絡する」という回答があり、新たな時期の提案を待っていたところ優遇解除になったと説明しているわね。


マリサ
たしかに韓国が時期を引き延ばしたのは不自然だが、日本側は韓国が日程上難しいと言ってきたことを考慮して、本来次の開催時期をまた連絡しないといけなかったのに、それをしなかったってことか?


レイム
これね、韓国側の言っていることおかしいのよ。
まずなんで具体的な事情も説明せずに8か月間も協議を引き延ばしたのかが変だし、「2019年3月までは日程上難しい」と韓国側が提案した後、日本側が「韓国の状況を理解し、連絡する」と言ってきたなら、なんでそれを最初に言わないの?


マリサ
ああそうか、日本側から矛盾を指摘されて後付で言い出した可能性があるってことか。


レイム
さらにその後ね、この韓国側の言い分に対して経産省はこんな回答をしているわ。

本日の韓国産業通商資源部による記者会見について
経済産業省 2019年7月24日
https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190724002/20190724003.html

本日、韓国産業通商資源部が記者会見で発表した内容のうち、①韓国の通常兵器キャッチオール制度、②日韓の政策対話をめぐる経緯に関して、事実関係をお知らせします。

1.本日の産業通商資源部長官の記者会見について

7月1日に経済産業省が発表した、韓国向け輸出管理の運用見直しについて、本日、韓国産業通商資源部長官が記者会見を行い、①韓国の通常兵器キャッチオール制度、②日韓の政策対話をめぐる経緯、③韓国の輸出管理体制、④自由貿易への影響などについて韓国側の意見を説明しました。

これらの点については、いずれもこれまで日本の立場を説明してきたところですが、特に、①韓国の通常兵器キャッチオール制度、②日韓の政策対話をめぐる経緯について、事実関係をお知らせします。

2.韓国の通常兵器キャッチオール制度について

韓国側のキャッチオール制度は法制上、大量破壊兵器とミサイルの開発等に用いられる貨物のみを対象としており、通常兵器の開発等に用いられるより広範な品目を対象にした、いわゆる通常兵器キャッチオールについての法的な根拠は不明確と考えています。

なお、こうした点も含め、韓国側の輸出管理制度について、韓国産業通商資源部に電子メールを通じてやりとりをしていますが、詳細な説明は得られていません。

3.日韓の政策対話をめぐる経緯について

本日の記者会見において、韓国産業通商資源部長官が、日韓の政策対話をめぐる経緯について説明をしました。経済産業省は政策対話開催の申入れを韓国側に対して複数回行ってきましたが、一度合意した日程も含め、繰り返し韓国側の事情により日程が延期され、現在にいたります。

こうした背景があるにもかかわらず、本日、韓国産業通商資源部長官が「主催国である日本側の新たな日程提案を待っていた」と、あたかも日本側に責任を転嫁するような発言をしたのは、両国の信頼関係の観点から望ましくないと考えます。


レイム
「一度合意した日程も含め、繰り返し韓国側の事情により日程が延期され、現在にいたります」「韓国産業通商資源部長官が「主催国である日本側の新たな日程提案を待っていた」と、あたかも日本側に責任を転嫁するような発言をした」と、そもそも「新たな時期の提案をこちらからする」なんて回答はしていないそうなの。


マリサ
というか、この感じだと韓国側は日本側からの定期協議の提案を断り続けた上に、一度やるといった協議すら反故にしたってことか?


レイム
そうなるわね。
これら情報を総合すると、韓国側は2018年6月以降、日本側からの定期協議の提案を拒否し続け、挙句の果てに一度決まった日程すら反故にし、さらにはそのことを指摘されると「日本側が新たな日程を提案するはずだった」と責任転嫁したと。


マリサ
なんか、韓国側は定期協議をされるとまずい何かでもあるように見えるな。


レイム
おそらくというかほぼ確実にね、これが日本側の言う「安全保障上の問題点」に関係していて、韓国側はそれを定期協議で追及されたくないから協議から逃げ続けたって事よ。


ネロナムブル1


マリサ
なんか聞きなれない言葉だが「ネロナムブル」ってなんだ?


レイム
数年前から韓国ではやっている単語で、「自分がすればロマンス、他人がすれば不倫」という、要するに韓国社会のダブルスタンダードな態度を揶揄した言葉よ。


マリサ
そんな単語がはやるってことは、韓国内でそれが問題になって改善に向かっているってことなんじゃないか?


レイム
甘いわねマリサ、以前から何度も説明しているけど、韓国人の一般的な価値観には客観的視点というものがないのよ。
自身の行いが抜け落ちたこうした揶揄はどうなると思う?


マリサ
まさか…。
他人のダブスタを問題にしながら自分は平然とダブスタをするって事か?


レイム
そういう事、彼らの価値観では「問題を起こすのは常に他人」であり、自分は常に正しい行いをしていることになっているしね。


※動画説明欄に関連動画へのリンクがあります。


レイム
まあネロナムブルに関しては、覚えていたらそのうちうp主が動画にするはずよ。
それはさておき、このネロナムブルが今回の輸出優遇解除問題でも存分に発揮されているのね。


マリサ
もうなんか嫌な予感しかしないんだが?
レイム、カリコテリウムのカリちゃんを「ばんえい競馬」に出場させる準備があるから帰っていいか?


レイム
パニックが起きるからやめなさい。
馬鹿なことを言ってないで話を進めるわよ。


マリサ
レイムにはユーモアのセンスが足りないんだぜ。


レイム
それで話を戻すけど、2011年から2012年にかけて、日本で韓国のイメージが急速に悪化したころ、韓国や日本のメディアが「政治と文化は別、政治が対立しても文化交流は続けていくべき」と主張して、韓国に否定的だったり交流を拒否する考えをみんな一緒くたに「ネトウヨ認定」と「差別主義者認定」していたの覚えてる?


マリサ
当然覚えてるぜ。
というかその流れは小さくなったとはいえ今でもあるよな。


レイム
そうね。
で、それを踏まえて最近の韓国の態度を見てほしいの

朝鮮通信船の復元船 対馬への初航海が中止に=韓日関係悪化で
聯合ニュース 2019.07.25
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190725002700882

【ソウル聯合ニュース】日本の韓国に対する輸出規制などにより両国関係が悪化したことを受け、朝鮮王朝時代に日本に派遣された外交使節、朝鮮通信使が乗った朝鮮通信使船の復元船の長崎県対馬市への初航海が中止となった。

 復元船は韓国の国立海洋文化財研究所が昨年完成させた。対馬まで航海し、来月3~4日の「対馬厳原港まつり」で乗船体験を開催する予定だった。

 韓国文化財庁の関係者は25日、聯合ニュースの取材に対し「韓日関係などさまざまな状況を考慮し、復元船の参加を取りやめた。今のような雰囲気では乗船体験をうまく進めるのは難しいと判断した」と説明した。

 今月1日に同研究所、釜山文化財団、対馬市が対馬厳原港まつりに関する業務協約を締結したが、釜山市が23日に日本との交流事業を全面的に見直す意向を明らかにし、文化財庁も復元船の対馬厳原港まつりへの参加取りやめを決定した。


レイム
記事では、対馬の「厳原港まつり」への韓国側の参加が、最近の政治対立を理由に中止になったとしているのね。


マリサ
なんだこれ、もともと韓国も日本のマスコミも過去には「政治と文化は別、政治が対立しても文化交流は続けるべき」と言っていたのに、日本側から拒否するときにしかその批判を使わないのかよ。


レイム
他にもこんなのがあるわ。

水原市、日帝の事務機器を国産に交代検討…市長「模範事例になろう」
朝鮮日報 2019/07/24
https://web.archive.org/web/20190725144305/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/24/2019072480219.html

京畿道水原市が、日帝の事務機器を交代する案を検討するなど日本製品不買運動に参加する。

 ヨム・テヨン水原市長は24日、市庁中会議室で開かれた「8月中拡大幹部会議」で「洞(市街地の行政区画)行政福祉センターをはじめとする全ての部署で日本製品不買を実践し、水原市を全国の模範事例にしよう」として「効果的に日本製品を買わないようにできるアイデアを提案してほしい」と述べた。

 さらに「日本政府が韓国に対する輸出を規制すると発表した後、国民たちが日本製品不買運動を繰り広げ、国家の自尊心を守っている」として「3・1運動を全国に拡大する雷管の役割をしていた水原市が、日本製品不買運動も全ての部署で実践し、全国の模範事例になるようにしよう」と付け加えた。

 ヨム市長はまた「各部署で使用しているコピー・プリンター機器は大部分が日本製品だが、今日明日じゅうに国産製品に変更するのは現実的に難しいものの、今後は日帝の事務機器を国産製品に交代することを検討しよう」と述べた。

 市庁の関係者は、ヨム市長の発言に関連し「日本の報復措置に対し、1回限りの決議大会や行事よりは、実質的で持続可能な不買運動にならなければならないという趣旨で、日帝の事務機器も長期的に国産に代替しようと述べたもの」と説明した。

 ヨム市長は前日、国会政論館で「日本の経済報復措置糾弾記者会見」を開き「日本が輸出規制を撤回せず、経済戦争を挑発するのなら、全国民と共に新物産奨励運動を展開する」と明らかにしている。

イ・ジョンミン記者


レイム
韓国の自治体の一つである京畿道水原(すいげん)市が、自治体で使用している事務機器を国産に交代しようと呼びかけていて、「日本製品不買運動も全ての部署で実践し、全国の模範事例になるようにしよう」と煽っているのね。


マリサ
今韓国がやっている日本製品不買運動って、韓国の自治体まで参加しているのか?


レイム
というよりね、自治体や国、メディアが煽って過熱したある種の官製不買なのよ、これ。


マリサ
韓国って、ちょっと前まで「政治と経済は別」「政治と文化は別」と何度も何度も言ってたよな?


レイム
これが「ネロナムブル」よ。
自分がやるのは正義の行いだから「正しい」けど、他人が自分に対して行うのは悪だから「間違っている」という考えなの。


マリサ
日本が韓国に悪い印象を持って交流を拒否するのは右翼的で許されないけど、その逆は正しい行いだから国や自治体が煽っても問題ないって事か。


レイム
そうなのよ。
他にもこんなのがあるわ

ソウル市が新たな国歌映像 平和の少女像も登場
聯合ニュース 2019.07.26
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190726001000882

【ソウル聯合ニュース】ソウル市が市民の愛国精神を高める取り組みとして、愛国歌(韓国国歌)に合わせた新たな映像を製作した。多数の一般市民とともに、旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」や抗日運動家の尹奉吉(ユン・ボンギル)も登場させた。

 愛国歌の映像として慣れ親しまれているのは、国花のムクゲや、朝鮮半島最高峰で「聖山」とされる白頭山の火口湖・天池、東海などの風景だ。

 一方、ソウル市が製作した映像は、漢江や光化門など市内の名所をバックに、市民が真っすぐ前を見つめる姿を映し出す。市は26日、「愛国歌の意味をあらためて胸に刻むきっかけをソウル市民に提供しようと、昨年製作に着手した」と説明した。

 愛国の主体は人、つまり市民が主人公という考えから、愛国歌の1番から4番まで総勢90人の一般市民を登場させた。1番には平和の少女像も映し出される。市は「少女像の主人公も平凡な市民だった」と説明した。また、2番で尹奉吉(ユン・ボンギル)、3番で柳寛順(ユ・グァンスン)、4番で李会栄(イ・フェヨン)と、独立運動家を取り上げた。

 市はこの日の職員朝礼で愛国歌の新映像を流した。内部の反応や意見を踏まえて補完し、市民に公開する計画だ。


レイム
記事では、いわゆる韓国の愛国歌(韓国国歌)に合わせて慰安婦像や独立運動家とされる人々を登場させ、韓国人の結束と民族主義を煽る映像が「愛国歌の意味をあらためて胸に刻むきっかけをソウル市民に提供しようと、昨年製作に着手した」という動機で制作され今ちょうど流されているのね。


マリサ
これすごいな。
日本でこれと同等なことをやったら、確実に右翼的とか排外主義だとか言われてバッシングされるよな。


レイム
そう、日本なら当然そうなるし、いわゆる韓国に融和的な活動家じゃなくても、普通はこういうものに拒否反応を示すわよね。
というより、多くの国でそういう反応になるでしょうね。


マリサ
でも韓国ではこれがまかり通っていると。


レイム
そうなのよ。
しかも日本の「右翼的な活動」には嫌悪感を示す「活動家」やメディアの皆さんは、韓国のこういう活動に嫌悪感を持っていないっぽいのよね。


マリサ
なるほどな。


レイム
というわけで、ひとまず尺が長くなるのでpart1はここでいったん切って、残りは同時投稿のpart2でやるわね。


マリサ
まとめとおまけもpart2のほうでまとめてやるぜ。


レイム
それじゃあひとまずここで区切るわ。


レイム マリサ
ご視聴ありがとうございました。



【日韓問題】先鋭化していく韓国 part2


レイム マリサ
ゆっくりしていってね


レイム
part1に引き続き輸出優遇措置解除問題に関連した韓国の反応について解説していくわね。


マリサ
part1は「ネロナムブル」に関連して、韓国の自治体が「愛国的」な映像作品を作ってプロパガンダをしているが、なぜか日本の特定思想の皆様はこれに嫌悪感を持たないってところで終わったな。


レイム
そうね、ここからはその続きよ。


ネロナムブル2


レイム
それで、他にもこんなのもあるわよ。


日本経済侵略対策特別委委員長「日本、自国企業の被害甘受…神風自爆を想起」
2019年07月26日08時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/939/255939.html

「自国企業の被害まで当然視する態度で神風自殺爆撃が行われた真珠湾空襲が想起される。(戦犯国)日本は経済戦犯にならないよう願う」

「今回の経済侵略の最終終着点は明らかだ。韓日葛藤を意図的に増幅して憲法を改正して再武装しようとすることだ。戦犯国日本の再武装という妄想は後戻りできない世界経済の破壊につながるだろう」

「実状をよく見てみると戦略物資統制の部分において日本は深刻な後進国だ。(日本を)国連安保理制裁委員会に回付することを政府に要請する」

崔宰誠(チェ・ジェソン)共に民主党日本経済侵略対策特別委委員長が25日、外信記者の前で発言した言葉だ。

崔委員長はこの日、ソウル韓国プレスセンターで開かれた外信記者懇談会で、日本の輸出規制措置を強く糾弾した。外信15社の記者30人余りが出席した場所だった。内信記者も30人余りいた。

崔委員長は「経済侵略」という表現を5回使った。東京のオリンピック(五輪)開催地としての適格性も取り上げた。崔委員長は「東京五輪まで1年を切った今、歴史認定と率直な謝罪がない日本に平和オリンピックの資格があるのか聞きたい」とし「さらに福島農産物に対して偽りの強弁をして自国民も冷遇する食品を全世界の五輪参加選手たちの食卓に上げるという。政治に目がくらんで五輪選手たちまで人質に取ったもの」ともした。

同席した特別委委員である金民錫(キム・ミンソク)元議員も「安倍首相が直ちに経済戦争を中断してその原因である歴史を謝罪しなければ、彼が最も売りたがっている製品東京五輪に対して全世界の良心が不買運動をすることになるだろう」と主張した。

このような発言が終わるとすぐに外信記者の質問が相次いだ。

「経済戦争・侵略などの単語使用が民族主義的・感情的な対応を引き起こし、外交をかえって難しくさせかねないという見解についてどう思うか」(ロイター通信)

「政府次元でも韓国国民の日本製品不買運動を望ましい対応だと見るか」(ワシントン・ポスト)

「ロシアの戦闘機が韓国領空を侵攻し、北朝鮮が短距離ミサイルを発射した。韓日関係悪化で隙が広がったため起きたことではないか。今後も悪化する場合の代案は何か。文在寅(ムン・ジェイン)大統領に安倍首相と会談するように建議しなければならないという世論もある」(英国スカイニュース)

「(韓国が)ホワイトリストから除外されるなら、東京五輪ボイコットの可能性も排除できないと整理してもかまわないか」(サウスチャイナ・モーニング・ポスト)

これに対し、崔委員長は「韓日の歴史問題などは外交で解決するべきなのに、経済産業をこじつけたことは大いなる失策だと言うこと」と話した。不買運動については「国民の自発的不買運動に関与することそのものが国際規範に外れて国民を冒とくする」と話した。韓日首脳会談の建議については「(メディアが)安倍政府に要求せざるをえないのではないか」と反論した。東京五輪ボイコットの件には「外交的解決法を模索しようと一様に述べているのに、なぜボイコットのことを聞くのか」とした。

産経新聞の記者は「(経済侵略の代わりに)経済圧力や他の表現はどうか」とした。金民錫元議員が「名前というものは正名、正確な規定が重要だ」とし「慰安婦被害者が過去にされたことを国家強姦、国家性暴力と言い、こうしたことが正しいネーミングなのに日本が認めないためこうした問題が生ずる」と言った。


レイム
記事では、日本経済侵略対策特別委委員長とかいう肩書の付いた韓国与党の国会議員が、「東京五輪まで1年を切った今、歴史認定と率直な謝罪がない日本に平和オリンピックの資格があるのか聞きたい」とし「さらに福島農産物に対して偽りの強弁をして自国民も冷遇する食品を全世界の五輪参加選手たちの食卓に上げるという。政治に目がくらんで五輪選手たちまで人質に取ったもの」と、東京オリンピックボイコットを示唆するような発言をしているのね。


マリサ
「政治と文化は別」って話はどこ行った?


レイム
「ネロナムブル」だから。
他にもこんなのがあるわ。

ソウルのある小学校「日本製品不買運動ポスター剥がせ」
OhmyNews(韓国語) 19.07.26
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002556953

ソウル地域のある小学校で生徒たちが作って貼った「日本製品不買運動」ポスターを剥がすよう指示したことが確認された。「政治的に(正当性が)確立されていない懸案」というのがその理由だった。学校次元で不買運動広報を推奨するいくつかの学校とは正反対の姿なので該当学校の教師たちが反発している。

教師「生きた教育をしないということは...授業権の侵害」

25日、ソウルA小学校によれば教頭は24日、5年担任B教師に電話をかけて「日本製品不買ポスターは政治的に(正当性が)確立されていない懸案だ。(この部分について)校長と私の考えはが一致する」として「ポスター撤去」を指示した。教頭の指示は「教室の中を除き、教室の外に貼ったポスターをはがせ」ということだった。結局、B教師は子供たちと共に建物の中に貼ったポスターを撤去した。

先に22日、5年Cクラスの生徒らは「日本の輸出規制」に対する共同学習を進めて学校の玄関や廊下などにポスター12枚を直接貼った。「ポスター貼り」は生徒たちが会議を通じて決めた活動だったという。社会科と国語科、美術と統合授業を通じて討論授業とポスター描き活動を行った結果を展示するものだった。

全国の大部分の小学校は授業の結果を教室や廊下、玄関などに展示している。該当学校も「日本製品不買運動ポスター」を除けば他の展示物はそのまま貼られているという。

生徒たちが描いたポスターには「日本不買運動、一緒に参加して下さい」というタイトルと共に「行きません。買いません」という言葉が記されていた。また他のポスターには「私たちができることは日本製品を使わないこと、日本旅行に行かないこと、国産製品で書く」等と書かれている。

生徒たちが討議した結果をそのまま移して書いたものだ。B教師は記者との電話通話で「日本製品不買運動は全国民的関心事であり、国民の大部分が同意することなので生徒たちと一緒に討論授業を行った。ところが教頭がポスターをはがすように指示した。これは『生きた教育』でなく『死んだ教育』と言うことのみならず授業権侵害と考える」と話した。

全教組「始業後、日本経済報復反対授業進行」

一方、全教組は「8月始業後、日本の経済報復と日本製品不買運動などに関する契機授業を進行する予定」と明らかにした。

全教組は25日の声明で「全教組は経済報復を強力に糾弾し、アベ政権が直ちに経済報復措置を中断して被害者に対する謝罪と賠償に出ることを促す」としながら次の通り書いた。
「現在の各級学校の休みが始まった状況であることを考慮し、休み中の契機授業資料補強と教師研修資料発刊などを通じて8月の始業以降、契機授業を全面拡大実施する。生徒たちと『強制徴用の真実、日本政府と企業の責任、人間尊厳性と倫理、被害者らの苦痛に対する共感、被害者らに対する追悼と残された課題』等の内容を共有する予定だ。」


レイム
記事によると、どうも韓国の小学校では教師が子供に教育として「日本製品不買運動」の「指導」をしているようでね、それを「政治的に(正当性が)確立されていない懸案」として撤去させようとした教頭が猛バッシングを受けているそうなの。


マリサ
いやまて、大人の政治問題に子供を巻き込むのか?この教頭のやってることのほうが正しくないか?


レイム
「日本の感覚」ならそうだし、日本で韓国に対して同じことが起きたら韓国人は「右翼的」としてバッシングするわよ。
でも韓国がやれば問題にならないし、何より日本で韓国に融和的なメディアも問題にしないわ。


マリサ
なんだかなぁ…


何もかも「日本が悪い」


レイム
それでね、韓国ではさらにまだいろいろ起きていてね。


マリサ
やっぱカリちゃんをばんえいk…


レイム
それはもういいから。


マリサ
レイムにはロマンが足りないぜ。


レイム
はいはい、それで韓国的価値観の代表的なものとして、「他者の劣等生から自己の優越性を導き出す」という考え方があるって解説したことがあるわよね。


※動画説明欄に関連動画へのリンクがあります。


マリサ
確か「自分たちがいかに優れているか」を他者の劣等性から導き出す考え方で、その「他者の劣等性」は曲解でもこじ付けでも、場合によっては捏造でもいいんだっけ?


レイム
そうね、それでその独特の価値観が今回かなり大規模に発生していてね、リアルタイムで歴史の改変まで起きているの。


マリサ
は?


レイム
「自分は正しい」とするために、「日本の劣等性」をどんどん「生産」しているのよ。
代表例が3つあるんだけど、まずは軽いジャブのほうからね。

【コラム】安倍の経済挑発には国益を前面に出した現実主義で対応するべき(1)
2019年07月22日09時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/760/255760.html

「韓半島(朝鮮半島)は日本の心臓をねらう匕首(あいくち)だ」。ドイツの軍人で明治時代に日本陸軍士官学校の教官として招へいされたK.W.J.メッケルが韓半島について述べた言葉だ。朝鮮時代以降、韓日関係は経済よりは政治が決めてきた。豊臣秀吉は政治権力の野心を満たすために朝鮮出兵を敢行した。日本の明治維新指導者は中国を侵略するために韓半島を併呑した。現在、安倍が行っている半導体材料などの輸出規制挑発も、基本的に経済と技術という「甲冑」で武装した政治的挑発だ。したがって、材料戦争の解決も経済ではなく政治から探らなくてはならない。

安倍に材料戦争を起こさせた構造的変化はポストグローバル化時代の到来だ。ブレグジット〔英国の欧州連合(EU)離脱〕とトランピズムが象徴的に見せたポストグローバル化時代は、保護主義・自国利益優先主義・種族的民族主義・ポピュリズム・非自由主義的ストロングマンの登場を特徴としている。新軍国主義を主張する国粋主義的民族主義者である安倍はポストグローバル化時代の日本を導くストロングマンだ。

2008年の世界金融危機以降、日本はバブル経済の崩壊で低成長・規制強化・消費萎縮など、かつては異常だったことが常態化する「ニューノーマル時代」に入った。ニューノーマル時代に、普通の日本人たちは経済を再生できる強力なリーダーを求め、国粋主義者であり非自由主義的ストロングマンである安倍が選ばれた。安倍は嫌韓・嫌中・嫌朝世論を利用し、外部競争者に対する憎しみを基盤としたポピュリズムで権力を維持している。

◆安倍が「韓国たたき」に積極的になり始めた理由

ポストグローバル化時代に、トランプが中国を包囲牽制(けんせい)するためのインド太平洋安保体制を構築し、安倍は韓国がインド太平洋体制の中枢に含まれることに反対した。これに対応し、韓国は韓米同盟の強化・米朝対話の推進・韓半島平和体制構築を通じて日本が参加しない安保ジレンマを解消しようとした。これに対して安倍は日朝直接対話を試みて日本パッシングを阻止しようとしたが失敗し、再び「韓国たたき」戦略に復帰した。

歴史的に日本の東アジア出兵は経済的帝国主義戦争というよりは地政学的領土戦争だった。壬辰年(1592年)に豊臣秀吉が韓半島に出兵したのは領土的野心から始まったものであり、大阪商人の利潤を確保するためのものではなかった。植民地韓半島に京釜(キョンブ)線鉄道を敷いた主役は財閥と銀行家ではなく、中国侵略のための兵站路を建設しようとする明治のサムライたちだった。

明治のサムライたちは世界を地政学的な観点から見た。明治国粋主義の元祖である吉田松陰が指導した松下村塾から輩出された陸軍大将・山県有朋は「背後の一突き論」を通じて、韓半島は日本安保ジレンマの源泉なので韓国を征服して安保の不安要素を除去しなければならないという征韓論を主張した。「背後の一突き論」に基づく征韓論は大東亜共栄圏の建設につながり、岸信介を経て、岸の外孫である安倍に継承されている。「背後の一突き論」について、韓国と中国の指導者は、韓半島は日本のような海洋勢力が中国を狙う引き金という「引き金論」で対応しながら、日本が韓半島を中国に進出するための「橋」として利用してきたと批判した。


【コラム】安倍の経済挑発には国益を前面に出した現実主義で対応するべき(2)
2019年07月22日09時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/761/255761.html

◆日本で強まる新征韓論

韓国はこれまで情報高速化インフラの成功的な構築でIT革命でトップランナーにのぼり詰め、デジタル産業で日本に追いつき、半導体とディスプレー分野では日本を追い抜いた。韓国はIT革命を通じて「先進国の後を追う」近代化のくびきから解き放たれ、21世紀に唯一、後発国から先進国に進入することができた。このような韓国の躍進に対応し、日本の国粋主義者は技術覇権戦争で勝利するためにすでに日本が優位を維持している材料と部品の対韓国輸出統制を通じて韓国が日本を追い抜く前に芽を摘むという新征韓論を実践に移している。

安倍の輸出規制挑発の核心背景には、吉田松陰・山県有朋・岸信介・安倍晋三につながる国粋主義的民族主義がある。安倍は国粋主義的民族主義を復活させて憲法改正・普通国家・富国強兵の日本を建設しようとしている。韓国はこのような国粋主義的民族主義復活の試みに対して抵抗的民族主義で対応している。文在寅(ムン・ジェイン)政府が抵抗的民族主義を呼称(独立運動、三・一運動、臨時政府)すると、韓国と日本は徴用賠償処理のような問題で鋭く衝突している。

◆安倍が挑発に出た5つの理由

安倍が日本が寡占している先端材料であるレジスト、エッチングガス、フッ化ポリイミドに対する輸出規制措置を敢行した理由として次の5つを挙げることができる。第1に、日帝強占期の強制労働者に対する大法院賠償判決に対して輸出規制で報復することによって新征韓論に対する韓国の反発を押さえ込んで国粋主義者の支持を引き上げるためだ。第2に、常連だった選挙キャンペーン素材である「北朝鮮たたき」が米朝和解で薬効が落ちた時点で、「韓国たたき」によって参議院選挙で勝利するためだ。第3に、米中覇権戦争時代に北東アジアで日本のパワーと威信を強化して韓国を牽制するためだ。第4に、第4次産業革命時代に東アジアの技術覇権競争で韓国に先頭を奪われまいとする苦肉の策だ。第5に、普通国家・日本を再興するために韓国との文化戦争で勝利するためだ。

◆韓日政治・文化葛藤解消に着手を

安倍は自由貿易伝導師を自任した主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)直後、自由貿易主義と相反する保護主義的韓国輸出規制を発表することによって世界を驚かせた。安倍の輸出規制は韓日間アイデンティティ葛藤に対する経済的報復で、参議院選挙勝利という国内政治用に講じられた措置であり、トランプの「中国たたき」にならって韓国に一撃を食らわす「小さいサイズのトランプ」のような行動だと嘲弄を受けて、国際世論の支持を受けられずにいる。

また、材料の禁輸は先端産業サプライチェーンの上流地域(upstream)を遮断することによって中間材である半導体とディスプレー生産を中断させ、下流地域(downstream)にあるアップル・グーグル・アマゾンのようなFAANG企業の先端技術製品の生産ラインを停止させる恐るべき結果を招くため、米国のグローバル技術企業との一戦を覚悟せずには継続することはできない。したがって韓国は究極的には勝利するという確信を持って徹底して国益に土台を置いた現実主義で対応しなければならない。

短期的にはまず、対米国便乗戦略を強化しなければならない。サムスン電子・SKハイニックス・LGエレクトロニクスの米国工場の増設と新設でトランプのリショアリング(reshoring)政策を支援し、トランプが安倍に挑発を撤回するよう圧力を加えさせるようにしなければならない。次に、韓国と日本の国際主義者のあいだの同調化(coupling)を強化して韓日間の善隣・友好関係を望む勢力が両国の主流になるようにしなければならない。3つ目に、韓日葛藤が徴用賠償をめぐる文化葛藤から出たことから、政治葛藤、文化葛藤の解決を通じて経済技術葛藤を解決しなければならない。

中長期的にはまず、自強・自立を通した内的均衡(internal balancing)戦略を通じて先端産業の材料と部品技術開発と生産を育成・支援し、材料と部品に対する外部依存を低くしなければならない。次に、外的均衡(external balancing)戦略を通じて日本と中国との競争で足りない部分を埋め、バランスを取ることができるような韓米同盟を強化しなければならない。

イム・ヒョクベク/高麗(コリョ)大学名誉教授・光州(クァンジュ)科学技術院碩座教授・リセットコリア運営委員


レイム
記事では、日本が今回輸出優遇措置の解除をしたのは「日本が優位を維持している材料と部品の対韓国輸出統制を通じて韓国が日本を追い抜く前に芽を摘むという新征韓論を実践に移している」とし、その根底には「吉田松陰・山県有朋・岸信介・安倍晋三につながる国粋主義的民族主義がある。安倍は国粋主義的民族主義を復活させて憲法改正・普通国家・富国強兵の日本を建設しようとしている」と言い出しているの。


マリサ
随分と壮大な話だな。


レイム
でも現在の韓国では、「日本は技術的に韓国に圧倒されそうだから焦ったのだ」とか、「文政権を引きずり降ろして親日政権を作るつもりだ」とか、そういう話をいろんなメディアや政治家が扇動して韓国人の敵愾心を煽っているわよ。


マリサ
うわぁ…、というかこれでジャブかよ。


レイム
そうよ、次いくわね。

【コラム】日本の経済戦争の挑発、日本よりも考えてこそ勝つ(1)
2019年07月15日08時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/522/255522.html

韓国企業に対する日本の半導体材料輸出規制は緻密に準備された銃声のない経済戦争だ。日本は強制徴用被害者大法院判決を放置して韓日協定を無力化させたとして、文在寅(ムン・ジェイン)政府の白旗投降を求めている。半導体が崩壊し、韓国をホワイトリストから除外する全面的報復が始まれば韓国経済は耐えられないだろう。

日本は韓国よりも韓国のことを深く研究する恐ろしい国だ。16世紀壬辰倭乱の惨酷像を全身で体験した柳成龍(ユ・ソンニョン)は自らを反省して悲劇の再発を防ごうと『懲泌録』を残した。だが、朝鮮は恥辱の記録を禁書という烙印を押して封印した。敵の攻撃を受けると砂に頭を突っ込むダチョウとどこが違うのか。

反面、日本と中国では井の中の蛙である朝鮮を料理するための必読書であり、ベストセラーになった。日本は壬辰倭乱の時、17万の軍事を投じて臨海君(イムヘグン)と順和君(スンファグン)を捕虜にして宣祖(ソンジョ)を亡命直前まで追い詰めた。だが、明の介入で東アジアの国際戦争に転換したことで征伐に失敗した。日本はここで諦めず、朝鮮にさらに深く食い込み、20世紀初頭、ついに朝鮮を植民地として飲み込んだ。

韓国は日本が起こした貿易戦争の火を米国が消してくれるよう望んでいる。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)外交安保室第2次長がワシントンに飛んだが、米国の反応は冷淡だった。すでに駐米日本大使館がホワイトハウスや国務省、国防総省をすべて訪れて「立場整理」を終わらせた後に韓国が来たという。壬辰倭乱の経験を通じて、日本は韓日経済戦争の勝敗が韓国の同盟国・米国の意中にかかっているという理知を知って備えていたはずだ。

日本は朝鮮を植民地化する過程でも目標を定めれば緻密に準備する国であることを立証した。まず19世の黄昏期に、アジアの盟主、朝鮮の宗主国を自任してきた清と戦って勝った。最後の障害物であるロシアと一戦を繰り広げる前には日英同盟を結んで戦費を充当した。

世界最強だったロシアのバルチック艦隊は英国が支配する植民地港に寄港できず、アフリカ大陸の南端・喜望峰を回って7カ月かかって気力が尽き果てた状態で対馬沖に到着した。1905年5月、日本艦隊がバルチック艦隊を全滅させたことは日英同盟の結果だ。1905年7月には桂太郎首相が米国のタフト陸軍長官と、朝鮮は日本が、フィリピンは米国が持つことにした。


【コラム】日本の経済戦争の挑発、日本よりも考えてこそ勝つ(2)
2019年07月15日08時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/523/255523.html

日本はこのように韓国を手に入れるため世界を舞台に大小の戦略を張り巡らせる国だ。1995年に金泳三(キム・ヨンサム)大統領が「悪い癖を直す」と話したことで、1997年に韓国を通貨危機に追い込んだ国も日本だ。こうであってもまだ日本を見くびることができるだろうか。

日本が強制徴用被害者問題で世界半導体市場を混沌に陥れる報復を行うのは、明白な世界貿易機関(WTO)規定違反だ。日本は少しも動じない。WTOは米国の非協力で揺れている。韓国がWTO提訴をした場合、経なければならない上訴機構では7人の委員中4人が空席だ。年末には中国出身委員一人だけが残る。米国が後任の選出に反対し続けるため起こったことだ。安倍とトランプが5回もゴルフ場で一緒に過ごした時間、桂・タフト式の駆け引きがなかったと言い切れるだろうか。

安倍は韓国問題を扱う外務省アジア・オセアニア局長と週に3回以上会う。韓国の外交部長官は「日本が経済報復すれば我々も黙っていない」と大声を上げていたが、ワシントンでも東京でもなくアフリカに発った。戦略物資輸出統制担当実務者協議をしようと東京に向かった韓国の官僚は水一杯の接待も受けられないまま帰ってきた。

事態の核心は経済ではない。日本は強制徴用被害者と慰安婦合意破棄をどのように整理するつもりなのか、文在寅(ムン・ジェイン)政府に問うている。その問題が解決すれば経済報復も解けるだろう。日本には植民支配という原罪がある。一方では謝罪と反省をしながら、もう一方では妄言を繰り返す日本に先に対話を求めた土着倭寇(韓国で日本倭寇を助けて反逆行為をする者)として烙印を押される危険性がある。政治家なら選挙への悪影響も心配するだろう。

しかし、国政最高責任者である大統領はこれとは違うべきだ。自分を犠牲にしても国益のために安倍に場所を問わずすぐに会おうと言わなければならない。日本の貿易報復は間違っているが、今回の事態の口実は明らかに韓国側が提供した。会って目前の火から消さなければならない。その前に強制徴用被害者賠償問題に関連した好循環の動きを出すべきだ。与野党推薦の超党派的専門家委員会を作って大統領直属で置くのも良い方案だ。過剰民族主義に頼った逆報復は、平和憲法を改正して戦争ができる国になろうとしている安倍と日本右翼に翼をつけることになる。

冷静に判断しなければならない。第2次世界大戦以降、日本からやってきた先端技術が韓国の高度成長に助けになったのは事実だ。日本と密接なつながりを持つ韓国は、米国も、中国も、北朝鮮も無視することはできない。我々が尊重される国になれば、日本右翼の危険な妄想も挫折するだろう。情報も戦略もなく、国民すべてを苦痛に陥れた辛い歴史を、21世紀にも繰り返すことはできないのではないか。

李夏慶(イ・ハギョン)/主筆


レイム
さっきの話にも関係しているのだけど、なぜか1997年のアジア通貨危機で韓国が経済破綻した件が「1995年に金泳三(キム・ヨンサム)大統領が「悪い癖を直す」と話したことで、1997年に韓国を通貨危機に追い込んだ国も日本だ。」と日本のせいにされているのよ。


マリサ
は?
いやあれタイ発の危機で、裏でヘッジファンドが暗躍したことが問題を拡大させたんだろ?


レイム
実態はそうなんだけど、今の韓国ではそうなってきているのよ。
そしてその動機として「日本はこのように韓国を手に入れるため」と、日本は韓国を侵略しようとしているのが動機だと言っているのね。


マリサ
ハッ!?レイム、もしかしてこれはスペース百済の超技術をめぐる話か?


レイム
わけのわからない現実逃避していないで、そろそろ今回のメインイベント行くわよ。
次はこれね。

[寄稿]停戦66周年、自主と和解を尋ねる
ハンギョレ新聞 2019-07-25
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/33977.html

停戦体制下で別個に見えた韓米、朝米関係は、南北関係が重なって高次方程式に展開している。同盟は、南北問題を世界戦略的な次元で覗いて見るが、南北は平和と統一という民族的観点をいつも念頭に置かざるをえない。

 7月27日は、3年間続いた朝鮮戦争が“休戦”して66周年になる日だ。1953年3月初め、沈鬱だった校庭に、突然「スターリンが死んだ!」という歓声が弾けた。陸軍病院に転用された学校の運動場の片隅にテントを張って、60~70人が入って授業を受けた中3の時期、ソ連とスターリンに対してありったけの険しい言葉を浴びせていたので、「スターリンが死んだ」という便りは、戦争が終わったという話と違わなかった。しかし、その後も停戦会談は続き、1953年の6~7月に10万人余りの若者がさらに犠牲になった後に、停戦はなされた。数百万名を犠牲にした悲劇の上に成立した休戦、その66周年にはなったが、私たちは分断の状況を打開するために容赦と和解、交流と協力、平和と統一を悩んだのか、怨恨と復讐を誓ってきたのか。最近隣人により加えられている現実を見て、停戦後に私たちはどんな道を歩いてきたのか、自省の質問を投げてみる。

 66年前に停戦が成立した後、中立国監視委員会の撤収などの変化があったが、最近では板門店で世界の注目を集める事件が演出された。しかし、停戦はその次の段階の“終戦”や“平和条約”には一歩も進むことができなかった。1953年7月27日22時に発効した休戦条約には、朝鮮半島に平和を進展させるための内容があった。停戦協定第4条60項に明示された「停戦協定が調印され、効力を発生した後三カ月以内に…政治会議を招集し…すべての外国軍隊の撤収、および朝鮮問題の平和的解決の問題を協議することを建議する」ということだ。これに伴い、1954年4月26日からスイスのジュネーブで参戦19カ国が国際会議を開催した。議題は、朝鮮半島統一のための選挙、国際監督、外国軍撤収、国連の権威などだった。外相のビョン・ヨンテは、国連の監視下に土着人口比例による自由総選挙を施行しよう、など14項目の統一方案を提示し、北側は外国軍撤収、南北の兵力縮小、南北政府間平和協定締結のための委員会の構成を提案し、平和協定はこの時にすでに登場した。他の参加国も、平和・統一のための意見を陳述したが、その年の7月21日に成果なく閉幕した。この会談は、南北が一堂に会し統一方案を議論した最初の国際会議だったが、いかなる合意にも至らなかった。

 南北はその後、米・ソ陣営にそれぞれ編入され、冷戦体制の最前方を死守した。休戦ラインには絶えず緊張が高まり、南側の北進統一論と、北側の対南赤化論が対決した。南北が勢力均衡を成し遂げる頃の1972年、「7・4共同声明」が発表されたが、南北の政権担当者は、これを自身の権力強化に悪用した。南側の維新体制と北側の社会主義憲法がそれだ。南側が維新と新軍部体制を体験している時、北側は高麗連邦制で攻勢を取ったが、ソ連と共産圏が解体される頃には南北高位級対話でお互いを認める協定を結んだ。南北基本合意書と朝鮮半島非核化宣言はこのような背景で発表された。

 1990年代中盤、北の核開発により、南北の共存のための議題は朝米間の“核問題”に押しやられることになった。朝米間の長く険しい核葛藤は、ジュネーブ交渉で軽水炉の建設で解決段階に入るかに見えたが、後日米国がひっくり返してしまい、6カ国協議を通じて「9・19共同声明」、最近ではシンガポール会談にまでなったが、米国は受け入れなかった。朝鮮半島の地政学的利害関係のためなのか、米国が北核問題の解決を先送りしているという疑問は筆者だけのものではない。北核問題が国際化した後、南北問題を民族的次元で解決するということはさらに容易でなくなった。

 停戦以後、南側は韓米同盟を後盾として経済成長に努力した。産業化を名分に独裁と軍事政権が登場したが、4・19からろうそく革命まで、民主化闘争は絶えることはなかった。世界10位圏の経済成長が可能だったのは、人間の創意性を保証する民主化運動が併行したためだ。南側が経済成長を成し遂げる間に、北側は先軍政治と核開発にまい進した。しかし、分断体制の中で発展させてきた南の経済成長と北の核開発は、そろって制裁を受けることになった。今後も南側が経済成長を通じて福祉国家の理想を実現できるか、北側も“核保有”で主体思想を実現し、人民の平等を成就できるか、容易ならざる課題だ。最近南側に加えられた日本の貿易制裁は、遡れば日本が材料・部品を日本に依存するよう設計した1965年代の対日請求権受注方式から緻密に計画されたものだ。韓国経済が成長すればするほど、素材産業は対日依存に収束され、貿易黒字が増えても対日貿易の赤字幅は減らなかった。そこに貿易の外的要因が重なって、今回の事件でさく烈したのではないか。この事態が材料・部品の対外依存度を減らし、多角化させ国産化比率を高める契機になるならば、禍を転じて福となすに他ならない。

 南北の鉄道・道路連結と、開城(ケソン)工業団地・金剛山(クムガンサン)問題で、南北和解と韓米同盟の道が一致せず、主権国家の限界を痛感して驚く。結局、軍事主権の問題という戦時作戦権問題とも連結されるのではないか。これは、臨時政府が中国領土内でも光復軍の独自指揮権を行使したことと対比され、金ユ信(キム・ユシン)が羅唐連合軍の伎伐浦(キボルポ)作戦で見せた姿勢にも遥かに至らない。熾烈な荒山大捷で新羅軍は唐の将帥、蘇定方との約束期日を破った。蘇定方がこれを口実として、新羅の先鋒将の金文穎(キム・ムニョン)を処断しようとするや金ユ信は決然とした姿を見せた。「このような侮辱を受けるならば、必ず先に唐の軍隊と決戦し、後に百済を破る」(三国史記5,太宗武烈王7年)このような決意は、同盟関係で持たなければならない基本ではないのか。政府樹立後70余年間にわたり同盟に“献納してきた”戦時作戦権は相互の負担を減らすためにもその移管を急ぐべきだった。「対米自主性の回復を通じて主権国家の面目を回復すること」(ハン・ホング)は、口先だけの言葉ではない。それで停戦66周年、自主国防はどこまで来ているのかを尋ねる。

 停戦体制下で別個に見えた韓米、朝米関係は、南北関係が重なって高次方程式に展開している。同盟は南北問題を世界戦略的な次元で覗き見るが、南北は平和と統一という民族的観点をいつも念頭に置かざるをえない。民族史的指向と世界史的展望が反する時、南北の和解・統一の道は方向を失いやすい。このような時に同盟を説得し和解・統一の民族的指向と調和させるのは私たちの持分だ。66年も経てば、自由往来を実現し先祖の墓でも見に行けるようにすることが、南北に政権が存在する理由ではないだろうか。まずは世論の収斂を通じて私たち自身の葛藤と分裂、憎悪と怨恨を止揚することだ。和解と容赦は、南北・南南同士の共同体で同時に実現しなければならない優先課題だ。平和と統一が急がれるほど、和解と容赦は回り道に見えても一番の近道だ。停戦66周年が、それを呼び覚ます一つの契機になれば良い。

イ・マンヨル尚志学園理事長・元国史編纂委員長


レイム
今回の出来事は「材料・部品を日本に依存するよう設計した1965年代の対日請求権受注方式から緻密に計画されたものだ。」と、日韓国交正常化交渉のころから綿密に計画されていたもので、韓国の経済構造は日本に逆らえないように依存度を意図的に高められたと主張しているの。
要するに、もともと韓国は自力で経済発展できたが、日本がこういう意図で支援して韓国を縛り付けたって意味ね。


マリサ
レイム、ここはいつからMMRを扱うようになったんだ?
ふざけてないでちゃんと韓国の話をしてもらわないと困るぜ。


レイム
マリサ、現実逃避しているところ悪いけど、これ実際にハンギョレ新聞に掲載されているし、記事を書いているのは日本の信州大学と交流協定を結んでいる韓国の尚志(サンジ)大学の理事長よ。


マリサ
レイム、やっぱカリちゃんをb


レイム
現実を直視しないとだめよ。


マリサ
レイムは鬼だぜ、容赦なさすぎるぜ。

今回のまとめ(part1 part2共通)

・協議に関する釈明で韓国がまた矛盾することを言い出す。
・「ネロナムブル」の影響で韓国では平然と民族主義が先鋭化してきている。
・「独特の価値観」により、日本の劣等性が過去にさかのぼって次々と創作されている。


レイム
結局ね、なんでこんなことが起こるかといえば、「他者の劣等性が彼らの正しさの担保だから」としかいえないのよ。


マリサ
だからってここまで過去が書き換わってしまうのか?


レイム
まあ、その辺のロジックは儒教朱子学や性理学の「理気二元論」がかかわってくるから、また次の機会に解説するけど、一つ言えることは彼らの価値観では現実が重視されないのよ、だからこうして次々と都合のいい歴史が創作され既成事実化していくの。
特に今みたいに韓国人にとってストレスとなる出来事が多い時期はね。


マリサ
なんだかなぁ。


レイム
そんなわけで今回の本編はここで終わるわ。


レイム マリサ
ご視聴ありがとうございました。


大口
おつかれ~


マリサ
2人とも聞いてくれ、すごいものを発見してしまった。


大口
どんな?


レイム
何?


マリサ
慶長の役当時、月軌道から恒星間戦略兵器「デス・大阪城」が朝鮮大陸に砲撃を加えていたんだが、それを阻止するために李舜臣率いる新兵器「神機箭」を搭載した12隻の亀甲船が出撃したと話したよな?


マリサ
でな、月のフンボルト海会戦で激突、大阪城のシールド「GENJITSU」を打ち破ったんだが、すると秀吉軍は最終兵器の現実改変フィールド「右波」を発動したんだぜ。


マリサ
この右波は恐ろしい兵器でな、この兵器の波動に包まれると物体の現実が改変し、まったく別のものに変化してしまうんだぜ。


マリサ
そしてその時に右波フィールドに包まれ現実改変されてしまった亀甲船が最近韓国で発見されたようでな、それがこれだぜ。


レイム
マリサ、これこの前のアメリカのボルトン大統領補佐官と韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長の会談の画像じゃない。


大口
そうか、このとき背後に飾られていた亀甲船はそういうことだったのかー
だから文大統領は輸出優遇措置解除問題に関連して「日本を撃退した12隻の亀甲船」の話をしたわけか。


マリサ
そういう事だぜ。
この無残な姿になった亀甲船を見せることで、国民に奮起を促したんだぜ。
この亀甲船は俗に「フンボルト海の悲劇」と呼ばれているぜ。


レイム
はいはい、そろそろ〆るわよ。
そんなわけで今回はここで終わります。


レイム マリサ 大口
またらいしゅ~




お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策




動画版マイリスト



番外編マイリスト





コメント

Ridley
No.77 (2019/07/31 22:10)
魔理沙に朗報。
本日ロイターと朝日のフェイクニュースがヤフーで持ち上がり気味だ。ロイターでは「ある米政府高官」が言った内容をアメリカの総意のように伝える記事で、朝日の記事は防衛費5倍の記事だ。ちなみにアメリカから防衛費を5倍以上にするようにアメリカから示唆されたのは日本ではなく韓国だ。
ただしどちらも日韓問題に関する記事だから説明役は霊夢でも問題ないのが悲しい。
大口歩也 (著者)
No.78 (2019/08/01 00:34)
>>50
調べてみたのですが、この件の場合その掲示板にそもそも韓国人があまりおらず、人口比的に日本人がほとんどであることが原因ではないでしょうか。
似たようなタイプのKJクラブには結構書き込みがあるようですし。
ike
No.79 (2019/08/01 09:11)
屑の本性丸出しにした、ピカチュウ大好き息子の反日問題を、政府と日本に丸投げした上、被害を被った日系園児には申し訳ないと思わない、被害者気取りの加害者ゴミ記者が、保守紙のコラムニストとはね。作り話やたとえ話としてもヘイト民族は氏ね。
韓国の若者は反日ではないと述べる屑は、滅べばいいのに。 当然日本語版は無し。疑うなら読め。
https://n.news.naver.com/article/023/0003464241?sid=110
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事