SOLLOW のコメント

SOLLOW
No.5 (2019/05/23 19:40)
 記事とは直接関係無く恐縮ですが、昨日の b_hunter に便乗して、大口さんに伺いたい記事があります。

デイリー新潮 2019/05/21 鈴置 高史
蟻地獄に堕ちた韓国経済、「日本と通貨スワップを結ぼう」と言い出したご都合主義
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/05211700/?all=1&page=1

 この記事のページ4について「おだてに弱い日本の政治家と役人」「キーセン作戦が奏功」ですが、私は長くは鈴置さんの記事を見てきているとは言えませんが(大体1年ちょい程) 鈴置さんは、大口さんが言っていた様に、あまり韓国に強く出る事は少ない、というか曲がりなりにも警告・危険勧告という体の記事が多かった様に思います。

 が、今回は韓国独特の自民族中心主義から来る思考があからさまに出ている報道の紹介と"論介戦術"という戦術の紹介、それに続く韓国人読者が抱いたであろう思いを書いています。これは、この上無く日本人に嫌悪感を抱かせる内容です。

 先程、大口さんはあまり韓国に強く出る事は少ないと言いましたが、それについては大口さんは恐らくは、これらの方々は生の韓国人との情報のやり取りがある為に、その情報提供者との関係の為にあまり強く出られないのではないか? とされていました。

 しかし、今回のこの記事、現政権与党を問題視する側、つまり、いわゆる保守派とされる側から見ても、そのいわゆる保守派政党の出の李明博・朴槿恵が中心に批判され、逆のいわゆるリベラル側から見れば、現在の方針について痛烈に非難されている、保守派の反朴槿恵の人間やその他から見ても論介戦術の箇所について、全体を対象にしていますし、民族主義を刺激しない内容とも思えません。

 鈴置さんの情勢云々は大口さんには知りようの無い事ですし、何か匂わせる事をご存じないか、もしくは何か考えられる事は無いか簡単でもありがたいので、意見を伺えると幸いです。

このコメントは以下の記事についています