JPNSWD のコメント

JPNSWD
No.15 (2018/04/12 22:04)
>>13
分かりやすい事例と解説、ありがとうございました。

すべてがすべて、竹島問題や慰安婦問題のように「完全に自分たちは正しい」と考えている訳ではないのですね。
もっとも、竹島問題や慰安婦問題は、周知の規模が大きくなりすぎて隠しようもなくなっているという側面もありそうですが。
そういう意味では、実は竹島問題や慰安婦問題についても自分たちの不利を知っていて、それ故にあまりはっきりとした根拠とストーリーを提示しようとしなくなった可能性もあるのではと思いました。
はっきりと根拠とストーリーを言ってしまい、それを日本に反証されるともう逃げようが無いので。しかも、加害者認定されてしまったときのダメージも大きいですし。
仮に有効(と彼らが確信出来る)な攻撃材料があるなら、そういうものは嬉々として使うような人達でしょうし。一辺倒の強弁を続けるのも、証拠を探さないのも不自然です。

「韓国は決断をするのが苦手」にも通じますが、責任を押しつけられる下位の序列を見つけられない場合は、彼らは責任の所在を曖昧にして、自分が攻撃の対象になるのを極端に避けるという傾向が強いように思われます。
隠すというのも、そういった防衛行動の一種なのでしょうね。
彼らにとって、何を弱みと考えているのかはその行動から見れば分かり易いのだと理解しました。

このコメントは以下の記事についています