大口歩也(著者) のコメント

大口歩也 (著者)
No.31 (2019/06/18 22:32)
>>29
韓国の場合はちょっと事情が異なります。
どういう事かというと、大企業は一部の縁故や例外を除いて40代で社員を定年させるため、職を失った人が大量に自営業に走るという傾向が、ここ7~8年続いており、またこれに、最近の文政権による所得主導経済と週52時間労働の弊害により職を失った人々がなだれ込んでいます。

その中で人気なのが恐らく何らかの政治的利権が存在する鶏肉を使った商売なのです。
2000年代後半頃から、韓国はなぜか政府ぐるみで「鶏肉推し」をしていたので、当初は中国人観光客に人気だったこともあり、商売として成功しやすかったわけです。

こうした背景があるので、韓国のチキン屋の多くがタピオカ屋に一気に変わるという事はあまり考えられません。
もちろん可能性はゼロではないですが。

このコメントは以下の記事についています