大口歩也(著者) のコメント

大口歩也 (著者)
No.3 (2019/05/12 01:10)
>>1
そこまでの内部事情はわかりません。
はっきりしているのは、これだけの事件がありながら報道の自由度ランキングに影響を与えた痕跡が一切ない事です。
ちなみにこの時期、金正男の暗殺事件に関する報道でも、TBSを含む服ウスのメディアが朝鮮総連から圧力を受けていたようですが、それも一切問題にされていません。

このコメントは以下の記事についています